★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK79 > 848.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
評論家、立花隆は死んだも同然、そして、東大駒場の学生の不幸
http://www.asyura2.com/10/senkyo79/msg/848.html
投稿者 天平の甍 日時 2010 年 2 月 08 日 17:42:51: XgzukvJGTSJuA
 

評論家、立花隆は死んだも同然、そして、東大駒場の学生の不幸

文芸春秋で吠え、東大駒場の学生に、こんな講義をしていた。

恣意的講義による、学生へのアンケートは許し難い
ほんとうに腹の立つ、マスコミと検察です。

文芸春秋と言う怪しい雑誌(3月特別号)に
政治家、小沢一郎は死んだ 立花隆 のいつもの、投稿があります。

中身は、事実関係についての調査もなく、既存増すごみと検察の
意図的リークにもとずく(世論誘導記事の内容にから、論じています。

まあいつものことですから、読み進んでいましたら、
この(死んでもらいたい立花くんが、東大駒場でゼミを持ってたことが
わかりました。

何という不幸!
その内容の酷さ!

引用開始→こんな事件のことは詳しく知る必要もなければ、意味もない。
小沢は基本的に君たちに無関係の政治かだと思ってよい。
君たちがやがて社会に出て、社会の中核を担うようになるのは
早くて20年後だろうが、そのころには(小沢)は歴史上の人物として
もほとんど記憶する人がないというような時代になっているだろう。
小沢が目先の急場をしのごうとしのぐまいと、近未来に確実に死ぬ。
そして(小沢)の生死と関係なく、これから20年から30年くらいたつと、
いやでも君たちの世代から政界、官界、そのたもろもろの政界を実質的に
切りまわす人材が生まれてくる。そのころには当然僕も死んでいるから、
関係がないと言えば関係がないが、僕は社会のあらゆる階層の変化を見据えることを
自分の仕事としてきた人間ごして、せっかくだから、別れるにあたり、
未来社会の担い手たる君たちに若干聞いておきたいことがある。)
とこういいアンケート調査を行った。 引用終わり

悪質きわまるおじさん指名手配中!
立花隆 を クリックしてください。
「愚か者」 唄 井上 堯之、 伴奏 宇崎 竜童.
Wanted! 
>http://www.youtube.com/watch?v=oMcCuJh5-DE"target="_blank"title="クリッツで「愚か者」 唄 井上 堯之、 伴奏 宇崎 竜童">http://mubou-kibou.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/02/08/photo.jpg" title="" alt="立花隆" >

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年2月08日 17:59:36
そういえば「臨死体験」っての書いてたね。

02. 2010年2月08日 18:03:22
難儀な思いをして、東大まで行って、こんなおっさんの仕様もない講義を
受けて、それを真に受けて、生きて行く??

東大生とはその程度のバカ か?
かもしれんな!


03. 2010年2月08日 18:05:49
番組最初の方でロッキード事件当時に立花氏と高野氏とのやりとりがチョット語られます。
下記でダウンロード↓

「高野孟のラジオ万華鏡」
http://www2.jfn.co.jp/people/scope/voicecommons/


04. 2010年2月08日 18:13:07
↑番組開始11:00ぐらいから

05. 2010年2月08日 18:44:11
ほんとに死んでくれれば
世のため人のためなんだが、
まだ生きて老害を垂れ流し続けているから
困ったものである。

しかし、こういう無能・・・ではなく、
思い込みの激しい、傲慢有害な悪人を
NHKはじめほとんどのマスコミが
使っているという、日本はいかれた国である。


06. 2010年2月08日 19:14:41
 小沢一郎 1942年5月24日生まれ。
20年たったら88歳。忘れられてもおかしくない。
大げさにいうべきことでもない。

07. 2010年2月08日 20:28:41
脳にガンが進むと長くないでしょう。病気の人にこんな事言うのは恥ずかしいことです。しかし田中角栄以来、こいつと堀田力はなんの反省もなく、自分より賢く正しい者はいないかのような態度許せないのです。

