★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK78 > 822.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「天皇直轄認証官吏」検察の狙い・電脳空間では「検察に勝ち目なし」[東京新聞]
http://www.asyura2.com/10/senkyo78/msg/822.html
投稿者 feel 日時 2010 年 1 月 28 日 00:07:30: /berAdga6DXu.
 


2010年1月27日 東京新聞
本音のコラム 検察の狙い

 任免に天皇の認証を要するポストを認証官というそうだ。大臣と副大臣もこれに当たるが、彼らは選挙で国民に選ばれている。しかし、検察庁には国民の知らぬところで認証された「天皇直轄」の官吏が検事総長以下十名いる。

 今回、検察が政治家・小沢一郎の追い込みを図った動機には、おそらく天皇会見が関与していると思う。中国政府幹部の訪日に際して、小沢氏は「天皇ご自身は必ず、会いましょうとおっしゃると思う」と忖度(そんたく)した。

 これらに敏感に反応するのは右翼、右より報道機関、そして検察。特に検察は民主党政権が検事総長ポストを国会承認人事とすることを恐れ「窮鼠(きゅうそ)猫を噛(か)む」心情だろう。一部世論の小沢叩きを好機とみて「小沢汚し」に踏み切ったと思う

 だからこその強引さだ。今回の捜査は小沢氏の収賄や斡旋(あっせん)利得の証拠など狙っていないと思う。狙いは冤罪(えんざい)承知での小沢逮捕、そのものだ。

 今や「官報複合体」と称されるようになった 「記者クラブ・マスコミ」は、委細承知で、この「小沢汚し」に加担している。だがホリエモン騒動の時とは違う。新聞も週刊誌も一色に染まってはいない。特に週刊誌では週刊朝日が「検察の狂気」と表紙に大書し、週刊ポストもこれを追った。テレビは「小沢汚し」に夢中だが、電脳空間では「検察に勝ち目なし」が衆論だ。

(精神科医)斉藤学(さいとうさとる)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月28日 00:15:18
小沢包囲網がいつのまにか検察包囲網に、
ネット社会をなめるよ。

02. 2010年1月28日 00:23:03
特捜の無能佐久間のおかげで、検察全体、ひいては官僚機構全体を国民と政治家全体を敵に回す危機感を感じ始めたに違いない。

03. 2010年1月28日 00:31:44
佐久間は佐藤知事冤罪事件の捜査責任者でもある。
佐藤知事事件で捏造した証人を小沢事件でも使うとは、どこまで腐った人間なのか。

04. 2010年1月28日 00:39:48
佐久間もそうだが、どうやらこの事件の主犯は大鶴基成らしい。

佐久間の影に隠れているが、悪質さは奴以上だ。汚名返上とばかり、現場を炊きつけているらしい。
出世主義者で強引な捜査はお手の物だ。この大鶴にも我々主権者は警戒しなければならない。


05. 2010年1月28日 01:13:13
佐久間は「天皇直轄認証官吏」なのか、こんな奴が。ふざけるな。

06. 2010年1月28日 03:55:25
こんな奴、失脚なければぶっ殺せ!!!!

07. 2010年1月28日 05:00:52
日本に本当の右翼はいないのかね。似非右翼ばっかりで。
ものすごくリベラルだと自負してる僕がこんな風に思うぐらいだから、
ひどい話だよ。野村秋介みたいな人が今は必要なんじゃないかなと思ったり。
街宣してるパーな人たちはいらないよ。

08. 2010年1月28日 08:21:24
天皇直轄官吏。具体的には認証官。
行政では 検事総長、東京高検検事長。地方の福岡、広島、大阪、名古屋、高松、仙台、
札幌の各高検・検事長のみ。
法務次官や検事正、ましてや地検の部長クラスはお呼びではない。
裁判所は最高裁とその判事のみ。
各官庁の次官クラスもお呼びでない。

