★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 472.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
陸山会土地取引きを巡る疑惑についての解説
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/472.html
投稿者 smac 日時 2010 年 1 月 14 日 07:47:45: dVqzW59EefGnc
 

 陸山会の土地取引きに絡む「疑惑」について、報道されている情報を整理してみれば、事実関係はほぼ全貌が解明していると考えられます。
 ところが、話をややこしくしているのは、「複数の4億円」なんですね。
 そこで、「いったい、何がどうなっているのか、さっぱりわからん!」とぼやく多くの読者の方のために、私が分かり易く解説します。

 まず、「複数の4億円」を整理しましょう。

(1)政治資金を原資とした定期預金の4億円。
 これは、事実上陸山会の所有ですが名義は「陸山会代表・小澤一郎」になっています。

(2)上記の定期預金を担保として金融機関から融資を受けた4億円。
 ここで、融資を受けた主体は「陸山会代表・小澤一郎」です。

(3)小沢氏が陸山会の会計担当者・石川秘書(当時)に手渡した現金の4億円
 この原資は、和子夫人が用立てたものか、小沢氏が遺産相続したものか、はたまたゼネコンからの賄賂なのか、はっきりしませんが、いずれにせよ「民主党議員・小沢一郎」の自己資金です。

 陸山会が秘書寮を建てる土地購入のために支払った4億円は、もともと(2)の金を充てる予定でした。
 しかし陸山会では、思うように金が集まらず、支払い期日までに(1)となる4億円の定期預金を組むことができなかったようです。
 そこで会計責任者の石川秘書(当時)は、代表の「小澤一郎」に相談。
 「小澤」氏は、その金を「小沢一郎」がなんとかする…と石川秘書(当時)に伝え、後日自宅マンションで現金を手渡しました。
 石川秘書は、その金で土地代金を支払いました。

 そのまま、なんら会計処理をしなければ、陸山会は政治資金収支報告書に「小沢一郎より借り入れ4億円」と記載する必要があります。
 しかし、石川秘書(当時)は、代金支払いの直後に、小沢氏の政治団体(複数)から、なんとか金をかき集め、4億円の定期預金を組んで、それを担保に「陸山会代表・小澤一郎」の名義で4億円の融資を受けました。
 この金を「小澤一郎」が「小沢一郎」への返済に充てたことで、収支報告書には「小澤一郎より借り入れ4億円」が記載されることになったのです。
 つまり(3)の4億円は、小沢氏の小澤氏に対する「一時立て替え金」であり、収支報告書に記載する義務は生じません。

 マスコミによると「収支報告書に記載された借り入れ金は(2)であり、(3)は不記載だから、規正法違反だ」との論調ですが、(3)は短期間で借入と返済が完了している上に、借り入れ人と貸し出し人が事実上同一人物ですから、相殺して記入しないのは当然でしょう。

 このように「疑惑」を、石川氏の「政治資金規正法違反(不記載)容疑」に絞って考えると、ややこしかった話が一気に単純なものとなります。
 (3)は「小沢」氏が「小澤」氏に貸して、「小澤」氏が「小沢」氏に返した「個人間取引き」であり、政治資金の収支としては「陸山会」が「小澤」氏から4億円を借り入れ、秘書寮を建てる土地購入の代金として支払った…とするだけで正しい説明になっているのです。

 陸山会が、土地購入代金の原資について、当初説明していた「4億円の定期預金を担保に4億円の融資を受けた」は、大筋で間違いじゃありません。
 間に「小沢」氏と「小澤」氏の「個人間取引き」が挟まっているだけで、陸山会として不透明もしくは不正な収支は一切ないのです。

 (3)の原資が「ゼネコンからの裏金ではないのか?」という疑惑は、政治資金規正法違反(不記載)容疑と全く関係のない、別件の「疑惑」ですから、いくら陸山会の書類に当たってみても、証拠など出ません。
 証拠を探すのであれば、小沢氏の個人資産を調べるべきでしょう。

 上記経緯が事実であれば、石川氏は完全に無実です。
 石川氏への告発は、小沢氏の蓄財に関する「黒い部分」を洗い出すための「突破口」なのだから、事実関係はどうでも良いのだ…という人も居ますが、現実問題として、そういうわけには行きません。
 法的に見て、これは明らかに「冤罪」なのですから、東京地検特捜部は石川氏への告発を取り下げるべきです。
 その上で、小沢氏の蓄財に関する「黒い部分」を、きちんとした根拠を上げて、正面から捜査するのであれば、国民は検察に対して信頼を抱くでしょう。
 しかし、このまま「無理筋」を強引に押し通し、石川氏を(在宅)起訴するならば、それ以降に出て来るであろう、小沢氏に関する数々の「疑惑」に対しても、国民は「検察による捏造、単なる嫌がらせに過ぎない」と理解するでしょう。

 検察は「正義」を標榜するのであれば、まず「筋」を通さなければなりません。
 でなければ、検察か民主主義、もしくはその両方の「崩壊」に繋がる緊急事態である…と私は見ています。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月14日 08:18:54
法の上での平等と、検察の主張からすれば、6年以内に4億円で
土地を買った人全部について出所調べなければいけないだろう。
見込み操作は止めるといい。

02. 2010年1月14日 08:57:29
>(3)は短期間で借入と返済が完了している

といいますが、実際に陸山会から小沢に返金されたのは2007年なのですが。これのどこが「短期間」なのでしょうか?

