★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK81 > 294.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
地検「特捜部」は本当に必要か(江川詔子)
http://www.asyura2.com/10/senkyo81/msg/294.html
投稿者 加藤 日時 2010 年 2 月 25 日 23:59:34: ZcB0xpcLKA8ZE
 

江川さんが厚生労働省元局長・村木厚子さんの公判をツイットしておられましたが、
【ジャーナリスト江川紹子さんが「村木元局長の裁判傍聴」の様子をつぶやく (日々坦々)】
http://www.asyura2.com/10/senkyo81/msg/242.html
早くも江川詔子ジャーナルにアップされました。ご苦労様。
amneris84  ブログに<地検「特捜部」は本当に必要か>をアップしました
http://www.egawashoko.com/c006/000319.html 23分前 via web

(貼付け始め)
 郵便の障害者団体向け割引制度を悪用した事件で、共犯者として虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われている厚生労働省元局長・村木厚子被告は、逮捕後も一貫して否認を貫いてきた。裁判でも無罪を主張している。大阪地裁で行われている村木被告の裁判の第8回公判を傍聴した。この日の証人は、偽証明書の作成・交付を行った部下の元係長、上村勉被告。「(偽造は)全部自分一人でやりました」「(同僚や上司など)誰にも何も相談していません」と述べ、村木元局長の関与を否定した。
 事件当時、村木被告は障害保健福祉部企画課長で、上村証人は同課社会参加推進室係長。組織上は上司と部下の関係だが、企画課と社会参加推進室では部屋も違い、上村証人は村木被告のことを「お顔を知っている」程度の関係。「仕事上の会話を交わしたことはないです」とのことだ。
 ところが捜査段階で、村木局長からの指示があった、とする上村証人の検事調書が作成されている。こうした調書について、上村証人は「検事の作文」と断言。本意でない調書ができあがった事情を聞かれ、上村証人は國井弘樹検事の取り調べについて次のように証言した。
「いくら自分が単独でやったと言っても、(検事に)聞いてもらえなかった」
「村木課長と私の会話が生々しく再現されていますが、それはでっち上げです」
「(任意同行で)私を自宅から連れてくるのは紳士的で、言葉もやさしいというか、普通の人でした。ただ、僕の話は、自分の興味あること、都合のいいことはメモするが、そうでないことは聞いてくれなかった」
「私が単独でやったということは書いてくれない」
「ノンキャリとキャリアの違いとか、どういう風に役人は出世していくか、とかは、結構興味を持ってメモしていた」
「物静かで殴ったり蹴ったりはないが、僕が話していることを聞いてくれない。書いてくれない。信じてくれない。僕としてはどんどん國井さんを信じられなくなった。『具合が悪くなったら言ってね』とか『眠れてる?』『食事してる?』とか気遣ってくれるのに、肝心の僕の話は聞いてくれない。なんでそこまで冷たいのか……今でも分からない」
 さらに、國井検事から「他の人は、こう言っている」という情報を次々に伝えられているうちに、上村証人は記憶のあいまいな部分については自信がなくなっていったようだ。
「取り調べの中で、だんだん『そうだったのか』と”記憶”が構築されていった」という。
 さらに、こんな証言もあった。
「『想像の話みたいになっちゃうけどね』と言って國井検事が話したことが、(調書では)僕が話したことになっちゃう」
 ここまで述べた後、上村証人は「悔しくてならない」と泣いた。
 上村証人自身の弁護人に相談すると、弁護人は「検察に抗議文を出そう」と言ってくれた。しかし、検察に逆らって取り調べが厳しくなったり、不利益なことがあるのではないかと恐れ、やめてもらった。
