★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK81 > 319.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
朝日新聞によるソフトな世論誘導(Ameba)
http://www.asyura2.com/10/senkyo81/msg/319.html
投稿者 判官びいき 日時 2010 年 2 月 26 日 10:23:59: wiJQFJOyM8OJo
 

http://ameblo.jp/aobadai0301/page-3.html#main

御用メディアの中では、比較的まだマシだとはいえ、それでも、朝日新聞もやっぱり既得権益を守るために必死で、とにかく何がなんでも、小沢一郎の政治的抹殺、検察や、自民党、官僚、アメリカなどの既得権益の中枢と結んで動いているんだろうと思う。

それにしてもこの人たちは、戦前も、軍部と癒着して、日本を無謀にも中国侵略へと世論を煽って、破滅に導いておいて、それでいて、たいして反省もしないまま、解体もされず、戦後は戦後で、記者クラブや、再販制度などの既得権益に守られて、社員の平均年収が1000万円以上というような、まるで、どこぞの上場企業の役員並みの待遇を手に入れたもんだ。ほんと、いったい何なんだろうと思う。

さて、「世論調査」による、世論をつくり出すことにマスコミは今、必死だが、そもそも、この世論調査自体、まともに行われていると見ることは、論外だ思う。ここまで有効な圧力をかけられる道具を、御用マスコミが、そのまま、純粋にリサーチしているとは思えない。

おそらく、表彰制度や、ランキングなどと同じように、ここでも、マスコミはなんらかの操作をして、一定の方向に、世論を誘導していると思える。まあ、そのあたりの疑惑があるとはいえ、それでも、先日発表された朝日新聞の世論調査は、不可解極まりない報道の仕方をしているといえる。

まず、朝日新聞の報道の仕方としては、こうである。
内閣支持37%「参院民主過半数」反対55% 世論調査

朝日新聞社が20、21の両日に実施した全国世論調査(電話)によると、鳩山内閣の支持率は37%で、前回緊急調査(5、6日)の41%から下がり、内閣発足後初めて4割を下回った。不支持率は46%(前回45%)で横ばいだった。民主党の小沢一郎幹事長の政治資金問題について、国会で「説明するべきだ」が81%に上り、問題の解明を求める声は依然根強い。

内閣支持率は昨年12月に前月の62%から48%に急落し、その後も下落が続いている。夏の参議院選挙で単独過半数の議席を目標にしている民主党だが、過半数を「占めない方がよい」という意見が55%で、「占めた方がよい」は31%と少数派だった。無党派層では「占めない方がよい」が62%とさらに高い。

政治資金問題について、小沢氏が国会で「説明するべきだ」との意見は、民主支持層でも72%もいる。「幹事長を辞任すべきだ」は全体で64%(前回68%)あり、石川知裕衆院議員の辞職勧告決議案を審議せぬ民主党の対応に「納得できない」は69%。小沢氏が不起訴となったいまも、民主党への風当たりの強さは相変わらずだ。 鳩山由紀夫首相の政治資金問題についても、首相のこれまでの対応に「納得できない」が75%で、「納得できる」は16%にとどまった。

普天間飛行場の移設問題について、鳩山内閣が移設先をゼロから検討し直していることを説明したうえで、取り組みへの評価を尋ねたところ、「評価しない」が46%で「評価する」の38%を上回った。又鳩山首相が枝野幸男衆院議員を行政刷新相に起用したことには、「評価する」が53%で、「評価しない」の20%を上回った。政党支持率は民主32%(前回34%)、自民18%(同18%)など。

要するに、朝日新聞としては、世論調査の結果を受けて、小沢氏の元秘書らの逮捕を受けて、内閣支持率自体も急落しており、民主党の勝利(過半数)を望まない有権者が、大勢をしめつつある、というような、記事構成にしたわけである。

しかし、果たしてこれは事実だろうか?そもそも、このように意図的に、記事にバイアスをかけている時点で、マスコミの悪意を感じるものである。

もう少し、この世論調査について、よく分析をしてみたい。まず、調査方法であるが、
〈調査方法〉 20、21の両日、コンピューターで無作為に作成した番号に電話をかける「朝日RDD」方式で、全国の有権者を対象に調査した。世帯用と判明した番号は3557件、有効回答は2161人。回答率61%。 となっている。要するに、固定電話にランダムに電話をかけて、そのうち、回答してくれた人が61%ということだ。

