★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK77 > 874.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
森田実『裏切られた政権交代〈その3〉消えた「国民生活第一」主義』
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/874.html
投稿者 仁王像 日時 2010 年 1 月 18 日 20:09:10: jdZgmZ21Prm8E
 

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C05991.HTML
2010.1.17(その4)森田実の言わねばならぬ【44】
平和・自立・調和の日本をつくるために[44]
《新・森田実の政治日誌》[月満つれば欠く・小沢政治の終焉(3)]裏切られた政権交代〈その3〉消えた「国民生活第一」主義

「政は民を養うに在り」(『書経』)

 1917年のロシア革命の指導者の一人だったが、1944年にスターリンが放った刺客によって暗殺されたトロツキーの『裏切られた革命』という著書がある。スターリン治世下のロシア社会主義を批判した本である。この本のタイトルが、今日の民主党に対して使われるようになっている。2009年8月30日の政権交代は、その後の展開のなかで「裏切られた」という意味である。

 最近、私は毎日のように全国各地を回っている。地方講演の際、地方の人々の声を聴く努力をつづけている。そこで、よく質問を受けることがある。最近最も多いのが、「民主党は総選挙で『国民生活第一』を公約したが、このスローガンはどうなったのですか。やめてしまったのですか」という質問である。

 鳩山内閣発足以後の主たるテーマは、第一に公共事業費の大幅削減であった。平成22(2010)年度予算編成で公共事業費は18.3%削減された。鳩山首相はじめ主要閣僚と民主党指導者が叫ぶ政治スローガンは「コンクリートから人へ」である。このスローガンのもとで公共事業費の大幅削減が合理化されている。だが、公共事業費の大幅削減によって地方・地域の経済は大打撃を受け、国民生活の貧困化はさらに深刻化している。公共事業費の大幅削減は「国民生活第一」の選挙公約に反していると、地方の人々は考えている。鳩山内閣は「国民生活第一」の選挙における最大の公約が放棄されたと感じているのである。

 2009年末の平成22年度予算編成における最大の眼目は「財政規律」におかれた。予算の最大の目玉が「国債枠44兆円」になり、脱デフレ・景気回復の視点は放棄された。予算編成において「国民生活第一」は無視されたのだった。

 この予算編成の目玉は事業「仕分け」だった。テレビを通じて大々的に報道された「仕分け」について、マスコミは、予算編成を透明化したと評価した。マスコミは予算編成の透明化だけに注目し、高い評価を与えた。仕分け作業は鳩山内閣の支持率を押し上げた。だが、仕分け作業は財務省の財政再建至上主義のレールの上で行われた財政支出削減のための一大キャンペーンであった。仕分け班は、日本の将来にとって必要不可欠な科学技術振興費も含めて削減一本槍を貫いた。マスコミは、この削減一本槍主義を絶賛し、世論を誘導した。これが鳩山内閣の支持率を回復させた結果、「国民生活第一」主義は放棄された。(つづく)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月18日 20:54:25
森田実氏はもう市場に日本国債の吸収力がなくなりつつあることを理解しているのだろうか?公共事業で企業に仕事を与えて生活を支える、というスキームが限界に来たので「コンクリートから人へ」と言っているのだろう。その移行過程における激変緩和措置が足りないというならわかるが、いつまでも土建国家やり続けるのが正しいと思っているのだろうか。「新成長戦略」に書かれていることの意味がわかっていないと思う。理解出来ないから的確な批評ができない。こんな批評家は不要だ。もう歳だから仕方がないのかも知れないけど。

02. 2010年1月18日 21:30:10
現状の日本状況を、スターリンとトロツキー暗殺を引用して揶揄するあたり、いかにも共産主義者同盟(ブンド)出身の森田実らしい。「左翼崩れ」は品格にかける
見本のような話である。

「国民生活の貧困化、深刻化」は、小泉・竹中の失政の効きが頂点に達しつつあると言うことであろう。4ケ月でドラスティックに変わることはありえない。むしろ小泉・竹中の失政の修復に尚時間がかかるだろう。


03. 2010年1月18日 22:08:40
ネット右翼が喜んで森田氏の誤った解釈を利用している・・自民党やアメリカネオコンの盲従者が喜んで森田氏を利用していること自体を見れば如何に間違った理屈で民主党を攻撃しているかわかるだろうに・・それすら考えられないのだろうか?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。