★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK81 > 923.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《鳩山内閣の「政治主導」の国家公務員法改正の危険性を暴く(6)》
http://www.asyura2.com/10/senkyo81/msg/923.html
投稿者 仁王像 日時 2010 年 3 月 08 日 21:16:23: jdZgmZ21Prm8E
 

(回答先: 森田実『小沢・鳩山民主党政権による国家公務員人事の私物化は許されない 』 投稿者 仁王像 日時 2010 年 3 月 08 日 20:47:08)

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C06143.HTML
2010.3.6(その3) 森田実の言わねばならぬ【196】
平和・自立・調和の日本をつくるために[196]
《鳩山内閣の「政治主導」の国家公務員法改正の危険性を暴く(6)》再就職あっせん廃止・早期勧奨退職廃止は新規採用を圧縮し、官僚制を内部から腐らせ、解体するおそれ大である

「一将功成りて万骨枯る」(曹松)


 小沢・鳩山体制による「霞が関解体」は、日本の将来にとってきわめて危険である。

 公務員の退職の基本的形は三つである。定年退職と自己都合退職と勧奨退職である。最近では定員(約29万人)のうち、約1万2000名が退職した。これを1万人新規採用して補充している。ところが、勧奨退職を停止すると約3000人が引き続き在職することになる。これが、勧奨退職に伴う新規採用を圧縮することになる。これにより官庁内の新陳代謝は遅れる。このしわ寄せによって、若手官僚の意欲が奪われる。

 しかも、定年制延長と勧奨退職停止により、官庁内のポストが不足するとともに、仕事が下部機関に押し下げられることになる。

 官庁内の仕事にはいくつかランクがある。大まかに分類すると、入省から28〜35年目、21〜28年目、14年〜21年目、7年〜14年目、7年目の5段階になる。ところが定年制延長と勧奨退職停止により、28〜35年のベテランが長くその地位にとどまることになる。このため各段階の仕事が下部の部署に移行する。課長クラスはいつまでも課長職にとどまる。課長補佐クラスも係長クラスも同様である。役所は生き甲斐と刺激に欠ける場と化すおそれ大である。そうなると、優秀な人材が集まらなくなる。最近の大学法学部卒業生のなかで「官」の評価は低下している。この状況がつづくと、役所の能力は低下する。鳩山民主党政権は、このことを知らぬはずはない。知っていてやっているとすると、事は深刻である。このままでは行政機関の未来は暗い。国力の低下が起こるおそれ大である。(つづく)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK81掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK81掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