★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 328.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【自己変革の芽は薄いが、この国の二大政党制のためにあえて提言】がんばれ!自民党【きっこのブログ】
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/328.html
投稿者 傍観者A 日時 2010 年 1 月 11 日 13:04:57: 9eOOEDmWHxEqI
 

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2010/01/post-0209.html
2010.01.10
がんばれ!自民党

あたしは自民党のことが大っ嫌いだから、以前は何かあるたびにボロクソに書いて来た。だけど、誰が見ても明らかなように、自民党は、もう完全に終わっちゃった。いくら大っ嫌いな相手とは言え、ミジメなほどボロボロになって、あとは消えてくだけの負け犬を背中から罵倒するのは、ニポンの伝統的な武士道の精神に反する。だから、あたしは、去年の衆院選以降は、自民党を批判するのはやめた。すでに眼中にもない負け犬なんかを罵倒するよりも、新政権の動向を厳しく監視するほうが、遥かに建設的で意味のあることだと思ったからだ。

で、ハトポッポ新政権は、オムライス党のみずほたんがシッカリとブレーキ役をつとめてくれてるオカゲで、何とか大脱線だけはしないでヨロヨロと走ってくれてるし、国民の多くは、マスコミの垂れ流す偏向報道やデマ報道に踊らされて一喜一憂することもなく、「自分たちの選んだ政権なんだから、もう少し長い目で見守ろう」って雰囲気になってるから、あたしも安心してる。あとは、最大のネック、普天間飛行場の移設問題で、外圧や内圧なんかに負けずに、ちゃんとグアムへの全面移転を断行してくれれば、ハトポッポは、間違いなく歴史に名前を残すリーダーになるだろう。

そして、最後に気の弱さが出ちゃって、沖縄のナントカ島かどこかでお茶を濁すようなことをしたら、ハトポッポは、任期を待たずに参院選のタイミングで代表交代→国民の信を得てない人物が総理大臣になる→民主党の支持率はガタ落ち→民主党は内部分裂→自民党からの分派や知事らが立ち上げた新政党、お金にモノを言わせたカルト教団の政党などが次々と旗揚げして、「二大政党制」どころか、ワケの分からないミニ政党が乱立する「戦国時代」へと突入して、ニポンはメチャクチャになることウケアイだ。

つまり、普天間飛行場の移設問題で、ハトポッポが、どこまでリーダーシップを発揮できるかにすべてが懸かってるワケだ。ハトポッポが、選挙中にあれほど連呼してた「国民との約束」をキチンと守ることができるか、それとも、政権交代後に浮上した「国民以外からの圧力」に負けちゃうか、この一点に、ニポンの将来がすべて懸かってると思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?


‥‥そんなワケで、ハトポッポ新政権に関しては、今後も動向を見守ってくしかないワケで、今、あーだこーだと言うことは何もない。そこで、今日は、「敵に塩を送る」って意味も込めて、半世紀も栄華を誇ってた自民党が、今や風前のトモシビになっちゃった原因について、あたしなりの考察を書かせてもらう。現政権を応援してるあたしとしても、自民党が再生して「二大政党制」を確立してくれないと困るから、自民党の関係者は、ちゃんと最後まで読んで、自分たちの知能の低さとKY度を再確認して、ホントの意味での再生へ向けて、第一歩を踏み出して欲しいと思う。

で、唐突だけど、街頭インタビューとかで、「今の自民党の総裁の名前は?」って質問をすると、ちゃんと「谷垣禎一」って回答できる人は1割くらいしかいないだろう。苗字の「谷垣」だけなら、たぶん3割くらいの人が答えられると思うけど、名前の「禎一」まで正しく書ける人は、ヘタしたら1割にも届かないと思う。さらに言えば、今、こうして、「谷垣禎一」って正解を書いてても、「タニガキ サダカズ」って読むのか、「タニガキテイイチ」って読むのか、読み方が分からない人も多いと思う。

一方、フロッピー麻生が自民党の総裁に選ばれた時には、アッと言う間に国民に認知されたし、「麻生太郎」って名前も、多くの人が書けたと思う。その前の「福田康夫」も、その前の「安倍晋三」も、その前の「小泉純一郎」も、多くの国民に認知されてた。良くも悪くも、これまでの自民党の総裁は、それなりに個性があったし、フロッピー麻生の言葉を借りれば、「キャラが立ってる」ってことだった。

