★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK78 > 172.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
緊急! 元大阪高検公安部長三井環氏による検察対策「緊急3提言」の文字要約
http://www.asyura2.com/10/senkyo78/msg/172.html
投稿者 Takeru 日時 2010 年 1 月 20 日 13:08:04: Tpb/svjJh8eR6
 

ヒゲ戸田氏が、「検察の裏金告発」で口封じ逮捕収監されこの度解放された元大阪高検公安部長にインタビューした、「三井さん1/18緊急3提言の動画!@・・」題した投稿記事を先にアップされた。その中で三井氏が検察の立場から小沢氏が不当な検察に勝つ方法を提言された。本記事はヒゲ戸田氏の投稿内にあるインタビュービデオ紹介内容のフォローだが、不当検察・マスゴミと対決するうえで大変有用なので提言内容を要約し文字化しておいたほうがいいと思い急遽報告する。時間との勝負のため急いで書いたので文章整理が見苦しい点はご容赦願う。なおヒゲ戸田氏には大変重要な情報のアップに感謝します。

小沢氏と民主党議員がこの記事を見て早急に対処してくれることを願う。

三井氏のインタビュー(動画順番は明確でないがたぶんこれでいいのかも)
@http://www.youtube.com/user/todajimusho#p/u/4/7ne8cLYGiwc
Ahttp://www.youtube.com/user/todajimusho#p/u/3/0GW4IxZTLuI
Bhttp://www.youtube.com/user/todajimusho#p/u/2/7LhCRh7tUlU


提言に先だって三井氏は次のような趣旨を述べた。
小沢氏が全面対決を宣言したが、ホントにその覚悟があるならこれは(手段を選ばないことをためらってはいけない)戦争だという認識を持たなければならない。そして三井氏はこう続けた。「捜査というのは戦争です。説明責任ではありません。」つまり戦争認識無くして検察に勝つ道は無い、戦争であるから一切しゃべってはいけないと言う意味である。そして世論扇動のネタを狙うマスゴミと扇動を目的に流す検察リークを封殺するには、取り調べに対して絶対しゃべらないことだと言う。こうすればネタ元が無いから扇動によるイメージダウン作戦が効かないし、今のように問題がゴチャゴチャにならない。一方検察に対する攻撃は、検察の最大の弱点である「裏金スキャンダル」を徹底的に攻める、これ以外に無いと言う。
また、今の石川議員及び弁護団の検察対応はお話にならず、検察のカモになることを自ら率先してやっている、小沢氏側はマスゴミ封殺もまったく出来てないと言う三井氏のいらだしさが随所に見える。

以上の観点から三井氏は元検事の立場から、検察が今やられたら困る小沢氏と民主党側の戦い方を以下のように提言した。


三井氏の提言のポイントは以下である。

@関係者はすべて完全黙秘をする
A検事総長を「検察の裏金」で証人喚問する
BAを受けて法務相に指揮権発動を求める


次に具体的対応策を述べる。
なお、下記の各個条書きは発言通りの書き起こしではなく筆者が要約したものであるが三井氏の発言の趣旨に間違いないことを断っておく。提言のうち6,16及び( )内注釈は筆者が提言インタビューの表情や文脈から三井氏の企図や感情を推察したものである。ビデオ音声が良く聴き取れず不足、舌足らずのとこも若干あるかもしれない。お気づきの人はフォローして頂けると幸いである。

●小沢、石川議員、弁護団の対応(世論操作の手口を封殺するのが最大ポイント)
1.相手(検察)の手の内(入手証拠の有無)を知らないでぺらぺらしゃべるのは一方的に相手に攻撃材料を与える(愚かな)やり方だ。

2.石川議員はぺらぺらしゃべり過ぎだ。これは検察側からみればリークネタが入手出来きそれをマスゴミに流せる(世論操作をするための)いいカモである。徹底的に完全黙秘しなければいけない。

3.石川議員にぺらぺらしゃべらせているような指導をしている間抜けな弁護士団は解任せよ。

4.小沢も完全黙秘でいい。捜査においては戦争である、説明責任などという(甘い)話しではない。

5.(調べあげ)説明する仕事は検察のほうである。

6.以上を実行すればリークネタがないのだからマスゴミを手先にした世論扇動操作は封殺できる。


●検察・マスゴミに対する攻撃の仕方
7.徹底的に検察の弱点をつけ

8.それは検察の裏金である

9.小沢問題などとは無関係に裏金一本で検事総長を裏金の件で証人喚問する。
小沢問題での喚問でないから検察、マスゴミは捜査介入と理由付けした喚問非難攻撃は出来ない。(検察、マスゴミの封殺)

10. 検事総長は絶対に偽証出来きない。裏金を認めるのは確実。

11.なぜなら三井裁判で裁判所は裏金の存在を認定してしまっているからである。

12.証人喚問のさい三井氏をはじめ検察のスキャンダルを叩ける者を動員する。(裏金追求で完膚無きまで叩けということ)

13.検事総長証人喚問の動きを民主のトップレベルで始めれば、その動き情報だけでも検察はビビル。しかも次期検事総長の大林宏東京高検検事長も裏金に関与してるから検察のビビリは大変なものになる。

14.検事総長は裏金を(必ず)認めるから、そこで千葉法相は行政上の指揮権発動をし裏金を返還させる。

15.この行政上の指揮権発動をマスゴミは責めることが出来ないし、(民主&政権は)国民の大喝采を受ける(検察組織をガタガタにすると同時に民主の株も上がる一石二丁ということ)

16.以上で検察の権威や暴走をガタガタに出来き、同時に民主&政権支持の挽回が達成出来る。


以上  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月20日 13:18:41
三井環氏の提案全てに賛成する。 検察に対してもそうだが、メデイアに対しても完全黙秘でよい。 なまじ返事などするのが間違いのもと。 これは戦争だと言う認識が必要と言うのは、全くその通り。 問題を国会に移して、其処ではオープンに議論すること。 検察の裏金だけでなく、冤罪の疑いありということも、徹底的に叩くべきだろう。 N.T

02. 2010年1月20日 13:51:14
三井氏の言うとおり。これは戦争である。従って手段を選ぶ必要はない。頭を使え。
NT氏の言うように裏金だけでなく冤罪問題も取り上げて検察の悪事を暴け。
議員自身が出来ないことは外部の人間に協力してもらえ。
足利事件の菅谷さん、富山冤罪事件の柳原さん、飯塚事件で不可解な死刑執行をされた久間さんの再審弁護団、高知白バイ事件や御殿場事件で服役中の被告達、みんな協力してくれるはずだ。他にも報道されない冤罪事件はたくさんある。
冤罪は無能な検察と警察、検察に癒着した裁判官が作り出すということを白日の下に晒せ。
風向きは変わるし国民は必ずついてくる。
日本の未来のために戦え民主党。
 

03. 2010年1月20日 15:32:07
冤罪問題を今回取り上げるのは負け戦になる。
戦闘の要諦は相手の息の根を一気に止める強烈な一撃を、全力を挙げて集中的に食らわすことだ。
ミッドゥーの戒めなども覚えておかなければならない。
ミッドウェー当時世界最強の機動部隊でかつ敵に倍する兵力を投入しながら、アリューシャンとミッドウェーの同時2方面作戦をやって、5分間で6隻の全空母を失い近代戦史に残る壊滅的大敗をした。
大きな敗因のひとつは戦闘の鉄則の兵力集中を怠ったことだと機動部隊参謀が戦後述べている。二兎追うものは一兎をも得ずで必ず破れる見本だ。

