★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 590.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
非難するべきは、検察とマスコミ(NHKを含む)の世論誘導。(ふじふじのフィルター)
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/590.html
投稿者 純一 日時 2010 年 1 月 15 日 20:55:06: MazZZFZM0AbbM
 

http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/nhk-49a4.html


 「官僚支配から脱却し、国民が主役の政治に」をスローガンにした民主党が、8月末の衆院解散総選挙で308議席を得るという快挙を成し遂げ、明治より140年続く「官僚支配」もいよいよ終わり国民主権が実現すると、楽しみに日々暮らしていますが、明治から長きにわたる「官僚支配」体制下で、既得権益を貪ってきたものたちののたうち回り、断末魔の叫びは、連日のマスゴミ煽情報道・大本営発表の過熱となって表れてきました。

 戦争中、新聞・ラジオというマスゴミは、「敵から受けた損害は少なく、与えた損害は大きく、負けているのに勝っている」などと、真実とは違うこと、また、戦争末期には真実と正反対の大本営発表を垂れ流し続け、国民騙しに加担していましたが、テレビメディアが加わりましたが、いまもまた、大本営発表を垂れ流している状況となっています。

 この時は、大本営発表→マスゴミ報道、という情報経路は揺るぎなかったものと思います。しかし、マスゴミが軍部発表に乗っかった報道をし続けることで、軍部はさらに深みにはまっていくという構造だったことには間違いありません。


 今の小沢氏の件の報道状況をみると、戦時中とはちょっと違い、どうも、マスコミは、検察に加担しているというよりは、マスコミ自体が、主体的に民主党や小沢氏つぶしを展開し、検察を動かしているのではないかとも思われます。

郷原信郎氏も指摘していましたが、マスコミ報道が先行し、検察が行動をするという傾向が見て取れるのです。

 上記写真(略)は、ウィキペディアからお借りしてきました。大本営発表の様子です。記者クラブは、これからほとんど改善していない状況じゃないかって気がします。ただし、今は、記者が質問をして、検察官の表情を見るという裏取りをしてから、報道をしているとのことです(毎日新聞の岸井氏、サンプロで語る)。

 検察官の顔色を見て、検察官が報道に期待していることを読みとり、報道しているのが現在のマスゴミってことなんでしょうね。だから、マスゴミ報道が先行し、その後に地検が動くということになると推測します。当然、記者が持っている先入観の下、顔色が読み取られるのだから、記者の考えにも沿うものとなる。と考えると、検察とマスゴミは、対等な関係で、一心同体と見ていいのではないでしょうか。


 選挙の小沢と言われる選挙に強い小沢幹事長を失脚させてしまえば、来る参院選では、自民党大躍進となり、旧体制の既得権益集団がまた存続させられると考えたか、選挙に負けても小沢さえいなければと考えたかの方ですかね、

東京地検・マスコミ連合は、実に些細なこと「小沢氏「陸山会」政治資金の土地購入代金記載漏れ」を問題にしていたかと思うと、こんどは、「土地購入代金の4億円のうちの一部が、ダム受注の見返りとしてゼネコンから支払われた「裏献金」ではないか」という「職務権限のない野党党首に公共事業受注の裏献金するゼネコンなんてあるはずがない」という素人が考えてもあり得ない疑惑に変更し、

つぎに、4億円が小沢氏から出たとわかると、「どこからその4億円が出たのか(政治資金規正法に無関係)」という疑惑になると、なんだか、いったい何がどう悪いのかさっぱり分からないが、くるくる目先を変えて、悪事が行われていたかの報道を連日行っている。


 「陸山会」の土地購入は、04年という古い話であり、秘書氏がよく覚えていなくてうろ覚えのことを言ってしまったことを獲らまえて検察はとやかくしようとしたらしいが、当時、「陸山会」が、土地を購入するのに、先に現金が必要なので、小沢氏から4億円を借りたということでしかないとしか思えなく、その土地購入の原資は、小沢氏から出たということで、記載があったとみるべきではないかと私は思う。

