★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK79 > 514.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢幹事長辞任は絶対ダメだ〜彼が辞めたら検察や自民党の思うツボだ  (ゲンダイ的考察日記)
http://www.asyura2.com/10/senkyo79/msg/514.html
投稿者 新世紀人 日時 2010 年 2 月 04 日 13:08:28: uj2zhYZWUUp16
 

http://octhan.blog62.fc2.com/blog-entry-1213.html

2010/02/03(水) 21:34:33

[小沢一郎ネタ] 小沢幹事長辞任は絶対ダメだ〜彼が辞めたら検察や自民党の思うツボだ

民主党 反小沢という獅子身中の虫は騒いでいるが…

民主党内の「反小沢」による“小沢降ろし”がエスカレートしている。大新聞・テレビは、東京地検特捜部が小沢本人の起訴を断念したと一斉に報じているが、渡部恒三元衆院副議長はきのう(2日)、小沢幹事長について「議員辞職もある」と踏み込んだ。突然騒ぎ始めた“獅子身中の虫”に揺さぶられる鳩山―小沢体制。ここで小沢がブッツンすれば、民主党政権は吹っ飛んでしまう。それこそ検察や自民党の思うツボだ。

特捜部は4日、小沢の秘書だった石川議員や大久保秘書、池田元秘書の3人を政治資金規正法違反(虚偽)で起訴する方針だ。小沢本人は不起訴になる見通しだが、だからといって「小沢ケシカラン」と騒いで自民党が“撃ち方やめ”になるわけではない。野党で足並みそろえて石川の議員辞職勧告決議案を提出し、じわじわと小沢を追い込む構えである。

大マスコミも「秘書が起訴された責任は重大」と煽るだろう。早速世論調査を実施して「国民は納得していない」と書き立てるに決まっている。虚偽記載は見送った検察だって、別の疑惑での立件まであきらめたわけではない。

これでは民主党内の「反小沢」も止まりそうにない。きのうも前原国交相は「新たな局面が生じた場合は、自浄能力を発揮する必要がある」と利いたふうなことを言っていた。不正が認められていない段階で“自浄”もクソもないが、「小沢=悪」とする検察や自民党と同じ土俵に乗り、「小沢さんもケジメを」と声をそろえるのだからセンスがない。

政治評論家の有馬晴海氏が言う。
「多くの民主党議員は地元で小沢問題を突っつかれています。真実は分からないですが、これだけ小沢疑惑報道が続けば、だれでも“小沢氏は怪しい”“いかがわしい”と思うようになる。小沢氏がいなければ、民主党は子どもの集まりです。小沢氏が党の実権を握ることは政権基盤を安定させる上でプラスでした。しかし、予想以上に問題が長引き、支援者に“小沢幹事長抜きでも民主党はやれます”と訴えざるを得なくなっているのです」

こんな展開は自民党を喜ばせるだけだ。「小沢独裁」(谷垣禎一総裁)と挑発し、「なぜ党内から小沢批判が出ないのか」「だれもモノを言えないのは異常」とけしかけてきた。その作戦がまんまと当たり、党中枢をグラグラにしている格好だ。

しかし、起訴されるのが秘書であれ本人であれ、民主党は小沢降ろしをやっている場合ではないだろう。自民党と検察は、民主党の政権を弱体化したいのだ。そのために、小沢を政権から引き離そうとしている。なんとか小沢の政治生命を終わらせ、民主党をバラバラに解体したいのだ。

そんな政権崩壊シナリオに踊らされ、自分たちまで小沢降ろしに加担してどうするのか。今は一致団結して嵐が過ぎるので耐えるのが正当な政治行動ではないか。

民主党の面々は、もっと大人になってもらいたい。国民は政権交代を望んだのだ。バカげた騒動で潰すなど、あってはならないはずである。

(日刊ゲンダイ 2010/02/03掲載)

--------------------------------------------------------------------------------
民主党女性議員の「小沢評」