「再逮捕をちらつかされたり、有形無形の圧力があって、耐えきれなかった」
 では、上村証人はなぜ、証明書の偽造に手を染めたのか。
 上村証人は係長になって、担当部署の予算を作る仕事を初めて任され、それが重荷であり、どれだけ忙しくなるのかと不安でもあった。それに加えて制度改革が目前に迫ってい。そのため「従来の予算の組み立て方では通用しない。去年の予算をちょっといじればすむという簡単なものではすまないという恐怖感、重圧感が頭の中を支配していた」
 他の仕事は「雑事」として先送りしたり、適当に片付けたりしたい心境に追い込まれた。自称障害者団体の「凛の会」から証明書の催促があったが、正規の手続きをするとなると資料を整えて決済に出さなければならない。
「最初は煩わしいから先送りにしようとし、それが(再度督促があって)にっちもさっちもいかなくなると、『もう、やっちゃえ』という気持ち」になったという。
 そして、最終的には一人で証明書を作り、早朝に企画課の部屋の入り口付近にあった箱に入れてあった村木課長(当時)の公印を押した。「凛の会」発起人の河野克史被告と、厚生労働省地下の喫茶店で待ち合わせ、偽造した証明書を手渡した。
 ただ、すでに証言を終えている河野被告は、上村証人から渡されたことは否定している。また、「凛の会」からの催促はわずか数回なのに、なぜ上村証人が証明書の偽造をするまで切羽詰まってしまったのか、その心理状態はいささか分かりにくい。
 しかし、河野被告は自分が受け取ったことは「百パーセントない」と断言するものの、それ以外の事柄については曖昧な証言に終始したと報じられている。また、「凛の会」元代表倉沢邦夫被告は、証明書は村木被告から受け取ったという捜査段階の供述は維持するものの、受け取った日時は特定できないうえ、自身の調書の記述を否定する証言を繰り返した。さらに、捜査段階で民主党の議員の口利きがあったという調書が残されている厚労省関係者も、法廷でそうした事実を否定した。
 そのうえ、実行犯の上村被告の今回の証言。検察側証人が、自らの検事調書を否定するという証言が相次いでおり、検察側の立証はガタガタになっている。
 検察側は、今後も公判を維持し、法廷での証言より、密室における調書の方が信用できると主張するつもりらしい。けれども、その密室で適切な取り調べが行われていることを、客観的に証明するものはない。取り調べの可視化が実現されていないからだ。
 それにしても、なぜ検察側はこれほど苦しい立証をしなければならないほどの無理をして、村木被告を逮捕・起訴したのだろうか。
 上村証人は、取り調べを通じて「(検事は)今回の事件が、厚労省の組織的犯罪であるということを(調書で)書きたかったんじゃないか」と感じた。さらに「『厚労省のウミを出し切りたい』というのが検事の口癖だった」と証言。「私が関知しない人物がどんどん関係したことになって、事件がどんどん大きくなっていく恐怖感」を抱いたという。
 この証言を聞くと、本来は不心得な個人が行った事件を、なんとか中央官庁や政治家が絡む大きなものにしようしたのではないかと、という疑念が次第に高まってくる。
 村松被告が事件とはまったく無関係なら、検察の捜査によって、彼女の人生がめちゃめちゃにされたただけではない。
 彼女が逮捕された時、舛添要一厚労相(当時)は、次のようにコメントした。
 「大変有能な局長。女性キャリアとして省内の期待を集めていた。働く女性にとって希望の星だった。大変残念に思っている」
 不祥事の謝罪会見としては異例とも思える賛辞に、村木被告の有能ぶりが伺える。そういう優秀な官僚が、無実の罪によって、その能力を発揮できない事態に追い込まれたということであれば、日本にとって大きな損失であり、国民全体が捜査の影響を被った、ともいえる。
 なぜ、今のような事態が生じたのか、検察は時期を見て、国民にきちんと説明する責任がある。
 