そもそもの疑惑がくだらない些細なことであるうえに、それ自体がなかったことに検察とマスコミは直面している。それでも、いつも検察とマスゴミがしてきたように、今回も、いったん犯罪者と目をつけたら、罪がなくても、犯罪者に仕立て上げて、自分たちの正義は行われなければいけないということなのか。


 そして、自家中毒を起こした検察とマスゴミは、両者間で勝手に燃え上がり、ついに、陸山会事務所や小沢氏の個人事務所、衆院議員会館の石川事務所、大手ゼネコン「鹿島」本社など関係先を一斉に家宅捜索するという暴挙に出た。


 正義の捜査員が列をなして悪党の事務所へ入っていくというパフォーマンスを演じ、新聞・テレビ記者はカメラを構えて待ち構えていて、正義が行われている様子を大々的に報道というわけですね。まさしく、大本営発表が行われました。

日本国民は、大本営発表で戦争中には、嘘ばかりを流されながら信じていたことに唖然としたにもかかわらず、戦後またしても、マスコミは正義の味方だと思い込み、大本営発表を信じ続けてきました。

しかし、今回の強制捜査には、異様な感じを感じ取っている人は意外に多いですよ。今度こそ、本当に日本人は気がついたかもしれない。

 小沢氏や石川氏に行われていることは、民主主義への嫌がらせであり、嫌がらせを受けているのは、私たち国民です。私たち国民は、彼らを守らなければいけないのであって、孤立させたり、自殺に追いやったり、暴漢に襲われ暗殺されたりは、絶対に、あってはならないことです。

 国民がこの大本営発表を見破り、検察とマスゴミを批判するという方向へ向かわなければいけないと私は思っています。そうでない限り、旧体制の呪縛から逃れることはできないと思っています。


 と、私の意見は、ここで終わりたいと思いますが、

{ガダルカナル化する「検察・マスコミ」は、国民にとって害でしかない。}
http://asyura.com/10/senkyo77/msg/408.html

で、たくさん有意義なコメントをいただきましたので、ご紹介したいと思います。
ぜひ、最後までお読みくださいね。コメントを下さる皆さん、ありがとうございます。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月15日 21:20:23
小沢氏本人から真実を聞きたいです。小沢氏の言う国民の総意です。

02. 2010年1月15日 21:24:58
投稿者の冷静にして分かりやすい現状分析に賛同です。

03. 2010年1月15日 21:32:32
納得のいく分析と思います。
私をはじめ、かなりの数の国民がうすうすと感じてきていることだと思いますが、なかなか決定的な情報を得ることができないので「疑問に感じる」レベルに止まっています。
やはり、敗戦で始めて国民に大本営発表の虚偽が明らかになったように、闘いが決着するまでは決定的な情報は明らかにならないかもしれません。
今は小沢幹事長を先頭とする国民のための変革を目指す勢力と官僚、検察、自民党勢力の最終戦争の最中ですので、われわれ国民に全容が明らかにされるには、もう少し必要なのだと思います。

04. 2010年1月15日 22:18:03
3人逮捕? 自殺と見せかけて殺される、、、

05. 2010年1月15日 22:26:29
今テレビで石川議員を含む三人に逮捕状がとの報道をしている。
愈々検察も小沢に対する追及への最終段階に来ているようだ。
これは逮捕した三人の供述次第では小沢本人の逮捕を視野に入れているのは間違いない。
政権与党の最大実力者の小沢を逮捕するということは、検察が民主党をぶっ潰すことに決めたに等しい。
旧体制組織が三権分立を盾にして自己防衛を決意したのだろう。

小沢が逮捕される事態になった場合、鳩山がどうするかだ。
現在政権を握っているのは民主党だから明らかに民主党の立場の方が有利な筈だが、マザーコンプレックスの鳩山ではこういう修羅場を取り仕切ることは出来ないだろう。
鳩山が小沢を見捨てる可能性は十分ある。 