三宅雪子
小沢幹事長は東北人特有の口ベタだから、本人が「疑惑はない」と言ってもなかなか信用してもらえない。私には立候補まではやさしく、選挙中は厳しく、当選したら知らんぷり。結局、シャイだから誤解されると思う。
福田衣里子
小沢さんはテレビでいつも険しい顔しか映らない。私も薬害肝炎訴訟の時は、怒っているか泣いているかの映像しか流されなかった。選挙中に笑顔でいると「福田さんも笑うんだ」と言われた。小沢さんはテレビの印象で損をしている。
岡本英子
選挙中は「ちゃんと地元回っているか」といろいろアドバイスしてくれたが、国会では「よお」と言うくらいです。政権交代の政策効果が出てくれば、民主党の支持率は回復するはず。
【BS11 IN SIDE OUT 再録】より
(日刊ゲンダイ 2010/02/02掲載)

--------------------------------------------------------------------------------
<2010/02/01 THE JOURNALより>
小沢一郎が進めている改革は、民主党議員の認識をはるかに超えて、壮大で、奥が深い。
小沢が壊したいのは、「官僚支配」と日本人の心に沁みついている「お上」意識である。
公務員制度改革、補助金制度廃止、官僚答弁禁止、天下り禁止、地方主権など、小沢改革は官僚支配のネットワークをずたずたにする。その結果、利権を失う者は猛烈に抵抗する。それが対立の基本的な構図である。単なる権力争いではない。「革命」対「反革命」の対決である。「小沢と検察、怨念の対決」とはやしたてるマスコミは、箸にも棒にもかからない「権力の走狗」であり、歴史的大転換を意図的に矮小化しているのだ。

★日本国民は怒っている。「景気低迷が続き“景気の二番底”が心配されているときに、検察庁は、なにをねちねちと、小沢一郎攻撃をやっているのだ。政府(鳩山政権)の足を引っ張ることばかりしている。これでは景気対策もうまく行かない」と、静かに怒っている。(⇒2010/02/01 副島隆彦の今日のぼやき)
渡部恒三が、なぜ小沢降ろしをするのかを解説しています。

◆東京地検、週刊朝日に抗議 記事に「虚偽の点がある」

「小沢さんがいなくて、あんたたちだけでやっていけるの?」と聞いてみたい。
渡部さんや前原さんの力で政権交代が実現したという人はいない。
ここで引いても(幹事長辞任)、必ず第二次、三次の攻撃がある。
自民党の政権中枢にいた小沢さん。政界での権力闘争を目の当たりしてきた小沢さん。
鳩山首相に代表されるように、ただ真面目で人のいい民主党議員らに、その闘い方を心得ているとは思えない。
”悪徳検事”や”保身に長け、狡猾な自民党議員や官僚ども”がどんな「ワナ」を仕掛けてくるか分からない。
世の中”キレイ事”だけでは済まされない。まだ一人歩きは無理です。
風は止んだけど、まだ逆風ではない。マニフェストに掲げた政策を着実に実行していけば、必ず評価され、政権交代して良かったといえるようになります。今は数の力で強行突破してしまえばいい!

(新世紀人コメント)
国民が悪政自公政権を打倒して打ち立てた連立政権を、国民の努力で、国民が知恵と力を結集して守りきったということが、今回の小沢一郎+鳩山由紀夫への嫌がらせ攻撃撃退劇の真相だ。
始めは確かに知識人的国民が「否!」と叫びだしたのだが、やがて一般生活者国民の検察やマスコミへの怒りの声が渦巻くに至った。
ここにおいて国民大衆を愚民視していた時代の波に逆らい国民収奪の旨みを続けたい勢力は自滅への第二歩を歩み始めたのだった。
しかし、この現象は社会の軽い病的現象である。
社会も人体と同じく、余りに健康体であっては返って弱体となる。
中に軽い病気を抱えていた方が返って長寿を得てと免疫力を維持できるものである。
であるから、弱い病原体を抱えつつ、その病原体と戦いつつ、且つ、それに対し必ず勝利する体調を維持し続けてゆく事が日本社会の今後の歴史的歩みにおいて必要とされる事である。
病原体は長く生き続ける。結核が再び復活したのと同様である。
国民は強く賢くなければならない。第二次大戦の破滅と戦後経済の同伴的破滅から今後の生き様を探る事を学ばなければならない。


 2 81 +−  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK79掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK79掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