 事件の捜査を行ったのは、大阪地検特捜部。在阪の司法担当記者は「東京への対抗意識もあって、中央官庁のトップや政治家を挙げたい(=逮捕したい)意識が、大阪はより強い」と指摘する。
 その東京地検特捜部も、小沢・民主党幹事長の政治資金を巡る捜査や、福島県知事が収賄で起訴された事件で、無理な取り調べやマスコミへのリークなど、様々な問題が指摘されている。
 特捜部らしい大物が関与する事件をやりたいという野心。自分たちこそが政財界や官界を正せるという正義感や強烈な自負心。このような特捜部ならではの意識が、問題を生んでいる可能性があるのではないか。
 そう考えると、村木被告の事件で格別問題があったというわけではなく、特捜部に内在する問題が分かりやすい形で現れただけ、とも思えてくる。
 
 こうした事件を見ていると、そもそも特捜部を今後も存続させる意味はどこにあるのだろう、という疑問も湧いてくる。東京、大阪、名古屋の3地検には特捜部があるが、通常、検察の捜査は各地検の刑事部が行う。この3地検にしても、特捜部を常設させておかなくても、すべての事件を刑事部が捜査を行うというので、構わないのではないか。そうすれば、特捜部だから政治家や政府高官を挙げなければ、という余計なプレッシャーを検事に与えず、国民の利益とは距離のある「検察の正義」が一人歩きすることが避けられるのではないか。
 もちろん、通常の人員ではやりきれない事件もあるだろう。政治家や政府高官が関わった犯罪だけでなく、複雑なシステムを悪用した経済事件、大規模な脱税など、通常の捜査態勢では解明が難しいケースも、不正があればきちんと対応してもらわなければならない。そういう時には、事件の規模や捜査対象などに応じて、全国から検事を招集してチームを編成したらどうだろう。そのチームは、事件処理が終われば解散する。次に大がかりな捜査の必要が生じれば、また新たなチームを組む。これで、どこに問題があるのだろうか。
 もし、どうしても特捜部という形で常設させておかなければならない理由があるなら、きちんと説明をしてもらいたい。そのうえで、特捜部が特捜部を常設させておくことのメリットとデメリットを論議し合うべきだろう。特捜部を聖域とせず、解体も含めて、検察のあり方を議論すべきだと思う。
(貼付け終り)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年2月26日 00:04:42
不要

02. 2010年2月26日 00:15:46
江川さんの説を、政治家、民主党法務委員に聞かせましょう。

千葉法務大臣、副大臣では、無能のようですので無駄。


03. 2010年2月26日 00:55:46
この方のブログが全てを語ってます。
http://udonenogure.iza.ne.jp/blog/entry/1475507/

04. 2010年2月26日 01:36:40
>事件の規模や捜査対象などに応じて、全国から検事を招集してチームを編成したらどうだろう。

いわゆるタスクフォース方式ですね。いい案です。どうせなら検事だけでなく民間の弁護士など、第三者的な立場の人たちも参画する形にしてもらいたいです。

>もし、どうしても特捜部という形で常設させておかなければならない理由があるなら、きちんと説明をしてもらいたい。

全面的に同意。国民の税金を使って維持されている以上、特捜部は国民に対する説明責任をしっかりと果たすべきだ。


05. 2010年2月26日 02:01:16
エリート中のエリートを自任する特捜検事は、自分らの組織の要不要が議論されるなんて、思いもよらないだろう。でも自らの欲得で真実を曲げる摘発を行うとか、逆に巨悪を放置するなら解体されて当然だ。

06. 2010年2月26日 07:00:41
特捜部は不要、千葉はもっと不要。平野は今すぐゴミために流せ。

07. 2010年2月26日 08:56:37
さすがに江川さんですね。

しかし、本当に特捜をなくすためには、厚労省公文書偽造事件だけでなく、福島県知事収賄事件で最高裁が無罪判決を出すこと、検察および裁判所の裏金調査結果が表に出てくること(記者クラブメディアが取り上げざるを得なくなること)、西松事件の公判が再開され検察の事件捏造が明らかにされること、石川議員事件の公判で調書が覆り無罪か罰金刑になること、が必要だと思います。

そのうえで、これらの冤罪事件に関わった関係者の処分、国家賠償、名誉棄損損害賠償、違法捜査を理由とした検事の逮捕位までいかないと、難しいのではないか。

ここまでくれば、取り調べの可視化以外にも、さらに検察官審査会の見直し、権限拡充まで踏み込めるでしょう。


08. 2010年2月26日 09:31:37
地検は国民の為でなくて、自分達の為に動くのが分かった。
絶対いらない!バカにするな!

09. 2010年2月26日 10:22:04
GHQによってつくられた特捜部は、隷米・守旧勢力をまもるための暴力装置としての機能を有する。廃止すべし。そのままにしておいたら、また同じ悪さをすることになる。役所のセクションとはそういうもの。

10. 2010年2月26日 10:29:25
事業仕分けの対象にしろ

11. 2010年2月26日 10:46:40
>10さんに賛成。
次の事業仕分けでは江川さんに出てもらいましょう。
「刑事部ではなく、特捜部でなければならない理由を挙げよ」


12. 2010年2月26日 13:14:15
どこかマスコミ! お得意の世論調査で 特捜が必要か不要か やってみろ!
も一つ 記者クラブも 必要か不要か これもやってみろ!