検察攻撃で、特捜を含め検察全体組織体制レベルまで致命傷を与えるのは裏金である。一撃で心臓をえぐるやつはそれ以外無いだろう。冤罪は特捜には痛くもかゆくもない。特捜にとっては冤罪は無いのである。冤罪のような問題をやると「やったやらない」で西山太一さんのように10年越しだ。今回の攻撃は検察の改革ではない。今回はまず検察の今の動きを叩きつぶすことが目的だ。冤罪などさまざまな検察の闇は、小沢問題の検察の暴走を片付けてから、あとで時間を掛けてじっくりやる話しだ。

冤罪などは裁判所も絡んだ話しだから追求が紛れる。しかも今は捜査の進展という時間との戦いだから短期で瞬時に心臓をえぐらないとならないが、裁判所と絡む冤罪はそれが出来ない。さらに肝心の兵力集中が出来なくなるし2正面では追求時間も分断され制裁深度(人事更迭、理想の首のすげ替えなど、制裁範囲の拡大など)などいずれも半端になって傷を浅く留めたい検察の思うつぼである。
裏金に兵力集中した強烈なハンマーパンチをお見舞い出来なくなる。

また、単細胞的な大多数の民衆には、2正面では目移りがするばかりで強烈な非難集中を作り出せない。それでは兵力分散の欠点も相乗して生殺しになりトドメを刺すことが出来ない。
ターゲットを一点にしてそれを強烈に扇動して、官憲組織は正義で犯罪などしないすっかり思いこんでる国民に、今の検察については忘れない致命的悪印象を植え付ける必要がある。そのためには1.致命傷を作る強烈な問題を一点にして2.全力投入した集中攻撃にする必要がある。世論操作には単純なら単純ほどいいのだ。キャッチコピー、ワンフレーズこれが肝心だ。

冤罪は別にタップリ時間を掛けて徹底的にやったほうが良い


04. 2010年1月20日 15:35:22
これほど小沢氏にとって有用な提言はない。小沢氏は早急に三井氏と会うべきだ。

05. 2010年1月20日 15:59:39
鳩山首相も他の民主議員も、へなへなして世論に迎合しているようではだめだ。攻撃あるのみ。攻撃は最大の防御なりは永遠の真実だと思う。
検察は民主党を抹殺するつもりできている。国会議員にできるのは検察官の証人喚問だけだと思う。
マスメディアも国会喚問は無視するわけにはいかんだろう。

それにしても新聞は強固な偽情報の楼閣を築いているとつくづく思う。最近は新聞も見出しぐらいしか見ないが。
民主党議員は座して死を待つのであろうか?


06. 2010年1月20日 16:41:53
三井さんの話で目が醒めた。
指揮権発動の出し惜しみはなしだ。
答えが出ている検察の裏金を追求するのに何の躊躇も要らない。
今日明日にも指揮権発動を前提に動けるようにしてほしい。

07. 2010年1月20日 17:16:44
03>のコメント的確で有ると思います。

>冤罪問題を今回取り上げるのは負け戦になる。
これを↑見たときに、また痴犬の犬策が妨害のコメントを入れているのかと
思いましたが、読んでいると鋭くポイントを突いているな!と思いました。

投稿の文章と重ねて読むと今後の、痴犬を追い詰めていく方策が理解できます。
長文と思って読み飛ばした方は再読をお奨めします。


08. 2010年1月20日 17:40:37
三井氏の提案に全て賛成。検察の最も嫌がる事、検察による血税泥棒である裏金問題を追求すれば、国民は事業仕分けの時と同じ様に支持し大喝采を送るだろう!

09. 2010年1月20日 18:29:50
相手が心臓(党のかなめ)を狙ってきているのだから、
こちらも心臓(裏金問題)を狙う。
言われてみれば、当然かも。

10. 2010年1月20日 18:53:49
今小沢が三井氏に会えば、まるでのりPを追跡するかのごとく常に必死に小沢を追いすがるマスゴミも無視できまい。
無視すればしたで、それはマスゴミがアメリカ支配下の検察のさらに下の下部組織であることを自白するに等しい。
どんどんやってほしい。

11. 2010年1月20日 19:11:55
03さん。 ミッドウエー海戦のことですが、主敵がアメリカ海軍の空母部隊だったのに、アリューシャンに兵力を分派した愚は避けるべきという説には勿論賛成ですが、今回の戦争の主な敵は検察とマスコミであり、その戦場は国会と言うことになりません? 国会に全ての戦力を集中して戦うのは集中の原則に反するとは思いません。 国会での審議こそが、官僚とマスコミの連合を叩く場所だと思います。 攻撃は連続して途切れ無しに徹底してやるのが良策でしょう。 予算委員会や法務委員会(正確な委員会の名称を知りませんから誰かお知恵を貸してください)などで攻めれば、ごまかしきれなくなると思うのです。 相手の嫌がることを全部やるのが喧嘩の常道ですから。 遠慮することはない。 こっちの人数が多い委員会での審議なら有利ではないでしょうか。 委員長が誰かと言うことも考えに入れてやるのが良かろうと思います。 N.T

12. 2010年1月20日 19:46:09
素晴らしい!三井さんグッドジョブ!!
小沢氏が証人喚問を受ける前でよかった。
敵は、小沢氏の奥さんまでをも人質に取ろうとしている。
もはやキチガイに刃物状態。
卑劣な奴には、正攻法でやっても駄目。
なんとしてでも会っていただきたい。どうすればいいのか。
民主党に電話すればいいのだろうか。
小沢氏と面識のある方、なんとか話をつなげて欲しい。

13. 2010年1月20日 19:47:27
>3.石川議員にぺらぺらしゃべらせているような指導をしている間抜けな弁護士団は解任せよ。

4.小沢も完全黙秘でいい。捜査においては戦争である、説明責任などという(甘い)話しではない

特に上記二つは早急に関係者に伝えたほういんじゃね?


14. 2010年1月20日 19:51:11
めでたく、
検事総長が国会同意人事になった暁には、
三井環氏でいかがでしょうか。
がっつり検察改革やってくれますよ。

15. 2010年1月20日 20:02:18
>11

>国会に全ての戦力を集中して戦うのは・・・集中の原則に反するとは思いません。

03です
11さんどうもです。
仰る通りで私もそうだと思います。
私が「兵力は集中使用が必要」と言ったのは、やり合う場所のことではありません。問題を一つに絞ってそれに人材、理論武装を100%投入すべきということです。例えば冤罪問題と裏金問題の2案件を限られた時間(捜査の進展との競争)やって仕舞うと、パワーがそれぞれの問題に分散してしまい、結局どちらも追い込み切れなくなると言うことです。案件を一つに絞るのが強烈だということです。時間が十分なケースなら多面的戦術もいいでしょうが、いまのケースは時間との競争が大きなファクターだと思います。戦場はもちろん国会(法務委員会)です。喚問ですからね。


16. 2010年1月20日 20:21:38
これを裁判闘争と見るなら、挙証責任は検察にあるので黙秘でも良いが、裁判決着する前に政治生命を絶たれる可能性がある。三井さんのように何年も掛っては政治家の場合はお終い。これを政治闘争と考えるならうまく説明して世論を味方につけた方が勝つ。今の時代、弁の立たない政治家は滅びるだろう。小沢さんはうまく説明した方が良い。これ山口二郎教授の意見です。

17. 2010年1月20日 20:49:35
大変だ!今twitterを見ていたら、
石川議員の「小沢氏に虚偽記載の事前承諾を得ていた」
という言わされたであろう証言に基づいて、
狂犬察が小沢氏逮捕に乗り出す可能性があるとのこと。
郷原さんが、岩上氏に話したらしい。
小沢氏は早急に対応をしなくては!!