国会議員は大臣のみ。


09. 2010年1月28日 08:38:38
大鶴最高検検事は、汚名返上ではなく、汚名挽回の間違いだろう。
またまた、検察の面汚し。足掻けば足掻くほどに深みに入り込む。
ネット社会の恐ろしさは、色々な所に現れてきている。
最初は悪事やセックスに広がり、次には言論や正義にも広がりだした。
これからが本当のネット社会となる。
正義のためにネットを使う方が使いがいある。もっと広がるだろう。

10. 2010年1月28日 11:11:24
こういう記事を載せる東京新聞に敬意を払う。
ついでに、政治関係も共同ダネなどではなく独自目線でお願いしたい。

11. 2010年1月28日 13:51:29

どーもヤバイ雰囲気になってきたな。
いまさら引っ込みつかないし。
ここで矛先おさめたんでは、下のやつらにしめしがつかん。
指揮権発動してくれないかな。

12. 2010年1月28日 14:50:12
>11

いやだよ〜。てめーのケツはてめーでふけ。


13. 2010年1月28日 16:00:50
「検察庁には国民の知らぬところで認証された「天皇直轄」の官吏が
 検事総長以下十名いる」
 知らなかった。これこそが、検察の横暴を許す権力の増長の基なの
 ではないか。

14. 2010年1月28日 16:59:31
「天皇の官吏」気取りの愚か者達。
自分らの邪悪な行為がどれほど今上陛下の御心に背いてるか。

15. 2010年1月28日 17:36:43
街宣の人たちは、まず「話し方教室」に通ってから、街宣をお願いします。

16. 2010年1月28日 18:11:22
町村はいいのか?やはり自民党には捜査は及ばないのか?
政権交代に対する嫌がらせなのか?

地検に抗議のメール送った。まあスルーするだろうけど。
週刊朝日の記事読んだ。阿修羅で解ってはいたけど、本当に検察は酷い
犯罪者はどちらなんだろうか?


17. 2010年1月28日 18:35:19
 皆様へ、弁護士にも弁護官が必要かも、どうこれ、NPO弁護官設立も考えなくてはいけない状況だね。当然起訴権を有する国民認証官とすべきでしょう。
 裁判には、裁判官・検察官・弁護士しかないのに、裁判官・検察官は、認証官で弁護士にそういう権威がないのが不思議。これでは、権威に負けるでねえか。少し考えてみることも必要かもね。

18. 2010年1月28日 19:06:33
天皇陛下は日本でもっともリベラルと、久米宏が言ってたが、こんな検察のファシストを認証したくないと思われる。
即刻、認証制度を廃止しろ。

19. 2010年1月28日 19:17:03
認証制度を即刻廃止
日本に本当の民主主義があったのでしょうか
検察の旧悪(捜査を意図的にしない。でっち上げ、脅し捜査)を
すべて網羅しましょう

20. 2010年1月28日 20:09:43
週間朝日が完売でどこにもない。
増刷してくれ、読みたい。

21. 2010年1月28日 21:08:47
今日、本屋へ週間朝日を買いに行ったら
本日発売の赤札で残り2冊
そこで2冊買って・・・完売でした
よく売れているてほんとうだったんですね

22. 2010年1月28日 21:15:27
>>11
「指揮権発動」して「検察の罪」を充分に捜査し、「悪代官」を挙げよう!

小沢氏審議など、その後で充分!


23. 2010年1月28日 21:16:54
天皇様から直に御認証を賜った上層の検察官がいるわけですか。
検察はとんでもないことをしているのではないですか。
たいへんなことが検察に対しおこる。。

24. 2010年1月28日 21:44:59
週刊朝日は、朝日新聞販売店で頼んだら
在庫のあるところから取り寄せてもらえました。

25. 2010年1月28日 23:12:56
右翼は、”銃弾”の送り先、まちがってるぞ!!。

天皇陛下に、不敬をなしたのは、検察じゃないか?!

