★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK80 > 661.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原田武夫 「密かに進む米朝接近と逆回転し始めたオバマ」 (2月10日)
http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/661.html
投稿者 新世紀人 日時 2010 年 2 月 17 日 17:29:54: uj2zhYZWUUp16
 

http://money.mag2.com/invest/kokusai/2010/02/post_151.html

密かに進む米朝接近と逆回転し始めたオバマ


日本勢・中国勢とあからさまに衝突する米国勢

今年(2010年)に入り、米国勢による日本勢・中国勢との“衝突”が日に日に激しくなりつつある。日本では「期待の星」であるかのごとく描かれてきた、オバマ大統領の下での急展開なのでやや違和感を拭えない読者も数多くいるのではないかと思う。


中国勢との“衝突”に際し、表向きの焦点となっているのがいわゆる「グーグル検閲問題」だ。ヒラリー・クリントン国務長官が声明まで発表し、“インターネットの自由は民主主義の維持につながる”と豪語してやまない米国勢に対し、「バブルを米国勢によって突き崩された日本勢の二の舞は決してしない」と、中国勢も反撃に余念がない。オバマ大統領は昨年(2009年)11月に中国を公式訪問したばかりである。それがたかだか2カ月ほどで友好関係の崩壊となっているのだからあきれてしまう。


他方、日本勢との“衝突”はある意味、より深刻だ。今年(2010年)1月に入り、米国勢は突如として日本の“越境する自動車産業の雄”を名指しでバッシングし始めた。その勢いはすさまじく、米連邦議会では2つの委員会が特別調査を行い、しかも制裁のための課徴金まで課すといった有様だ。日本の大手メディアは全く報じていないが、この間、ワシントンにある日本大使館前では、米国勢(その中でも労働組合の大物たち)がこぞって参集し、「反トヨタ」の怪気炎を上げていると聞く。「オバマ演説で英語を学ぼう」などと言っていた一部の日本勢がいかに呑気(のんき)であったのか、がこれでお分かり頂けるであろう。そう、米国勢が狙っているのはただ一つ、黄金の国・ジパング=日本の“マーケット”、そしてそこにある卓越した技術力と莫大な富なのである。


密かに進む米朝接近

この様な視点からマーケットとそれを取り巻く国内外情勢を東京・国立市にある我が研究所でウォッチしていると、一つの気になる情報が飛び込んできた。


このように米国勢を中心に緊張が高まっている東アジアの中で、北朝鮮勢が突如、米国勢に対して「朝鮮戦争中の行方不明兵士の捜索許可」を出したというのである。米太平洋司令部最高幹部自身がそうした申し出のあったことを認めており、実際、北朝鮮側と協議を開始するのだという(1月26日付米国:ホノルル・アドヴァタイザー参照)。そう、米朝はこのタイミングで明らかに“接近”しているのである。


これで、賢明なる読者の方々にはお分かり頂けたのではないかと思う。米国勢は明らかに一つの明確な戦略を現在遂行中なのである。すなわち、こういうことだ。――米国勢にとっては北朝鮮勢の持つ各種の経済的利権は垂涎(すいぜん)の的である。したがってすぐにでも直接交渉で、これを奪いたいところなのであるが、どうしても立ちはだかるライバルがいる。一つは中国勢、そしてもう一つが日本勢である。他方で、米国勢は日本勢と中国勢からもその莫大な富をそれぞれ奪いたいと考えている。


そこで一計を案じたのである。まず中国勢との関係では、彼らにとって“弁慶の泣き所”である「政治的自由」に直結するインターネット検閲の問題を強調する。中国勢がこれを忌避しようと躍起になればなるほど、値をつり上げていき、最後は多額の「米国債」を購入させる。他方、日本勢との関係ではその経済の根幹にある自動車産業最大手をあからさまに叩きのめす。当然、日本の財界はどよめくので、同じく値をつり上げていき、最後も同じく多額の「米国債」を購入させる。「米国債」を買えば非難を緩めてやるというわけなのだ。


そしてそうした大立ち回りを演じている間、日中両国は北朝鮮問題がいかに重要であったとしても、身動きをなかなかとれない状況に置かれることになる。その限りにおいて、米国勢は明らかにフリーハンドで、対北朝鮮交渉に臨むことが出来るのだ。だが、万一、そうした実態に気づかれてしまっては困るので、「米国勢にのみ直接関与する人道問題だ。他国は介入しないでほしい」と絶対的に言える問題を、しかも他国が介入出来ない軍部ルートにおいて取り上げる形をとりつつ、実質としての米朝交渉を継続するというわけなのである。その限りにおいて、今こそ考えなければならないのは「米朝接近」なのだ。


逆向きに舵を切り始めたオバマが巻き起こす次なる“潮目”とは?