岩上安身氏
***********************************************************************
郷原弁護士の取材のまとめと、郷原弁護士の手元にあるテキストを、のちほど、私のホームページにアップします。郷原弁護士から許可をいただきました。今のメディア状況を考えると、こうした見解は封殺される懸念があり、コピペを許可していただきました。御覧になった方は、どうぞ広めてください。
about 1 hour ago from web

Reply Retweet もし、そんな形式犯で与党の幹事長という要人を逮捕しようとするなら、これはもう検察は「狂気」としかいいようがない。民主党政権対検察・マスコミ連合軍の最終決戦になるのではないか。国会は逮捕許諾請求を受け入れないだろうが、世論次第。おおよそ、そうした内容ですが、あとで詳細をアップ予定。
about 1 hour ago from web

Reply Retweet 今、本当に立てこんでいるので、簡単に郷原弁護士の見解をまとめると、検察は形式犯である、収支報告書の虚偽記載で、突っ走るつもりだろう。マスコミは水谷建設の関係者の5000万円の金が怪しい、という検察の見立てに引っ張られているが、あの証言は信用できないので、いくらなんでも無理。
about 1 hour ago from web

Reply Retweet たった今、郷原信郎弁護士と話ができました。あの冷静な、郷原さんが、非常に興奮した様子。まず、元検事としての、今後の捜査の見込みですが、この不記載だけで、検察は小沢逮捕まで乗り出す可能性は十分ある、とのこと。
about 2 hours ago from movatwitter


18. 2010年1月20日 20:53:41
本当に戦争のつもりで、命がけでやるなら、作戦を一部始終しゃべる
様な、幼稚な事はしない。
重要な情報なら、ぼかしてぺらぺら喋るんじゃない。
高見の見物をしているつもりか。
戦争で一番重要なのは、情報である。
舞い上がって喜んでいる場合じゃない。
検察の裏金の情報だけを、世に広める事だけに集中すべきである。

19. 2010年1月20日 21:49:39
>>18
>検察の裏金の情報だけを、世に広める事だけに集中すべきである。

マスコミが報道するわけないので、とりあえず検事総長を証人喚問しましょうよ。
注目度バッチリ。
指揮権発動はその後で考えればいいこと。


20. 2010年1月20日 22:31:40
国民が選んだ政権を崩壊させようと企む検察との戦いは、三井環氏の提案しかない。
ここで躊躇しているようだと、国民が選択した意義が失われる。徹底的に戦うしかない。

21. 2010年1月20日 22:32:51
民主党は小沢氏を守る気があるならガツンと行ってみろ!
今決断の時だろ、ぐずぐずしてると終わっちゃうぞ!
もしこの戦争に負けたら国民は死ぬんですよ、民主党に投票した国民を見殺しにするな! 命かける覚悟があるんじゃなかったのか!
明日の戦況に期待して今日のところは寝る!

22. 2010年1月20日 22:39:54
2.の投稿をしたものです。
裏金問題については国会喚問などで追求することは必要ですが、三井氏自身の言によると裏金については刑事事件としてはすべて時効になっているそうです。
年数も経っているので証拠も隠滅されているでしょう。
だからこそ合わせて冤罪問題を追及するべきと言ったのです。

冤罪問題は民主党側に立って国会で発言してくれる菅谷さん柳原さんを初めとする冤罪被害者がたくさん居ますし、現に服役中で救い出すべき冤罪被害者が居ます。
まだ再審は開始されていませんが、飯塚事件ではDNA鑑定ミスから菅谷さん同様無実と思われる被告が、麻生政権の森法相によって通常では考えられない執行順位で死刑にされてしまった事実があります。裏で何らかの取引がされた可能性が大です。

テレビしか見ない人にとっては裏金の問題だけではインパクトが弱いと思うので、裏金問題だけで今の検察を殲滅することは無理だと思います。
せいぜい検察トップの何人かの首が飛ぶ程度でしょう。
冤罪問題には司法もかかわるので力の分散は時間がかかるし不利だという考えは判りますが、冤罪は検察が裁判官に影響を与え検察主導で起きていることなのでその構造が明らかになれば地検特捜だけでなくすべての検察を粛清できるのです。

冤罪は現在進行中の事件で数多くの証人がおり、明日はわが身と考えればとても説得力のある検察暴力の証明だと思うので平行して国会で取り上げ検察の横暴を天下に晒して欲しいのです。
冤罪問題についてはマスコミでもテレ朝のザ・スクープやドキュメンタリ宣言という番組では何回も取り上げていますので協力するでしょう。
うまくいけば植草さんの復権もありますし、裏金と冤罪で合わせ技一本となればいいのですが。

戦争では相手を殲滅しなければなりません。
臭いものに蓋程度で済んでしまっては元の木阿弥です。臭いものは元から絶ちましょう。
 


23. 2010年1月20日 22:55:25
国民が選んだ政権交代は小沢幹事長の信念である「国民の生活が第一」だ。その国民の夢と希望を打ち砕く検察の手段を選ばぬ暴挙に、国民から選ばれた民主党議員が守れなかったら国民に対する裏切り行為だ。
小沢幹事長を徹底的に守れ!

24. 2010年1月20日 23:28:54
国会始まってからの民主党の皆さんの奮闘ぶりには驚かされます。石川さんの同期の会とか情報リークを考える会、女性議員の皆さんも同じような研究会やってますね。政権は圧倒的民意で民主党中心の与党を支援したのです。自信を持って戦って貰いたい。霞ヶ関最後の砦の特捜が、大手マスコミとタッグを組み、なりふり構わぬ違法リークによる小沢氏への誹謗中傷、側面支援で民主党バッシングをしておりますが、現場を指揮してる特捜部長の能力不足からか、数々の失態を犯しております。長銀事件、福島の佐藤知事事件、西松事件と、彼の関わった事件は、凡そ罪のないとこに罪を作っているようなケースが多く見られます。最早、これらの事件を検証すれば、彼の指揮する捜査など正当性のカケラもない事は明白です。民主党の数々の圧力で、小沢氏を貶めるマスコミリークが使えなくなれば、最早、真実も正義もない彼を世論が支持する事も有りません。今回の件でも、サンプロで郷原氏が、4億円の記載が前年度に有る事を指摘すると、姑息にもリーク内容を、4億円の不記載から一部虚偽記載に変えております。これが意味する所は、彼の描いてるストーリー自体が一部の有識者の指摘で即破綻するぐらいの危ういもので有るという事です。水谷の社長の証言もアヤフヤです。あちこちに裏金をばら撒き、脱税を犯して現在収監されている様な人物の証言に何の信憑性が有りましょうか。ほぼ無罪が確定している佐藤知事に対する贈賄の件でも、これは明らかです。推測ですが、司法取引的に仮釈放を早めるとかのエサで佐久間氏に協力している可能性、後は、誰かが話していましたが、検察が来た時には、刑務作業をサボれるから長々と嘘話をしているとかの可能性とかも考えられないでしょうか。石川氏は、宗男さんや佐藤さんに、水谷からは5000万受け取っていないと訴えています。石川氏の逮捕自体が不当ですから、民主党は堂々と憲法上の条文を使い釈放請求すべきです。逮捕の原因になった小沢氏にはどうたらこうたらとかの供述は、確か石川さんの弁護士が、供述していないと否定しています。自殺の恐れも、直前まで連絡取っていら佐藤さんによると全然有りません。身柄を抑えつつ違法リークを繰り返し、小沢さんを弱気にさせたり、世論を誘導して悪者にする戦術でしょう。石川氏を釈放すれば、もうその戦略は破綻しますし、違法リークや不当逮捕の事実が明らかになります。小沢氏の聴取前に先手を打ちましょう。彼らは、もう破れ被れでしょうから、もう、ぐうの音も出ないぐらい締め上げないと、どんな暴挙も有り得ます。石川氏の逮捕が不当で有る事が国民に認識されれば、最早捜査の正当性も失われます。昨日、中堅ゼネコンにガサ入れしていますが、これは、まだ有罪にする証拠すら抑えてないと推測される事と、小沢氏のイメージを下げるためにパフォーマンスでしょう。何の理由で捜査しているのか、小沢氏がどのような犯罪を犯しているのか皆目検討がつきません。国家公安委員地長の疑問も納得行きます。最早、世論誘導とあわよくば何かないかと言う、万歳突撃状態でしょう。この様な、捜査に何の正当性や意義が有りましょうか。ここで、民主党は、西松裁判の正当性についても国民に堂々と問いましょう。去年選挙妨害までして散々騒いだのに、天の声とか(野党で職務権限がないから裁判官も失笑しています)訳の判らない冒頭陳述(ほぼ無罪決まってる佐藤知事の件の冒頭陳述に似ている)で、もう最初から罪ありきで進められたのは明白と思われます。第二回公判では、検察側証人のダミー認識否定で、最早西松裁判も無罪の可能性濃厚でしょう。姑息にも大久保氏の身柄を再度取り、公判の延期や訴因の変更で失態を隠すつもりでしょうが。この裁判で小沢氏は代表から降り、一時的に民主党の支持率は急落し、民意を大いに曲げております。この責任がまだ問われておりません。これらの状態から、私は若しこれ以上特捜が暴走するなら、指揮権を発動すべきだと思います。今は自民党の1党支配が崩壊してから初めて、衆参両院で単独過半数を治める安定政権が出来る瀬戸際です。自民党の1党支配が崩壊してから、国の発展は止まりGDPはほぼ横ばいです。先進国では、こんな国は有りません。今は、この様な霞ヶ関との権力闘争に時間を割くべき時では有りません。そして、民意を受けた民主党が特捜の妨害活動で敗北すれば、また政局で失われた20年が来ます。どうか、政権交代の民意の意味を民主党の皆さんは考えて下さい。霞ヶ関最後の砦の特捜と大手マスコミの誹謗中傷・選挙妨害に負けては行けません。権力闘争には勝たなければ今度はトコトンやられす。
指揮権発動後に戦略としては、