13. 2010年2月26日 13:29:27
特捜もマスコミも、もはや粗大ごみ、なれど引き取り手も無し。

14. 2010年2月26日 15:32:55
今朝の文化放送で、江川女史が「検察は不要ですね」ってはっきり言っていた。
このコーナーは全国放送なんだよね。
今日26日の衆議院予算委員会の第三分会で、民主党の中島政希議員が、西川検事総長に質問していた。
中島議員ー検事総長は資格があれば、民間からの登用もできるか?
西川検事総長ー法的には問題はない。
中島議員ーでは国会議員が兼務することも可能か?
西川検事総長ー可能と思われます。
中島議員ーでは法務大臣が兼務することは可能か?
西川検事総長ーそれは、今即答は控えたい。
そのほか、西川議員は、検察の権限について憲法ではかなり限られたものと解釈できるので、今後さらに精査する必要である。また、いわゆる検察の裏金疑惑についても、例外なく法務大臣の指揮の下で精査すべきで、これは指揮権の発動にはあたらないとも述べていた。じわじわときてるな〜って感じです。

15. 2010年2月26日 17:00:05
頭凶恥犬屠糞鵜舞は即刻解体。

CIAと清和会のポチは存在意義どころか、日本の恥そのもの。いわゆるごみ、くず、又は糞にすぎない。


16. 2010年2月26日 17:06:22
特捜部の検事は、事件を調べるのではなく、
事件を作るのですか。

17. 2010年2月26日 17:16:41
>14

西川検事総長→西川刑事局長です。

すごい答弁ですよね。マスコミは報じないでしょうが。検察改革はできるのか、注視していきましょう。


18. 2010年2月26日 17:44:59
>>14 の中島政希議員の主張

>司法合理性の陥穽

> 第三に、取調の可視化や証拠の全面開示のための法改正を断行することである。
 民主党の取調可視化法案は、これまでに二度にわたり参議院を通過している。衆議院選挙の民主党マニフェストでも明記されている。鳩山政権成立後の千葉法務大臣の対応は、誠に不可解だ。かつては民主党可視化法案の提出責任者であったにもかかわらず、あまりに消極的であり、法務官僚に取り込まれたとしか思えない。参議院で可決した法案はそれなりに良くできている。これを直ちに衆議院に提出すべきである。不備があれば改正すればよいのだ。もし法務省が出さないなら、議員立法で成立させるべきだ。
http://www.nakajima-masaki.com/monthly/monthly189.html
http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/253.html

期待していいのかな。


19. 2010年2月26日 19:14:03

今となっては全く税金の無駄使い。

20. 2010年2月26日 20:36:28
もちろん、通常の人員ではやりきれない事件もあるだろう。政治家や政府高官が関わった犯罪だけでなく、複雑なシステムを悪用した経済事件、大規模な脱税など、通常の捜査態勢では解明が難しいケースも、不正があればきちんと対応してもらわなければならない。そういう時には、事件の規模や捜査対象などに応じて、全国から検事を招集してチームを編成したらどうだろう。そのチームは、事件処理が終われば解散する。次に大がかりな捜査の必要が生じれば、また新たなチームを組む。これで、どこに問題があるのだろうか。


これは今のシステムでやってますよね
小沢の”疑惑”では全国で強制捜査が行われましたもの
で全て無駄だった訳ですが・・・
特捜は要りませんね・・・つうか今の検察・警察のシステム事態がかなり歪みすぎてますね

そして冤罪・不祥事等を繰り返すだけで一向に自浄作用が働かないのが現状でしょう

外科手術の必要あるでしょうね(アメリカ等外国に都合のいいような改革は論外ですが)
彼等の予算は税金なわけですから当然国民が朽ちだす権利はありますしね・・・

つうか一連の事件の顛末まで見るとこんないい加減なシステムで運営されてた事に驚きなんですが・・・


21. 2010年2月26日 21:08:35
いますぐ、解体しましょう。

22. 2010年2月26日 21:39:32
しかし……江川さんの文章って、どうしてこんなにすっ、と頭に入ってくるんだろう。つっかえない。
正しいこと書いてたら、こんなに文章って長くても、すっ、と入ってくる。不思議。