国民を自白拷問する、、、とは、陛下はお怒りである!!


26. 2010年1月28日 23:38:17
 25>>へあれは右翼でないぞ、正確にはえせ右翼と言うんだ。だから俺は本当の右翼様にお願いしているのだ。今回は、弾の送り先を間違えないようにねと。自分党政府で認証され、自分らの権益を擁護することが最大の使命だとの新撰組てき思想を持つ検察認証官と宮内庁のハゲなにがしだと。陛下のお心忖度してはいけないが、皇室の安寧を思えば、本当の優秀な右翼様は、弾の送り先を間違えないように送るよ。
   お日様西町

27. 2010年1月28日 23:39:01
しかしまったく、一部検察の悪事ときたら、、、

28. 2010年1月28日 23:56:30
天皇陛下に認証して頂きながら、「税金をかっぱらい、裏金ざんまいの検察組織を管理できない」天皇直轄カンシさん。
週刊誌などの記述を額面通りに受取れば、あなた方も共同兇暴正犯か、失礼。

常に国家・国民の幸せのために公務をなされている陛下に対して、何やってんの?
大逆罪(罪刑法定主義も関係ない重罪)だよ。


29. 2010年1月29日 02:49:23
検察・マスゴミが正しいと思い込んでいる単細胞が、あんな「銃弾」を送りつけているんでしょうね。自分らが、戦前も戦後も、マスゴミに洗脳されて真実が見えなくなった「被害者」であるのも知らずに。

大概、これらのバカどもは、経済がわからない。思い込みだけで、動いている。
どうせ、世間知らずのチンピラにやらせているのでしょう。

検察もマスゴミも、ニンマリでしょう。「さあ、もっとやれ!」「本物をやれ!」と腹の底で思っている。自分達が手を染めずに、その意図を達成できるのだから。
そして、その後は、じゃんじゃん、報道する。

検察もマスゴミも、獲物を追い詰める、ハンターのつもりなのだろう。
そのような、一部の狂気の仕業によって、昭和初期の日本は、
ひたすら、地獄に向かって突っ走っていった。

そして、自国のみならず、中国やアジアに大きな被害を及ぼした。
そのような狂気に加担する輩が、「盗人猛々しく」中国を非難する。
現実の中国を、知りもしないくせに。

日本の狂人どもの頭は、昭和の初期から全く進歩も前進もしていない。
だから、昔と同じ轍を踏む。最後は、世界勢力からさんざん簒奪される。
原爆が奴らの、余裕の「実験」だったことを、知りもしない。



30. 2010年1月29日 08:24:03
この動機発言--方向がトンチンカンだよ。スタート時点の状況が全くずれているよ。

31. 2010年1月29日 09:08:55
検察には、捜査権、起訴権共に与えられており、NYタイムズ紙などは
『警察、司法長官、裁判官を総合したような権力が与えられている』
と驚いている。
と言うことは、検察が狙えば全く無実の人間でも、罪に落せると言う事
である。それだけ強大な権力である。

大鶴基成、佐久間達哉は捜査するに当たり、弱い者いじめが得意である。
乳飲み子を抱えた母親、子供、老婆、妻、癌を抱えた女性、いずれも
社会的弱者である女性が多い。
癌を抱えた女性は検察により、治療を妨害され、死亡した。
この事件がマスコミの興味を引かず、報道される事なく埋もれていたとは
『マスコミは検察にエサをもらう犬』の証明である。

この様な実態は、『検察の犬』である日本のマスコミでは、解明が難しく
海外の人権意識の高いメデイアの力が必要である。
我々日本人はようやく、『マスコミは犯罪組織』である事に気がついた。

