★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK82 > 262.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
“検察の正義”に委ねていいのか? 元検事、元司法記者が語る、小沢捜査の裏側(Business Media 誠)
http://www.asyura2.com/10/senkyo82/msg/262.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2010 年 3 月 11 日 17:06:56: twUjz/PjYItws
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100311-00000009-zdn_mkt-bus_all

“検察の正義”に委ねていいのか? 元検事、元司法記者が語る、小沢捜査の裏側
3月11日10時31分配信 Business Media 誠

元検事の郷原信郎氏(左)と元司法記者の魚住昭氏(右)

 民主党の小沢一郎幹事長をめぐる政治資金規正法違反事件では、各メディアが小沢氏に関する疑惑を報じる中、検察は小沢氏の秘書ら3人を起訴し、小沢氏自身は不起訴とする方針を固めた。検察はなぜ小沢氏への捜査を行い、なぜ不起訴という結論に至ったのか。また、多くのメディアが検察と一体化したかのような報道を行った背景には何があったのか。

【拡大画像や記者会見の紹介写真】

 共同通信社で司法記者を担当した魚住昭氏と東京地検などで検事を務めた郷原信郎氏は3月8日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見し、検察の“小沢捜査”の背景を語った。【堀内彰宏】

●なぜ小沢捜査は行われたのか

魚住 今の日本は大きな問題を抱えています。それは検察庁という行政機関が巨大な力を持ちすぎて、誰もそれを統御できないということです。その上、検察は組織が腐敗し、かつ捜査能力が極端に低下しています。検察の暴走、腐敗、能力低下の3つが同時進行しているのです。それを如実に示したのが小沢幹事長をめぐる一連の捜査でした。

 2009年3月、西松建設関連の政治団体から2100万円の偽装献金を受け取った疑いで、小沢氏の秘書(大久保隆規氏)が政治資金規正法違反の疑いで逮捕されました。これは従来の常識では考えられない出来事でした。過去の摘発例を見ると1億円を超える裏献金を受け取った政治家が立件されたケースはありますが、政治資金収支報告書に記載されているオモテの金で、額が2100万円に過ぎないのに立件するというのは異常なことです。

 しかも衆議院選挙を目前にした時期に、検察は従来の立件のハードルをガクンと下げて、野党第1党の党首側近を逮捕しました。当然ながら、「この捜査は不当な政治介入だ」と世論の強い批判を浴びました。一部では、「当時の麻生政権の要請を受けて行われた国策捜査だ」という意見もありましたが、私はそうは思いません。検察はその時々の政権の意のままに動くような組織ではありません。特捜部の検事たちはいつの時代もそうですが、多少無理をしてでも政治家がらみの事件をやって手柄をあげ、マスコミの脚光を浴びて出世の足がかりにしたいのです。

 問題は「特捜部の暴走を検察の上層部がなぜ止めなかったか」ということです。私は上層部の判断の背景には「小沢政権ができることに対する忌避感があったのではないか」と疑っています。

 小沢氏はもともと検察と仲が良くありません。しかも彼は脱官僚、つまり検察を中軸とする中央官僚機構の解体・再編を目指すと公言している政治家です。「そんな人が首相になったら困る」という上層部の思惑が微妙に作用したのではないか。そうとでも考えなければ理解できない異常な捜査でした。

 2009年末から表面化した陸山会の土地購入をめぐる事件は、西松建設の事件で世論の批判を浴びた検察がその失地回復のために行った捜査でした。つまり、検察のやったことを正当化し、「小沢は金に汚い悪質な政治家だ」ということを証明するために行われたものです。

 この第2ラウンドの捜査でも検察は敗北しました。大物政治家を2度も被疑者として調べながら、起訴できないというのは、検察にとって戦後最大級の失態です。捜査が失敗した理由は明白です。「小沢氏の当時秘書だった石川知裕衆議院議員に5000万円の闇献金を渡した」という水谷建設(水谷功元会長)側の怪しげな証言を信じ込んだからです。