@西松事件の検証(何故尾身氏、二階氏等の職務権限の有る自民党議員に及ばないのか)、選挙の時期と捜査の入り方や公判日ていの妥当性。国策捜査じゃなかったかのを検証。漆間氏の自民党には及ばない発言有りましたね。漆間氏と現検事総長は確か学友でしたね。証人喚問も視野に検討しましょう。後、現場の皆さんも何故職務権限のない小沢氏に決め打ちしたのか、佐久間氏に証言して貰いましょう

A冤罪事件の検証
足利事件、富山事件、志布志事件等の検証。
これで取調べ全面可視化の意味を国民と考える。

B特捜による事件の取捨選択の妥当性
ライブドアを事件化して、何故より悪質な日興コーディアルは事件化しないのか。
西松事件、オリエント貿易の迂回献金事件とか(水谷幹部の名刺が石川の事務所だかから押収されたとか真偽不明のリークがなされていますが、与謝野氏は大臣室で社長と握手します。尚業界の法律改正等に関わる立場でした)

C密室での取調べの実態
宗男氏や佐藤氏に演説して貰いましょう。

D検察の裏金問題の追及
今後の検察のあり方を考える上で、是非クリアしなければならない問題です。三井氏に証言して貰いましょう。一方、当時の裏金疑惑を揉み消した皆さんにも証人喚問に立って貰いましょう。家族とも接見禁止、違法に密室で拷問紛いに取調べ受ける普通の冤罪者に比べ、何と楽な事でしょう。

これらを踏まえ、取調べ全面可視化(犯罪者を見逃すわけにも行かないので、司法取引の導入、囮捜査と引き換えがいいと思われます)、代用監獄問題、人質司法の改革、違法リークの禁止等国民の目線や欧米の基準に近い司法制度を作る事を約束すれば、国民は例え指揮権発動しても納得してくれると思います。何より、霞ヶ関最後の砦の特捜の完全な敗北が決まれば、味方する意味がないし、政治の力を証明した民主党に敵対するのは損なので、大手マスコミにバッシングも自然と止まるでしょう。ここで、負ければ全てが元の自民党時代に戻ります。霞ヶ関と大手マスコミと癒着した、理念無き落ちぶれた政党が政治の頂点となり、国民は蚊帳の外でまた失われた20年が来ます。政党の中の権力闘争は、完全に霞ヶ関を解体して政治主導を確立してからでも遅くないのです。どうぞ国民の民意を受けたのは、今の民主党中心の与党で有り、霞ヶ関最後の砦特捜とそれと癒着する大手マスコミ、落ちぶれた自民党ではない事を肝に銘じて下さい。


[削除理由]:2重投稿
25. 2010年1月20日 23:45:19
2.のコメントを書いたものですが、24.さんのコメントに大拍手です。
私が思いながらまとめきれなかったことをすべて書いてくれました。
私も民主党にメールしときましたが是非危機感の薄い民主党にメールして活を入れてやって下さい。
 

26. 2010年1月20日 23:52:20
指揮権発動に関しては反対です。
今現在ネットから情報を得ている人は指揮権発動に対し納得するかもしれませんが、私の周りにいる人達を見ても、本当にマスゴミに洗脳されている人達がほとんどです。その人達が納得するような形にしないといけません。

まずは総理のぶら下がり会見の時にでも、リークに関して政府からなんらかのコメントを出し、それについて検事総長に対し見解を求めるつもりだ程度を発言するだけでも、相当にビビるのではないでしょうか?


27. 2010年1月21日 00:17:03
もう寝る時間なので手短に追加します。 戦争の話にこだわるようですが、ガダルカナルで折角アメリカ艦隊を全滅させておきながら、肝心の輸送船に目もくれずに逃げてしまった三川艦隊のようなことはしないで欲しい。 今の国会なら優勢はわが方にあります。 標的はたくさんあり、委員会での審議に人数に不足はないはずです。 三井さんの話は敵が嫌がることではありますが、それだけでなく他のことでも対応に苦しむような話がたくさんある。 総務省のマスコミ規制の話だって、やられるほうにとっては困る話でしょう。 まともに検察を叩くのなら、検事総長人事の国会承認にする案が効果的だと思います。 議員のスタッフが足りないと言うこともあるでしょうが、手を貸す人もたくさんいると思います。 昔の特高警察の再現なんて真っ平ですからね。 N.T

28. 2010年1月21日 00:19:24
>22

22さん
どうもです
今回の投稿は議論では無いので、追求問題を何にするかなどは私がお答えする立場ではないのですが、(苦笑)少しだけ私見を言ってみます。
まず、三井さんは私などの素人ではなく冤罪当事者でもありまた裏金告発当事者でもあります、しかも検察事情をしっかり知っていてる検事さんです。小沢問題の経緯と現状も重々知っています。たぶんそういう経験も考慮したうえで小沢問題の状況の場合、今何で攻める必要があるか考え、その選択肢が裏金一本で沈められるとの判断だったのではないでしょうか。また三井さんが一肌脱ぐからには裏金なら沈める自信があるということもあったかもしれませんね。つまりさまざま条件を考えて確実なベストを選んだのだと思います。失敗は許されない真剣勝負と考えたからだと思います。プロの目でしょうね。
三井さん自身だって冤罪は重大な問題と捉えているはずです。その証拠に投獄生活を通じて受刑者の置かれた非人間的な状況に心を痛めこれも絶対改善しなければと言っています。どうように冤罪も考えているでしょう。
で、冤罪はまず検察の暴走を10年とか20年まえくらいまでの状況に抑えて、それからじっくりやるべきと考えているのではないでしょうか。
というのは、三井さんは今回の救急処置だけでなく、抜本的な検察・法務省改革をやる覚悟をされています。だから三井さんの戦いはまだ長い道のりです。そのさい鈴木宗男さんなど冤罪、国策逮捕被害者の方々とも連携を取り大きなムーブメントにしていかれるようです。なので冤罪や国策逮捕被害者、受刑者の人々のことも私たち以上に深く考えていると思います。
私も同じく植草氏のことも高知白バイ事件も怒り心頭です。
長いばかりで答えになっていなくてすみません。


29. 2010年1月21日 04:12:09
 最もてっとり早い方法は、小沢さんを法務大臣にしてしまうことなのに、何をしていたんでしょうね?!
 小沢さんが法務大臣として、特捜をぶっ壊してしまえば済むし、検察幹部をみんな首にしてしまえばいい。一対全体、鳩ぽっぽは何を考えているのやら

30. 2010年1月21日 04:30:22
三井さんに小沢さんの検察対策顧問になっていただこう!

