★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 542.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢対検察の戦いは、小沢側がやや有利?
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/542.html
投稿者 K2 日時 2010 年 1 月 15 日 06:56:20: NR9lZWHaSJ2ws
 

TBSラジオ・「荒川強啓のデイ・キャッチ!」より

TBSラジオ国会担当、武田一顕記者の報告の一部。

荒川) 昨日の突然の強制捜査なんですが、竹田さんこれ、特捜部の狙いは一体どこに有るんでしょうか?

武田) まあ色んな見方がありますし、まだその、なんの事件かも?
政治資金法の不記載だけと言うのは事件としては弱い、これは大久保秘書の逮捕の時もありましたんでね・・・
・・・去年の3月以来、検察って言うのは無理スジだ、今回の捜査についても無理スジじゃないかと指摘する人はいます。
 それからもう一歩引くとですね、昨日の検察の四ヶ所への強制捜査が、例えば法の正義を貫く為であるとかですね、政治とカネの問題を糾すために検察がやったんだ、という風に本当に考えているのだとしたら、これは相当お人好しの国民の考え方でしてね、つまり去年の西松からこっち、なにかと言ったら、要は小沢対検察の権力闘争のわけですよね。
潰しあいですね、要はね。
で、去年の三月に検察は、小沢さんを潰しかけたんだけども、5月の辞任劇で攻守が逆転しちゃったわけですよね。
で、今回も同じように、小沢さんを潰しに掛かって来ようとした。
つまりですね、なんで無理スジかって言うと・・・
一つは国会前にバタバタと検察が強制捜査に入ったって事がありますね。
国会始まると議員には不逮捕特権がありますから。
それから在宅起訴とか任意の事情聴取も出来ない事はないですが、これも国会審議に影響が大きくてそれも出来ない。
と言う事が国会前にバタバタした理由。
それと二つ目は3月になると検察の中は人事が有ります。
この人事をいじられるって言うのは役人にとっては一番嫌な事ですよね、で、なんとかその前に小沢さんを潰すか、もしくは手打ちをしようと思って任意の聴取に応じるように小沢サイドに求めたんだけど、小沢さんは忙しいとか言ってずっと応じないで、敢えて検察がこう言う強制捜査という強硬手段に出るように仕向けたと言う見方をする人もいますし、私もその見方はある程度当たってるのかなって・・・
つまり、任意の捜査に応じなければ強制捜査または逮捕されるって事が有り得るなんて事は、小沢さんは田中角栄、金丸信を見てますから十分分ってますよね。
ってことは、炙り出しをしようと思ってるって事で、今のところ小沢対検察の戦いは、小沢側がやや有利と、そういう風に私は見てます。

荒川) えっえぇ!でも・・・もしその読み通りだったら、検察大失態って事になりますよ?

武田) ええ、ですからそれが先ほど言った時期の問題ですよね。
それからもう一つは、小沢さんは西松の事件の後、8月の31日、つまり総選挙で洗礼を受けてるわけですよね。
で、あんときもそうでしたが、誰も小沢さんが金に奇麗だと思ってる人は殆んどいませんから、一般の人も含め私もそうですから、ただ、そのカネの問題があっても自民党はもうダメだと、民主党で行くんだと言うのがあの時の民意ですから。
そうすると・・・
このまま行けば地検は役所の解体とまでは行きませんが、非常に存亡の時を迎える訳ですよね。
事務次官制度も廃止、事務次官会議も廃止されちゃったし、人事もこれからいいようにされるわけですから。
その前にですね、バタバタとやって窮鼠猫を噛むで小沢さんに噛み付いたと、言う見立てのほうが私は論理的な整合性があるなという風に考えてます。

荒川) へえぇぇ、しかし国の権力がそんな人事の事でもって、こんなこと動いて良いんですか!?