 まんじゅうに例えると、アンコに当たる部分が5000万円の闇献金で、皮に当たる部分が4億円の土地購入の不記載です。皮の部分の4億円の不記載は、煎じ詰めると「土地の購入時期を2〜3カ月ずらして政治資金収支報告書に書いた」という形式犯に過ぎません。5000万円の闇献金がその土地購入費にあてられたというアンコが立証されなければ、スカスカの皮だけのまんじゅうになって食べられたものではありません。

 ところが、検察が信じた水谷建設側の供述はうそ話だった。アンコが腐っていたんです。石川議員が否認を貫き通せたのは、まったく身に覚えがない事実だったからです。あらかじめ決めたターゲットを摘発する、つまり「小沢を狙い撃ちする」という捜査の常道に反することをしたから検察は失敗したのです。今回の事件だけでなく、10年あまり前から検察は同じような不純な捜査を繰り返すようになっており、検察の劣化・暴走が目立つようになりました。

●検察の劣化・暴走が目立つようになったワケ

 なぜ検察はそうなってしまったのか?

 重要なポイントだけを挙げると、1つは検察の裏金問題です。検察は少なくとも1999年まで、年間5億円前後の裏金を組織的に作り、幹部の交際費、遊興費にあててきました。検察はその事実を全面否認したばかりか、2002年にはその裏金作りを内部告発していた三井環という中堅幹部を口封じのために逮捕しました。これは恐ろしい権力犯罪ですが、日本の主要なメディアはきちんと批判しませんでした。検察が最も大事な情報源であるため、その検察の機嫌を損ねて情報がもらえなくなるのを恐れたからです。

 これを別の角度から見ると、検察は主要なメディアに対する影響力を保ち、自らの恥部を覆い隠すためにも常に大事件をやり続けなければならない。そういう自転車操業的な体質を身に付けてしまったと言えます。この裏金問題は、検察組織のモラルハザードを深刻化させました。上層部が「自己保身のために何をやってもいいのだ」というお手本を示したのですから当然でしょう。

 2つ目の理由は、今も触れた主要な新聞・テレビメディアと検察の癒着関係です。検察の暴走をチェックすべきメディアがその役割をほとんど果たしていません。

 3つ目の理由は、裁判所と検察の癒着です。日本では起訴された案件の99%近くが有罪になります。起訴事実を否認して無実を主張すると、1年も2年も身柄を拘束されます。検察の言い分を裁判官がほとんど認めるので、裁判所は検察の暴走をチェックする役割を果たしていません。

 つまり、検察をメディアと裁判所が強力にサポートする体制ができあがっているのです。だから検察の力は巨大なのです。法律の上でも検察の幹部人事は国会の承認が必要ではありません。選挙による民意のコントロールも利きません。

 一方、日本の政党勢力の方はどうでしょうか。政権与党の民主党は大雑把に言うと、新自由主義者と社会民主主義者、つまり小さな政府論者と大きな政府論者の寄り合い所帯です。そのため、とても壊れやすく、政策の方向性を決めるのが難しい。国民新党や社民党と連立を組んでいるのでなおさらです。

 それでも民主党を軸にした連立政権がとりあえず機能しているのは、小沢という求心軸があるからです。彼が内政においては「反小泉構造改革」、つまり社会民主主義的な所得の再分配、それに「脱官僚」、つまり従来の官僚主導政治の改革、外交においては「対米自立路線」、この3つの基本政策を打ち出すことで、民主党左派や社民党、国民新党の支持を取り付け、民主党内の新自由主義者たち、反小沢勢力をおさえこんできました。

 ところが、今回の事件で小沢幹事長は自らの金権体質を国民に批判され、深手を負いました。長崎県知事選の敗北(2月21日)も重なって、彼の求心力はかなり弱まったと思います。

●検察中心の刑事司法の仕組み

郷原 私の西松建設事件と陸山会事件についての見方も、今、魚住さんが話したこととほとんど変わりません。検察の能力が極端に低下し、そういう言ってみれば最低レベルの事件しかできなくなっているのに、まったくマスコミなどから批判されないまま、それがまかり通っているというのが現在の状況です。