でも、現在の総裁のタニガキちゃんの場合は、キャラもぜんぜん立ってないし、何ひとつ特徴がないから、総裁に就任して4ヶ月も過ぎたのに、未だに名前すら覚えてもらえない。もちろん、これは、自民党が国民から見放されて、野党に下野したことで、「自民党の総裁=総理大臣」ていう図式が崩れ、それにともなって、メディアへの露出が激減したことも一因だろう。だげど、逆に言えば、こうした状況になったからこそ、キャラが立ってる総裁が必要だったんじゃないかって思う。

‥‥そんなワケで、総選挙でボロ負けした自民党が、さらにここまでガケップチに立たされちゃったのは、タニガキちゃんなんかを総裁に選んだことが最大の原因だ。だって、タニガキちゃんて、もともとは、「麻生太郎」と「谷垣禎一」と「福田康夫」と「安倍晋三」の名前から一文字ずつとって、「麻垣康三」なんて呼び名で4人マトメて呼ばれてたほどの人物なのに、「安倍晋三」が1年で政権を丸投げして、「福田康夫」も1年で政権を丸投げして、「麻生太郎」が1年で政権の座から引きずりおろされたあとに、残りの1人を総裁にするなんて、「再生」でも「新生」でも何でもないじゃん。

ハッキリ言って、自民党が再生するためには、河野太郎を総裁にするしか道はなかった。河野太郎を総裁にして、影で自民党を操って来たモリヨシローを始めとしたジイサンたちをカタッパシに切り捨てれば、何とか再生することはできただろう。また、時代の流れに逆行しても、完全に「保守政党」としての看板を確立して、国民の2〜3割しかいない時代錯誤の人たちだけを取り込むのなら、石破ちゃんを総裁にするって手もあった。つまり、河野太郎を総裁にして、党のイメージを刷新して、「新しい自民党」を国民に広くアピールしてくか、石破ちゃんを総裁にして、ウヨク色を強くして、「古い自民党」を国民の一部にだけ狭くアピールしてくか、この2つしか道はなかったってワケだ。

それなのに、自民党が選択した道は、そのどちらでもなかった。「麻垣康三」の「麻」と「康」と「三」がダメだったから残り者の「垣」を選ぶっていう、あまりにも愚かな選択だった。それも、党内がバラバラで、みんな自分のことしか考えてないのがバレバレで、ジイサンたちが圧力をかけて河野太郎を排除した裏工作まで国民に筒抜けになっちゃったから、この時点で、多くの国民は、「ダメだこりゃ!」って思ったハズだ。その上、こんな薄汚いデキレースで総裁に選ばれたタニガキちゃんは、総裁就任の会見で、こんなアホなセリフをノタマッちゃった。


「私は捨て石になります」


おいおいおいおいおーーーーい!‥‥って感じで、このセリフには、自民党の内部からも、数少ない自民党の支持者からも、激しいツッコミが炸裂した。総裁に選ばれた就任の会見で、こともあろうに、選ばれた自分のことを「捨て石」だなんて、新総裁が自ら自民党の消滅を示唆するようなセリフを口にするなんて、もう、スタートからしてダメダメだ。さらに、タニガキちゃんは、党内がバラバラなのをゴマカスためと、前任のフロッピー麻生に負けないような「自分のキャラ」を作るために、こんなセリフまでノタマッちゃった。


「みんなでやろうぜ!」


これまた、おいおいおいおいおーーーーい!‥‥って感じで、もはや、ツッコミを入れることすら恥ずかしくなるほどのKY発言だろう。それでも、タニガキちゃんは、国民の冷めた視線がぜんぜん分からないのか、どうしてもこのキャッチフレーズを流行らせたいみたいで、自分のおまんじゅうが発売になったら、「みんなで食べようぜ!」とかって言い出すもんだから、あたしは、あまりの寒さで鳥肌実になりそうだった。

そんなこんなで、堕ちるとこまで堕ちた自民党は、あの非国民のバカ息子、コイズミジュニアなんかを唯一の看板にして、「みんなで行こうぜ!」とかってタイトルのアホツアーまで始める始末。そして、政治的なことに使用しちゃいけないって自衛隊法で決まってる横須賀の基地内で、コイズミジュニアに民主党批判の演説をさせたんだよね。その上、今度は、「みんなで行こうぜ!」の第2弾として、「小池百合子と池袋にラーメンを食べに行くツアー」を計画中なんだって。で、何で「ラーメン」なのかって言うと、「オバケのQ太郎」の「ラーメン大好き小池さん」を「小池百合子」にカケてるんだって。もう、ここまで来ると、見てるのが悲しくなって来るほど悲惨だよね。