大鶴基成、佐久間達哉は変質者の可能性が大である。
弱い立場の女性、子供が脅されて、おびえる様子に、快感を覚えると言う
部類であろう。

検事総長:樋渡利秋、次長検事:伊藤鉄男、各高検検事長は天皇が特に
日本国の悪者退治、治安を託した認証官であり、大鶴基成、佐久間達哉
を監督指導する立場にある。
おそらく、CIAの指示に背くことなく捜査する様指導しているはずである。

天皇が特にと任命した、認証官が国を売るスパイ、売国奴であり、税金
を誤魔化し裏金を作り遊興し、汚職、収賄の限りを尽す犯罪人である。
その部下が弱い者いじめの限りを尽くし、特に女性子供をいじめて快感
を得ると言う変態、変質者である。

天皇も『大変遺憾である』との、ご心境であろう。
ご自分が任命された者達が悪事の限りを尽くし国民を苦しめている。
検事総長:樋渡利秋、次長検事:伊藤鉄男、各高検検事長が『認証官』
に値(あたい)しないのは当然であり、認証官取り消しは国民の総意である。
そして、彼等は犯罪者として、裁かれなければならない。


32. Samurai 2010年1月29日 10:22:54: wokmPW08.LJiQ
14.18.31様に同意

今上陛下は小沢の言うように、世界と日本人の安寧の為なら、これまでの経緯は不問にし、喜んでお会いになられたであろう。

今後政府は、その御心を汚す事はあってはならないし、認証官の不祥事を追及する義務を負う。

いつの時代でも、崇拝主義として政に利用され、庶民に無理に押し付けられる天皇のご存在だが、本来は日本の根底と天辺にあり国体を包み込んでおられる。

苦しい民は救い上げて押し上げて頂き、強大な権力を持ち、上に行けば行くほど、天皇のご威光が抑えになっている。

天皇が認証する認証官という制度がある以上、それにそぐわぬ犯罪者は決して許してはならない。


33. 2010年1月29日 10:53:03
まあ、これを言ったら非難されるだろうが、
当の天皇本人は、私は左翼より右翼の方が嫌いだと言っていたそうだが(笑)

34. 2010年1月29日 11:25:08
日本は、総括をしていないことが多すぎる。
ゆえに、そのグレーの部分を、己に都合良く利用する輩が出てくる。
民主党政権には、タブーに挑戦!して、戦後の総括を本気でやって貰いたい。
腫れ物のようにタブー視する故に、
「日本人が全て悪かった」若しくは「全く悪くなかった」といったような、
偏った論調になりかねない。
冷静な総括をきちんとし、どういう思考を経てそうなったのか、公平公正にやってもらいたい。
そうすることによってこそ、本当に胸をはって海外にも出ていけると思う。

35. 2010年1月29日 11:46:03
天皇が任命しながら口出しはできないという法の矛盾がここにある。
そもそも選挙の洗礼も受けない一介の不浄役人に、認証官などというわけの判らない肩書きをつけるから「俺さまはエライんだ」とのぼせ上がる。
こんなものは廃止すべきである。

36. 2010年1月29日 11:47:21
右翼・左翼の垣根などはもう無い。
あるのは利害のぶつかり合いだ。
どうにか普通の人間に戻りつつある。

それを阻害する勢力は検察といえども許せない。


37. 2010年1月29日 12:22:46
いろいろと意見はあるだろうが、
久米宏と筑紫哲也が健在ならば、もう少し
ブレーキを掛けていてくれただろう。
そういう意味では、マスコミの右傾化は著しいものがある。

38. 2010年1月29日 12:32:58
http://www.asahi-net.or.jp/~VB7Y-TD/210317.htm

3235.樋渡検事総長に問う。

■樋渡検事総長に問う。「かんぽの宿」事件を見逃す理由(わけ)

