★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK79 > 471.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
吉本隆明 談 「鳩山由紀夫 民主党」【ゆっくりと静かな革命をしようとしている】(副島隆彦の学問道場)
http://www.asyura2.com/10/senkyo79/msg/471.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2010 年 2 月 03 日 22:54:00: twUjz/PjYItws
 

日本政界情報メモ版より転載。

http://soejima.to/

[3989]吉本隆明 談 「鳩山由紀夫 民主党」
投稿者:1094投稿日:2010/02/03(Wed) 10:47:22

2010年、吉本隆明が「人はなぜ?」を語る。
(BRUTUS吉本隆明特集 2/15号)より
(以下 吉本談原文P94-95 一部貼付け )

僕が思うに、鳩山由紀夫という人が、今やろうとしていることを、
「そんなうまくいくか」とか言わないで、ゆっくりと静かな革命をしようとしている、と正直に捉えてあげてもいいんじゃないか、とおもいますよ。
それだけの能力はあると思いますし、民主党には、それだけの人材はいると思うんです。
一見、革命と見えないような形でそれをやろうとしている。やり方がまずい以外には失策はないと思います。
それに、とてもいい時期だと思いますから、やればいいのに、と思いますけどね。気後れすると、よりラディカルなことを言う政治党派か、保守派の大企業みたいな資本家、どちらかに偏りやすいんですけど、だけど両方に偏らない。それはうまくやっていくと思いますけどね。危惧もたくさんありますよ。あんなに善良で気が強くない人が、そういう風にがんばれるのかな、と。
でも、粘り強く、自分たちの思うことを貫いてくれたら、静かなる革命が成就すると思っていますけどね。
何で、僕がそんな思い方ををするかと言ったら、同人雑誌と同じなんです。欲張らないことなんです。

 あと、この状況になったのは現在の日本の中で、どこが一番肝要なのか、という答えを、民主党が持っていたからじゃないでしょうか。
民主党に潜在しているものや、活用できるものを活かせなければ、他のどこの党にも出来ないでしょう。
僕はその程度には民主党を信用しているんですよ。まだどうなるかわからないけれど、ゼロで終わるということはないから、少しはやるんじゃないかな?


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年2月03日 23:05:08
ふーん、吉本隆明まだぼけてないんだ。
立花とかの醜い老い方を見た後なんで、ちょっぴり感心。

02. 2010年2月03日 23:22:02
吉本の意見に賛成。

特に鳩山に対する見方は秀逸。


03. 2010年2月04日 01:03:59
これどなたか鳩山さんに教えてあげてください。

届けられる人ほんとにお願いね。


04. 2010年2月04日 07:55:15
小生も同意。
静かなる革命、あとは鳩山がどこまでがんばれるかだ。
小沢は鳩山を支えるだろうから、がんばってほしい。

05. 2010年2月04日 11:53:41
「共同幻想論」(吉本隆明)は古代において民衆を支配する政治的擬制を論証し、
「日本文学史序説」(加藤周一)はその擬制(日本土着思想)が民主主義を擬態にしていると論証。

今日、検察のリーク(してないと公式におっしゃいましたが)に歓喜して小躍りしながら自らが世論であると擬制するマスゴミ。そうです、今日の状況は壮大な「共同幻想」なのです。


06. 2010年2月04日 12:02:02
皆さん、テレビにだまされないで、もう覚めましょう。

‥‥とっくに覚めてるよ。去年の衆議院選挙の前に。
みんなが、悪質な呪いから覚醒して、連合政権を樹立したんだ。

今、マスゴミと検察が創ろうとしている共同幻想は悪質で有害な政治擬態だ!!
「擬制の終焉」を!!