この4億円をめぐって検察は、大手ゼネコン社員からの事情聴取でゼネコンからの資金提供5000万円があった可能性が強いとして鹿島建設に強制捜査に入ったのです。


03. 2010年1月14日 09:11:31
「下司のかんぐり」という言葉が日本にはある。地検はマスコミに情報リークしながらまさにその言葉通りの見込み捜査を執拗にやっている。
証拠をきちんとそろえてから事情聴取なり、起訴なり、情報リークなりするのが
普通だろうが・・・。「もしかしたら・・・」というかんぐりやあやふやな推量で
国民の選んだ指導者や政党を自由に嫌疑をかけて捜索などされたら、結果的に「下司」が政治を壟断することになる。国民はそのことを恐れなくてはならないと思う。

04. 2010年1月14日 09:15:50
>大手ゼネコン社員からの事情聴取でゼネコンからの資金提供5000万円があった可能性が強いとして

あれれ、こんな話は知らないけど、あなたはもしかして関係者?


05. smac 2010年1月14日 09:16:36: dVqzW59EefGnc
>陸山会から小沢に返金されたのは2007年なのですが。
>これのどこが「短期間」なのでしょうか?

 理解が間違っていますよ。2007年までに返金されたのは「小澤」氏が「陸山会」に貸した4億円です。
 「小澤」氏が「小沢」氏から借りた4億円は、金融機関からの融資が下りた時点で返金されています。
 その金銭のやり取りが帳簿上記載されていなくても、借り手と貸し手が同一人物である以上、問題はありません。

 (2)の金が「小澤氏よりの借り入れ金」として処理されているのですから、「小澤」氏がその金をどうやって作ったのか、陸山会は詮索する必要も説明する必要もありません。
 時間の制約上、一旦は自己資金を使い、後に定期預金を担保とした融資金で返済してもらった…それだけのことです。

smac


06. 2010年1月14日 09:18:55
↑へーそーなんだ。
どこの情報?大本営?

07. 2010年1月14日 10:18:05
06です。
このコメントは02に対してです。

08. 2010年1月14日 12:02:07
ところで・・・
なんで こんなしょぼい物件で 4億円もするんだ? 高杉だろ!

09. 2010年1月14日 12:41:36
05へ

>理解が間違っていますよ。2007年までに返金されたのは「小澤」氏が「陸山会」に貸した4億円です。

違います。小沢から陸山会に提供された4億円分について、2007年に返金されたのです。

このことは検察リーク情報として各新聞に図解入りで報道されています。


10. 2010年1月14日 13:56:57
2007年に返金されたのは、
小澤が銀行から借りて陸山会に又貸しした4億円で、
これは銀行に返された金だろう。

陸山会では、土地を買うたびに借金をして買ったように見せかけるために
銀行から借金をしているので、裏入金と銀行借金を帳簿上で混乱混同させようと
意図しているのだから、わかりにくくて当然。


11. smac 2010年1月14日 14:33:17: dVqzW59EefGnc
>09

>小沢から陸山会に提供された4億円分について、2007年に返金されたのです。

 私もそう書いてますよ。「小沢」と「小澤」の違いがあるだけで内容は一緒でしょ?
 陸山会は「小澤一郎から借り入れ4億円」と収支報告書に記載し、その借り入れを2007年、小澤氏に返金したのです。

 貴方が問題にしているのは、小沢氏が自己資金で用立てた現金4億円のことですよね。
 でもこれは収支報告書に記載されていません(マスコミの解釈によればですが…)。
 記載されていない借入金を、なぜ陸山会が返金しなきゃいけないんでしょう?

 小沢氏から現金4億円を借りたのは「陸山会代表・小澤一郎」であり、陸山会はその小澤一郎から4億円を借入したのです。
 従って、陸山会は「小澤」氏に4億円を返し(これが2007年)、「小澤」氏は「小沢」氏に4億円を返せば良いわけです。
 そして、2004年「小澤」氏に金融機関から融資が下りた時点で、後者の借入は返済されたことになります。

 ちょっと、ややこしいですか?
 小沢氏の自己資金4億円が、一旦陸山会に移動し、陸山会がその金を土地購入代金に充てたことは事実ですが、これは本来、小澤氏が融資を受ける4億円を陸山会に貸し出す予定だったものを、時間の制約上、小沢氏の自己資金によって立て替えただけだったのです。

