★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 556.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
核心が見えなくなってきた小沢「4億円」疑惑
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/556.html
投稿者 めっちゃホリディ 日時 2010 年 1 月 15 日 11:04:05: ButNssLaEkEzg
 

2010/1/15 10:00

http://netallica.yahoo.co.jp/news/107501

●「小澤一郎」名義でこの通り

 大マスコミが連日「怪しい」「事情聴取だ」と騒ぎ立てながら何ら進捗(しんちょく)もない小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引疑惑。大新聞・テレビは検察リークに乗って「収支報告書に記載ナシ」と追及の構えだが、実際は収支報告書に記載されていた。この疑惑、ますます分からなくなってきた。

「これは官報掲載の収支報告書ですが、ここに4億円は書いてあるんです」。10日のテレビ朝日「サンデープロジェクト」で、こう声を荒らげたのは元東京地検特捜部検事の郷原信郎弁護士だ。

 大マスコミ報道では、陸山会が04年10月、東京・世田谷区の土地を約3億4000万円で購入。その資金4億円について「収支報告書に記載されていない“怪しいカネ”」として、政治資金規正法違反(虚偽記載)が問題になっている――という。

 しかし、郷原氏が指摘した通り、05年9月30日付の官報記載の「陸山会」の04年分の政治資金収支報告書には、収入内訳の中に「借入金 小澤一郎 4億円」の記載がハッキリある。

 小沢幹事長が政治団体代表と個人を区別する時に使う「小澤一郎」名だ。

 郷原氏の指摘に大マスコミ解説者は皆、絶句。記載自体を知らなかったようだったが、現在報じられている“疑惑”はこの借入金なのか、別に隠れたカネを指すのか、全く分からないのだ。

「新聞やテレビはどうやら、土地を購入した原資の4億円は、記載された借入金の4億円とは別で、もともと陸山会が持っていたカネなどを担保に銀行から借り入れたものであり、その出どころが怪しい――と言いたいようです。しかし、そんな解説は一切されていません。仮に新聞やテレビが騒ぐ通り、原資が記載分と違うとすると、なぜ小沢がわざわざ陸山会に4億円を貸し付ける必要があったのかが分からなくなります」(司法ジャーナリスト)

●「紙袋」が「台車」に変わるいい加減さ

 大マスコミは当初、土地購入に充てた4億円について「小沢が紙袋で運んだ」としていたが、重さを合計すると40キロ以上だ。とてもひとりで運べる重さじゃない。オカシイとなると、次は「台車で運んだ」と報じ始めているから怪しいものだ。

 ただ、小沢サイドが沈黙を続けているのも不思議だ。口下手だし、マスコミが嫌いなのだろうが、「原資の4億円は記載されているじゃないか」と反論しないことも混乱に拍車を掛けている。

 一方で「記載されていない」という疑惑の金額は5億円とか18億円とかどんどん膨らんでいる。何が真実でどんな犯罪になるのか、冷静に考えるとサッパリなのだ。それでも延々と大騒ぎが続くのは異常というほかない。

(日刊ゲンダイ2010年1月12日掲載)
2010/1/15 10:00 更新  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月15日 11:34:04
台車も押収されたのでしょうかね。



02. 2010年1月15日 13:47:39
どんな説明をしたところで次から次へと疑惑をぶつけてくる。そんなものにいちいち付き合ってられないよね。しかもおんなじ質問を。やましい事はしていないという説明はしてるんだから、疑惑を持ったほうが調べて逮捕なりなんなりすればいいんじゃないの。でも無実だったらマスコミも検察もただじゃすまないよね。覚悟の上でそっちへ舵を切ったんだろうね?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。