08. metola 2010年2月08日 21:04:55: XbEFO1BzdtcZo
まぁまぁ、いくら何でも、こんな下品で下劣な投稿は控えて頂きたいね。これが日本人の品性ならしょうがないけど。

東大では色んな講義があるよ。それこそ、バカかと思えるものまでね。特に駒場は。
まぁ、でもそういう環境でいろいろな考え方を学んで最初の二年間(教養課程)を過ごしなさいという学校の方針は、学問の創出と継承をする「大学」という機関としては正しいと思うね。古代ギリシャからろくでもない講義もずば抜けていい講義もあるのが大学。そうすることで、何が良質で、何が偽物かを見分けられるようになる。情報が集約すればするほど、創造性に富む知識人が増えるというわけで。
(そもそも、勉強する努力も惜しんできた人間は東大生を記憶偏重教育なんてこき下ろすけど、そういう奴に限ってバカだし創造性の求められる環境に身を置いたことが無いんだよね。敢えてキツく書くけど。)


09. 2010年2月08日 21:18:04
>>08
>古代ギリシャからろくでもない講義もずば抜けていい講義もあるのが大学。

へえ〜、古代ギリシアにも大学ってあったんだ〜。(笑)
どういう大学だったの? おせーて?(笑)


10. SOBA 2010年2月08日 21:36:55: LVbi13XrOLj/s
↓エントリー中のがリンク切れなので、。

「愚か者」 唄 井上 堯之、 伴奏 宇崎 竜童.
http://www.youtube.com/watch?v=oMcCuJh5-DE&fmt=18
 
 


11. 2010年2月09日 00:30:07
東大でCIAからの金のもらい方でもおしえてるんですか?
偽ジャーナリスト。
同じ隆でも、上杉隆と偉い違いだーな。

12. 天平の甍 2010年2月09日 01:00:49: XgzukvJGTSJuA
>>12

>>10ありがとうございます。この曲は世さん以来久しぶりに聞きました。
でも世さんも(たち)さんも胸で暖めてめてあげる気にはなりませんが。


13. 2010年2月09日 01:09:32
08(そもそも、勉強する努力も惜しんできた人間は東大生を記憶偏重教育なんてこき下ろすけど、そういう奴に限ってバカだし創造性の求められる環境に身を置いたことが無いんだよね。敢えてキツく書くけど。)
これが、まさに記憶偏重東大卒の、困ったプライドなのでは?
東大生すべてがおかしいとおもっている人はいないけど、学歴偏重の社会で、東大生にコンプレックスを持つ人が多いのは事実。それを存分に利用する東大出が多い。別にバカにする訳ではなく、むしろ同情も感じることも多い。しばらく前から、休学・留年が増えているのは何故でしょうか?
更に、中央官庁の官僚が問題になりますが、圧倒的に東大卒が多いのでは?
朝日新聞とかのマスコミも。wo

14. 2010年2月09日 06:04:14
立花さん、田中角栄のときはCIA資金が豊富だったけど、今回CIAは日本のごたごた
に構っている余裕がないから、今回のような結末です。時代は変っている。歴史でいえば、CIAの日本管理手法という項目で、そのうち田中事件が出てきて、そこでCIAによるスカウトに応じた当時の知識人ということで立花さんの名前は歴史に残るかも。これが名誉か不名誉か、不明。

15. 2010年2月09日 11:39:45
08>さんへ
偉い人(含む官僚)の中の東大出身が世の中に対して行ってきたの
貢献度を見ると、悪い方が多い様な気がします。

悪い噂話は幾らでも聞くが、そうでない話はさほど聞かない。

中には良い人も居るのだろうが、世の中の貢献度という、物差しで
みると大した者は少ないのではないでしょうか。

結局は、自分自身が良ければ!とか変な特権意識ばかりが強くて
世の中に対する貢献てのを教えていないのでしょう。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK79掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK79掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