★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 722.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
民族派右翼「一水会」も検察を批判
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/722.html
投稿者 サラヴァ 日時 2010 年 1 月 17 日 09:18:24: 0ZE/3zygJ4YoM
 

「検察の闇雲な動きを断固批判する」

1月15日夜、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体による土地購入をめぐる事件で、
民主党の衆院議員・石川知裕容疑者が・・・・
続きは↓

http://ameblo.jp/issuikai/entry-10435669549.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月17日 09:49:20
一水会のようにことを区別して見極められる右翼民族派が本当にいない。
木村三浩代表はイラク戦争でもサダム政権のバース党に呼ばれ、イラクに渡った渡航歴からバカマスゴミがバース党のスパイだと書かれたが、米国の戦争犯罪を調査し日本に広め警笛を鳴らすための渡航という反米右翼なら当然の行動を旧来の右翼民族派はイラク侵略に際して抗議しなかった。
中国のチベット侵略虐殺に激しく抗議するのは当然であるが、帝国主義に反対するならイラクに押し入ったアメリカにも反対するのも然りであろうものを西アジアには冷淡だ。
それは本来右翼が内包していたはずの大アジア主義の系譜から切断された所詮占領米軍、自民党に飼いならされた反共暴力装置としてのお抱え暴力団に他ならないからだ。

02. 2010年1月17日 11:37:41
梅子さん、gataroさん、木卯正一さん各人の、一水会の見解に対するコメントを是非お聞きしたいです。
何もコメントできないようであれば、梅子さん、gataroさん、木卯正一さんたちはうわべだけ右翼のポーズを取った右翼オタク「ウヨオタ」であると判断せざるを得ません。

03. 2010年1月17日 13:07:11
 「一水会」のブログ読ませていただいたが、きわめて穏当、かつ首肯できる内容である。今ネット上で跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)している「右翼モドキ」連中との 質的乖離におどろくばかり。
 01,02さんのコメントにも同意する。

04. 2010年1月17日 13:36:46
さすが、どこぞの左党とはちがうね

05. 2010年1月17日 16:59:23
検察の強権力を借りなければ遂行できないような政治は、もともと国民のための政治ではありません。
その意味で、一水会のブログで述べられていることは正しいと思います。
外国人参政権や夫婦別姓に反対するのはいいですが、検察の強権力にそれをやってもらうという考えに至った時点で、それは思想の腐敗です。
思想的に腐敗した者が正しい政治行動をとれることはありません。
これは右や左に関係なく言えることです。


06. 2010年1月17日 17:38:21
上記ブログ、見させて頂きました。
正直、右翼を十把一絡げでしか見てませんでしたが、一水会のブログに記載されている
冷静かつ正しい内容に自分自身の偏見を恥じています。
今はネットという情報収集の手段があるので、
偏見やマスゴミの報道にとらわれず、冷静に自分の目で
物事を判断する必要があると改めて思った次第です。

07. 2010年1月17日 18:13:20
>02

余計なことだが梅子ってのは男だよ。
まーみなさんとっくに知ってるだろうけどね。
いくら反国民的女でも女ならあんな節操ない牙むき出し投稿など
するわきゃないからな。男と女じゃ臭いってのが違うのさ。
女名を使って「女もさすがに民主や小沢には嫌気がさしてる」
という婦女子や無関心層(=B層)取り込み作戦ってこと。
ちなみに最近梅子みたいな反動投稿者が多くなってきたが
同一人物がHN掛け持ちでやってるか、身近な仲間同士かもね。
増えた時期的タイミング近すぎるしね。


08. 2010年1月17日 18:51:26
そうやって、政党政治の人気・信頼がなくなる。軍部が台頭。マスコミが煽動。戦争に突入。と言ういつか歩いた道をまた歩くのか日本人。今軍部の代わりの地検。地検に抗議すべし。

09. 2010年1月18日 05:47:12
共産党はこの一水会の意見をよく読んで、真摯に対応してくれ!

10. 2010年1月18日 07:42:10
鈴木邦男をぶっとばせ
http://kunyon.com/

11. 2010年1月18日 07:46:24
鳩山首相の行った本屋って?
全共闘出身の松岡正剛が開いた本屋「松丸本舗」
首相が購入した本には、こんな本が入っている。
内田樹『日本辺境論』、佐藤優『日本国家の神髄』、山本峯章・村上正邦・佐藤優『「情」の国家論』、渡辺京二『逝きし世の面影』、渡辺公三『闘うレヴィ・ストロース』などだ。いかにも松丸本舗でテーマ毎に並んでる本というかんじだ。又、安彦良和の漫画『虹色のトロツキー』もある。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。