西松建設の違法献金事件が世間を騒がせている一方、先頃まで疑惑の中心だった「か
んぽの宿」のオリックス不動産への一括譲渡問題がすっかり霞んでいる。

日本郵政が撤回した「かんぽの宿」の一括譲渡で、オリックス不動産への売却がいっ
たん決まった社宅を含む79施設の固定資産税評価額が、売却の基準となった簿価の
約7倍の856億円だったことや、売却先がオリックス不動産に決まった経緯が非常
に不透明だったこと等が宙ぶらりんのまま残された。

当初、日本郵政の西川社長は公正な一般競争入札であったと主張していたが、鳩山総
務大臣の一連の追求で様々な疑問が浮き上がってきた後は入札であったこと自体を取
り消した。

このため、入札妨害罪等は成立しないかもしれないが、日本郵政側の背任罪が成立す
る可能性は十分にある。

また、オリックス側がもし不正に利得を享受したとするなら、一方的に巨額の利得を
得ることは極めて不自然であることから、郵政民営化を実行し資産売却方針を決めた
当時の政権も含め、売却側に複雑なルートを経て何らかの見返り等が渡ったと見る方
が自然である。

鳩山総務大臣や野党は、引き続き「かんぽの宿」事件を調査・追及する構えだが、複
雑な構図を持つと思われるこの事件を、専門の捜査機能と強制権限を持つ検察当局抜
きで解明することは果たして可能なのか。

漏れ伝えられる所によると、検察当局は米国の年次改革要求を受けて進められた郵政
民営化に連なるこの事件を立件することを早々と放棄したと聞く。

一方の西松建設の違法献金事件では連日、小沢氏側のダム建設等に関する談合への関
与や役所への口利き疑惑、二階通産大臣や尾身元沖縄及び北方対策担当大臣の受託収
賄疑惑等への発展可能性が報道されている。

検察当局が、たとえ事件がそこに至らなかったとしても、形式犯である政治資金規正
法の虚偽記載についても政治資金が浄化に向かう中で指弾され、これまで以上に厳し
く律されるべきものであるという相当の時代感覚・歴史観をもって今回の違法献金事
件に取り組んでいるのなら、それは一つの見識であり、筆者はこれを「小悪」に対す
る非難されるべき国策捜査と言うつもりはない。

しかし、もし一方の国民の財産を大きく棄損した可能性が高い「かんぽの宿」事件に
ついては立件しないのなら、果たして国民の前に説明可能な合理的理由は存在するの
か。

筆者は、様々に思いを巡らせてみても、その理由を想像できない。

樋渡検事総長および東京地検特捜部は、時機を逸せず「かんぽの宿」事件の「巨悪」
にこそ正面から立ち向うべきだ。

さもなくば、検察の存在意義はあるまい。

                                   以上
佐藤 鴻全



39. 2010年1月29日 13:15:51
> 07. 2010年1月28日 05:00:52
日本に本当の右翼はいないのかね。似非右翼ばっかりで。
ものすごくリベラルだと自負してる僕がこんな風に思うぐらいだから、
ひどい話だよ。野村秋介みたいな人が今は必要なんじゃないかなと思ったり。
街宣してるパーな人たちはいらないよ。

昔はいました。大日本愛国党の赤尾敏です。彼ほど日本を愛した右翼はいないのではないか。有楽町の指定席で日本の政治の現状を常に報告していました。調度阿修羅で小泉・竹中の悪事を学んだように、赤尾敏の演説で、石原の腰抜け振りをしっかり聞きました。当時ソ連が日本に侵入したら、自民党議員の90%は無抵抗で歓迎する腰抜けとも言ってましたが、現在の小泉・竹中の売国奴は赤尾敏の預言した通りになっている。


40. 2010年1月29日 15:55:13
今の検察の行動には、雰囲気的に、DVの臭いがします。
福島瑞穂大臣は、DVの問題にもお詳しいでしょう。
佐久間、大鶴氏達が、家庭で奥さんにDVでもって苦しめていないかと、
気になります。

41. 2010年1月29日 16:57:31
赤尾敏なんて懐かしいですね
でも奴は、親米愛国ですよ
ソ連には抵抗してもアメリカには尻尾を振ったのでは?