武田) ええ、ですから冒頭荒川さんも仰ってましたが、これによって来週からの国会は本会議も予算委員会もおそらく、この政治とカネの問題一色になるでしょう。
そして説明責任、説明責任てなんだって…説明責任ていうのは頭丸めて辞めなきゃ許さないって訳ですから、結局そういう事になってしまう。
ところが小沢さんは今や政権の最高実力者ですからね、辞めるって事は、先ず考えられない、という事です。

荒川) はぁいっ!また動き有りましたら伝えてください、ありがとうございました。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月15日 07:36:31
>>3月になると検察の中は人事が有ります。
この人事をいじられるって言うのは役人にとっては一番嫌な事ですよね、で、なんとかその前に小沢さんを潰すか、もしくは手打ちをしようと思って任意の聴取に応じるように小沢サイドに求めたんだけど、小沢さんは忙しいとか言ってずっと応じないで、敢えて検察がこう言う強制捜査という強硬手段に出るように仕向けたと言う見方をする人もいますし、私もその見方はある程度当たってるのかなって・・・
つまり、任意の捜査に応じなければ強制捜査または逮捕されるって事が有り得るなんて事は、小沢さんは田中角栄、金丸信を見てますから十分分ってますよね。
ってことは、炙り出しをしようと思ってるって事で、今のところ小沢対検察の戦いは、小沢側がやや有利と、そういう風に私は見てます。

検察は裏取引したかったが、、、小沢は誘いに乗らなかった!全面戦争の始まりだ!


02. 2010年1月15日 08:10:10
小沢対検察っていうか、国民対検察・マスコミだろ。
小沢って、民意で選ばれてるんだから。

03. 2010年1月15日 09:32:39
小沢氏は、今の法律じゃ合法だがモラルとしてはどうかな、しかし自民党よりははるかにまし。自民は調べたらアウトという人ばかり。
政権取ってる時は権力あるから調べられなかっただけ。

鹿島に入って持って帰った書類は自民関係のもののほうがはるかに多いはず。
それを立件して人事は勘弁してもらおうと思ってないかな。



04. 2010年1月15日 13:02:05
西松問題でも小沢は最初から最後まで自分に向けられた疑惑を晴らす気が全くなかった。
捜査の無理筋を暴くロジックは、早い段階で郷原によって示されていた。
それに乗っかれば、小沢は雄弁にに説明責任を果たせたはず。
そうしようという気配が全くなかったのは不思議と言えば不思議だった。
今回の疑惑はもっと簡単に済む。

多分小沢は官僚改革の大局観をもってやっているのであり、個別の検察の捜査とか自分への疑惑は駒のひとつにすぎないんだろう。
昨日の首相の大胆不敵な小沢礼賛は、官僚改革開始の号砲なのかもしれない。

小沢の悪党像は検察とマスコミが勝手に作り上げたのなら、その後片付けは小沢でなく検察とマスコミ本人がやることになるんだろう。


05. 2010年1月18日 00:26:38
朝鮮総連本部ビル売却問題
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朝鮮総聯本部ビル売却問題(ちょうせんそうれんほんぶビルばいきゃくもんだい)とは、2007年6月に発覚した、朝鮮総聯本部ビルの建物及び敷地の不透明な売却に関する問題のことを指す。
目次 [非表示]
1 概要
2 自民党議員との関連
3 本件の主たる問題点
4 参照
5 関連項目
概要 [編集]