‥‥そんなワケで、時計の針を1年半ほど巻き戻して、フロッピー麻生が自民党の総裁に選ばれた時のことを思い出すと、最初、フロッピー麻生は、「すぐに解散総選挙をする」ってことで、選挙の看板として総裁になったハズだった。フロッピー麻生自身も、月刊誌に寄稿した原稿に、そう書いてた。だけど、長年の夢だった総理大臣になれたトタンに、「もうちょっと総理大臣のイスに座ってたい」っていう欲が出ちゃった。フロッピー麻生は、混迷する社会状況に疲弊する国民のことはホッタラカシで、数々のKY発言を連発して自分の無知を晒しながら、ズルズルと解散を引き伸ばし続けた。

その結果、全国各地の市議選や知事選で自民党は次々と惨敗し続け、夏の東京都議選で歴史的大敗をした挙句に、秋の衆院選で息の根を止められたってワケだ。ハッキリ言って、フロッピー麻生が、最初の約束通りに、就任後、すぐに解散総選挙をやってれば、負けたとしても、これほど議席数を減らすことはなかったハズだし、うまく戦えば、まだ勝ち目はあったのだ。そして、時期は遅かったとしても、東京都議選で惨敗した直後に、すぐにフロッピー麻生のクビを切って、イメージだけに踊らされるバカな国民を騙すにはウッテツケの小池百合子あたりを新総裁にして衆院選へと突入すれば、ここまでの惨敗は避けられたハズだ。

だけど、自民党がやったことは、国民から徹底的に嫌われちゃったフロッピー麻生なんかを担いだまま、半ばヤケクソ状態で衆院選を戦ったのだ。そして、何よりの敗因が、「自分のことを棚に上げた民主党批判」の連発だった。衆院選の時の自民党のキャッチフレーズは「責任力」だったけど、たった1年で政権を丸投げした無責任総理が2人も続いたあとに、やることなすこと無責任の極みみたいなフロッピー麻生が、言うにことかいて「責任力」だなんて、多くの国民は失笑しただろう。

そして、敗色が濃厚ミルクになった衆院選の後半には、自民党のホームページで、えげつない誹謗中傷のアニメを流したり、カルト団体か右翼団体のビラかと間違えるほどの誹謗中傷のビラを無差別で配り始めた。工作員たちが、各家庭の郵便受けにポスティングして回っただけならともかく、民主党の候補者が街頭演説してるとこにまでやって来て、民主党を応援してる支持者たちにも、そのえげつない中傷ビラを配って回ってた。そして、その中傷ビラの幼稚で下品な内容は、自民党の支持者たちからも批判され、支持率はさらに急落した。

「コカコーラ」の缶を踏んずけて「ペプシコーラ」を買う子供のCMなんかが普通に流れてるアメリカなら、「相手を批判する」「相手を罵る」「相手を中傷する」ってことが、まるで当たり前の「権利」みたいに認識されてるから、選挙になれば、自分の主張よりも相手の中傷を連呼する候補者も多い。オトトシから1年間行なわれた大統領選でも、オバマに対するマケインの誹謗中傷は凄まじかった。だけど、キチンと名乗りをあげてから正々堂々と戦って、勝負がついたら勝っても負けても相手に礼をつくすニポンの武士道の精神からすると、こうした中傷合戦は、見るに耐えないものがある。

分かりやすい例をあげるなら、柔道の試合で、相手の選手が左足をケガしてたとすると、そこを狙わないように戦うのが武士道の精神だ。今は、ニポン人の多くが欧米化しちゃったから、いろんな格闘技を見てると、相手のケガしてる部分を狙って攻撃するような選手も目にするようになって来たけど、正しい指導者から武道を学んで来た人なら、こうした攻撃をする選手を「ヒキョ〜者」と見る。オリンピックの柔道の決勝戦で、相手の外国の選手が左足をケガしてて、それに対するニポンの選手が、そのケガしてるとこに何度も何度も大外刈りとかで蹴りを入れて、そのたびに外国の選手が苦しそうな顔をして、それで最終的に勝って金メダルを獲ったとしても、あたしたちニポン人は素直に喜べない。そして、逆に、相手のケガしてるとこを狙わないようにして戦って、それでも勝てば、心から祝福できる。これが、ニポン人の精神だし、ニポン人なら誰にでも流れてる血なんだと思う。