42. 2010年1月29日 17:25:42
 マスゴミは生き残りたかったらひげを落として国民の顔色をうかがえ。もうおおかた手遅れだがね。東京さんはいいね。引き続きがんばっておくれ。エリア密着の地方紙もいいよ。御用好きな大新聞はアメリカに疎開したら。系列のくずテレビとコメンテーターを引き連れてね。さようなら。

43. 2010年1月29日 17:27:43
>37

先日ラジオで久米宏が小沢一郎の特集をやっていましたが、検察批判は全くなし
むしろ小沢批判側に立っている様な感じでした。


44. 2010年1月29日 18:18:58
検察は小沢を起訴して5年間の公民権停止に追い込む作戦のようだ。
これで現政権は崩壊して日本は漂流する。

45. 2010年1月29日 19:05:55
最近の政府の動向を見ているとなにやら小沢の梯子はずしにも見えるがどうなのだろう?
ネットでの情報だけなので怪しいが、石川議員の逮捕許諾は法務大臣に出ていたとか、可視化法案の先送りとか、リーク情報は検察から出ていないと判断したりとか。
さらに気になるのはアメリカの明らかなるトヨタいじめだ。
リコールやエコポイントや工場閉鎖に伴うストとか。
次に狙うは、パナソニックと思うが如何だろうか?
いずれも現内閣の出身母体の狙い撃ちと言う感じがする。
名護市の問題で内閣に対するけん制としていないか心配だ。
なんとなく、益々日本たたきが激化して来そうにも思える。

46. 2010年1月29日 19:56:25
 本文における「認証」は憲法上国事行為に当たる。本文の通りであれば憲法第3条・第4条に違反する。
 実際に国事行為だとして自由民主党時代の国務大臣だってあんなにヒステリックだっただろうか。

47. 2010年1月29日 22:08:28
特捜部の裏で操っている奴等がいる。
詳しくは
http://tatsmaki.at.webry.info/

48. 2010年1月29日 23:08:22
>>45
鋭い! パナソニック、トヨタなど国富を産むための企業の戦略を民主党は取りこんでいるから。成程。

49. 2010年1月29日 23:19:44
>47
「創造主らの宇宙ブロックス管理界の教えによれば、CIAは鳩山首相と小沢民主党幹事長の暗殺を計画している。」 なんだよ、これ?