23. 2010年2月26日 21:57:52
こうした冤罪や殺人をいくつも犯して、平気でいるエリート検事どもは、
まず逮捕されるべきです。

同じように監禁・拷問・恫喝、体の具合が深刻に悪くとも、絶対に病院
には行かせない状態で、取り調べを受けさせ、多くの人の証言で書かれた
「調書」に、「早く帰してやるから」と言われ、サインした上で、裁判で
当然のごとく有罪になり、死刑か無期懲役の判決をくらうべきです。

申し訳ないが、こうした奴らのご家族には同情しない。しょっぴくことは
せずとも、世間からの嘲笑と侮蔑の視線を浴びるべき。一生そのままでも
同情しない。そうやって生涯をダメにされたり、命を奪われてしまった
何人もの無実の人が、特捜の歴史の陰にいらっしゃるんです。
佐久間なんて、一体何人自殺させてるか。死ななかったとしても、瀕死
の状態まで追い込まれた人が何人いらっしゃるか。普通なら「とーぜん
死刑」でしょう?
死刑に値することやってる糞人間が、米国大使館の一等書記官だったとか、
税金で給料もらってる高給公務員だとか、ましてや悪を正す筈の「検事」
とかいう職業についていることとか、まるで冗談としか思えない。
なんでこんな国になっちゃったんだ!?

日本全国の検察エリートの関係者全てに、恥じてほしい。
今最も軽蔑される職業は、「検事」でっせ。


24. 2010年2月26日 22:27:23
地検はマッチポンプ! こいつらの存在を許すことは、放火して消防活動する消防団や消防署員を許すようなもの。 社会のゴミ、クズ・・・存在自体ゴミ以下!

25. 2010年2月26日 22:55:43
千葉法務大臣は本当に無能ですね。
無能だから法務大臣になったのか?

取調べの可視化はどうなったんだろう。
おばさん。法務大臣になったとたん健忘症になったか?


26. 2010年2月26日 23:38:32
厚生省のウミを出すよりも、検察のウミを出すのが最初だよ。

27. 2010年2月27日 00:24:03
鳩官邸の異常な及び腰、千葉ばばの税金泥棒、糞肛門ジジ、無能7無狂・・・

岡田フランケンがやや、心代わり?

司法、マスゴミ、とにかくこれを、解体、粛清しない限り、必ずやられる、

ナチスの政敵を葬り去る手法を学べ、小さな正義は必ず沈没する。

真綿で締め上げ、司法と」マスゴミを葬れ、恐怖のどん底を味わさせろ!

やらなければ、いずれ、彼らを、抹殺する、自爆テロがおきる。


28. 2010年2月27日 00:29:16
悪人の検挙をせず、冤罪を捏造する、それが今の検察。
私利私欲の為なら何でもアリのこいつらこそ刑務所行きだろ?

29. 2010年2月27日 00:44:23
半年後、小沢一郎が法務大臣をやればいい。

30. 2010年2月27日 01:32:03
今回の小沢さん対する地検の捜査とそれを報じるメディアの姿勢はどう冷静に考えても異様です。
谷垣さんも「3名もの秘書が逮捕される事態は異様だ」と語ったまではいいのですが、「だから小沢さんは国会できちんと説明すべきだ」とおかしな発言をしていました。
でも異様に感じたのは事実なんです。
自民党の河野太郎さんもブログで言ってます。http://www.taro.org/2010/01/post-698.php

政党を超え、職業も超え、好き嫌いも超え、同じ考えを持つ人を結集して行動を起こさないと、想像もつかないような恐ろしいことが起こるような、漠然とした不安を覚えます。

どなたか民主党や自民党の行動的な議員さんをご存知の方、メディアや法律家を含む超党派グループを作るよう働きかけることはできませんか?

親小沢とか反小沢、自民・民主とか言ってる場合ではなくて、ともに巨大な権力である検察とメディアがくっついて誰もコントロールできないことになったらどうなるでしょう。


31. 2010年2月27日 01:45:07
特捜部は少なくとも不要だろ。

32. 2010年2月27日 04:03:28
http://latache1992.blog56.fc2.com/
ここで 法務大臣が 法務官僚に 脅されていることが分かります。

