★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 525.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢抹殺を狙う検察官僚の荒々しき国家権力(永田町異聞)
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/525.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2010 年 1 月 14 日 21:20:16: twUjz/PjYItws
 

http://ameblo.jp/aratakyo/entry-10434024110.html

2010年01月14日(木)
小沢抹殺を狙う検察官僚の荒々しき国家権力
テーマ:政治


昨日、小沢一郎関連の事務所などに突然のガサ入れをした東京地検特捜部。その指揮にあたるのが特捜部長、佐久間達哉氏である。

「一罰百戒」。検察としてこの言葉をどう解釈すべきか。佐久間氏と同期の元長崎地検次席検事、郷原信郎氏はかつて、このことについて議論したことがあるという。

郷原氏は「一罰」について、悪質性の高いものでなければならないと主張した。検察が悪質性の高い罪を犯した一人を罰することによって、「百戒」、すなわちその他大勢の戒めにできるという考えだ。

これに対し、佐久間氏はこう反論したそうだ。「一罰」は何でもよい、悪質であるかないかにかかわらず、何でもひとつ罰すれば、「百戒」につながる、と。

これを聞いたとき、筆者の思考回路は、不覚にも戦前の日本陸軍内の路線対立に短絡してしまった。

いわゆる「皇道派」と「統制派」の二つの派閥に分かれた軍事官僚たち。

政治の腐敗を批判し、軍の力で国家改造をめざしたのはどちらも同じだったが、組織を重視する統制派に対し、皇軍、皇国を唱える荒木貞夫大将を信奉する皇道派の青年将校が反発し、ついに行動を起こした。斎藤実内大臣、高橋是清大蔵大臣ら三人が殺害された昭和10年の「2.26事件」である。

軍部の暴力的な政治干渉は、それより前、昭和7年の「血盟団事件」や「5.15事件」で顕在化する。

5.15事件では、首相官邸に乗り込んで不正献金を指摘する陸海軍の士官たちに、犬養首相が「話せばわかるじゃないか」と言ったとたん、「問答無用」と射殺された。

この事件で、犬養の政友会はぶっ潰され、結果として戦前の政党政治は息の根を止められた。それが、軍部の大暴走につながっていく。

こうした動きの背景にあったのは、昭和6年の満州事変以来、軍部と癒着して、部数拡張を続けた新聞社の戦争賛美報道だった。

軍部は機密費で新聞社幹部を接待し、紙面の大応援により大衆を煽って戦時体制を作り上げた。

いささか話が脱線しすぎたようだ。以上は、筆者の頭のなかで勝手に働いた連想に過ぎない。

さて、問題は現在進行形の事態をどうとらえるかである。

昨夜の報道ステーションで、朝日新聞の星浩氏が確かこのような趣旨の発言をしたと思う。

「小沢さんの定例会見を見てカチンときたんじゃないですかね」

カチンときて、強制捜査におよんだというのである。言葉のアヤといえばそれまでだが、検事たちの気分で「やってしまえ」となったとしたら恐ろしいことだし、それを言っているジャーナリストがそのことに疑問を感じないのも不思議だ。

自衛隊に昔の軍部のようなマネができるわけがないとしたら、政治家を失脚させうる力を行使できるのは、強制捜査という国家権力を握る検察組織であろう。

「自分たちこそ正義」と考え、独善性に陥りやすい集団であることも、田中森一らヤメ検弁護士の証言からわかる

記者クラブという仕組みのなかで、官僚からの情報にもっぱら依存して記事を書いてきた大マスコミの記者は、官僚に操作されている自分を顧みる余裕がない。

いかに他社に先駆けて、行政官庁や捜査当局からの情報を紙面や電波に流すかという競争を日々やっている。

国にとって何が大切か、公益とは何か。そんなことに考えが及ぶヒマがないほどに、締め切り時間は次から次へと迫ってくる。

情報提供者であるお上の言うことやることに何ら疑問を持たない一方で、口が堅くて無愛想な政治家叩きにはことのほか熱心である。お上、すなわち行政組織のやり方に鈍感かつ寛容なのは、星氏だけではないということだ。

いつも通り、カメラを待機させるなか、肩をいからせて繰り広げた今回の捜索劇。国民が「変革」を期待して誕生させた新政権の、与党幹事長周辺に対する捜査のあり方としては少々、荒っぽい印象を受けるのだが、いまのところ大メディアからは疑念の声が上がっている様子はない。

この7月に迫った参院選。自民党、公明党が大勝すれば、衆参ねじれが再び起こり、政治的混迷が深まって、民主党を追い込むことができる。自民党復権は、官僚組織の歓迎するところだろう。

宮内庁長官、駐米大使ら、官僚の“反乱”が目立ちはじめた。検察も、7月の参院選との時間的距離感からみて、「今しかない」と荒々しく立ち上がったのかもしれない。

小沢幹事長はこれに徹底抗戦するのか、白旗をあげるのか。4億円の原資にやましいところがないのなら、一刻も早く検察にしかるべき資料を提出して疑惑を晴らし、党務に専念してもらいたい。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月14日 22:07:47
今回の事件をプラス思考で考えると、今国会で
企業団体献金を禁止する政治資金規正法改正を実現する
千載一遇のチャンス。

政府与党は、企業団体献金を即、禁止し、自民党の息の根を止めるべきだ。
大企業から政界への献金がなくなれば、新自由主義勢力の力も減弱する。


02. 2010年1月15日 00:10:12
アメリカの言いなりにならずに国民のために働く政治家をあげまくって「百罰一戒」ですな。

「ともかくアメリカに逆らうな」と。


03. 2010年1月15日 02:34:39
カチンときたってのが凄いね。
自分らの感情だけでどうにかして良いと思ってんだろうか。
まあさすがに事実ではないだろうが。あまりにも酷すぎる。
本当なら日本はまるで野蛮人の国じゃないか。

04. 2010年1月15日 10:21:30
感情で動く動物なのか?>東京痴犬

05. 2010年1月15日 17:06:20
痴犬達をガラパゴス諸島に移したら家畜人ヤプーに進化します。

06. 2010年1月16日 11:02:35
検察がここまでやれば、7月まで時間がある。予定されている国会法や
資金規正法、公務員改革、国家戦略局法、マスメディア系列化廃止法など
重要法案を全て通して仕舞うべきだ。
公務員交代人事も全て予定通りに実行するべきだ。
改革を断行すれば、国民の支持を得て参議院選挙で勝てる。
苦しいときほど、ハッキリ反撃するべきだ。
無法に対し、マスコミと検察の息の根を止めるべきだ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。