 政治資金収支報告書は金銭出納帳じゃありません。
 誰から借り入れ、何に使ったのかが正しく記載されてさえいれば問題ないのです。
 ですから途中に「一時立て替え」があったとしても、「小澤一郎から4億円を借り入れ、土地購入代金に充てた」という、本質的な「収支」が記載されていれば違法にはなりません。

 貴方は「立て替え金」と「借り入れ金」を混同しているから「借り入れ金」がダブルでカウントされてしまっているのです。
 陸山会の「借り入れ」は4億円のみで、返済も4億円のみ、その相手先は「小澤一郎」であって、金融機関でも「小沢一郎」でもありません。
 資金ショートが発生したため、小沢氏が自己資金で一時「立て替え」た4億円は、「小澤」氏(小沢一郎と同一人物)に金融機関から融資が下りたことで返済完了しています。
 残るは「小澤」氏が「陸山会」に貸した4億円だけであり、それは貴方がおっしゃるように2007年、返済完了しているのです。

 くどくどと同じことを何度も書きましたが、これでご理解いただけたでしょうか?
 まだ理解できない…という方のために、少し切り口を変えた「解説その2」を新規投稿します。ぜひ、ご一読ください。


12. 2010年1月14日 14:49:44
>11

小澤への返金は2005年と2006年に分けて行われています。一方、小沢への返金は2007年の1回だけです。

>小沢氏から現金4億円を借りたのは「陸山会代表・小澤一郎」であり

間違いです。陸山会代表は小沢一郎であり、小澤一郎ではありません。


13. 2010年1月14日 14:51:44
このsmacという人、自分が間違えているな。

14. smac 2010年1月14日 16:38:55: dVqzW59EefGnc
>12

>一方、小沢への返金は2007年の1回だけです。

 ああ、2007年4月の資金移動「4億円出金」が小沢氏への返金だったと言いたいわけですね。
 でも、この出金は収支報告書にも記載されておらず、当然のことながら支出先の特定はできません。
 さらに、この時点で陸山会が管理する政治資金は残高が4億円に満たないため、4億円の出金は物理的に不可能です。
 おそらくこれは、検察が陸山会の資金と小沢氏個人の資金を混同してリークしているか、事実に反する情報を故意にリークしているかのどちらかでしょう。

 私は2005年と2006年の2回に分けて返済された資金移動を「2007年までに返済された」と書きましたが、これは2007年4月の、記載なき資金移動を意味しません。
 貴方が「返済は2007年だった」と書かれたので調子を合わせただけです。
 まさか、支出先が特定できず、事実かどうかも定かでない「4億円出金」を「小沢氏への返金だった」と断定した上での記述だとは気づかなかったもので、まことに失礼いたしました。

 なお、「小沢」と「小澤」の使いわけは、理解を補助するための便宜的措置です。
 2004年の収支報告書で、4億円の借入先が「小澤一郎」と記載されていましたので、こちらを「陸山会代表としての名前」だと仮定し、「個人としての小沢一郎」と区別しやすいよう別称字にしました。
 実際には厳密に使い分けられているのかどうか知りません。
 ただ、その呼称が実際には使い分けられていなくても、あるいは逆の使い分けが正しかったとしても、全体の論旨に影響はありません。
 陸山会に4億円を貸し出したのが「小沢一郎」であったとしても、それを「小澤一郎から借り入れ4億円」と記載することを間違いと言えないでしょう。
 なんたって、実際は同一人物なんですからね。

 この解説では「小澤一郎」という仮定の人格を設定することにより、金融機関から融資を受けたり、小沢氏から現金で4億円を借り入れた主体が陸山会ではないことを説明しようとしました。
 貴方も「小澤への返金は2005年と2006年に分けて行われています」と書いておられるので、てっきり理解されているものだと思っていましたが、私だって「陸山会代表は小沢一郎」だってことくらい、指摘されなくても知ってますよ。


15. 2010年1月14日 20:37:21

検察は正義と思っていたが、最近の地検特捜部をみると特高を思い出すのはオレだけだろうか。

地検 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5%E6%8D%9C%E6%9F%BB%E9%83%A8

特高 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5%E9%AB%98%E7%AD%89%E8%AD%A6%E5%AF%9F

その生い立ちからして、地検のご主人様はアメリカだ。今までもこれからも


16. 2010年1月15日 01:59:06
私もsmacさんの定義が正しいと考えています(今までの情報では)
小沢氏が仮に●だとしても危険な陸山会をつかってマネー・ロンダリング
したり、違法なお金を紙袋に入れ台車にのせて運ぶなんてことするような
バカじゃないと思います。
もっと安全な方法はいくらでもあるでしょうし。

17. 2010年1月16日 11:26:47
smacさんの知見、すばらしい。

18. 2010年1月17日 04:44:18
>>15

全く同感です。現在組織図的には検察の一部局に見せ掛けてはいますが、東京地検特捜部の前身はGHQの代理捜査部隊です。まだ米占領下にあると解釈するならともかく、そうでないなら日本国民および民主主義社会の敵と言えるでしょうね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。