だが、固定電話自体を、もっておらず、携帯電話しかもっていない若者や、週末、レジャーに出かけている家庭や、そもそも、見知らぬところから電話がかかってきたら、
ディスプレイ表示を見て、出ない人が多いわけで、この「61%」という有効回答率からして、マーケティング的に、意味のある数字なのか、という疑問がわく。

つまり、完全に、ランダムで番号を抽出したとしても、上記のような理由から、なんらかのバイアスが、かかってしまっており、男女比で公平なのか。年齢層で公平なのか。エリア性で公平なのか。そもそも、かなり、いいかげんな調査となっている。

ちなみに、広告業界や、マーケティング業界の調査において、こんないいかげんな調査方法で、これが国民の「おおまかな世論ですよ」なんて、理屈はまず通用しない。
おそらく、広告主からは、有効回答率の低さを指摘され、それがどんなプロファイル(属性)の人にとったのか、そこにクエスチョンをつけられる。

小沢一郎は民主党の幹事長を辞任すべきだ、という意見のパーセンテージシェアは2月頭の調査よりも減少しているのである。おそらく、ここでもし増加していたら、国民の辞任を求める声は高まっています、と大騒ぎして報道していただろう。

また、民主党の参議院での過半数確保を望まない声が大勢だ、というような報道の仕方をしているが、しかし、思い出してみてほしい。麻生内閣のときに、彼らマスコミは何を言っていたか。ナベツネが福田政権で、大連立構想を仕掛けた、というのを受けて、また、次の衆議院選挙で自民党の敗北が濃厚だというのを受けて、「自民党と民主党の大連立を望む声が大勢です!」というような、煽り方で報道を連日、続けていたと思う。

このあたり、いかにマスコミが、ひとつのソースをもとに、自分たちの都合のいいように記事を「作文」しているかということだ。さて、そして今回の世論調査での一番のポイントは、
◆どの政党を支持していますか。
 民主党32(34)▽自民党18(18)
◆夏に参院選があります。仮にいま投票するとしたら、比例区ではどの政党、またはど の政党の候補者に投票したいと思いますか。
 民主党32(34)▽自民党23(27)

という調査結果である。2月の頭の調査と比べて、これほどまでに、連日に、御用マスコミが一斉に、民主党に対する大ネガティブキャンペーンを仕掛けて、その結果としても、まったく民主党の支持率は下がっていないし、また、次の参議院選挙も、民主党に投票する、としている人が主流なのである。この世論調査の一番のポイントはここだ。

結局、衆議院選挙前でも、自民党と、民主党の支持率は、小沢一郎秘書の大久保氏に対しての一回目の国策捜査が行われた時点で拮抗していたから、なんだかんだで、もはや、政党支持率にダブルスコアの大差がついてしまったということである。深刻なのは自民党である。

いつまでも揚げ足をとるような代表質問を繰り返して、国益を損なうようなことをしていることを、国民はやっぱり見ているのである。この点が、この世論調査の一番のポイントである。

しかし、繰り返すが、マスコミは自らの都合で、同じニュースソースであっても、「作文」するので、どんな世論調査の結果であっても、とりあえず、それを「小沢辞任」の圧力を強めるための道具としているのであろう。本当に、マスゴミというのは、情けない連中である。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年2月26日 11:27:05
小沢疑惑に関連して、当サイトではマスコミ叩きが盛んである。特に朝日新聞に対しての攻撃が目立つ(週刊朝日は別)。

おそらく、産経が小沢・民主批判をするのは、「またか」と思っても、「あの朝日が」と、意外に思ったり、がっかりしている人が多いのだろう。「あれだけ自民党に厳しかったのだから、民主党には支援してくれると思っていたのに…」というところだろう。

しかし、それは誤解だ。朝日は、自民党に厳しかったのではなく「権力」に批判的なのだ。それが朝日の“伝統”であり、“ウリ”なのだろう。朝日に限らず、マスコミは一般にそうなのだ。