07. 2010年2月04日 12:55:12
いいですね。私達も批判をするばかりではなく、良いところもきちんと評価して、育てていきましょう(こどもを育てるときと一緒ですね。笑)。
私達が選んだ政権です。長い目で見たいです。

長い自民党政権で腐りきった政治の世界を変えていくには、やはり、時間がかかります。

命 や 友愛 を大事にする理念をとうとうと述べることが出来るのは、鳩山さんくらいですね。人を疑うことしか知らない人たちには言えないことです。

静かな革命を、淡々と、しかし粘り強く 進めて欲しいと切に願います。


08. 2010年2月04日 20:43:43
まったく大賛成。吉本隆明、談話ではいいこというじゃないか。吉本というのはやたら難解で結局は行動しょうとしているものの妨害にしかならないやつだと思っていたがこのようにわかりやすくいってくれたらいいんだよな。言葉ではあらわせないような深みを持ったことを表現しようとするからむつかしいんだよ。

09. 2010年2月04日 22:18:36
全く同意。

鳩山氏は少しじれったい感じの時もあるが、むしろラディカルで早急に物事を進めようとすると、却ってことが成就しないと考えているようです。

何時も冷静な受け答えの中にも物事の本質についての確固たる自信が伺えます。

周辺の政治家の中には定見も無く意見がふらついて懸念される人も多いが、もっと鳩山氏の意とするところを良く考えなくてはいけないように思う。

小沢氏の問題もあるけれども、鳩山、小沢のお二方が両輪となって引っ張る民主党の政治を今しばらく楽しみにみてみたい。


10. 2010年2月05日 00:02:26
民主党の議員さんは、少しづつであるが政治家になりつつあります。

しかし、今はまだ鳩山政権には小沢一郎氏が必要です。


11. 2010年2月05日 00:04:31
鳩ポッポは押す時もあるが、押されると引くクセがある。
それをじれったいとも思うけど、押すだけの人では、
政治の場では、なかなか勝てないのかもしれない。
果報は寝て待て式の、吉本老のネコが薄目をあけたような言葉に、
ちょっと期待して、待つことにしようかなー。

12. 2010年2月05日 00:32:40
いま、阿修羅ににでてくる、愚民党、ウメっ子-破滅コ、夜盗自民党の最大幸福などが電車の週刊誌の吊り下げ広告みたいなことで「倒閣」なんて笑止千万。
鳩山が政権首領就任時の「まあ、見ていてくださいよ」から、だんだん「黙って見ていろ」に変わってきているのがお気づきだろうか。岡田の堅物伊勢商人が未だジタバタ、「ボクの言うことを聞いて、僕の思うようにやらせて」が破綻し、普天間問題での沖縄県民の意思を斟酌しない発言の繰り返しに比して、鳩山はカンゲキをついてアメフトの独走タッチダウンを決めてやる式の言い方。鳩山の研究してきたオペレーションリサーチの蓄積と現実進行に自信があるのだろう。
安全保障と普天間問題でのジレッタイと思うほどの煮詰め方に反して、アフガン侵攻で泥沼化どころか敗北への予兆という戦争現実と、ソブリン市場での米国債を筆頭とする危機的状態。べいこくが巨額の貿易赤字を抱えながらも世界の富-資金を米国-ドルにリンクさせて世界経済を支配し続けてきえたという米国債のジャンク化の疑うべくもない進展で、米国の軍事支配と経済支配の力が一気に失われかねない動向を息を凝らして見据えているのだろう。
リーン型生産方式で一世を風靡した豊田がプリウスのブレーキの効き方でユーザー感覚ではそうだが問題はないと強弁しているが、ユーザー感覚に重視していることにおいて「優れた車」の評価を得てきていたのにそれを捨て去る「会社の危機」。「ウワッ、ブレーキが効かない」となればドライバーはどんな行動をとるのでしょうか、きっと「パニックに陥り、アクセルの誤作動やハンドル操作の狂奔」になることは間違いないのた゛。儲けるためのリーン型生産方式、その七か条のケツは「人間尊重」の護摩札つきなのに。
腹減らしていても貧乏人は「毒饅頭は食わない」。夜盗自民党の政権復帰のため猿芝居やイチャモンつけも全て便所で流してしまえ。