50. 2010年1月30日 00:25:14
http://archive.mag2.com/0000261052/20090120155138000.html
2009-1-18
■保守論壇を「愚者の楽園」にしたのは誰か?
実質的な「万年与党」として戦後政治史を一貫して主導してきた自民党だが、今や自民党の政権政党からの脱落、自民党の野党化、そして自民党の分裂・解という現実がすぐ目前にせまっていることは誰もが知っていることであって、それ故に自民党議員の多くが、泥船自民党からの離党、脱党、そして政界再編を視野に入れて浮き足立っていることは、今更ここで、あらためて強調するまでもないことは重々承知しているつもりだが、これはやはり戦後政治史にとっては、画期的というか、衝撃的な現実であって、ここであらためてそれを強調し、そうなってしまった原因と根拠を分析・解明していくことは、決して無
駄なことではないだろう。そこで、この問題について、僕が、僕なりの視点から考えることは、自民党と保守論壇、あるいは保守ジャーナリズムとの関係性である。言い換えれば、それは、自民党政治家たちの保守論壇の言説の口真似としての「評論家化」という問題であり、その保守論壇の「大衆化」「世俗化」「愚者の楽園化」という問題でもある。つまり、これら自民党の政権政党からの脱落、自民党の野党化、そして自民党の分裂・解体という問題は、「愚者の楽園」と化している今の保守論壇の思想的荒廃と知的退廃にすべて集約されていくように思われる。ところで、僕が、学生だった頃の保守論壇というもの
は、左翼全盛時代の中でその勢力はきわめて少数派であり、少数派であるが故に、精鋭ぞろいであり思想的にも学問的にも、かなり優れていたように思うが、それ故に、高校生時代から小林秀雄や江藤淳を熟読し、左翼的言説の大衆主義とロマンチシズムを軽蔑していた僕は、左翼的言説が常識として流通していた時代にも、敢えて公然と「保守反動派」を自称してくることが出来たわけだが、それは思想的にも学問的にも保守派の論客たちの方が左翼思想家たちよりもはるかに上だという自己了解があったからだ。おそらくその頃の自民党の心ある政治家たちは、特に総理総裁を目指すような派閥のリーダーたちは、保守
論壇など眼中にはなく、むしろ左翼論壇の言説の動向に敏感に反応していたのではないかと思うが、しかしそれであるが故に、保守論壇の数少ない「小さな声」にも、思想的に優れていると思うが故に、真摯に、且つ真剣に耳を傾けていたに違いないと思う。たとえばその頃の保守論壇を主導していた人物たちとは、小林秀雄、田中美知太郎、福田恒存、三島由紀夫、江藤淳、永井陽之助等であったが、誰が見ても、彼等の方が思想的にも学問的にも、あるいは文学的にも上であって、彼等はまず何よりも、それぞれの専門のジャンルで「超一流」であった。不思議なことに、当時の保守論壇には、テーマのほとんどが政治
であるにもかかわらず、政治学者や政治評論家、政治ジャーナリストは、わずかに『平和の代償』の永井陽之助等がいるだけで、ほとんど皆無だった。むろん、政治学者や政治評論家、政治ジャーナリストは無数にいたであろうが、そして彼等の提供する政界情報などはそれなりに価値ある情報として珍重されていたであろうが、彼等が保守論壇を主導したり、保守論壇の主役として君臨するなどということはありえなかった。言うまでもなく、昨今の保守論壇の状況はがらりと変わっている。たとえば現在の保守論壇を主導しているのは、小林よしのり、西部すすむ、中西輝政、桜井よしこ、曽野綾子、西尾幹二、屋山太
郎等であろうが、これらの人物たちの思想活動の細部を点検してみるまでもなく、思想的にも、知的能力という点においても、かなりレベルダウンしていることは間違いない。わずかにニーチェの翻訳者、研究者として知られる西尾幹二などを除いてほとんどこれらの保守論壇の面々の書く散らす雑文的文章を、僕は読んでいないが、それは最初から読む必要を認めていないからであるが、逆にそのことが、保守論壇の隆盛化、一億総保守化という現在の状況につながっているように見える。彼等の多くは、漫画家やニュースキャスターという前歴、あるいは新聞社の政治記者上がり、もしくは元左翼学生運動の闘士からの
転向組、あるいは三流作家...である。僕は、職業や前歴を差別しているわけではないが、その職業や前歴の中に、彼等の思想的資質や知的能力の限界や欠陥が露骨に体現されていると考える。たとえば、昨年、「沖縄集団自決裁判」論争で話題になった大江健三郎と曽野綾子という二人の作家を比較してみるがいい。「文芸評論家のはしくれ」(笑)としての僕の眼から見れば、作家として比較し、その文学作品について対等に論じることすら恥ずかしいわけで、言うまでもなく、曽野綾子が大江健三郎と比較して「三流作家」であることは自明であるが、昨今の保守論壇しか知らない「自称保守派」の面々にとっては、
驚くべきことに、それがまったく逆らしい。保守論壇が思想的に、且つ知的に堕落したが故に「一億総保守化」と呼ばれるほどに保守思想が大衆化し、常識化、一般化したのか、その逆なのかはわからないが、いずれにしろ、保守論壇の隆盛化、あるいは保守思想の大衆化は、保守論壇の思想的荒廃、知的退廃の上で達成せられたものであって、一概に喜んでばかりはいられないはずなのだが、かつては躊躇することなしには使えなかった「保守」とか「右翼」という言葉が、今や圧倒的にプラスイメージで頻繁に、しかも声高に「保守」とか「右翼」という言葉が安易に使われているわけだが、これは異常ではないのか。
さて、自民党と保守論壇との関係性という問題であるが、かつての自民党議員たちは、たぶん保守系の論壇雑誌などを愛読、熟読することはほとんどなかったであろうが、たとえ保守系の論壇雑誌などを愛読、熟読するとしても、そういう場合には、左翼系の論壇雑誌も熟読していたはずで、むろんそれ以外に学術書や思想書も愛読、熟読していたはずで、おそらく昨今の自民党議員たちのように、ただひたすら保守系の論壇雑誌だけを愛読、熟読し、それを政治活動のバイブルにするなどというような喜劇的なことはなかったであろう。昨今、戦後体制の転換とか、戦後政治の総決算ということが、自明の真理のごとく政
界や保守論壇で常識として言われているが、少なくとも政治家そのものの資質や能力に関するかぎり、戦後体制の転換とか、戦後政治の総決算など、語るも恥ずかしいくらいで、文字通り茶番的言説そのものというしかあるまい。