 魚住さんは司法記者として検察を外から見てこられた人ですが、私は23年間検事として仕事をして、検察の中にいました。それだけに今の検察の状況については、驚きというか「絶望を感じるほど問題だ」と思っています。そこで、私の方からは「なぜ検察がこういう状況になってしまったのか」「日本の検察には組織としてどういう特徴があるのか」ということをお話ししたいと思います。

 日本の検察は、刑事司法に関して全面的な権限を与えられているところに特徴があります。すべての刑事事件について、検察官は起訴や控訴をする処分権限を持っています。そして、検察官は「犯罪事実が認められる場合でも、あえて起訴をしない」という訴追を猶予する権限も持っています。この2つによって検察は、刑事司法に関して絶対的な権限を持っています。

 このような検察中心の刑事司法の仕組みは、殺人や強盗、薬事犯のようなアウトローによる犯罪、社会の周辺部分と言いましょうか、あまり社会生活や経済活動などに影響を及ぼさないような犯罪現象を前提として構築されたと考えていいと思います。

 殺人や強盗、薬事犯のような犯罪であれば、「反道徳的」「非倫理的」という社会の評価はもう定着している、あらかじめ決まっているわけですから、検察官は価値判断をする必要がありません。とにかく証拠があれば、起訴をすればいい。その証拠が不十分であれば裁判所が無罪にする、それだけのことです。

 ところが、例えばライブドア事件、村上ファンド事件のような経済分野の犯罪現象、今回問題になっているような政治資金規正法違反などの犯罪。こういった違法行為は、案件数としては限りない数、世の中に存在しています。その中からどの事件を選んで処罰の対象にするのかということに関しては、処罰する側、摘発する側の価値判断が求められています。

 ですから、そういう社会的、経済的、政治的に大きな影響を及ぼす事件については、検察官はそういう犯罪に対してどういう基準で悪質性や重大性を判断し、どういったものを摘発の対象にしていくのかについて明確な基準をあらかじめ示す、最低限検察の内部では明確にしておく必要があります。

 ところがそういった基準が明確にされないまま、一般の殺人や強盗のような事件と同じように、「犯罪がある限り、それを処罰するのは当たり前だ。検察は何をやってもいい」という考え方で、全面的に検察のアクションが容認されてしまうという、そこに最大の問題があります。

●政治資金規正法は何のためにあるのか?

 先ほど魚住さんが言われたように、西松建設事件までは1億円以上の裏献金事件、献金自体が隠されたような事件が、政治家の政治資金規制法違反による摘発の対象にされていた。ところが西松建設事件では、それよりもまったくレベルの低い、悪質重大とは到底思えないようなことを摘発の対象にしました。しかも、それが政治的に非常に大きな影響を生じさせました。

 陸山会の事件で最終的に検察が起訴した事実というのは、先ほど魚住さんが言った、不動産の取得時期のズレの問題、それとその不動産の取得の際に小沢氏が一時的に立て替えたお金の流れが収支報告書に記載されていなかったという、極めて形式的な問題でしかありません。

 政治資金規正法というのは、政治の世界のルールを定める法律です。それが「どのような趣旨・目的で定められているのか」ということを明確にし、「どのようなことを国民に対して開示することが求めているのか」ということをしっかり理解すれば、「どのような行為が悪質重大であるか」「どのような行為が軽微なものか」ということの判断は可能なはずです。

 このように日本の社会、そして国民が政治や経済、社会に関する重要な価値判断の部分まで“検察の正義”というところに全面的に委ねてしまっている。魚住さんが先ほど言われたように、これが日本の社会に危機的な状況が発生している根本的な原因になっています。