従って、民主党が権力を握った以上、批判される側になったのは間違いない。民主党には、その自覚がまだ足りない。まして、民主党支持者の多くはそうだろう。このサイトで言っていることも、阪神タイガースが負けた腹いせに、巨人を罵っているレベルと変わらないのが多い。結局“贔屓の引き倒し”になってしまうだろう。

なお、小沢疑惑そのものについては、いろいろな評者がそれぞれの立場で言っているのは、“言論の自由”だから当然だ。しかし、いずれの意見についても、まず距離を置いて冷静に読むべきだろう。自分の浅い考えや“結論”が先にあって、 それに合うものを丸写しでこのサイトに引用しても、他人を説得できるものでない。(私は、いろいろな意見の在り処を知るインデックスとして、結構重宝にしているが)。


02. 2010年2月26日 11:51:59
朝日の日々の立位置は読者投稿欄を見ていると分かる。

03. 2010年2月26日 12:44:16
01の言ってることは嘘、朝日が反権力だとか笑わせるのも大概にしてほしいもんだね。

04. 2010年2月26日 12:49:19
ここ数日 トヨタのリコール問題について 消費者の声に真摯に耳を傾け
云々 安全・安心の信頼回復が重要だ云々と番組や記事や社説で立派なことを
のたまっているのに 反吐が出る思いで居る。
メディアは 検察や警察の虚偽リーク(欠陥部品)を内容チェックもせず
そのまま媒体(商品)に載せ、風評被害や名誉毀損し犠牲者(自殺者・会社倒産)
を出している。お前たちこそリコール対象商品の垂れ流し企業ではないのか?!
トヨタの社長は公聴会に出て 謝罪し今後二度とこのような問題を起こさないように全社上げて見直す と宣言したではないか(厳しいと思うががんばって欲しい)
方や、メディアは反省のかけらも見られない。言い訳に終始し、自己弁護ばかりではないか!! お前たちにも、消費者(購読者や視聴者)からの、非難の声が届いていると思う。他者に対しては立派な講釈を垂れ、自身への非難には、頬かむりでは、消費者の信頼回復は出来るはずないだろう。他者に反省や自浄作用を求めるのであれば、自らを律してからにせよ!!!

05. 2010年2月26日 13:15:53
01の言ってることは真反対。朝日が反権力というのは噴飯もの。記者クラブという温室にいるせいか、彼らは国民の側ではなく、国家権力である検察側に寄り添う習慣が染み付いている。国家権力に寄り添った報道は、大本営発表と同様、国家と国民を不幸の淵に連れて行く。翼賛会に組み込まれた過去の苦い経験があるはずだが、同じ事を繰り返している、御しがたい連中だ。

06. 2010年2月26日 14:00:18
>>01
小泉のとき朝日は批判したか?

07. 2010年2月26日 14:02:44
権力が政府だけだと思ってる時点で01の浅さが見えてるな。民主党つぶしを1年前から続けてる検察が権力じゃないと?それを真実であるかのように報道してきた朝日はじめメディアは?

08. 2010年2月26日 14:27:34
清和会の元番記者上がりが朝日の社長では、その路線は決まっているようなもの。
2、3年前くらいから、急激に変ってきた。
その頃、購読の再契約に来た兄ちゃんに文句を言ったら、「秋山さんについては、同じようなことをアチコチで言われます」と言っていた。

09. 2010年2月26日 14:35:51
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/
世論調査を信ずるバカ

10. 2010年2月26日 14:49:18
以前はガチガチの護憲だったのに、右にも秋波を送るような記事が増えてきておかしいと感じてたとこだわ。

11. 2010年2月26日 16:13:01
朝日もいろいろ。田原はもともとで、こんどは星浩が転んだよ。ヒ、ヒ、(小泉)

12. 2010年2月26日 16:20:04
朝日が反権力だって?
バカも休み休み言え。
反権力なら、なぜ、国家権力中の国家権力、国家暴力シシテムの検察にたいして、疑問のかけらさえ持たないどころか、その広報誌に成り下がっているんだ?
他の新聞も同じようなものだけれど、少なくとも自国の内閣首相と政権与党幹事長へのテロ教唆と思しき漫画を堂々と紙面に載せたのは、朝日だけだよ。
反権力どころか、朝日の存在は、いまや、反民主主義、反法治国家、テロとファシズムのシンボルなのだよ。

13. 2010年2月26日 19:04:55
>>01
>。ヨ権力」に批判的なのだ。それが朝日の“伝統”であり、“ウリ”なのだろう。
> 朝日に限らず、マスコミは一般にそうなのだ。

いい加減なことを言うな。小泉竹中の郵政選挙はどうだった?
郵政民営化で良くなったか。大手はどうしてまともな批判をしかったのか!