31. 2010年1月21日 08:35:22
24さんのご意見に大賛同。
またまたマスゴミは民主党内の分断キャンペーンに走り出した。
毎日によると、「鳩山由紀夫首相は20日夜、民主党内で高まる検察批判について「党も捜査の行方を冷静に見守るべきだ。あまり熱っぽく行動することは控えて冷静にした方がいい。そう求めたい」と述べたそうです。
鳩山首相も捏造記事専門各紙に話さずに「記者クラブ」を解放してから会見すべきである。

32. 2010年1月21日 08:44:12
確かに犬殺なんぞ金を目の前にして涎を垂らし勃起するような変態であることを国民は知ってしまいましたね。

33. 2010年1月21日 09:38:13
石川議員は、何も喋っていない。大久保秘書は、自白しなかったという実績があり
今回は、自白した情報を流すのは止めているが、石川議員は、まだ実績が無いし、
少し気の弱そうな所が見えるので、嘘の情報が多く流れている。
その点は、三井氏も見抜けていないようだ。今回の騒ぎ(まだ事件ではない)は、
殆どはマスコミ自体の自作自演の狂言だ。
政府が動かないのはその辺りにある。マスコミの狂言にのって、迂闊に
検察批判したら、マスコミの術中に嵌ってしまう。
検察は、マスコミの報道が、嘘だと言ってないことと捜査の偽装をした罪が
あるだけだ。

検察の裏金問題とと自民の政権末の官房機密費の集中捜査をするべきだ。
これで自民党の強制捜査する理由ができたので自民党事務所の強制捜査ができるぞ。
この資料を元にすれば一杯逮捕できる。検察にとって宝の山だ。


34. 2010年1月21日 09:51:32
たとえ時間はかかっても、いや、むしろ時間をかけて、検察の横暴の実態を世間に知らしめていかなければならない。
冤罪ねつ造という悪魔のような行為、裏金という公金横領事件を、じっくり、みっちり、ねちねち、だらだらと問題にし続けることだ。
それぞれの案件がたとえ時効になっていようと、検察はこんなひどいことをしていたのかと、世論を喚起する意味は大きいのではないか。
短期集中型の攻撃よりも、後から効いてくるボディーブローを多発した方が、相手はいやがるはずだ。
いかなる権力構造も、世論には勝てない。
暗黒の検察国家に終止符を打つときが来た。

35. 2010年1月21日 10:33:29
佐藤優さんの話だと、鳩山首相は、ゴミ新聞とぶら下がり売国記者の意見を
世論と勘違いし、奸臣に囲まれた君主と化しています。
みなさんで、本当の世論とはどういうものかを伝えましょう。
鳩山総理に、手書きのお手紙A4で1〜2枚を書きましょう!

〒100-0014
東京都千代田区永田町2-3-1
内閣総理大臣 鳩山由起夫殿


36. 2010年1月21日 11:07:41
三井さんに大賛成
民主党は持ってる力を行使してください。冷静になんて言っていますが、敵のどこに冷静に対処すべき良識がありますか?中立の印象を崩したくないのでしょうが、タイミングを逃すと転覆するかもしれません。そうなった時、国民が悲惨な状況に置かれます。民主党は国民の為に命をかけて戦ってください。



37. 2010年1月21日 11:36:04
みんなで、民主党にアドバイスのメールを送りましょう。

私も民主党本部や、骨のありそうな議員の事務所にメールを送っていますが、数の力も必要だと思います。

とりあえず、民主党本部へのメールフォームは、こちらです。
https://form.dpj.or.jp/contact/


38. 2010年1月21日 12:18:32
 さすが三井さんです。国会は検察の裏金問題と違法リーク問題を早く徹底追及してください。検事総長の証人喚問は避けて通れません。垂れ流しマスゴミ屋どもの責任追及も忘れてはいけません。

39. 2010年1月21日 12:44:55
下記↓は、ネット上で拝見した文章です。私の今の思いは下記に尽きます。

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/7119770.html

「大手マスコミがどれほどゴーストを国民の目から見えないように隠しても、もはや限界です。われわれ国民はネットをちょっと覗いただけで、ゴースト関連情報はゴマンとあることがわかります。多くの日本人は、なぜ大手マスコミが極端な偏向報道しているかも、政権交代後、ようやくわかってきました。
 民主党よ、なぜだまっているのか。小沢氏が東京地検特捜部と対決すると宣言し、それを鳩山首相が追認している以上、国民(B層)にゴーストを見せないかぎり、いつまで経っても東京地検特捜部との勝負はつかない。ゴーストの見えているネット愛好者(A層)は非常にいらついています。戦後から今日に至る戦争屋(=CIA)のハラスメント戦法の一部始終をあらいざらいばらしてほしい。
 それとも穿った見方をすれば、またまた、小沢民主党お得意の“オウンゴール”という悪い癖(注4、注5)がでているのでしょうか、非常に心配です。」


40. 2010年1月21日 13:06:09
第二の三井さんが、検察内部に生まれる可能性がでてきましたね。
検察は、一点集中、民主側はいくらでも手があるってことですね。
どちらが有利かは言うまでもないような気がします。


41. 2010年1月21日 13:51:04
毎日新聞の記事に。鳩山由紀夫首相は20日夜、民主党内で高まる検察批判について「党も捜査の行方を冷静に見守るべきだ。あまり熱っぽく行動することは控えて冷静にした方がいい。そう求めたい」と述べ、党代表として沈静化を図る考えを示した。首相官邸で記者団に語った。

 民主党は「捜査情報の漏えい問題対策チーム」の設置を決めるなど、検察との対決姿勢を強めている。首相は「党と国会は小沢一郎幹事長に任せる」として党運営への具体的な言及を避けてきたが、世論の批判や内閣支持率の下落を受け、小沢氏との役割分担を超えて懸念を示した形だ。

 首相は記者団に「『(検察に)圧力を加える』と思われるようなことは避けた方がいいと思う」と指摘した。【鈴木一也】

民主党議員よ、ドンドン熱っぽく検察批判をやり、行動で示せ!との鳩山首相のメッセージだよ。検察と徹底的に戦い勝利することが「国民の生活第一の政治」の一里塚。


42. 2010年1月21日 15:33:25
インタビュー動画、三井の声がこもっているせいもあってよく理解できない。
三井の発言は注目されているのだから、もっと分かりやすい動画にしてほしいものだ。

43. 2010年1月21日 16:01:42
三井さんの意見に大賛成!
ですが、この件は(この件に限らず冤罪はすべて)
検察だけでなく、検察+マスコミによる大衆へのマインドコントロールです。
マスコミへの対策はこれで本当に十分でしょうか。