 まず今、必要なことは日本人全体がこの検察の正義というマインドコントロールから脱することです。人が集まってできている組織なので、そこでは必ず間違いが起きる可能性があります。そして、とりわけ検察の場合は、一度判断したことを後で訂正することが難しいわけです。大きな影響を生じさせてしまうと、「それが間違いだった」ということを後で言いにくい。その分、一度犯した間違いがもっと大きな間違いになってしまう可能性があります。そういう検察の間違いが社会にとって致命的な間違いにならないように、検察にも一定の説明責任、そしてその判断の根拠に関する資料の開示責任というものを常にきちんと負わせていく必要があります。

 ところが先ほど言いましたように、日本の刑事司法というのは、殺人や強盗のような価値判断不要な伝統的な犯罪を前提に作られています。検察官にはほとんどと言っていいほど、説明責任も、そして資料については透明性も求められていないわけです。

 そういう検察に対しては、マスメディアと政治とが権力バランスをうまく保っていくことが不可欠だと私は思います。ところが先ほど魚住さんが言われたように、日本のマスメディアは基本的に検察と一心同体の関係であり、検察に対する批判的な報道や検察のアクションを疑うということをまったくしません。「それはなぜか」というと、検察が“いい”事件をやることが基本的にマスメディアにとって利益になることだからです。利益共同体のような存在です。

 そして、日本では歴史的に、「政治は検察の正義に対して介入してはならない」とされてきました。「検察が判断する通りに事件をやることが正義であり、それに政治的に介入すること自体が悪だ」という風にされてきました。ですから、政治は検察に対するチェック機能をほとんど果たしてきませんでした。

 自民党中心の政権がずっと続いていた時代には、そのこと自体はあまり問題ありませんでした。なぜかというと、検察も政治的に大きな影響を及ぼさないように自制的に権限行使をしてきたからです。しかし現在の日本は、国民の主体的な選択によって政権が選択され、それがまだ不安定な状況です。こういう状況において検察は、「検察の権限が政治的に不当な影響を及ぼすことについての危機感というものを、もっと強く持つ必要があるのではないか」と思います。

●検察とメディアが一心同体となる理由

 会見後に行われた質疑応答では、検察と政治の関係や検察とマスメディアの関係などについての質問が投げかけられた。

――小沢氏に対する捜査はまだ続けられると思いますか?

郷原 「まだやりたい」という意欲は検察に残っていると思います。しかし、さすがに小沢関連事件の摘発を2回試みて、両方とも大失敗に終わって、3回も試みるということは検察の常識としては考えられません。そこまでいくと、もう常識を超えた異次元の世界になってしまう。ちょっと私は想像したくありません。

――検察が政治に与える影響についてどのように考えていますか?

郷原 私が最近思うのは、民主党政権側が検察に対して非常に萎縮しているような感じを受けます。官邸サイドもそうですし、党サイドもそうなんです。ここまで検察のアクションがでたらめで、しかも大きな政治的影響が生じているわけですから、「どこが間違っているのか」ということを堂々と言って、検察を批判してもいいはずなのですが、それがまったくできない。

 それは1つには、マスメディアが戦前の統帥権干犯※のように、検察に対する介入を徹底的に批判するということが原因だと思います。もう1つは、ここまで検察によるアクションのレベルが落ちてくると、みんな胸に手を当てて考えてみると、「自分もやられるかもしれない」と思い始めます。それがベースになって、「検察が怖い」と思う原因になっているのではないでしょうか。これはある意味で恐ろしい現象じゃないかと思います。

※統帥権干犯……1930年にロンドン海軍軍縮条約に調印した浜口雄幸内閣に対して、「統帥権の独立を犯すもの」として野党や軍部などが反発した事件のこと。以後、政府が軍部に介入しにくくなり、政党政治が弱まるきっかけとなった。

――報道にたずさわる人間と検察とがクローズドな形でコミュニケーションをとっていることについてどう考えますか?