06. 2010年1月15日 23:07:10
>選挙に負けても小沢さえいなければと考えたかの方ですかね、
当然こちらでしょうね。小沢が潰されれば皆が特捜やマスコミにひれ伏す他仕方なくなる。小沢ほど用心深い政治家はいない。それが嵌められれば検察は自由に政治家を逮捕あるいは失脚させることが出来るということになる。

物証はなくても、次々に整合性のある証言を周囲の者から取っていって、貶めることができるなら事実上無からでも立件できるわけだ。これは恐ろしい。
検察と対峙してまで国民のために働こうという政治家などいなくなる。
今、それをやっている。塀の中にいる、あるいはいた人間ならいくらでも脅せる訳だし、石川議員でも…たとえば全然別の罪を脅しネタに使う見込みがあれば逮捕して「階段」としての役割を果たさせる。過去の事例がそれを物語っている。


07. 2010年1月16日 03:14:56
投稿主の意見には大いに賛成ですが、この国の馬鹿な国民はマスゴミの宣伝に乗せられて拍手喝采しているのでしょう。情けない話ですがね。

08. 2010年1月16日 03:28:06
東京地検特捜部の酷さは何なのだろう。
皆さん、ビデオニュース・ドットコムの無料動画「佐藤栄佐久前福島県知事控訴審判決後記者会見」を見て下さい。東京地検がいかに証拠捏造をするかが語られています。是非皆さんに見て頂きたい。そしてこの最悪の組織である東京地検特捜部断罪しなければ日本には民主主義も、国民主権も存在しない。又東京地検の片棒を担ぐ裁判所も同罪であり、日本には国民を守る為の司法は無いも同然である。
元俳優でもあり参議院議員であった中村敦夫氏が自書「この国の八百長を見つけたり」の中で、<則定衛・東京高検検事長と云う方が、銀座の高級クラブに入り浸り、パチンコ関係の業者から女の世話まで受けていた件に関して、最高検察庁は「則定氏が出張に伴ったとされてる点については、公務とは全く関係の無い休日における指摘な行動であり、女性の交通費および宿泊費の全額は、同氏が私費でこれを負担している。同氏が女性に支払った合計八十万円は、その全額を私費で負担している。なお 同氏の知人が、別の機会に、女性に三十万円を渡しっているが、
同氏は、その事実を全く承知していなかった。同氏が、架空の氏名を使用して女性とホテルを利用したことは認められたが、宿泊者名簿等の発見には至らなかった」と服務上は問題なしとする「則定衛・東京高等検察庁検事長に関する記事についての調査報告書(骨子)」のペーパーを配布して幕引きをしてしまった。事が新聞紙上で露見してからたったの三日間で「職務上の問題はなかった」と結論をだし、以後の調査を打ち切ってしまった。前にも述べましたが、罪状、証拠とも明らかな公務員の公金不正使用への住民の告発には、受理してから二年も三年もたっても不起訴処分にするというのに、其れと比較しの早業には驚く。たった三日で結論をだししかも何をどう調査したのか公表しない。同時に則定検事長は「道義的責任」をとって辞表を提出し、これを閣議で了承という手続きを経て、一件落着、退職金七千万円も支払われることになった。>と書いている。又、最近では、検察の裏金暴露への不正逮捕を三井環氏に対して行うなど、何が正義の味方か。自分たちの権益を守るための偽りの司法組織であることが解ります。他に〈最高裁での住民側勝訴率が1%の理由〉〈公金不正使用が必ず無罪放免になるという風潮を許さない〉〈検察が不起訴にするのは身内の犯罪に大甘だから〉〈犯罪歴のある統一教会の教祖を特別入国させた法務省の腰砕け〉〈北朝鮮に日本の国家機密が筒抜けになっているぞ!〉〈女性スキャンダルの裏にある検察とパチンコ業界との癒着〉など、(検察と最高裁の悪奉行ぶりをゆるさない)という章に書かれています。1999年出版ですので絶版かもしれません。私もブックオフで100円で購入しました。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。