★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK80 > 170.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【拷問で自白させて事件をでっちあげる日本最大の暴力団w】検察、マスゴミ攻撃で人生ボロボロ
http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/170.html
投稿者 官からアメリカ人へ 日時 2010 年 2 月 10 日 08:08:05: Dx5sTVjBq/alo
 

彼の投稿内容は、大変興味深いと判断したので上部に改めて投稿しました。
読むべし。
http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/161.html

枚方市議会で読み上げられた小堀氏の手紙の全文


平成21年5月25日、小堀隆恒。
本文を読みます。
無罪判決を受けて。

平成21年4月27日、私は、大阪地方裁判所で無罪判決をかち取ることができました。
無実の罪で起訴されたわけですから、無罪判決は当然といえば当然の結果です。しかし、他方、世の中に散見される冤罪事件を思うと、その心中は穏やかではありませんでした。裁判官から無罪と言われたときの心境は、体験した者しか理解していただけないものかもしれません。えも言われぬ歓喜の気持ちと虚脱感が錯綜した不思議な感覚でした。
この感覚は、逮捕されて2年間という時間の長さとその間の苦しみの重さからくるものかもしれません。
無罪をかち取ることができたのは、裁判所が私の言い分を虚心坦懐に聞いていただけたことが大きいとは思いますが、これまで私を支えてくれた数多くの方々の御支援、御声援のたまものと、心から感謝しております。私の人となりをよく知っていただいている方々は、私がおよそ犯罪とは無縁な生まじめだけが取り柄の人物であること、公務員として高潔であるべきとの理念のもと、40年間これを実践してきたことを理解してくださっていました。
私が逮捕されても、また起訴されても、私が無実であることを信じて、決して疑いをかけることすらありませんでした。
特捜部が起訴しようが、マスコミがどれだけ騒ごうが一向に意に介さず、小堀隆恒という人間を心底信じてくれる人が周囲にはたくさんいるということが、何より私を勇気付けてくれたのです。
私は腎臓がんで右腎を摘出し、前立腺肥大による手術をする予定であったところ、突然逮捕されました。私は、自分が逮捕されるなど全く予想もしておらず、個人的に弁護士の知り合いもいなければ、刑事事件がどのような手続で進められるかも理解を欠いていました。それより何より、私は、自分がなぜ逮捕されなければならないのか、その理由を全く理解することができませんでした。
私は、当時、大阪府警の現職警察官で、しかも談合捜査のプロとして紹介された平原という人物に、捜査情報として尋ねられた内容を答えたにすぎません。
しかも、その情報は予算額と経審の点数であり、捜査情報として必要だとの平原の説明に何ら不合理な点はなく、しかも何ら秘密事項でもありません。
そもそも目の前の警察官が業者から1,000万円もの賄賂をもらって談合に加担しているなど、一般人が考えるでしょうか。一般人のこんな常識的感覚さえ、検察官は聞く耳を持ちませんでした。
私は、業者と接触することをことごとく嫌っており、業者から金品をもらったことなど一度たりとてありません。大阪府警をしょって立つエリート警察官として紹介された平原が賄賂をもらっていたなどという話が、小説やテレビではなく現実にあるなどと、一体だれが考えるでしょうか。
それでも、検察官は私の話を聞き入れません。汚職警察官の言うことが正しいと決め付け、私がそうでないと何度も申し向けても、聞く耳を持ちませんでした。挙げ句、二度と枚方に住めないようにしてやる、おまえら家族も町を歩けないようにしてやるなどと怒号し、机をたたき付けたり、パイプいすを蹴飛ばしたりし続けました。拘置所の看守が、近所から苦情が出ていると取り調べの最中にクレームを述べに来たり、多数の取り調べを目の当たりにしている看守が私に間違いを犯すなよと、自殺の心配をしなければならないほど過酷な取り調べが続いたのです。
その上、排尿障害でカテーテルを挿入され、その挿入に問題があったがため出血がひどく、まともな手当てもされないまま、おむつをはかされ、出血が止まらない状況で取り調べを受けたのです。その屈辱は一生消えることはないでしょう。
私は、法治国家の日本の現実かと、恐ろしくなりました。
勾留中、私には、弁護士以外とは面会できないという措置が講じられていました。保釈後、マスコミが、私が罪を認めたであるとか、1,000万円受け取ったなどと虚偽の報道を競うようにしていたことを知り、愕然としました。特捜部からリークされた虚偽の事実をそのまま平然と報道するマスコミの姿は、それまで私が持っていたマスコミ像とは全く違っていました。権力と闘う正義感に燃えるマスコミ像というのは、単なる幻想であることを思い知りました。
事件について何も知らず、マスコミからの情報にだけ接する一般人の考えは、当然誤った方向に導かれます。私が勾留中、私の家族には、松岡農林水産大臣のように自殺されてはどうですかと書かれた匿名の手紙が届きました。
あのとき、私の家族に何かあったとしても、マスコミは責任を認めなかったでしょう。これが報道の自由を標榜するマスコミの実態なのかと、むなしくなりました。
私は、40年以上、枚方市政のために全力を傾注してまいりました。それは、生まれ育った、そして今後一生を終える地となるであろう、この枚方市が少しでもよくなればこそと思ってのものです。私だけではなく、先祖代々枚方市に居を構え、私の子どもたちを含めて、枚方市のお世話になっております。私は、枚方市に仕える身として、職務に励んでおり、公務員としても人一倍自分を律してきました。
それにもかかわらず、志半ばで枚方市を去ることを余儀なくされたのです。時計の針が戻るなら、平成19年5月の時点にもう一度戻り、副市長としての職務を全うしたいとの思いです。
しかし、それがかなわない現在の自分の立場が、本当につらく悔しくてなりません。
以上、無罪判決をかち取ることができた現在の心境を率直に述べました。
私は、この結果を受けて、皆様の面前において自らの思いのたけを述べることも思慮しましたが、控訴係争中の方がいる現状に鑑みて書面といたしました。