検察(特捜部)にとって、自分たちに都合のいいように世論をもっていくには
マスコミの存在が欠かせません。検察にとってマスコミは
唯一にして最高の武器でしょう。これを活用して世論を味方にしなければ
検察は自分たちのシナリオ通りの犯罪を作れないのです。

だから検察対策の本質は、検察だけを狙ったものでは片手落ちで、
同時にマスコミ対策もしないと逆効果になりかねない気がするのですが。

阿修羅の読者なら当然のことが一般のテレビ・新聞漬けの人には
全く信じられないということはたくさんあります。
そしてこの事件もそういうものです。
検察の動きを封じ込めても、マスコミと検察の間に
キッチリと楔を打ち込んで、マスコミに事実とかけ離れた報道を
させないようにしないと世論は結局小沢氏を許さない方向へ向かうかもしれません。

だからと言ってなにがマスコミ対策に有効かは正直わからないですが。
でも最近民主党内に起こっている検察リークへの対抗姿勢は
もしかするとマスコミ封じの良い手段になるかもしれません。
鈴木宗男氏は質問趣意書でリークに関する言質を取っていると思います。
それらを使って、検察と同時にマスコミも締め上げて
勝手なことを流させないようにすれば、小沢氏を守れるかもしれません。


44. 2010年1月21日 16:06:23
検察の裏金は非常に重大な事件だと思う。
ぜひ検事総長から事実を報告してもらいたいもんだ。

45. 2010年1月21日 17:04:29
んー
石川氏がしゃべっているのは弁護士は否定
小沢氏が完全黙秘したら真っ黒だと思われるだけじゃね?
裏金問題を追及するのは良いと思う

鈴木宗男氏が言うように民主党は石川氏に対し保釈請求をするべき
そして石川議員は生放送で記者会見をし
検察による自白強要や小沢氏の関与について(否定するでしょう)
しゃべらせるのが良いのでは?
石川氏本人にしゃべらせ
検察とマスコミの異常さを世間に知らしめるのが良いと思う。


46. 2010年1月21日 17:21:52
マスコミは検察から司法記者クラブの締め出しを食らうと
記事が書けなくなるから検察と手を握っているというような解説もあるが、
それも本当のことだと思うが、もっと深いところで
マスコミは故意に民主党を潰そうという明確な意思を持ち、
それを行動に移していると思う。
つまり、他の問題と同じく、大手マスコミは既得権益層なのであり、
このまま民主党の政権が続くのは避けたい、というか
既得権益を守るためには邪魔な民主党は無くさなければならないと考えているのだと思う。
したがって検察の小沢潰しにブレーキがかかっても、
マスコミはそれさえも利用して更なる民主党・小沢攻撃を仕掛けるのではないか。
それはマスコミ自身の判断もあるが、背後には大手広告代理店や、
さらには某国の指示もあるだろう。
ともかく検察の暴走を止めるのはもちろん重要課題だし、
できることなら一度解体したほうが良いが、
マスコミも同時に潰さなければならないと思う。小沢氏が辞任に追いこまれたり、
もっと最悪な事態が起きる前に。

47. 2010年1月21日 18:20:02
45の指摘ように
完全黙秘しても喋ったかのように検察はよそおってリークとして嘘をばら撒いているじゃないかと思う。
やはり石川議員から「嘘のリークだ」と言ってもらうべきだろう。
テレビ報道のビデオはすべて「虚偽報道」の証拠として保全すべきだろう。

48. 2010年1月21日 18:25:04
なんとか毎日新聞だけは少しでも良心があると信じていたが、この何日かの記事でそれもなくなった。もう購読をやめるしか対抗できないですね。やっと日本にも民主主義と喜んだのも、暗黒時代の検察と御用マスコミが存在しているのは許せない状態。国民が立ち上がる時のような気がします。

49. 2010年1月21日 19:14:37
三井さんの知恵や協力を得るのは大変結構。
元特捜検事で検察に嵌められたの田中森一氏や今も対検察で冤罪に関して真相究明に取り組んでいる菅谷さんとその弁護士の皆さん、経済学者で検察に冤罪で逮捕された(裏で竹中某が動いたと大っぴらに噂される)植草氏、「日本の裏金」で警察・検察の犯罪を暴いた作家の古川利明氏・外務省休職中の佐藤優氏、鈴木宗男議員など実際に検察・警察の暴挙の被害にあった人達やジャーナリスト・法曹関係者など巾広く支援を求めるべき。
我々国民は、大手マスコミ(新聞・TV、電通、NHK)などは言っていることの反対の方に真実があると考えた方が良い。
メール・ブログ・ミニコミ・口コミでふざけた検察には鉄槌をくだそう。
菅谷さんの件では、確か東京地検の検事正がご本人と弁護士に対してチョコンと頭を下げているのがTVで放映されたが、土下座しても足りない。公務員のくせに頭が高い、そんな程度で落とし前をつけたつもりだろうが、そんなもんで済ます訳には行かぬ。他にも多くの冤罪事件があるだろう。低い逮捕・検挙率に満足せす、本当の犯罪者を正当に処罰する努力を検察(特にトップ)は必死にするべきだと思う。そうでなくて国民の信頼は得られない。

50. 2010年1月21日 19:36:12
検察に嵌められた恨みの念、怨念が蠢いている。今こそということか、尤もだ。

51. 2010年1月21日 20:20:46
やっぱり三井さんの裏金事件が意味を持ってきますね。
三井さんのアドバイスだけでなく「検察裏金事件」をネットでもどんどん取り上げていくべきです。

52. 2010年1月21日 20:50:10
三井さんの事件を「冤罪」だけにピントを合わせてはいけないだろう。マスコミに揚げ足を取られる可能性がある。
あくまでもその茶番な裁判でうっすらと明らかになった違法な「検察裏金」を追求していかなければいけない。

「検察裏金」「検察裏金」「検察裏金」。
「検察」とぐぐったら「裏金」。

検察に裏金があることをまだ知らない国民も大勢いる。(警察の架空領収書ですら知らない人は大勢いそう)。
また裏金をマスコミに告発しようとインタビューを受ける3時間前に逮捕されたという検察の横暴があったことも多くの人が知らなければいけないと思う。

そういえば鈴木宗男さんの事件も 癌だった元秘書も拘束されたような気がする。


53. 2010年1月21日 21:10:20
毎日が民主党だたきに必死なのは、クロスメディア禁止法案でとどめが刺される可能性が高いから(TBS無しでは新聞はすぐに倒産でしょう)。

54. 2010年1月21日 21:50:22
http://www.iwakamiyasumi.com/column/politics/item_228.html

上記は岩上氏のHPより、亀井大臣による新井将敬氏のエピソード。
その後の一部のドキュメントなどで、少々事情を垣間見ていたものの、
これは具体的で、衝撃的…。
思えば民主党はこのときからの因縁か。
検察官僚は、自分の身が痛まないから、
正義を気取った人権侵害というか、殺人が平気になるのか?
人権がも機能していない、どこかのいわゆる「後進国」の話みたいだ。


55. 2010年1月21日 22:01:48
>>03
>>11
>>15
>>22
>>28

22さん
15及び28です。上の一連のやりとりの中で22さんの疑問に28で触れていませんでした。失礼しました。それについて私見を補足します。

確かに三井事件の裏金告発は時効です。三井さんもそれは承知です。三井氏は当時の裏金告発を持ちだして法的に断罪しようというものではありません。それは時効ですから無理です。(ただし現在でも情報提供者への謝礼の調活費は06年時点で年間約8000万くらいはありますから、裏金前科を考えればそれが正しく使われているかはわかりません。)
その上で三井氏は投稿記事の提言をしています。