魚住 記者クラブについて申し上げます。記者クラブ自体が特殊なのですが、検察庁を担当している司法記者クラブというのはさらに特殊な記者クラブです。どこが特殊かというと、検察庁という行政機関の方が記者クラブより圧倒的に力を持っていて、検察庁の気に入らないことをしたら出入り禁止になるという規則があります。それから、テレビカメラが入れません。司法記者クラブの力が検察庁より圧倒的に弱いがために、そういう特殊な慣行がいまだに続けられている。

 なぜ圧倒的に弱いかというと、検察庁がものすごく貴重な情報を持っているからです。「自分の会社だけでもその情報をもらいたい」という気持ちがあって、1つにまとまれないんですね。これは逆に言うと「検察庁の分割統治が成功している」ということです。

郷原 本当の問題は今、司法記者クラブに所属している記者の問題ではないと思うんですね。むしろ、司法記者クラブ出身のもっと上の遊軍と言われる人たちにあると思います。そういう人たちは検察幹部や法務省幹部と個人的なつながりを持っていて、むしろそういったところが(司法記者クラブ所属の記者より)貴重な情報をつかんできます。

 その人脈は彼らにとって財産です。「自分が貴重なつながりを持っている相手が常に正義であって、正しい」という前提が維持されると、その情報源が生きてくるわけですね。ですから、もしその前提が崩れてしまうと、長年にわたって築き上げてきた記者としての財産が失われてしまいます。そのため、検察と司法記者クラブ系メディアの一心同体的な関係ができあがる、というところに最大の問題があると思っています。

――先ほど魚住さんは10年前くらいから検察の劣化・暴走が目立つようになったとお話しされましたが、その具体的な例を教えてください。

魚住 いちいち挙げていったらキリがないのですが、例えば1997年前後に行われた不良債権の処理に絡む捜査ですね。最終的に最高裁で無罪になった、日本長期信用銀行の特別背任事件が特徴的です。要するに長銀の経営破たんの責任者を処罰することが時効でできなかったので、経営破たんの後始末に入った人を逮捕して、スケープゴートとして国民の前に差し出したというような事件でした。

郷原 2009年9月に出した『検察の正義』という本の中で詳しく書いていますが、私は2000年前後以降、特捜検察がやった事件でまともな事件は1つもないと思います。やればやるほど、どんどんやることのレベルが落ちている。それが実情だと思います。

 普通なら、企業であればいいものを作らなければどんどん売れなくなる、どんどん組織が衰退していくんですね。ところが検察の場合は、その商品が消費者に評価されるのではなくて、ほとんどマスメディアを通じてしか評価されません。そのため、悪質性や重大性という面ではレベルの低いものしか摘発できないわけですが、それをマスメディアが評価してしまう。評価されると、「この程度でもいい」という話になって、やることがもっと落ちていく。それが能力低下を招いていった1つの負のスパイラルなのかなと考えています。

――日本には検察の捜査に対して、民主的な手段で介入できるようなシステムはありますか?

郷原 日本の法律では検察庁法14条で法務大臣の指揮権として、そのことに関する規定があります。これは検察の権限行使に対する唯一の民主的コントロールを定めた規定です。