33. 2010年2月27日 09:42:56
国民のためには害はあっても益になりません。廃止しても何も問題ありません。
警察だけで十分です。特捜は、政治犯を捜査する機関です。問題は、政治犯を誰が政治犯と考えるかです。江戸時代は、殿様が自分の都合の悪い人間を排除するするため目付を於いて排除しました。戦前は、政府の方針に合わない人達を排除するため、特高警察がありました。戦後は、特捜が、政治的な排除に利用されてきています。
一連の小沢騒動で分かったことは、この組織をコントロールするのは、政府で無いと言うことです。CIAと言うような話まであります。本当のことは分かりません。
政府は、選挙で国民が選びます。この国民が選んだ政治家が別の力を使って無理に曲げようとしています。人間の性でどうしようもないのかも知れませんが、国民の目の前であからさまに行われるとウンザリします。
これほど、酷いことを続けると国民の心にも良い結果を与えません。
如何にも謀略ですと言わんばかりの騒動です。特捜を解散し静かな国にしましょう。

34. 2010年2月27日 10:39:51
>頭凶恥犬屠糞鵜舞

「とうきょう ちけん とくそうぶ」

 名は体を表す。


35. 2010年2月27日 12:01:08
政府内にいるスパイか

…警察・検察・自衛隊・アメリカ軍あるいは消防・役場などを考えてゆくと、この組織の本当の狙いは、「民衆の生活を守る」というタテマエでありながら、実際には、民衆から権力者を守るためだけに機能していると思うしかないものが存在している。

このところ検察による鳩山・小沢など民主党攻撃を見ていると、権力を利用して、民主党政権を破壊しようとする政治目的、国策捜査を行っているとしか思えない理不尽さを感じる。

検察の権力意識、傲慢さは今に始まったことではないが、「官僚制度による予算の無駄を省き、官僚による政治支配をやめさせる」という民主党政策に対し、全官僚の代表として、その司法権力を使って政権に真っ向から喧嘩を売っているとしか思えず、結局、検察を任命してきたのが前政権、自民党であることを思えば、検察が自民党と官僚社会の復権を狙った政治弾圧を行っていると判断すべきだろう。

なお筆者は、以前から、東京高検などの検事が統一協会の影響を強く受けているという情報を得ている。中曽根政権時代に、統一協会原理研の学生たちが、政権のコネを利用して大量にキャリア幹部候補生として司法界に入り込み、30年近く経て、当時の学生が今、警察・検察・司法の幹部クラスに収まっているようだから、こうした自民党復権を目指した民主党弾圧も当然の帰結であろう。

警察・検察・裁判所の司法は、日本国民のセキュリティシステムの要に位置するわけだが、そのなかに統一協会(文鮮明・正力松太郎・岸信介らが発起人になった国際勝共連合)系人脈がいるとすれば、日本司法のセキュリティとは、民衆の権利と安全を守るためのものでは決してなく、国家権力と反共政治体制、それに統一協会を支える巨大軍産企業を、国民の怒りから守るためのものであると考えるしかない。

すなわち、司法は、国民の権利と安全を守るフリをしながら、実際に守っているものは権力であり、官僚たちのや巨大企業の利権なのである。

誰から守るのか? といえば、我々から守るわけだ。末端の交番に勤務する「おまわりさん」のなかには、親身になって国民の安全を守ろうと日夜努力している人がたくさんいるのは事実だ。

しかし、その警官を束ね、命令する最高権力は、実は、セキュリティの名を借りながら官僚利権と大企業だけを守ろうとしているのである。

今回の、東京地検特捜部による民主党政権弾圧は、まさに、その本質、正体をあからさまに、我々に見せている。


36. 2010年2月27日 12:58:38
@何よりも問題は、戦前から変わってない公務員制度が問題なんだと思います。
 (時代遅れになっていると思います。)

Aマスコミにリークしているのは地犬だけではありません。官僚たちも
 マスコミにリークしていることも見逃してはいけないと思います。
 
 (八○○ダムの件は醜かったな〜。)

                          素人としての考え。


37. 2010年2月27日 14:50:36
政権交代、次は特捜部解体!

