★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK79 > 574.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢氏続投に「異論」「支持」党内残る火種(小沢氏の独善的な党運営はもうこりごりだ)
http://www.asyura2.com/10/senkyo79/msg/574.html
投稿者 仕事屋 日時 2010 年 2 月 05 日 01:14:56: gcRun3RGjQwm.
 

 民主党の小沢幹事長が4日、自らの資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で不起訴となった。

 小沢氏に批判的な議員からは「石川知裕衆院議員や秘書が逮捕された道義的責任は残っている」と、小沢氏の幹事長続投に異論を唱える声が出ている。党内対立の火種はくすぶったままだ。

 小沢氏に近い若手議員グループ「一新会」は4日昼の会合で、引き続き小沢氏を支えていく方針を確認した。一新会の松木謙公・事務局次長は会合で、不起訴となる見通しを踏まえ、「我々はただでさえ色眼鏡で見られている。検察批判などは慎もう」と強調した。出席者の一人は「勝利宣言だと言って喜んでいたら、世論の批判を浴びる。こういう時こそ低姿勢でいくということだ」と解説した。

 輿石東参院議員会長は4日の記者会見で、「参院選は7月だ。時間もあるので、必ず国民も冷静な判断、理解をしていただけると信じている」と述べ、小沢幹事長の下で参院選に臨む方針を強調した。

 小沢氏を批判してきた議員も、「不起訴では、とりあえず矛を収めざるを得ない」としている。

 「小沢批判」の急先鋒(せんぽう)だった渡部恒三・元衆院副議長は4日夜、小沢氏の続投判断について、「世論を見て(小沢氏)本人が判断することだ。我々はとやかく言わない」と述べるにとどめた。

 小沢氏に進退の判断を求めた野田佳彦財務副大臣も4日夕、財務省で記者団に、「(小沢氏の不起訴は)党としては良かったんじゃないか」と語った。前原国土交通相は、4日は報道陣の取材を避けた。

 前原氏に近い中堅議員は「今はこちらから仕掛ける時ではない。世論が続投判断を批判し、小沢氏が追い込まれるのを待つしかない」と語っている。

 それでも党内には「小沢氏の独善的な党運営はもうこりごりだ」(中堅)との声もある。小沢氏が不起訴になるという情報が駆けめぐった3日夜、野田氏を支持するグループは都内で会合を開催した。不起訴となった場合には「小沢批判」を封印することで一致したが、小沢氏の道義的責任を追及すべきだとの「主戦論」を唱える者もいたという。

(2010年2月4日23時59分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100204-OYT1T01502.htm  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年2月05日 12:16:39
独善的でもいい。
国民のためになるなら。
民主党議員は贅沢言うな。
小沢抜きで国民の期待に応えられるなら自分たちだけでやってみるが好い。
混乱するだけじゃ。
その好い例が「基地問題」。
内外の策士や闇精力に赤子の手をひねるようにやられるのが落ち。
「俺が俺が」はまだ早い。
小異を捨て大同について国民のためになってくれ。
これが最終的な願いじゃ。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK79掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK79掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