何でも合理的に考えるアングロサクソンなら、「相手の弱点を攻撃しないなんて考えられない」って思うだろうけど、あたしたちニポン人には、ニポン独特の「美意識」があるワケで、たとえ正当な理由があったとしても、相手を必要以上に批判したり攻撃したりすることを「美しい」とは思えないのだ。だから、衆院選で自民党がやった民主党に対する誹謗中傷の数々は、自民党の支持者からも嫌われた。その上、自民党が繰り返してた批判は、そのすべてが、自分たちにも言えることばかりだった。

たとえば、自民党が作った幼稚なアニメで、ハトポッポや小沢一郎たち4人のシルエットを並べて、発言がブレまくる「ブレフォー」とかいうのがあったけど、発言の「ブレ」に関して言えば、フロッピー麻生の右に出る者はいないだろう。解散総選挙の度重なる先延ばしから、「定額給付金」に関する連日の発言変更に至るまで、「この人って三歩歩いたら自分の言ったことも忘れちゃうニワトリ並みの記憶力しかないの?」って思えるほど、ブレにブレまくった1年間だった。それなのに、そんな人間が、よくもまあ相手のことを「ブレてる」なんて言えたもんだって、ニポン中の人たちが思っただろう。

これは、現在の自民党にも言えることで、「みんなで民主党を罵ろうぜ!」とばかりに、口をひらけば批判や中傷だけしか能がないタニガキちゃん以下、自民党の面々だけど、彼らが口にする民主党への批判は、すべて自分たちにも言えることばかりで、聞いてるほうが恥ずかしくなって来る。たとえば、西松建設の献金問題で、執拗に小沢一郎のことを攻撃してるけど、自民党の二階博俊なんて、西松建設とおんなじビルに事務所を作って、何から何までベッタリ癒着してたワケだし、他にも、モリヨシローを筆頭に、分かってるだけでも十数人の議員が違法献金を受け取ってたんだよ。金額で言えば小沢一郎のほうが大きいけど、人数で言えば自民党のほうが多いんだよ。そんな政党のヤツラが、よくもまあ相手のことを攻撃できるもんだ。それでも西松建設の献金問題で民主党を攻撃したいのなら、まずは、自民党で西松建設からの献金を受け取ってたヤツラを全員クビにして、それからだろう。

ハトポッポがママから何億円ももらってたって問題にしても、タニガキちゃんは「今すぐに辞職しろ!」って言ってたけど、自分のとこのハトポッポ弟も同額のお金をもらってたって分かったら、ただ単に役職を解いただけなんだよね。まるで鬼の首でもとったかのイキオイで、「辞職しろ!」「辞職しろ!」って連呼してたんだから、まずは、自分のとこのハトポッポ弟を議員辞職させるほうが先じゃないの?まずは、ハトポッポ弟を議員辞職させて、それから、ハトポッポに対して「辞職しろ!」って言うのがスジなんじゃないの?それなのに、タニガキちゃんたら、自分のとこのハトポッポ弟には徹底的に甘い上に、急にこの問題について口にしなくなっちゃった。これは、自分のとこのアベシンゾーや小渕優子も、親から何億円も非課税でもらってたことが分かったから、一気にフェードアウトしたんだろうけど、ホント、分かりやすいよね。

他にも、ハトポッポが小沢一郎の操り人形だなんて批判も出てるけど、それを言うなら、誰が総理大臣になっても、すべてモリヨシローの言いなりだった自分たち自民党はどうだって言うのか。タニガキちゃんを総裁にしたのだって、すべてモリヨシローの指示によるもので、自民党の古い体質は何ひとつ変わってないじゃん。「ガソリン暫定税の廃止」とかで、新政権が公約を果たせなかったことに対しても、口角泡を飛ばすイキオイで攻撃してたけど、お宅のコイズミは、公約を1つも守らなかったことを責められた時に、「公約を守らないことなんか大したことじゃない」ってノタマッて、ヘラヘラと笑ってたじゃん。もう忘れたの?アベシンゾーだって、総理大臣に就任した時の所信表明で、北朝鮮の拉致問題に関して、「すべての拉致被害者が帰国し、家族をしっかりと抱きしめる日が来るまで、ワタクチは鉄の意志を持って立ち向かいまつ!」って公約を掲げたのに、まったく手をつけずに、一度も北朝鮮に行かずに、ぜんぶ丸投げしちゃったじゃん。

