★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK78 > 766.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【速報】発覚!!西松建設に検察大物「天下り」――事件直後に「関西検察のドン」役員就任(日刊ゲンダイ、1.28)
http://www.asyura2.com/10/senkyo78/msg/766.html
投稿者 南青山 日時 2010 年 1 月 27 日 15:18:07: ahR4ulk6JJ6HU
 

日刊ゲンダイ、1月28日発行の紙面に以下の記事が掲載されている。
ゲンダイGJ、と言いたい。
天下っていた検察大物とは、逢坂貞夫・元大阪高検検事長(73歳)で、09年3月、大久保秘書が起訴された直後に社外取締役に就いたという。
今回の水谷とどこまで関係があるかは不明だが、twitterでは早くも「西松建設に検察大物が天下りしていたことが発覚。事件は検察の自作自演か?」との声も上がっている。

発覚!!西松建設に検察大物「天下り」
これが天下り検事の実態
西松建設が招き入れた
「関西検察のドン」
事件直後に役員就任

「バッジをあげろ!」――。特捜検事が血道を上げて小沢幹事長を追求する理由には、個人的な打算もある。ズバリ、退職後を見据えた「天下り」ポストの確保だ。大物政治家を立件できるかいなかで、退官後の再就職先や顧問料の桁が違ってくる。昨年の西松事件の直後には、あろうことか大物検察OBが、操作の舞台となった西松建設に天下っていた。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月27日 15:39:25
この話、ずいぶん前に阿修羅で見た気がする。

02. 2010年1月27日 15:52:50
これは検察の正体を暴くのに良い情報ではないか!

03. 2010年1月27日 16:12:35
09年06月です。

04. 2010年1月27日 16:55:09
例によって大新聞テレビはこの話題スルーですか。

05. 2010年1月27日 17:02:02
あれだけマスコミがあるのに、まともなのは
日刊ゲンダイ、週間朝日 だけとはトホホ。

この情報は、ばれたら隠すのうまい検察だけに
もうもみ消されている可能性があるな。


06. 2010年1月27日 21:32:45
昨年6月の西松建設株主総会での人事
なぜ検察OBが役員にと阿修羅や検察に批判的なネットでは既知の事実です。

07. 2010年1月27日 22:14:21
これも各局・社に連絡して真相を出してもらいましょう。スルーすれば、そういうこと。

08. 2010年1月28日 00:12:48
地検特捜部は廃止する以外に病巣を除けないことがはっきりしました

09. 2010年1月28日 02:37:57
07さんのご意見に賛同!

みんなでこの天下りを記事にするよう「特ダネ」として通報しましょう。

各社の窓口(情報提供先)は次の通り。
 
    http://www.news-pj.net/link/media.html


10. 2010年1月28日 03:33:28
「裏金問題」もある。樋渡検事総長に国会にきてもらい、何でも知っていることを話してもらうべきだ。

「裏金」の存在および不正支出は、すでに過去の裁判の中で明らかになっているので、総長も刑務所に行きたくないから、嘘はつけない。

どのくらいの金を、いつから、何の目的で使ったか(裁判官を接待したのは本当か等)問い質したい。

できれば、その十分の一でもいいから、返金を約束させる。
OBには、金だけでなく、勲章も返させよう(剥奪者の名を官報に掲載するだけでよい)。国の恥だ。


11. 2010年1月28日 03:48:55
内側から[政治団体はダミーです]と言わせるためかな。
怪しい工作が疑われる。全く理解を超絶する。
なら、証言のやらせじゃん!

12. 2010年1月28日 08:05:15
西松といい、水谷といい、検察が
「不都合な政治家を献金トラップで失脚させる」専用の
会社なんじゃないかと思えてきた。

13. 2010年1月28日 08:54:00
検察は、裁判官もマスコミ幹部連中も裏金で接待し、「共犯」にしている。
さすが安全対策は怠りない。
すばらしい「危機管理」ぶりですな。