38. 2010年2月27日 14:58:00
 本当に必要ない。

39. 2010年2月27日 15:27:43
>>30
マスコミと役人がこの国の癌のひとつであるのは
間違いないですよね。
自民党議員だって苛めのターゲットになります。
あの麻生の漢字の読み誤りを執拗に指摘し続けた報道も
それですよ。
麻生が何でマスコミや役人に睨まれたのかは
知りませんが何かあったと思います。


40. 2010年2月27日 15:40:35
裏金即刻返上国庫に戻し、業務上横領罪適用。
密室取り調べ精神的肉体的拷問による冤罪多発で、検事の犯罪立証。

国家公務員改革法降格免職を含むを早期可決。
可視化法案早期可決。
地検特捜部は、本来の役目は終了していることから、即刻解体。
以上を、鳩山政権に望みます。


41. 2010年2月27日 15:43:06
何故、検察に捜査権を与えなければならないのですか、捜査権は警察に移管すればよい。
全国にまたがる事件で県警本部だけでは難しいのであれば、警察庁に特捜を設置して、検察の特捜と捜査部を移管すればよいと思う。
立件から起訴まで同一組織で行うのは、チェックが働かない。

42. 2010年2月27日 20:52:20
特高は屑だった
町村金五という戦犯がその例である
検事総長に質問してやれ
特高は必要なりしや
必要だったとすればその理由
不必要だったとすればその理由
回答如何により現特捜の正体が明らかになる

43. 2010年2月27日 21:14:51
所詮法律なんて,形を変えた暴力なんだから,その暴力装置として,自民党が検察
を必要としてた。
税務調査を受けて分かったけれど,税務署員も徴税官としての暴力装置である。
いくら,法的に正しいと思う経理処理をしていても,「否認」という暴力を行使さ
れると勝てない仕組みになっている。最後は,顧問税理士と税務署員の談合で,追
徴金が決まる。
最も怖いのは,世間知らずの若者が,一回の試験だけで,これ程の暴力装置を手に
入れられる日本の仕組み。ここをいじらない限り,今の検察官の批判をしていても
又,次の人間が出てくるだけ。
薩長の明治政府が,何をしてきたかを,よく調べてみるとよく分かる。


44. 2010年2月28日 00:30:51
国会議員以上の国家権力である検察官僚は、<国民が選べる・国民が落とせる>ように、するべきだ。こんな暴力装置をのさばらせておけば、国民は安心して眠ることはできない。さもなくば、解体するべきだ。冤罪を作り出すだけの暴力装置を、国民の税金から捻出して予算を組む必要は、全くない。事業仕分けの最優先課題だろう!やれ、枝野!

45. 2010年2月28日 02:51:38
やれないだろう枝野はもう既に恥犬の手の中だろうから、前原、野田、肛門と共に



46. 2010年2月28日 04:58:39
検察も警察もきちんとした人を採用するシステムではないんじゃないでしょうか?
そういう組織がまともなことをすると思わないほうが良い。

47. 2010年2月28日 06:22:38
資格試験がすべての癌でしょう、また、転職不可能な公務員制度と役職任用制度
給与支給体系その他いくらでもあります。
 そもそも、資格とは何でしょう、誰が決めるの。漢字検定理事長ですか?
 資格が必要なのは、お医者さんぐらいだと思います。
 必要なのは、人物主義です。
 資格でなく、必要な知識・技能と人格がある。この人に、この仕事をしてもらいたい、とその地域の人々が認める方にしなければなりません。
 武士の由来は、自分の田んぼを守るために、戦闘能力ある有力な方に味方を頼んだ「たのうだかた」なのです。私は、小沢さんに頼みました。
     皆さんは谷垣さんにお頼みしますか

48. 2010年2月28日 13:17:24
http://alternativereport1.seesaa.net/article/142233518.html

↑この記事がホントならナンダそうだったのって感じ。
粛清されよ(^^)♪


49. 2010年2月28日 15:13:13
アメリカの手先の特捜は解体すべきです。彼らは真実を明らかにするのではなく、犯罪をでっちあげるのですから。

50. 2010年2月28日 18:38:07
特捜誕生の経緯からみても特捜は、現在の状況からして不要な存在になっていると思う。検察組織の変更は、今回の一連の検察の動きからみてもぜったいに必要である。

51. 2010年3月02日 20:48:01
特捜部の特権乱用による、これらの騒動はマズイでしょう。

一行政機関が暴走した時に、大臣や首相にそれを止める正統な手続きが無いのは、
システムとして致命的な欠陥です。

トヨタの件じゃないけど、これこそリコールの対象です。

民主党政権は、早急に再発防止策を考えて歯止めをかけなければなりません。

そうしないと必ず再発しますよ!


52. 2010年3月25日 10:07:53
>07さん、>09さん、>33さん >43さん >51さんに同意
皆さんの言っていること本当にそうだと思います。
特捜部はいりません。
と言うより有っては危険です。



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK81掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK81掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