★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 633.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「政治とカネ」の問題は、長く政界の“宿題”だった。政権交代しても、汚濁がまとわりつくなら、国民の政治主体は脳怒髪天になる
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/633.html
投稿者 愚民党 日時 2010 年 1 月 16 日 09:31:39: ogcGl0q1DMbpk
 

東京新聞

【社説】

石川議員逮捕 重くなる小沢氏の責任

2010年1月16日

 ついに現職の国会議員の逮捕にまで発展した。小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件は、小沢氏自身の関与が大きな焦点となろう。もう説明逃れは許されない。

 東京地検に逮捕されたのは、小沢氏の側近ばかりである。石川知裕容疑者は、小沢氏の資金管理団体「陸山会」の事務担当だった。当初は検察当局で、在宅起訴する方針が検討されていただけに、強制捜査には驚きが広がった。

 事件の舞台となったのは、陸山会が二〇〇四年に購入した東京都世田谷区の土地だ。この売買には当初、金融機関からの借入金が充てられたと、小沢氏側は説明していた。それは虚偽だった疑いが、捜査が進むにつれ濃厚になった。

 石川容疑者自身が地検の事情聴取で「小沢氏から四億円を借りた」と説明したうえ、それを政治資金収支報告書に記載しなかったと認めたからだ。

 政治資金規正法の第一条には「政治活動の公明と公正を確保」するという目的が明確に記されている。一連の疑惑が事実ならば、石川容疑者らの「不記載」は、まさに法を逸脱するものだ。

 小沢氏は自らの政治資金については、従来「法律に従い、きちんと処理し、報告している」と胸を張ってきた。十二日に開かれた記者会見でも「意図的に法律に反するような行為はしていないと信じている」と、疑惑の声を振り払ってきた。

 東京地検から要請された、参考人としての事情聴取をも拒んだことが、側近逮捕につながったとみられるだけに、もはや従来のあいまいな弁明ではすまされない。早急に記者会見を開き、正面から真実を語るべきだ。

 今後は小沢氏自身が事件にどう関与したのかが焦点となる。四億円の原資には、ゼネコンからの「闇献金」が含まれているとみられているだけに、ゼネコンとの関係の“深度”も注目点となる。

 政治責任がいっそう厳しく問われるのは不可避だ。十八日からの国会では、集中的に野党からの追及を受け、揺さぶられるだろう。幹事長辞任を求める声が党内から出ることも予想される。

 鳩山由紀夫首相の偽装献金事件も抱えるだけに、新政権が受ける政治的ダメージは計り知れない。「政治とカネ」の問題は、長く政界の“宿題”だった。政権交代しても、汚濁がまとわりつくなら、国民の政治不信も高まろう。


http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2010011602000078.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月16日 09:48:36
日本の政治はお金がかかりすぎる。その構造を直さない限り永遠に続く。
検察も自分達の存在意義を見出すために無理筋事件だとわかっていても事件化する。検察の捜査費も税金で賄われており存在意義を失えば予算は減らされる。
最後はどっちも金の問題。

02. 2010年1月16日 09:55:17
 で民主党は正資金規正法改正。企業献金禁止、自民党大打撃 再起不能

03. 2010年1月16日 12:16:06
国民は今でも脳怒髪天だよ、、自公旧体制にね。笑笑

04. 2010年1月16日 15:35:59
>>02の言っている政策は去年のうちに決まってもおかしくないはずなのに
なぜ実施されないんでしょうね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。