14. 2010年1月28日 10:21:41
自分の会社を守るために警察、検察の

OBを受け入れるのは当たり前のことです。

それによって双方のメリットがあるから

じゃないのかな。

それは、今までどの業界もやって来たことだ。


15. 2010年1月28日 11:16:28
>>14 そうです。好ましいことではないが、どこでも行なわれてきたことです。小沢氏も同じです。

16. 2010年1月28日 12:14:40
ソースがゲンダイで思わずプぅ〜

[削除理由]:意味のない投稿
17. 2010年1月28日 12:19:31
しょうゆがゲンダイで思わずブー

[削除理由]:意味のない投稿
18. 2010年1月28日 12:20:45
これまたぁ プぅ〜

19. 2010年1月28日 12:32:50
ソースがゲンダイで思わずプぅ〜

[削除理由]:意味のない投稿
20. 2010年1月28日 12:37:56
濃口しょうゆで思わずプぅ〜

[削除理由]:意味のない投稿
21. 2010年1月28日 13:17:34
いいかげんにしておき

管理人

[削除理由]:その他
管理人を騙ってはなりません。
22. 2010年1月28日 15:51:26
口を開けば小沢独裁、小沢ファッショと言うがこんなの知れたものよ。だって彼の任期は四年しかない。とにかく議員が選挙で択ばれている社会が何で独裁国家になるんだよ。日本人の矛盾はトップのリーダーシップを期待しながら、半面では仲良し学級の話し合いムードを主張している。それに気がつかないのだから困ったものだ。しかし、こんなくだらないことで時をすごしていたら日本沈没だ。その責任は無能な不正な検察に夜。何故、法務大臣は検察の人事権を無振るわないのだ。もう検察検察と恐れる時代ではない。検察を干しあげろ。

23. 2010年1月28日 16:47:18
 狙われたら最後っ屁、どこにでも転がり込むための手っ取り早い方法なんだな。三井さんを励まして検察の裏金づくりと費消実態について徹底追及する火の手が早くあがらないものか。こんな無法組織に公訴権なぞ与えてはいけない。

24. 2010年1月28日 20:02:51
NHKやTBSでの今夕(1/28)のニュースで、小沢氏政治資金問題を扱ってましたか?私は最初から見てたわけではないので、分からないのですが。どうも、やらなかったのではないか、と思うのですが。

25. 2010年1月28日 21:26:41
 補正予算とは云え、政権交代が有って初めての予算が成立。

 NHKの本日の19:00&21:00のニュースに於いて付けたし程度で21:00に至っては平野発言をウルサク取り上げたり、自民の谷垣先生のコメントがこれに続いてた。

 今や、マスコミは当てにならない、一般大衆(多くの選挙民)へ独自の広報を設けなければならない!、民主党もグズグズし過ぎる。
 


26. 2010年1月28日 23:28:12
22 に賛成本当に困った連中ですね、しかしこのまま行くとおそらく小沢先生は
起訴されるのではないでしょうか。
どんなことでもやるのが彼らの行動だと思います。

27. 2010年1月29日 00:21:36
贈賄だ政治資金規正法違反だと逮捕とか、家宅捜索等で脅してから
OBを役員に押し込み高い報酬を払わせる。これは恐喝です
検察は暴力団と同じ類の犯罪集団です。

28. 2010年1月29日 02:42:54
 地検特捜部廃止したら、10億ぐらいすぐ節約できるよ。検事の給料一人年間1千万以上、事務官4名の5名一組だから、5000万10人の検事を縮小するんだ。すると年間人件費だけで5億仕分けできるぞ。捜査費・天下りも入れると10億仕分けできるぞ。悪徳検事の仕分けは必要だろう。比較的真面目な検事は仕分けするな。いつも仕分けされるのは、真面目な方だからな。蓮ちゃんちゃんと考えろよ。中国びいきするな。ここは大事なところだぞ。
 みんな、1面の認証官にいってるからな
    ここは3面記事だがゆっくり書けていいぞ。
    ここの記事類似で聞きたいことがあったら聞いてくれ  
          お日様西町

29. 2010年1月29日 14:39:31
俺も昔は汚職を防ぐために検察や警察の給料は多少高くても構わないと考えていたけど
今はまったくそんなこと思わないですね。

30. 2010年2月21日 08:13:36
「バッジをあげろ!」――。検察の「秋霜烈日バッジ」をあげろ!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。