13. カイサトウ 2010年2月05日 00:49:21: kkEz7DwES7aW2
久々の吉本節に目の覚める思いです。
吉本は70年代の左翼全盛期に「戦時中自分は熱狂的な軍国少年で天皇のために死ぬつもりだった」と平然と語る馬鹿正直な人です。それから当時まだ幼かったお嬢さん(ばななさん?)を抱える彼の姿を見たある記者が「これはインテリの子供の抱き方ではない(我が子が可愛くて可愛くて仕方ない、といった感じのいわば庶民的な抱き方)」と評したような人です。
また私が中学生の頃吉本は『さらば宇宙戦艦ヤマト』を大絶賛しました。
映画ランキングで吉本が一人で『ヤマト』をぶっちぎりの1位にした記憶があります(確か2位がスピルバーグの『未知との遭遇』)。
吉本は「こんな天空に風穴を開けるようなスケールの作品が戦時中にあれば、我々はもっと楽々と戦地に赴き、そして楽々と死ねたのに・・・」と発言し、我々若い世代の人間にも衝撃を与えました。
今やどんな評論家も平気な顔でアニメや漫画を語りますが、吉本はその魁のような存在で、そして「常に」若者(及び若者文化)の味方でした。
私は吉本の文章に、いつも「架空の父」の姿を見て、励まされてきました。
そして今回もまた。
「でも、粘り強く、自分たちの思うことを貫いてくれたら、静かなる革命の成就すると思っていますけどね。
何で、僕がそんな思い方をするかと言ったら、同人誌と同じです。欲張らないことなんです」
ここいら辺が、変わらぬ吉本節です(笑)。

14. 2010年2月05日 09:25:42
吉本隆明氏健在! 喜ばしい限りである。 かつての「試行」購読者の「自立派」及び「自立派支持者」が, 今や鳩山首相を支える小沢幹事長の支持者である事実は, 当然の成り行きに違いない。 もちろん, 吉本髢セ氏の全思想を十分に理解して, 現状に立ち向かう必要がある事は, 言うまでもない。

http://www5.plala.or.jp/masabumi/index.html 


15. 2010年2月05日 10:04:09
鳩山総理は、国民のためにかなりの仕事量こなしている
と思います。
ツイッターもうまく利用して政府の進む方向を示して
くれているように思います。
http://hatocafe.kantei.go.jp/
小沢幹事長は、民主党の改革で精一杯ということで
選挙に専念しているのでしょう。



16. 2010年2月05日 16:37:52
静かでいいから、早くやれー

17. 2010年2月05日 20:56:31
ただね、これ前段があるんですよ。
吉本「・・・一番参考になるのは、戦争直後、アメリカ進駐軍が行ったことですね(略)損したとか減っちゃったとか感じないぐらいの割合で、年間所得をある基準以上持っているやつから平等にお金と土地を取上げるということをやりました。(略)その流れで、当時、産業として、農業は今よりも主体的なものだったから、小作農はみんな自作農に変えてしまう、ということをした。」

吉本「今だって同じですよ。反対の出ない範囲で、これ以上持っているやつは全部出せと出させて、それを分けちゃえばいいんです。僕は政治家になりたいと思ったことはないけれど、空想すれば、それだけですよ。本当はそういうことが最初に来るといいんです。でも、大抵、一番後に残すんですよね。」

糸井「やりにくいからですよね。」

吉本「それは間違いだし、現実と照らし合わせてみると反対ですよ。本当は最初に問題にすべきで、これだけをハッキリさせておけば簡単なんです。そう簡単に金を出すやつがいるか、とか、言い出したら切りがない。言い出そうが、何しようが、これだけは強権発動する。それができたら普通に大部分にケリがつくんですよ。」

中途略

糸井「本当に、一番わかりやすいのは静かに消費税が上がっていって、分配のやり方が変わること、そうすれば、素直に変わるはずですよね。」

この後にこのスレの投稿個所が出てくるんです。強権発動と消費税は違うような気がしますが、以下の米人の勘違いを見ると、アメリカも所得を平等にするしかないようにも思いました。

http://labaq.com/archives/51136194.html


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK79掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK79掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