三井氏の今回の提言意図は、検察が暴走している現下の非常事態にあたって、


1.裏金づくりを検事総長の喚問により検察組織として認めさせる。
2.1により人事の更迭と裏金返還を指揮権発動で行い、国民の面前で社会的責任を取らせる
3.1及び2により検察の実態を国民の面前で暴くことで、国民の目を曇らせている検察神話の呪縛から解き現下の検察行動を冷静に判断させる。
そして非常事態下の現実の問題として
4.裏金に手を染めたという大林宏東京高検検事長の次期検事総長任官の阻止。
5.裏金問題で最高幹部クラスを刷新し現下の暴走検察の方向性を封殺する。

以上を早急に断行すれば、風向きは一気に検察批判に向き非常事態をまずは留めることが出来ると考えているのだと思います。つまり三井さんの提言は

「小沢問題に係わる検察暴走という現下の非常事態に対する緊急措置」

です。
それゆえ提言も「緊急」となっているのです。
提言のいう裏金追求といっても時効を問題にしている話しではないということが、これでおわかりになるのではと思います。
 
ちなみに、問題解決の取り組み方について私の思うところを少し述べてみます。
今回の三井提言を例とれば、「緊急措置」と「検察・法務省改革」は別ものです。ここを切り分けて考えなければいけないと思います。ある事態に直面し問題解決にあたり今どの点を突けば即効性があるかということと、引き続き取り組まなければならない重要な問題を明確に意識する必要があります。

私はいくつかの市民運動を知って居ますが、実際に問題解決に取り組んだことの無い人々は、日常思っている問題意識をなんでもかんでも詰め込もうとする傾向があります。そしてて失敗や中途半端になっていることが非常に多いのです。

インタビューによれば三井氏は今回の3提言が成就すれば、それだけで「検察改革」が終わるなどとは思っていません。まずとにかく小沢問題の検察異常事態を抑えようとしています。その後冤罪問題、受刑者環境問題や、不当判決など様々な弊害がある司法検察一体の現状など、抜本的な「検察・法務省改革」を冤罪、国策逮捕被害者やジャーナリスト、告発者、支援者などを結集してやっていこうとしているように見えます。私はこのあり方は正しいと思っていますしそれしかないと思います。


56. 2010年1月21日 23:01:41
52さんへ宗男氏の秘書の件です。
鈴木宗男氏の元秘書 佐藤玲子さんは子宮ガンの摘出手術を受け、再発しないように円満に退職して癌治療を受けていました。それを検察は無理やり逮捕しました。
--------
佐藤元秘書は1995年ごろにも乳ガンを患い、それが子宮に転移していた。手術で子宮を全摘出し、その後、他に転移しないように放射線治療を受けるなど、大変な状況にあったのだ。
そんな佐藤を検察は逮捕し、この拘置所の独房に入れてしまったというのだ。この年は記録的な猛暑で、気力体力の充実に努めている私でさえ、辟易していた。それを、大手術が終わって、たった二ヶ月の身を勾留する。しかも拘置所内の治療室には放射線治療の機材はない。このまま勾留が続けば、他に転移し、命にかかわる……。
私は驚いた以上に怒った。絞り出すように検事に言った。
「なぜ、彼女を……。とにかく彼女は病気なんだから、人道的に扱ってくれ」
検事の態度はそっけなく、事実だけを述べる。
「仕方ありません。先生は監督責任を問われ、罰金刑になれば公民権が自動的に停止となり、共犯ともなれば、さらに責任を問われることになります」
検察はどんなことをしてでも私に罪を認めさせ、起訴し、そして、有罪にすると、暗に伝えようとしているのだ。
そのターゲットになったのが、病み上がりの彼女だった。いや、病み上がりだからこそ、逮捕したのだ。命が助かりたければ検察に協力しろ、と。そして私には、彼女の命を助けたければ、検察のいうとおりにしろ、と。
佐藤元秘書を逮捕した政治資金の虚偽申告というのは、一億円の寄付があった際、それを除外し、政治資金収支報告書に虚偽の記載をした件をいう。
単純なケアレスミスで、事務上の手続きミスだった。たまたま記載ミスをしたので、すぐに修正し、再度、報告書を作り直せば済む話である。
〜〜〜
----------「汚名」鈴木宗男より

結局佐藤秘書は、検察の執拗な取調べに耐え切れず、いったん宗男氏を裏切ることになってしまいます。しかしその後の公判で検察調書を翻し、「鈴木の指示は受けていません。病気だったこともあって、検察に作られたシナリオに乗ってしまいました。事実と異なることを全部、いわされてしまった」と証言しました。
(この貴重な証言を裁判所は証拠能力に乏しいと言って認めませんでしたが)

彼女は、その証言から3ヵ月後に亡くなってしまいました。
検察が殺したも同然でしょう。
しかも、さんざんそうやって多くのを人を巻き込んだ宗男氏の裁判では、
マスコミがあれほど騒いだ一連の「疑惑のデパート」の、
ただの一つも案件として扱われていないのです。

記事には関係なかったですが、検察の非道さを伝えたくコメントしました。


57. 2010年1月21日 23:48:52
三井さんの提言に賛成する。

しかし、司令官たる総理の戦闘意欲の方が心配だ。周りを見ながらマアマア何とか落とし所を探っているように感じるが。

 マスゴミ対策なら、とっくにやっていなくてはいけない、またその気になればすぐにでもできる記者クラブの開放ですら、肝心の総理会見は昔のまま。

 機密費公開のような自分たちの利権(?)にかかわるものはほったらかし。

 せっかく民主党内で出てきた「取調べの可視化法案」の提出機運には水を差す。
 「検察に圧力をかけると取られかねない」んだそうだ。

 「検察のリークはないものと信じている」などと、寝言を言っている。

 「政治と金の問題」なら、サッサと企業団体献金の全面禁止の早期実施をぶちあげればいいものを、音なしの構え。

 とても戦争の覚悟があるとは見えないが-------。


ずるずると後退しながら、結局検察(含むその他官僚)に操られる第2の自公政権になっていく最悪ケースを懸念している。

鳩山総理が大石内蔵之助であることに、一縷の希望を持っているのだが。

本気で戦争できるのは、やはり小沢さんしかいないんじゃないの?

 

 


58. 2010年1月22日 04:09:32
みなさんの御発言に涙が止まりません。
自分のためではなく、この国のため、正義のため、頭のおかしい権力により迫害を受けている方々のため、熱く、清らかなお心が伝わります。

まだこの国はいける。
そう思います。


59. 2010年1月22日 05:06:39
税金でやってるのが腹が立つ。こんなことに使うなよ。こんだけ世の中騒がして、しかもこの時期にだ。しかも裏金もかよ。

与党は(本当は野党も)国民の為に戦えって言いたい。すぐ、発言の趣旨はこうでしたなんてがっかりさせるな、ついてけないぞ。何に遠慮してる、ここでやらなかったらどうせ先はないでしょ。だからやってくれ、必ず強く支持するから。


60. 2010年1月22日 05:49:02
三井氏告発の検察裏金問題は検察を捕まえるアクションで無い事は三井氏も明言している。検察の体質を世に知らしめる事で正義を問う方向性だろう。
検察自身が自らの裏金問題を解決する事は有り得ない構造を知らしめた上でその裁量権が国に在るか検察に在るか、 
私は今回明るみになった以前から引き継ぐ構造上の不備を国民一人一人がどう感じるかも重要だが、鳩山総理がこの狂った構造実態をどう考えるかを、しっかり会見の場で言明した上で意を述べそれを国会に持ち込む流れを作らないかぎり進展は無いと思う、完全可視化法案さえ出来ない結果になる、
今回の石川議員逮捕が検察の暴走という形式で風化しても何事も解決はしないだろう。結局鈴木宗男議員の言った「今回の逮捕劇は鳩山政権に対する攻撃」とする見方が重要だろう。
「これは小沢幹事長が抱える事件だ」という流れのまま時間の経過を待つような鳩山総理の対応が続けば間違いなく党内統制に問題が出来るだろう。
それこそ検察マスコミの思うツボだ。
「小沢幹事長戦ってください」に加えて「私も戦います」という意思表示を国民に判る形でみせつけてほしい。
それくらい検察の体質・構造は狂っていると私は感じる。