2007年6月12日のメディア各社の報道において、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)の中央本部(東京都千代田区富士見)の建物及び敷地の登記が、5月31日付けで元公安調査庁長官であった緒方重威(緒方に関する詳細は当該項目参照)が代表取締役を務める「ハーベスト投資顧問株式会社」へと変更されていたことが判明した[1]。
その後、この取引は同年6月18日に予定されていた東京地方裁判所における朝鮮総聯への不正融資疑惑に関する判決に続いて予想される整理回収機構による資産の差押を逃れるための仮装売買である可能性が高いことが報じられた。あわせて、日本人拉致などの種々の犯罪に関与したなどとして、破壊活動防止法の適用も視野に入れた捜査・調査が進んでいるとされる朝鮮総聯に対して、調査活動を担当する側である公安調査庁の長官経験者が積極的な方向で関与していたことなどが主に批判された。
緒方はこの売却の約1カ月前の同年4月19日にハーベスト投資顧問株式会社の代表取締役に就任しており、同日に同社所在地も中央区内から目黒区柿の木坂の緒方の自宅へと変更されている。一方で同社は関東財務局への投資顧問業登録および日本証券投資顧問業協会への加盟を行っておらず、実態のないペーパーカンパニーである可能性が高く、緒方もこの事実を認めている[2]。
同年6月13日に緒方は記者会見を行い、朝鮮総聯本部が差押えられた場合に「在日朝鮮人にとっての大使館[3]がなくなり、彼らが棄民となるのを見るのが忍びない。またその種の施設が存在することが日本の国益に適うと信じている」ために、この取引に関与したと述べた。
またこの取引の発端は、旧住宅金融専門会社(住専)の大口貸付先の会社の元社長で、1998年に住宅金融債権管理機構による差押を免れるために仮装売買を行い強制執行妨害で逮捕され有罪となった満井忠男(満井に関する詳細は当該項目参照)が、緒方と朝鮮総聯の代理人を務めている人権派弁護士土屋公献を引き合わせる形で進められたとされる[4]。
満井は報酬として朝鮮総聯側から約4億8000万円を受け取っているとされ、一方、資金提供予定者との仲介に立った元銀行員にも同様に約1億円が提供されたとされる。東京地検はこれらの朝鮮総聯からの資金の不透明な流れについても解明を進めており、本件取引全体の問題点も含めて、朝鮮総聯の副議長など現職幹部らからも事情を聞いている。さらには、報酬等の支払いがあったかどうかは不明ではあるが、公安調査庁の現役職員も本取引に関与していたと一部で報道されている。
上記記者会見同日の13日から東京地検特捜部は電磁的公正証書原本不実記録等の容疑でハーベスト投資顧問株式会社及び緒方及び土屋両者の自宅の家宅捜索、さらに両者からの任意の事情聴取を行った。問題の仮装取引においては、約35億円とされる代金の支払い前に登記が行われており、差押を逃れるための脱法・違法行為がなかったかといった点を中心に捜査が進められている。
その後、6月18日に土屋及び緒方は朝鮮総聯本部敷地及び建物の登記を朝鮮総聯側法人(朝鮮総聯はいわゆる「権利能力なき社団」であるため、登記等の法律行為に関して制限があり、登記を直接行うことはできない)に戻したことを発表した。その理由は、両者の説明によれば、購入資金を用意する予定であった出資者が資金提供を断った為であるとされている。一方特捜部では、登記が戻されたとしても強制執行妨害等の容疑は消滅しないとして捜査を継続している。
なお、この措置により登記の往復が存在したため、東京都は不動産取得税の課税通知をハーベスト投資顧問及び朝鮮総聯の双方に送付した。その額は各々に約8000万円、合計して約1億6000万円となっている[5][6]。
6月18日、東京地方裁判所は朝鮮総聯側の全面敗訴の判決を下し、あわせて判決確定前に同建物等の差押・強制競売等も可能な仮執行も認める決定を行った。続いて、6月20日には差押の申し立てに必要な執行文が同地裁から整理回収機構に授与され、これを受けて機構側は申し立ての準備に入った。一方、総聯側も同日に代理人の土屋が会見し、同裁判に対する控訴を断念する方向で調整に入ったと発表した。
6月28日、東京地検特捜部は緒方と満井ら3人を詐欺の疑いで逮捕した[7]。
自民党議員との関連 [編集]

この問題において、「仲介役」を果たしたとされる自民党三塚派(清和会)会長・三塚博の元秘書でもある不動産会社元社長満井忠男が自民党幹事長の中川秀直に献金するなど親密であり、ビル購入の資金集めにおいて自民党議員が役割を果たした可能性が、一部メディアで報じられている。また、同報道では小泉純一郎や山崎拓を朝鮮総聯と近い人物として取り上げている[8]。
本件の主たる問題点 [編集]

既に要職を退いたとはいえ、破壊活動防止法に基づき朝鮮総聯を監視している公安調査庁の元長官と日弁連の元会長が、関与していた点
ハーベスト投資顧問株式会社が、活動の実態のないペーパーカンパニーである点
本件取引が資産の差押を逃れるための仮装売買である可能性が高い点
これは違法行為の可能性もあり、東京地検特捜部が実際に調査を開始している。これは、この事件における最大の問題点といえる。
約35億円とされる代金の支払い前に登記が行われており、さらに結局支払いは行われなかった点


  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。