★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 400.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
池袋でチャイナタウン化と外国人参政権への反対デモ、中国では意外な声も(日本ではなぜか報道されない)
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/400.html
投稿者 帝都通信 日時 2010 年 1 月 12 日 23:59:20: afcBBNdi22ldU
 

 民主党は11日、永住外国人に地方参政権を付与する法案(外国人参政権法案)を政府提出法案として18日に召集される通常国会に提出し、成立を目指す方針を決めた。

  中国新聞網が11日に伝えたところによると、東京都池袋で10日、民主党の永住外国人に地方参政権(外国人参政権法案)を付与する法案に対して反対するデモが行われた。中国系の店舗が集まる場所で行われたデモには40人ほどが集まり、外国人参政権法案のほか、池袋のチャイナタウン化に反対する抗議を行った。

  記事では目撃者の声として、10日の池袋駅付近には警視庁機動隊の大型バスが4台も集まるなど、現場には緊張感があったとした。続けて、デモ活動の目的として、民主党の移民政策や対中政策への反対があったと指摘。鳩山首相が政権を担当して以来、日本は中国をはじめとするアジア諸国と連携を強めていることが「右翼分子」の不満を募らせているとした。

  これに対し、中国ネット上では、「日本人よ、目を覚ませ」、「日本人民の絶対的大部分は友好的なのだが」、「一部分の幼稚な日本人を蔑視する」などといったコメントが寄せられていた。意外なことに、日本全体に対する反日コメントは多くはなかった。

  記事では、今回のデモ活動に対して緊迫する必要性はあまりないとし、その理由として今回のデモは日本人全員が反中であることを意味するものではないと指摘した。続けて、発展を続ける中国を前に、日本は中国と友好的に付き合うか、もしくは対立するかという選択を迫られるだろうとし、日本の「右翼分子」は数が少ないながらも警戒しなければならないとした。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0112&f=national_0112_016.shtml  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月13日 00:47:30
当たり前でしょう。日本人全体が排外主義の人種差別主義者なんてことないです。
それにそういうキチガイは極々少数です。
今まで政府、自衛隊、警察などの暴力装置がもっぱら養っていただけです。
それでもあまりに増えるとアメリカとの関係が悪くなる。
なにも身内のキチガイ、クズのせいで周りと険悪になる必要はないです。
極右の小泉でもおおっぴらに言えなかった。
安倍はオシメを締めて辞任した。
麻生は青年会議所時代の与太話に封印した。
日本人をおかしく見せて国際的な評判を貶めるのは極々一部です。
これからもそうあって欲しいですね。
中国人わかったか



02. 2010年1月13日 13:29:11
これって、在特会と主権回復の会の池袋デモだね。
それらの団体が編集した動画を見たけど、ガス抜きの感じだな。
主催者の西村さんの目付きに注視してみると、なんだか必死に台本を
しゃべらされている様子だったな。しゃべる相手と絶対に目を合わせない。

むしろ、動員を掛けられているメンバーが、暴走しないように気を使う
様子は透けて見えたね。プレスは回りに沢山いたね。この記事だと、
それを汲み取った余裕のある報道の仕方だね。


03. 2010年1月13日 16:40:52
まだ「自称デモ」してやがるのか…。
「ニューナンブで撃て!」と自己陶酔台詞を吐いた例のキモいデブとか?
奴等が少数でも要注意であるのは、自民や靖国と直結してるから。
カネという動力源無しで動員出来る社会状況に無い。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。