★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 677.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本は「小沢政治」の終焉に向かっての混乱期に突入した。日本国民は、この中でも力強く生き抜かなければならない。 【森田実】
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/677.html
投稿者 愚民党 日時 2010 年 1 月 16 日 16:36:12: ogcGl0q1DMbpk
 

(回答先: 小沢一郎と検察の全面的展開その闘争の方向感覚とは何か 石川議員が逮捕される前 森田実氏の分析 【動画】 投稿者 愚民党 日時 2010 年 1 月 16 日 15:56:32)

2010.1.15(その2)

森田実の言わねばならぬ【34】

平和・自立・調和の日本をつくるために[34]

《新・森田実の政治日誌》[月満つれば欠く・小沢政治の終焉(1)]裏切られた政権交代〈その1〉小鳩政権の誕生と混乱

「『時』の歩みは三重である。未来はためらいつつ近づき、現在は矢のように速く飛び去り、過去は永久に静かに立っている」(シラー)


--------------------------------------------------------------------------------

 創造には多大の労力と時間を要するが、破滅は一瞬にして来る。2009年8月30日の総選挙の勝利で小沢一郎は頂点に立った。しかし、その瞬間から、満月が欠け始めるごとく、小沢政治の下降が始まった。

 2009年8月30日の総選挙による政権交代への道は長く苦難に満ちた道だった。

 1955年の保守合同と社会党統一によって始まった55年体制下で自民党は長期政権を達成した。社会党は何度も挑戦したが、自民党の厚い壁を崩すことはできなかった。日本の議会制民主主義国としては異例な政権交代なき民主主義国だった。

 自民党長期政権が倒れたのは1993年夏の総選挙だった。自民党が分裂し、自民党は第一党でありながら衆議院で過半数を割った。このとき非自民勢力が総結集して細川護煕非自民連立政権を成立させ、自民党を野党に転落させた。このときの立役者が小沢一郎だった。ところが新政権は脆かった。翌1994年に、新政権で分裂が起きた。小沢派と反小沢派との抗争が始まったのだ。非自民連立勢力の一翼を担っていた社会党と新党さきがけが離脱し、自民党と結合した。小沢一郎は海部俊樹元首相を立てて戦ったが敗れた。

 自民党、社会党、新党さきがけ三党は村山富市社会党委員長を首班とする自民・社会・さきがけの連立政権を樹立した。自民党は政権の座を降りてから1年足らずで政権に復帰した。細川護煕、小沢一郎の挑戦は挫折した。

 その後、自民党単独政権を経て、自民・自由(自自)連立内閣、自民・自由・公明(自自公)連立内閣、自民・公明(自公)連立内閣として自民党は政権の中心を担いつづけたが、2009年8月30日の第45回総選挙で大敗北を喫して、野党に転落した。

 代わって政権を担ったのが民主・社民・国民新三党連立内閣であり、鳩山由紀夫民主党代表が首相になった。ここで、政権の実権を握ったのが小沢一郎民主党幹事長である。小沢一郎は日本政界の最高実力者になり、事実上の日本の大統領となった。

 2009年8月30日の第45回衆議院選挙で起きたことは国民による民主主義革命だった。この革命の真のリーダーが小沢一郎だった。小沢一郎は日本を握った。

 だが、小沢政治は頂点に立った瞬間から落下を始めた。日本は「小沢政治」の終焉に向かっての混乱期に突入した。われわれ日本国民は、この中でも力強く生き抜かなければならない。このためにも「小沢政治」の終焉への動きを冷静に分析する必要がある。


http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C05981.HTML


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月16日 16:40:19
犬の国の物語でした。

02. 2010年1月16日 16:42:08
日本国民はいつの時代も頑張って生きてきたよ。騙されても騙されてもな! なにが力強くよ、ふざけたことぬかすな。

03. 2010年1月16日 16:44:01
また自民党の死体を持ち上げるのですか?

04. 2010年1月16日 17:15:08
さすが、愚民!