いざとなると朝日も自分たちのことしか考えないのだよ。

小泉自民党が総選挙をペテンで勝ってから、自民党はさらに劣化した。
かんぽの宿事件が発覚したときも朝日は、事実を確認せず西川らをかばった。


14. 2010年2月26日 19:15:59
12、13さん、よくぞ代弁してくれました。
今現在、まともな大手新聞社はこの世に存在しない。
これは、ニポン国民にとって大変不幸な状況である。
メディア革新(革命)は日本国民の大きな課題である。

15. 2010年2月26日 20:24:45
ごもっともです、でも、最大の害悪を常にお忘れなきように。
    我がよき友、読売様ですね!
 朝日は今や夕日・サンケイは産業廃棄物・毎日は毎日礼拝
夕日さんのことを少しだけ、保健の利かない豪華な病院をお持ちの様です。庶民のおみかただから。

16. 2010年2月26日 22:42:40
今度の世論調査の目的は、小沢氏脅迫、民主党への嫌がらせですね。どうやっら調査のニセ数字が出せるか、次のような操作のあることが、わかっています。
1}誘導補足説明―――「小沢さんは、これ以上の説明は必要ないとしています」と設問につけています。一寸誤りですよね。
2)選択肢の排除―――「小沢氏国会説明」で説明せよ81%、不要15%であるが、「どちらとも言えない」「わからない・答えたくない」の選択肢がない。人を捕まえて、どっちかに決めよは暴論です。選択肢が狭ければ、調査結果はいい加減になります。なぜそうするのか、それが問題であり、ま、ミソです。
3}回答の強要―――81+15=96%の人が回答ですよ。なぜか。いい加減な回答でも、答えをもらうまで引き下がるなという「裏マニュアル」ありです。で、常識を超える異様な高さになるわけ。
4)クロス分析なし―――参院選で小沢問題を重視しない48%、重視する41%。国民は冷静です。幹事長辞任論も前回より低下です。どんな答えにも強弱の程度があるのに、突き合わせて評価する分析がない。その回答48%−15%(国会説明不要)=33%です。国会説明の要求は強い意見ではありませんね。先の81%は大ウソなわけです。
調査結果は国民の意識を深く考えて報道しないと、読者をミスリードします。全く地に落ちた調査の報道です。異様な力量低下です。

17. 2010年2月26日 22:43:18
 読者投稿欄の拡大、スポーツ欄の拡大、安手なヒューマンストーリーの乱発、そして数面にもなる全面広告。朝日の劣化は目も当てられないほどだよなあ。

18. 2010年2月26日 23:43:51
>>01から

 たまたま前投稿が「01」ナンバーになったので、注目度が高かったのか、反論が多く来た。ほとんど予想した内容だが、それにしても相変わらず汚い罵り言葉が多いね。「反吐が出る」「噴飯もの」「浅さが見えてる」「バカ」「バカも休み休み言え」「いい加減なことを言うな」「ヒ、ヒ、」…そんな言葉で相手をへこましたつもりでいるのかね。まあ、外野席の野次に関わるのはこれぐらいにして、一つの論点に対して考えを述べます。

>>05さん
>彼ら[朝日]は国民の側でなく、国家権力である検察側に寄り添う習慣が染み付いている。
>>07さん
>権力が政府だけと思ってる…01の浅さ…。検察が権力じゃないと?>>12さん
>[朝日は]なぜ、国家権力中の国家権力、国家暴力シシテムの検察にたいして、疑問のかけらさえ持たないどころか、その広報誌に成り下がっているんだ?