その上、「消えた年金問題」に関しても、「ワタクチは、ワタクチの内閣におきまちて、最後の1人まで、最後の1円まで、すべて責任を持ってお支払いすると国民の皆さまにお約束いたちまつ!」って公約に掲げたのに、「最後の1人まで」どころか、「最初の1人」すら解明しないで、ぜんぶ丸投げしちゃったじゃん。そして、次のフクダちゃんに対して、民主党が「安倍前総理が年金問題を丸投げしたのは公約違反だ」って批判したら、フクダちゃんはニヤニヤと笑いながら、「公約違反と言うほど大ゲサなものかな?」ってノタマッたんだよ。タニガキちゃんてば、自分も「麻垣康三」のメンバーなのに、これも忘れちゃったの?

最近では、民主党の藤井裕久財務大臣が体調不良で辞任することに対して、タニガキちゃんを始め自民党の面々は、いっせいに口汚く罵った。特に、大島理森なんて、「予算を決めた財務大臣が予算委員会を前にして辞任するなんて前代未聞の無責任だ」ってノタマッてた。自民党の尻拭いをするために、身を粉にしてがんばって来た高齢の藤井大臣が、ムリしすぎて体調を崩して仕方なく辞任するってのに、どうしたら、こんなにも酷い言葉を吐けるんだろう?‥‥っていうか、まだ50代の若さなのに、ちょっとお腹が痛くなっただけで政権を丸投げしたアベシンゾーのことを完全に棚に上げてるよね。あの時は、アベシンゾー1人のワガママで、1ヶ月以上も国会が空転して、あたしたちの血税が100億円以上もドブに捨てられたんだよ。その上、アベシンゾーって、国民に対してこれほどの裏切り行為をしておきながら、恥も外聞もなく、未だに政治家をやってるんだから呆れ返っちゃうよ、まったく。

‥‥そんなワケで、民主党の献金問題とか、民主党の公約違反とか、民主党のいろんなテイタラクに対して、批判をしたり文句を言ったりしていいのは、あたしたち国民だけなんだよ。自民党のヤツラが、自分たちのことを棚に上げて批判するなんて百万年も早いし、あたしたち国民から見たら、「お前らが言うな!」ってことなんだよ。だけど、どうして自分たちが選挙で惨敗したのか、どうして自分たちが国民からアイソをつかされたのか、まったく理解してない自民党は、未だに「自分たちのことを棚に上げた批判」を繰り返してる。

自民党の空気が読めない面々は、衆院選の敗因の1つとも言える幼稚な中傷アニメや中傷ビラにしても、そうした攻撃が完全に逆効果だったってことが、未だに分かってない。その証拠に、最近スタートした自民党のインターネットテレビでも、自民党の支持者までをもウンザリさせた民主党への中傷を繰り返してる。自分が自民党から立候補するまで、一度も選挙に行ったことがなかった天然記念物女、丸川珠代なんかをキャスターにして、低次元の批判を繰り返した挙句に、「永田町てんき予報」とか言って、「日本経済はどしゃぶりの天気になるでしょう。気温もお財布も冷え込むことが予想されます。」だなんて、まるで、ハトポッポ政権のセイで景気が悪くなったってふうに揶揄してるのだ。まるで、小学校の低学年の子が、「お前の母ちゃんデ〜ベ〜ソ〜!」って言ってるようなレベルだ。

日本経済をどしゃぶりの天気にしたのは、お前ら自民党だろが? 新政権は、その尻拭いをしてるんだろが?今の自民党のやってることって、自分たちが犬の散歩をしてて、その犬のウンチをアチコチに放ったまま行っちゃったあとに、そのウンチを片づけてる民主党の議員たちに対して、「早く片づけろよ!」って怒鳴りつけてるようなもんだ。どうして国民が自民党を見放したのか、どうして民主党に任せてみようと思ったのか、まったく分かってない。

自民党がホントに再生しようと思ってるなら、新政権を批判するんじゃなくて、まずは、自分の犬のウンチを自分で片づけることから始めるべきだと思う。ニポン中を犬のウンチだらけにしておいて、それを一生懸命に片づけてる新政権を批判するなんて、こんなことで自分たちの支持率が上がるとでも思ってるの?衆院選の失敗がまったく生かされてないどころか、おんなじワダチを踏みまくりじゃん。国民の多くは、「新政権に多少の問題があっても、とりあえず、しばらくは見守ろう」って流れになってるんだから、国民から見捨てられた自民党が、新政権のやることなすことをケチをつけるのは、自分たちの支持率を下げることはあっても、決して上げることにはつながらない。