05. 2010年1月16日 17:20:50
「小沢政治」というより、「田中派政治」とか「ゼネコン政治」じゃないのかな。

いよいよこれで『コンクリートから人へ』が可能になるんですね。


06. 2010年1月16日 17:22:14
小沢政治に終焉って、森政治は?
森派の元で、日本人は金融不況の借金自殺に苦しめられたんじゃ?
森政治に決別する為なら、小沢政治だろうが先ず一旦は受け容れる位に、日本人は今疲弊してないか?
森田実も歳には勝てないのだろうか?

07. 2010年1月16日 17:32:31
「コンクリートから人へ」というのは、
ゼネコンに建設させて金をふところに儲けてる人がいる、というスローガンだったのか。

08. 2010年1月16日 17:34:30
民主党の予算成立の邪魔しないで下さい。

09. 2010年1月16日 17:38:31
>>06
政策(の誤り)と犯罪とは違うでしょう。

10. 2010年1月16日 17:50:36
指定暴力団自由民主党のことで何か?

11. 2010年1月16日 17:58:07
政権交代以降の、森田実は同一人物とは思えないほど論調が変わりましたが
本当にご本人ですか?

12. 2010年1月16日 18:08:02
終焉?・・・・???

始まりの間違いでは?

国民は、この政権交代で気付いたことが多いと思う。


13. 2010年1月16日 18:15:56
>>12
よく知らないころは自由党とかも支持していたが、
今まで何故小沢が悪く言われていたかがわかった。

14. 2010年1月16日 18:19:45
時代が大きく動き、出て行った者がいれば、居残りで惰性を続けた奴らもいるってことでしょう。

15. 2010年1月16日 18:51:36
森田実・・・・・

「完全にボケ老人の戯言に成り果てた」と思うに至りました。
よって、以後、この爺さんの記事は一切読みません。
間違って読んだら目が腐りそう。

で、ボケ爺さんの記事を懸命に貼り付けて続けている愚民等も軸足と本性が分かったので、コイツの投稿も以後、一切無視することにした。

以後

森田実・・・ 速攻で削除かパス

愚民等の投稿・・・無視か削除

今回の一連の出来事は人の本性が見事に表面化し、役に立ちました。
gataroとワヤクチャの両名の投稿も 同じ扱いです。 

読みません。アホくさいだけだから。




[削除理由]:他のコメント者、投稿者への文句を書いてあるだけの投稿
16. 2010年1月16日 19:14:30
森田実よ完全に自民の手先になりさがったな。

この国家存亡のときに何をとぼけたことを言っているのだ。

無血革命は始まったばかりだ。最後に勝利するのは我々主権者国民だ。


17. 2010年1月16日 20:41:31
読みたいものだけ読み、信じたいものだけ信じるというのはアレな人の見本なんだが、
それを自ら宣言する>>15がいるとは。

18. 2010年1月16日 23:23:10
読んでも無駄なものを読んでいる暇はないよ。
やはり取捨選択はする必要があるね。
私も、今までの投稿を見てきて、こいつの投稿でこのタイトルのものは読む必要がないなと思ったら読まないで飛ばしている。


[削除理由]:他のコメント者、投稿者への文句を書いてあるだけの投稿
19. 2010年1月17日 07:33:09
森田さんは政治評論家だから政治史や党内事情は書くが今日に通用する中身は最早何もない。近年の評論は懐古趣味と過去のパラダイムしか持ち得ていない。
そのような旧態依然とした政治観が盗賊論理で踏みにじられた現在の政治舞台とシンクロ出来ずに、昨今の森田記事はネット右翼の叫びと同じ次元になってしまった。戦後史とともに生きてこられた貴重な政治哲学を生かし、良識の砦となって頂きたかったところだが残念なことである。

20. 2010年1月17日 09:34:05
この老人の言説を読んでると哀れになってくる。
もう目の前で起こっていることが何も知覚できないのでしょう。
こんな記事を張り続ける事自体が本当は嫌がらせなんでしょうね。

21. 2010年1月17日 16:26:22
在日勢力が必死で騒いでいるが、
救国検察は必ず売国小沢派を駆逐してくれる。

22. 2010年1月18日 00:26:59
>>21
「在日」などというレッテル貼りを安易に使う時点で、君がどの程度の人間か露呈している。
検察に救国を求めるくらいなら、自分の脳の心配してもしていたら如何かね?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。