上記3投稿は、ほぼ同じことを言っていると思います。私は、検察が「政府権力」の一環であることは、もちろん承知しています。私は、前稿で、朝日もマスコミ一般も、権力に批判的なのだ、と述べました。上記3投稿は、その意味を全く誤解しています。

権力に批判的ということは、権力側の行うことに何でも反対する−という意味ではありません。まともな行為については、支持することも、賛同することもあります。しかし、間違った行為が無いか、常に目を光らせ、あれば批判をする−という意味です。

今度の小沢・鳩山資金問題について、検察が何も捜査しなかったり、法相が捜査差し止めの指揮権発動をしていたら、マスコミはおそらく「政府与党幹部にべったりだ」と厳しく批判したと思います。しかし今回は、検察がそれなりの捜査をしたので、大方のマスコミはあまり検察批判をしなかったのだと、思います。半面、鳩山や小沢の弁明に対して大衆が多くの不満を残しているところから、マスコミの政府・与党批判が強いのだと思います。もちろん、いずれも両側からの少数意見があるので、マスコミも一色ではありません。

このように述べると、当サイトでは「けしからん」と大声の反論が来ることでしょう。 お願いしたいのは、そのさい鳩山の「母親資金は知らなかった」、小沢の「資金報告の虚偽記載は知らなかった」という弁明を、貴方は心から信じているのかどうかを、一言表明してからにしてもらいたいのです。

参考に一つ指摘しておきます。

小沢・民主党支持者には“頼り”の『週刊朝日』(3/5号)に、ジャーナリスト松田光世氏が一文を寄せ、その中に「主な国会議員のずさんな資金管理」という表を載せています。最近約3年半ほどの間に、資金の受け取りや収支報告書の内容に疑惑を持たれた政治家約50人の名前(安倍、谷垣、森、麻生ら)と「問題点」が記されています。松田氏の言いたいのは、自民党議員が多いことや、ほとんど形式的な報告書訂正で済まされているのに、小沢関連の石川知裕議員逮捕は不当だ−ということでしょう。

しかし、私がこの表で注目したのは、問題にされた金額です。明示されている数字のほとんどは十万、百万単位で、千万単位は角田義一(民主、2500万円)、佐藤勉(自民、1100万円)の二人だけです。これに対して小沢一郎は約4億円と、突出しています。スピード違反でも速度が速いほど罰が重いのだから、今回扱いの差は、ここからきているのでよう。

この『週刊朝日』には、石川議員に対する上杉隆インタビューも載っています。この中で石川議員は「収支報告書の不記載については、反省すべき点、認めざるを得ない点はあります。これについては、今後の公判で裁判所が判断すべきことだと思います」と述べています。


19. 2010年2月27日 00:40:32
18さん。
13さんに対しては、どうお答えになりますか?

20. 2010年2月27日 02:03:01
朝日新聞は戦争を煽ったという原罪を贖うために進歩的文化人の旗手として
再出発したのだが、その原罪意識が薄れるにしたがい、特権意識ばかりが堆積
してしまった。実態はどうかというと、権力と読者の風向きに迎合している
ただのカスで、読売清和新聞より更にタチが悪い。ここ最近、販売部数の激減が
顕著であり、その凋落ぶりは旧社会党を想起させるものがある。


21. 2010年2月27日 06:15:01
1さんへ。
朝日新聞が1さんの言うように「権力に批判的」だったなら、
イ、一連の検察権力の暴走を見逃しはしなかったろう。
ロ、検察権力と同調したマスメディア権力の暴走と、その具体化である記者クラブメディアの権力に批判的になれただろう。
ハ、アーミテージのような共和党系の恫喝屋を知日派として持ち上げたりはしなかったろう。
二、米国によるイラク侵略直前に、アメリカの権力を批判する替わりに「フセイン大統領はイラクから去れれ」と社説で主張したりはしなかっただろう。
ホ、「真実を求める会」の真実を求めないままに告発n尻馬に乗りはしなかっただろう。
ヘトヘト、まだまだあがる、、、

22. 2010年2月27日 06:59:16
21様
 さっき別の記事で書き残した
  「へとへと」その時に本当の力がつくのだ、そこで休むな!!!
                          3流スポーツ選手より

23. 2010年2月27日 13:09:03

こうしたマスコミの体質に気が付かないで上品に対応している

鳩○総理も馬鹿に見えてしまうので、もう少ししっかりとしてほしい。


24. 2010年2月27日 13:53:24
>>01から

>>13、19さん

前回投稿では、あまり論点を拡散させたくなかったので、「13」には触れなかったのですが、「19」でお尋ねがあったので、お答えします。

>小泉竹中の郵政選挙はどうだった?郵政民営化で良くなったか。大手[新聞?テレビ?]はどうしてまともな批判をし[な?]かったのか!