[削除理由]:2重投稿
51. 2010年1月30日 07:38:23
>M資金のあれだよ

52. 2010年1月30日 07:52:45
おい>47・・・読んでみたが強烈にレベル高いな・・・
多くの人々は知らないだろうが、銀河連邦は約40%がヒューマノイドの公称20万以上の惑星、惑星間連合/連邦が加盟していると、彼らは言っている。その銀河連邦新指導部は、新しい地球プログラムを決定して実施し始めた。

記事の内容が上から目線な臭いがする場合は撹乱工作記事と思ってほぼ間違い無し


53. 2010年1月30日 08:45:51
47>あれは20年前から暇つぶしで話ししているよ。M資金より。

54. 2010年1月30日 09:57:25
佐久間達哉  鶴間基成

辞めてやめ犬になった時にどうなるか....
車八つ裂き、半殺しで犬に食われる、空から突き落とされる
生きたまま石を取り付けて海に沈められる....
花火として空高--く打ち上げられる 上空で撃破 赤く散る....

[削除理由]:2重投稿
55. 2010年1月30日 15:42:05
東京地検の悪辣な拷問自白捜査を可能にしているのは
刑事起訴の権限をほとんど検察が独占し、自分達が処罰されることはない
と安心しているからだと考えられます。
例外は、検察審査会で、強制起訴した場合なのです。
最近、ようやく強制起訴が実現しましたが、

明石歩道橋事故 元副署長を初の強制起訴へ 検察審議決
ttp://www.asahi.com/national/update/0127/OSK201001270089.html

イギリスでは、弁護士も刑事起訴の権限を有しているので
悪辣な検察の暴走を停止させるには
取調べの可視化とともに刑事起訴の独占も排するべきと思っています。


56. 2010年1月30日 17:08:10
55>>その通りだ。腕あげたな。昨日は、福知山線脱線事故責任を不起訴とした不起訴不当に対して、検察審査会は2例目の不起訴不当を出したぞ。日本の縮図神戸で新しいことが始まっているのかも。新しい公共NEW・PUBLICの始まりかもしれない。
    お日様西町
     

57. 2010年2月04日 16:40:15
>天皇直轄官吏。具体的には認証官。

率直に言って、こういうのは止めてもらいたいな。
普通に公僕であるべきじゃないか。


58. 2010年2月04日 16:41:43
>イギリスでは、弁護士も刑事起訴の権限を有しているので
>悪辣な検察の暴走を停止させるには
>取調べの可視化とともに刑事起訴の独占も排するべきと思っています。

これが常識というものではないかな。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。