小堀隆恒。

http://www.city.hirakata.osaka.jp/freepage/gyousei/gikai/files/zenin210615.pdf  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年2月10日 08:22:18
次は、検察・マスゴミの人生がボロボロになる番だな。
樋渡・大林・佐久間・大鶴・谷川・民野だけじゃないぞ。
名の知れ渡ってない検察官も全員な。


02. 2010年2月10日 08:26:36
東京地検だけではないのですね。この件の地検も犯罪者だ。

03. 2010年2月10日 08:37:47
やはり日本には江戸時代に完成したといわれる拷問術がそのまま残っていたんですね。

明治期の不平等条約改正の時、欧米各国がなかなか条約改正に応じてくれなかったのは
この拷問の存在だった。明治政府は形こそ拷問をなくしたが、実際には拷問はなくなってはいなかった。

沖縄の米軍との地位協定の不平等性の解消がすすまないのも根底にはこの日本の拷問の問題がある。
米国人が拷問にかけられるとの不安は払拭されていない。


04. 2010年2月10日 08:59:16
司法試験に受かって司法修習を終えて検事になって、そして拷問を習うのですね。

05. 2010年2月10日 09:18:03
 今回の一連の事件で、日本社会の膿が、「ボロボロ」出てきた。本件もそうだが、検察とマスメディアの癒着、密室での不法な聴取、検察の裏金問題等々が顕在化した。特に、日本での最大の権力者は、「検察官僚」であることが、浮き彫りになったことは、非常に大きい。今後、この権力者に対して細心の注意を払いながら、監視し、社会の仕組みを変えていかなければ、真の民主主義はあり得ない。
 一方、日本人は、問題点が明らかになれば、解決能力は高いので、あまり心配することはないであろう。何れにせよ、今回の事件は、歴史に残る事件である。

06. 2010年2月10日 10:22:48
これが日本の検察庁の実態なら、日本はアフリカや東南アジア諸国の独裁国となんら変わらない。
戦後64年間に築いてきた「民主主義」を全く無視した権力が、国民の血税を吸いながら存在していることに恐怖と怒りを感じる。
特に、佐久間特捜部長が取り調べをした過去の数々の捜査では、自殺者が非常に多いと聞く。
次々と捜査が失敗しても何のペナルティーや反省もなく、平然と新しい事件を捜査する彼は「真性のサディスト」ではないか?
こんな異常性格の特捜部長を罷免すべし。

07. 2010年2月10日 10:24:27
小堀氏には、ご同情申し上げます。私は、不当な取り調べの経験者ではない。しかし、このような不正が連綿と続けられてきていることを知っていますし、一市民としてえん罪の支援を続けています。
小堀氏には、健康に配慮しつつ、引き続き貴方の経験を発信・告発してほしいと思います。
なぜこのような違法が繰り返されるのか?残念ながら、》05日本人は、問題点が明らかになれば、解決能力は高いので、あまり心配することはないであろう《という程度の理解?がほとんどだからなのです。
酷いようですが、小堀さんが社会の現状と歴史に無知であったことなのです。検察官の違法行為も、正義のために職務に専念するという思い込みの強さに起因することが多いのですから・・・wo

08. 2010年2月10日 11:43:15
07さん
>酷いようですが、小堀さんが社会の現状と歴史に無知であったことなのです。

何を言わんとしているのか、理解できませんが----。


09. 2010年2月10日 12:12:35
小堀さんの無念さを共有します。
>>07さんが仰られるように、私も「社会と歴史に無知」でありました。公教育を基本として信じていましたから。>>05さんのように、他人事でした。

10. 2010年2月10日 17:29:31
01さんに、同意します。
次は、あなた達の番だ!!
検察官一人残らず!

11. 2010年2月11日 11:44:58
検察の暴力が一般市民を巻き込みだした。相手が政治家や権力者なら国民は間違った取り調べや少々無理なことをしていても、遠い世界のことなので、中身を見ないで結果だけ見て拍手を送っていた。しかし、捜査の対象や罪刑が国民の誰でも逮捕できる様に、敷居を下げてきて、その上、取り調べの中身が伝えられる様になってきた。
たまたま、予想もしないことで、関係していたため、公権力の横暴に晒される心配が出てきた。証拠が無いのに、誰かの告訴、証言だけで取り調べを行い、後は、被疑者の自白で犯人に仕立てるのは、戦前の特高警察が、やっていたことだ。誰でも気に入らない人がいれば告訴され、そのため多くの冤罪や政治犯を生んだ事は、事実として残っている。これが、また繰り返されている。政治的な犯罪告訴では、確かな証拠が、無ければ受けつけるべきでは無いと思う。悪質な告白者の捜査、取り調べの方がより重要だろう。小沢氏を不起訴にした以上、騒乱罪容疑で、小沢騒ぎの告発者の捜査を行うべきだ。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK80掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK80掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