ご質問のポイントが、よく分かりません。「郵政選挙」の結果であれ、「郵政民営化」の内容であれ、あるいは民営化の経済効果であれ、いずれも学者、評論家が色々な観点で、本を何冊も書くようなテーマですから、「どうだった」「どうして」と言われても、私には短く書く知恵はありません。

ただ、朝日新聞は小泉のいわゆる郵政改革に賛成の立場だった、とは言えるでしょう。例えば朝日社説(05/08/10)は『民営化の灯を消すな』と題して、次のように書き出しています。

>郵政民営化法案が参議院で否決され、総選挙に突入する。自民党内の造反や、民主党など野党の反対で廃案となったことは、残念というほかない。郵政民営化は、郵政公社という26万人が働く国営事業体の経営問題にとどまらない。財政や金融を健全な形にする。特殊法人王国に切り込む。社会に根付く官尊民卑から決別する。そうした大がかりな改革の突破口でもあった。

これを読んで、郵政法案に反対した民主党を非難している部分に腹を立てるか、逆に「特殊法人王国に切り込む。社会に根付く官尊民卑から決別する」という今の民主党の主張を先取りして励ましている−と読むか、人によって異なるでしょう。郵政改革に基本的に賛成していた点では、読売、毎日、産経、日経も同じでした。

大事なのは、郵政改革を問うた05年総選挙で、小泉自民党が大勝したことです。その原因を「大衆がマスコミに騙されたのだ」と思ったり、言っている人もあるのでしょう。しかし、では昨09年総選挙で民主党がそれを上回る大勝したことについても、同じことを言うのでしょうか。「そうではない。それは安倍、福田、麻生がバカだったからだ」と言う人もあります。そうかもしれません。しかし、麻生らの“バカぶり”を伝えたのもマスコミです。

要は、その時時での感情的なマスコミ叩きは、感心しないのです。


>>21さん

「イ」「ロ」でご指摘の問題は、投稿「18」で述べたとおりです。

「ハ」「ニ」、国際問題まで、このコーナーで論じるのは広がりすぎるし、私に知恵もありません。必要なら別に投稿してテーマを立てて下さい。


25. 2010年2月27日 16:23:50
もう、新聞社の「世論調査=世論操作」の数字なんか、誰も信じていない。
読む価値のない記事を毎日大量に印刷するのは「自然環境問題」への違反でっせ。

26. 2010年2月27日 20:18:48
>25

自分の不細工な顔が写って、鏡に八つ当たりしてる。自分は目をつぶっても、他人は大勢見てる。


27. 2010年2月28日 00:00:35
丁寧を口調を装った工作員を除く、すべての皆さんのコメントに賛成。

今さら「あの朝日が」なんて、がっかりする人はいない。
信用はとっくにゼロ以下だし、「大勢見てる」ってのも悔しまぎれですなぁ。
広告料も購読料も落ちて、苦しんでるってのが、世に広く知られた現状なのに。

「朝日が権力に批判的」なんて言ってる時点で、何十年か時流から遅れてる。
長々書くほど、恥をさらすのはあなた。読んでる大半の人がしらけてる。
空気、読めない?読めなくても書けって言われてる身だからしょうがないか!


28. 2010年2月28日 13:17:12
>「朝日が権力に批判的」

はぁ??幻想というかもはや妄想!
報道機関としての「信念」など、もはや(いや、元々?)無いでしょ。
今頃こんな事真顔でいっている人がいるなんて笑っちゃいます。


29. 2010年2月28日 14:04:35
→→28

君は新聞読んでいるの? 何新聞?「日刊ゲンダイ」?「プレス民主」?「しんぶん赤旗」? どの新聞が一番よいか、教えて。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK81掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK81掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