この点も含め、今後、激動が想定される“マーケットとそれを取り巻く国内外情勢”と、その中で日本マーケットを取り囲む米国勢が密かに描き、着々と実現してきている戦略シナリオについて私は2月(2月)20日に福岡で、21日に広島でそれぞれ開催する「IISIAスタート・セミナー」で詳しくお話できればと考えている。ご関心のある方は是非ともお集まりいただければ幸いである。


対北朝鮮政策については、手も足も出ない感のある鳩山由紀夫政権だが、そもそも昨年(2009年)8月末の衆院選挙が行われる直前から、現在は渦中の人である小沢一郎・民主党幹事長が党内に対し「米朝が近々接近した際に日本がとるべき対北朝鮮交渉ルートを探れ」と指示を出していたとの非公開情報がある。本来であれば正に“その時”がまもなくやってくるはずなのであるが、当の司令塔であるべき小沢一郎幹事長がご案内のとおりの「厳しい状況」に引き続き置かれてしまっているのである。そのために「手も足も出ない」状況にあるのが日本勢というべきだろう。


こうなってみてから思うことが一つある。「オバマ率いる米国勢は決して“死んで”などいない」ということだ。就任2年目にして早々にマサチューセッツ州の連邦議会上院補選で“瀕死のパンチ”を食らった後、これまで掲げてきた政策を続々と変更してきたオバマ大統領。「ボラティリティー(変動性)」の維持こそが、マーケットで収益を上げ続ける最高の手段だが、正にそのための“道化師役”に収まりつつある。私たち=日本の個人投資家・ビジネスマンとしても、予断を排して彼の動きとそれが巻き起こす本当の“潮目”の予兆を細かくウォッチしていく必要性がますます高まってきているようだ。


(新世紀人コメント)

実は米国も北朝鮮も和解を進めるには難しい情勢の下にあるのではないか?
両国共に和解を行いたいではあろう。
しかし、北朝鮮側はさておき、
米国側としてはチャイナと日本に対して居丈高な態度を取らざるを得ない国内情勢の下にあると思う。その上で米国とチャイナや日本は互いに譲歩せざるを得なくなるだろう。これは経済・政治問題においてである。
ところが米朝和解は米朝だけで出来る事ではない。日本はさておいてもチャイナと韓国は無視できない。ロシアに対しても同様だ。
オバマ政権は水面下での米朝交渉はいくらでも進めることはできるだろう。
しかしこれを完了に至らしめるには難しい状況下にあると考える。
完了するに至る時は、米国とチャイナ・日本との緊張が収まった時以降(いずれは収まるだろう)になるのではないのか?


 2 81 +−  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年2月17日 18:03:55
米朝接近なんて有り得ません
北朝鮮の流通は中国が掌握しきっている
つい最近も、北朝鮮のGDPの7割に相当する膨大な援助を投下して北朝鮮の経済を支えている

アジア分断司令官のディビッドロックフェラーの威光が衰えたので、子飼いの文鮮明に次いで金正日の退場時期が来た

中国覇権は進む事は有っても衰える事は無い
だから、中国隷従の小沢は失脚しない

未来は、
このまま行って金満ユダヤに支えられた中華帝国の確立か
資本主義破綻→全世界同時デフォルト→人工国家の米中崩壊→世界統一政府か


02. 2010年2月17日 19:25:19
だいたいトヨタをバッシングしてると言ってる時点で信用できんよ
トヨタにもかなり問題があるのに

>>01
中国の永遠の繁栄などありえんよ
10億以上の不満・不安をどう解消するのか
もっと言えば食わしていけるのか
覇権主義に見えるのは、それのガス抜きや
もっと直接的にエネルギーや食糧問題の解決を目標としていると思うので
俺はある程度、許容しているが
本当に対策を打っといてもらわないと、日本も巻き添え食う危険がある


03. 2010年2月17日 21:21:39
「米国勢にとっては北朝鮮勢の持つ各種の経済的利権は垂涎の的」って
あるけど、何のことだろう?。ウランか?、判らん。

04. 2010年2月17日 22:48:18
タングステン鉱山とか希少金属が沢山あるよ。石油もあるって話だけど、調査権はロスチャイルド系の会社が独占入手済み。

05. 2010年2月18日 00:01:11
右の戦いに左を見よ。
お得意の二正面作戦。
のっぴきならぬ状態にさせ。
最後は、ドカン。

先に手を付けたら制裁。
市場を押えてから開放。
残るは粕ばかり。


06. 2010年2月18日 03:49:42
学校では教えてくれないので殆んどの国民は知らい話ですが、「北朝鮮勢の持つ各種の経済的利権」の争奪戦は戦前から日米間に存在した話です。

阿修羅では既にお馴染みのサイトだけど、興味がある方は↓どうぞ。
http://www.pyongyangology.com/index.php?option=com_content&task=view&id=626&Itemid=81


07. 2010年2月18日 04:00:09
 中国の覇権って空想だろ。前の方もおっしゃった通り13億人を食わしていくって大変なことだ。戦争やってる余裕なんかないよ。アメリカは今の6カ国協議のシステムを北東アジアの管理システムにしたいんだろ。俺を仲間はずれにするなよってのが本音だろう。ここを安定させておかないと中東と2正面作戦なんてできるわけないんだから。中東、アフガンってイギリスの口車に乗って兵を出したはいいが毎日兵隊が死んでる。NATOの兵隊も死んでる。戦費も莫大に掛かる。アフガンの民間人も欧米の兵隊の何倍も死んでる。有史以来アフガンに攻め込んでうまくいった国はないんだ。それにイランが隙あらばとチクチクやる。アフリカではプスプス煙が立ってる。
ここで一発アジアを締めておこうというところだろ。人民元はやがて切り上げを繰り返さざるをえない。1ドル4元だろう。中国にしてみれば小幅切り上げの度にアメリカ国債の評価損が出るんだから売るのが合理的だ。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK80掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK80掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