61. 2010年1月22日 07:33:34
小沢さんについては国民の間でも随分評価の分かれるところがありますが、それは党関係者ではない以上当然のことです。

しかし、議員を含めた民主党員が、この危機的状況に対して組織としての的確な対応がとれず、小沢さんをむざむざ見殺しにすることになったとするなら、民主党による今後の改革なるものの行方も凡そ見当がつきます。

自分たちの党の中核を担う重要人物をすらまともにフォローできない政党に、今後一体どんな国家的改革、革命的事業が達成できるでしょうか。
力のない組織の行き着くところは下野か変質か、そんなところだと思います。

党の危機に対応できずキーパーソンを見捨てる民主党に、いずれ国民が見切りをつけることになるのは自然な流れではないでしょうか。
そういう意味で、小沢さんの今後は、民主党の今後を予見させると思います。

国民が先の選挙で、一体何を思い、何に怒り、何を望んだのか。
去年の西松事件とマスコミの扇動を物ともせず、衆院史上最大の議席を獲得させた国民の総意は、一体なんだったのか。
民主党に対して持った幻想とも誤解とも期待ともつかない人々の思いが醒めてしまう前に、民主党の反小沢派議員はこのことを考えるべきだと思います。

B層はおろか、A層に位置する民主党支持者さえ、事の次第では、民主党支持を取り下げるかもしれない、そんな状況が目下の状況だと思います。

国民の民主党への支持が、チェンジにあることは間違いないと思います。
戦わず黙り込み、策を弄することもない革命家などというものは、凡そなったばかりのボケ林檎のようなもので、信じがたい戯画ではありませんか。
戦わぬゲバラ、妥協するトロツキー、そんなものに大衆を鼓舞する魅力的な毒などありません。

マスコミという大衆の扇動装置と結託した白色テロリスト・検察と戦うためには、大衆の意に沿う新しい劇画、魅力的なたぶらかしが準備されなければならないはずです。
黙っていてはいけないことだけは明らかです。

こう考えたときにも、三井氏の提案は、見事なプランだと思います。

何はともあれ、今回小沢さんを守ることは、ひいては民主党を守ること、つまり、よりよい日本の明日に架ける橋を死守することに繋がっていくことになると思います。

去年の衆院選挙まで、政治にはまるで無頓着だった一市民の呟きです。


62. 2010年1月22日 08:53:19
57さん、私も同様の心配をしています。
人生の修羅場を経験していないボンボンは、やはり腹をくくりきれないのかな、と。
「まあ、まあ、なあ、なあ、」も、検察を油断させるボケたふり作戦としてやっているのかもしれませんがね。
先の事情聴取で、検察の真の恐ろしさを見せつけられたのかな。
かれらも自分達の存続をかけて必死になっている。
は向かう者に対しては、家族親族含めて、徹底的ないやがらせを相手の精神が崩壊するまでおこなう。


63. 2010年1月22日 13:01:12
小沢が事情聴取に対して「完黙」を通したら世論を敵に廻すことになるだろう。
それだけで小沢攻撃の格好の口実になる。

黙秘するなどおろかな行為だ。世論を相手にしていることを忘れた発想だ。


64. 2010年1月22日 22:43:38
>63
>小沢が事情聴取に対して「完黙」を通したら世論を敵に廻すことになるだろう。

マスコミは小沢をますます悪人にするでしょう。民主党にも難癖を。
そしてマス塵はこう言いそうです。
「政治と金の問題を決着させないといつまでも問題を引きずる」
「今、与党は圧倒的多数で私たち国民は何もできない」
「できることは選挙で一票入れることだけだ!」


65. 2010年1月22日 23:02:51
小沢さんは完黙でいいと思いますよ。
例によってゴミどもが「小沢氏、完黙」と書いたら、本人が出て行って「私はきちん話しました」と言えばいい。
公式にはリークは無いことになっているから、ゴミどもはこれ以上何もいえない。

66. 2010年1月23日 08:38:51
それにしても大手新聞テレビは
そろって検察のウラガネ問題について
報道しない。
これってメディアがいかに官権の勢力下に
あるかの証明だろう?
マスゴミは戦争中も戦後も一貫して
権力の宣伝部隊だった。
北朝鮮の声太のオバハンと同じである。

67. 2010年1月23日 08:45:31
小沢氏が何を話そうと、あるいは黙秘を続けようと、マスコミ連中にとっての「事実」は、「検察発表」だけなんです。
それ以外のことは、彼らにとっては「無意味なこと」でしかない。
聞いても聞かず、見ても見ず。
日本のマスコミは、そこまで腐りきっているということです。

68. 2010年1月23日 17:12:46
ミンスはマニフェスト詐欺で政権を盗っただけ、国民が支持したとか言える代物ではない。

69. 2010年1月25日 23:36:53
56さま
鈴木宗男氏の元秘書の話を聞いて、はらわた煮えくり返るほどの怒りを感じました。過去、自分も癌で大手術を受けた経験があるだけに、術後たった二カ月の身を勾留するなんて言語道断、非人道的でそれ以外の言うべき言葉が見つかりません。しかも元秘書は女性ですよ。検察は人の命をなんと心得ているのでしょうか。検察の言う正義とは一体なんなんですか?あなた達は生まれてから今まで一度も罪を犯したことの無い神のような存在なんですか?人命を軽視して正義を振りかざす、そういう特殊な神なんですか?きっと、そうなんでしょう。検察は自分達がこの世で一番偉い存在だと思ってるんでしょう。だから人の命も尊厳も軽く見て、自分らのエゴだけを押し通すのですよ。菅谷さん事件もそう、元検事は謝罪すべき時には本来の人間に戻って、一度でいいから素直な心で省みて謝罪すべきでしょう。親にそう教育されなかったのでしょうか?人間はいつかは必ず死ぬんですよ。死ぬ前にこの人生で良かったと誇れますか?自分の子供にそう言えますか?ちょっと頭に来ちゃったので色々と書きました。頭を冷やします。

70. 2010年1月26日 12:47:03
「過度のエリート意識は、人間性を喪失する」といいます。
かれらを、「人間」だと思ってはいけません。
冤罪のねつ造などという悪魔のような行為、人間をやめなければできるはずがない。

71. 2010年5月17日 13:18:50: 0Qa5wAhQ1Y
戦争の覚悟、一点集中突破、単純化
実に正しいアドバイスだと思う。
はからずもこれらの戦法の天才が小泉純一郎である。
小沢氏には、敵の得意戦法で敵にトドメを刺して欲しい。
それこそ今まで何度も世間を驚かせてきた小沢氏の真骨頂であろう。

72. 2010年5月17日 15:27:07: TIIIDfP2wo
三井さんの言うとうり、小澤さんに対する党内外の敵からの陰険で執拗な十字砲火の浴びせ方は、非常に奸寧、狡猾で残忍、残虐です。まさに、これは戦争と似ています。検察審査会を悪用した市民?まで加わりリンチ的11−0の「議決」をして、風評被害を与え政治謀略に使つています。どこかで小澤さんと同志の議員たちは総反撃に出る事を期待したい。守るだけでは、スポーツや武道でもまず勝てません。碁にたとえれば、無茶攻めして来る相手の石を一つ残らず全滅させるべきです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。