 ですから、今、考えるべきことは「法務大臣の指揮権をいかに適切に行使するシステムを作るか」ということです。検察の権限行使を政治的に利用するような方向で、法務大臣の指揮権を不当に使うというようなことは確かに問題です。しかし、「検察の権限行使が本当に正しいのかどうか」ということを専門的な見地、第3者的な見地からチェックできるようなシステムを作ることが今、日本にとって非常に重要なのではないかと思います。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年3月11日 18:00:24
なにせ、検挙-逮捕で「フレームアップ」すること-政治家抹殺-政治生命抹殺が核心の政治資金規正法を捜査と情報操作。痴犬の犬察権行使は明らかに、「事件を作る方向性」だ。それに対しては、「事件を作らせないこと」。「事件を作り」に掛かったら、完全黙秘で抵抗すること」なのだ。
幌御覧、北教組の問題、何度ガサを入れているのか。四度目だぜ。証拠裏づけのタメニと称して入るが、ガサ-家宅捜査で犯罪性を際立たせる為にのみ行うことのような操作方法。客観的証拠不在なんだな。これがヤクザの事務所辺りだったら、暴走族アガリの事務所番のアンちゃんが、「何回やったって、でねえものはでねえんだよ」とイキガラレチャウ。ポリ公、クマッチャウ。なんだな。
黙秘での抵抗、三井環さんも上げていたが、ゲロはくヤツほど「可愛いんだ」な。取調べで捜査官が何を言おうとダンマリの一手、これが一番なんだな。痴犬の犬児どもも、厳寒の荒野に放り出された犬っコロの思いなんだろうし、無理筋で調子ずいてやらなきゃよかったの思いだろうな。特高の倅-アンポンタンの町村が寒空にパンツ一枚で放り出して「悪ウ、ございました」と言わせろと嗾けても駄目なんだな。今度はアンポンタンの番かな。
政治家も大変だな、癌でよたよたの与謝野の「盗聴疑惑」-ニクソンウォーターゲート事件並みの政敵追い落とし対策をとらなきゃなんないし。うっかり彼女にも電話で出来ないぞ。ポハイク-ゴミ売りが作りそこなって、NTT-NECが米国の肝いりで作り上げた「エシュロン盗聴網の日本版」に引っかかるぞ。
次々と「作ってくるだろうから」、逮捕時の心得とか、事務所ガサ対策とか作っておくことだな。千葉のバアサンあたりのフニャケタ-日和見弁護士なんかに作ってもらっちゃあ駄目だぞ。

02. 2010年3月11日 18:05:11
検察の捜査に対し民主的な手段で介入するシステムの導入は焦眉の急ではないか。法務大臣が指揮権を発動すべきか否かについて大臣が諮問できる機関を設置すればよいのではないか。そうすれば指揮権の不当行使の誹りを恐れて、真に必要な場合の行使機会を逸することは無くなるのではないか。昨今の検察の著しい能力低下、メディアとの行き過ぎた関係、その結果としての不当な捜査や立件の頻発に鑑みると早急応急措置が必要ではないのか?そのためには法務大臣が識者を集めシステム導入について諮問すべきだろう。当然その中に郷原氏、魚住氏に入って頂けばよい。何故急がないか不思議だ。

03. 2010年3月11日 19:32:58
国民が真実を知ることを阻害している最も大きい原因がマスコミだなんて、私達日本人は本当に不幸です。

マスコミは
国民みんなの
アイマスク


04. 2010年3月11日 19:40:09
検察もマスゴミのやつらも国民全員にボコられるまで反省しないって、マジで。
だからボっコボコにしに行こうぜ!

05. 2010年3月11日 22:12:27
>日本の政党勢力の方はどうでしょうか。政権与党の民主党は大雑把に言うと、新自由主義者と社会民主主義者、つまり小さな政府論者と大きな政府論者の寄り合い所帯です。
>小沢という求心軸があるからです。彼が内政においては「反小泉構造改革」、つまり社会民主主義的な所得の再分配、それに「脱官僚」、つまり従来の官僚主導政治の改革、外交においては「対米自立路線」、この3つの基本政策を打ち出すことで

勉強してこい、小沢氏が大きな政府論なんて終始一貫持ってないよ。
終始一貫、地方の自立即ち財源と権限は全て地方に移して地方は地方で自立させ政府は外交とかのみでいいと言う小さな政府論を一貫して唱えてるんだが?
だから、陳情一本化も馬鹿マスゴミは小沢権力集中とか煽ってたがそれなら今まで通り東京の党本部に陳情させるよ、それが各地元でやってくれと言う所がミソだ。
それに、小沢氏の著書ご覧になったらわかるだろうが小泉の改革などエセ改革と言うぐらい素晴らし内容。


06. 2010年3月11日 22:51:52
取調べ前面可視化法案は以前民主党が2回国会に提出した
法案をそのまま出せばよいではないか。この際多少の不
整合があってもまず法案成立を優先すべきだ。

躊躇している間に、また検察に事件をでっち上げられて、
狙い撃ちされてつぶされる。これは国民と検察・官僚の
戦争だ、やるかやられるかだ。


07. 2010年3月12日 03:18:00
平野さん、千葉さん

まさか、あなた方も検察に弱み握られて可視化法案出さなでいるんじゃないでしょうね?