‥‥そんなワケで、今の自民党は、離党する議員はあとを絶たないし、党の批判をする議員もあとを絶たないし、早くも「ポスト谷垣」なんて言葉まで出てるし、みんな自分の選挙のことしか考えてなくて、誰から見ても党内がバラバラだ。誰にくっついておくのが選挙の時に有利か、そんなことばかり考えてて、国民のことなんてぜんぜん考えてない議員ばっかりだ。こんな状況なのに、人の批判なんかしてる場合じゃないだろう。それなのに、今の自民党は、自分たちの支持率を低下させるだけの新政権批判とか、コイズミのバカ息子なんかに頼った人気取りとか、自分の首を自分で絞めるようなことばかり連発してる。半世紀に渡ってニポンを牛耳って来た天下の自民党が、あんな売国奴のバカ息子なんかに頼るしかないなんて、自分のほうから「自民党は終わりました」って宣言してるのと変わらない。それこそ、「溺れる者はワラをも掴む」ってコトワザをそのまま見てるようで、心の底から悲しくなって来る。だから、今からじゃ完全に遅いけど、それでも、少しでも傷を浅くしたいのなら、今すぐに河野太郎を総裁にして、モリヨシローを始めとしたジイサンたちを全員クビにして、総裁経験者も全員クビにして、カビの生えた保守的な思想を改めて、時代の流れに沿った「若くて新しい自民党」へ車線変更しないと、夏の参院選でもボロ負けして、自民党はニポンから消滅しちゃうと思う今日この頃なのだ。

投稿者 きっこ 日時 2010.01.10  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月11日 15:25:35
あははは。愉快痛快最高だ。
自己責任、自己責任と責任力丸投げ政党に今更期待するのは難しいね。
あえて言うなら、総選挙惨敗時に、長老達を惨敗の責任を取らせる形で
勇退させれば、ちょっぴり見込みはあったと思うけど、このままフェード
アウトさせたほうがよろしいかと。

02. 2010年1月11日 15:55:15
サンケイの“明らかになった”記事だから信用していいのか分からないけど
自民党の2010年運動方針は次の通りだとされています。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100110/stt1001102310010-n1.htm
「靖国参拝を受け継ぐ」とか「日本の歴史と伝統を重んじる教育を目指す」とか...
自民党は明後日の方向を向いて頑張る所存のようです。

03. 2010年1月11日 18:17:03
自民党が日本国内にばらまいてきた飛行場は幾つある。
それも一日一便だけだって。 大枚な金をかけて恐れ入りました。
一日一便だからビルの中にテナントも入らない。 商売なんて出来る訳ないよな。
こんな政策をしてるから、国民に見放されたんだよな。 お前ら「馬鹿か」。
だれが責任をとるんでしょうネ。 谷垣チャンあなた捨石になったんだからこれ等の事も、ついでによろしくね。

04. 2010年1月11日 18:19:41
何故支持を失ったか、何故惨敗したのかを未だ自民党は理解出来ていない。思考停止した政党に未来は無い、まるで北朝鮮か大日本帝国の復活でも望んでいるのかのようです。戦争したけりゃ貴方方自民党で勝手にやって下さい

05. 2010年1月11日 19:45:40
きっこさんは文章がうまいですね。
笑いながら、自民党の問題点がわかります。

自民党の再生については河野太郎を総裁にして、
もりさんを初めとする老人クラブの面々に引退して頂くしかないと思います。


06. 2010年1月12日 06:36:07
阿修羅の皆さん、きっこさんのファンになりましょう!!!

07. 2010年1月12日 15:13:54
自民党は一度、消滅するしか無いよ!
概ね「きっこ」さんに賛同するが「自民党が一度消滅しないと日本が保たない!!!」これだけは譲れない。
滅んだ後に、或いは復活の目もあるか知れないが。
それはそれ、これはこれ。
「日本の洗濯」に自民党消滅は欠かせない。
二大政党は寧ろ、民主と社民党系が拮抗する迄、社会保障に軸足を移すべきじゃなかろうか。
ネット右翼や宗教右翼は更に火病るだろうが。
彼等が火病る事は、日本の為には良い事なんです!

08. 2010年1月19日 00:28:00
でも今日本のトップに座ってる首相と幹事長って、元自民党の中心人物じゃなかったっけ?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。