08. 2010年3月12日 04:14:21
日本の治安を守っているのは自分達だ!と思っている警察や検察の大多数は健全なんだから相互監視の制度を作ったらいい。
この両者、亀井「何の権限があるんだ、町村あたりに!」
に対して、町村「亀井退席だ!」の喧嘩を見ても分かるように仲は良くない。
特に、パチンコ利権といえば警察と相場は決まっているのに河上和雄なんかが利権に食いついているのを良く思わない警察官僚は多いはず。
検察の暴走を止める手段が事実上無いに等しいのが問題だと思う。特捜部を解体するに越したことは無いですけどね。

09. 2010年3月12日 18:45:24
私には、民主党が検察批判をしないのは検察やマスコミの実態を曝け出したほうが国民の関心を高めることになると考えての事だと思われる。
実際、阿修羅での検察批判は物凄いものになっている。
検察批判やマスコミ批判が、これほど盛り上がった事が今まで有っただろうか。
民主党が検察やマスコミに対し批判したり法的措置を取っていれば、これほどにはならなかったと思われる。
今まで知らなかった検察やマスコミの実態を知ることが出来たのは、むしろ民主党のこうした対応のおかげであり、感謝すべきであろう。


10. 2010年3月12日 19:07:19
06.さんに賛成。
磐石の制度設計などそもそも有り得ない。特に、警察・検察の現場は事務が主体ではなく、そもそも事務方の官僚が支配・統制することに無理がある。昔から、官僚が出張ってくると刑事機能が弱くなると指摘があるほどである(グリコ・森永事件などは典型例)。よって、基本法案を通し、部分的にでもテスト運用を始め、現場のフィードバックを得ながら詳細な制度設計を進めるべきである。
机上のお勉強会を、現場を知らないバカ共がチンタラやっていても、それだけでは大した意味を持たない。せいぜい、警察サイド・被疑者サイド共に現場では不評な、使えない制度を”お上”から押し付けられるのがオチ、という結末をも想像してしまう。
録画・録音機器およびデータ管理・整備云々が問題なら、”差し当たって”弁護士の立会いを認め、そして、被疑者側がこれら機器を持ち込むことを拒否してはならない、と法改正するだけでもいい。

08.さんに関して
上層部が馴れ合い(互いにやましい所を握り合っている)であり、また、現場が(自らの判断で)上層部を逮捕する事は現実には不可能なので、相互監視は難しいと思う。それができるなら、そもそも各組織において、今より自浄能力が発揮されているように思う。
JR西日本に対して、日勤教育に代表される上意下達が行き過ぎた組織性、そして歴代経営陣の問題追求が今なおなされているが、警察などはJRの比ではないだろう。
一つに、これも昔から提案されていることだが、現場警察官などにも団結権を認める(欧米では認められている所もある。スト権は無し)必要があると思う。
権利を得たからといって上手く行使できるとは限らないが、権利を与えて行使しなければそいつらが悪い、と責任を取らせる意味でも必要に思う。何せ、警察・検察を初めとする官僚は、(1)民間人(2)組織内の階級が下の者、という順で責任転嫁するだけの奴等だから、現場の連中にも反論させる権利を与えないと、皆腐って行くだけだろう(既に腐り切っているが)。


11. 2010年3月12日 20:45:45
シーシェパードに対しては皆さん色々な意見があるだろうが。

シーシェパードの船長が東京地検に送られるらしい。
多分クジラ肉の入ったカレーか、なにかを、黙って食わされ
マスコミにクジラを
「おいしい!」
と言って食べたとリークし流させるだろう。
東京地検とはそういう奴ら。間違いない!


12. 2010年3月12日 23:01:41
地検特捜に逮捕された多くの人達よりも、日本で暮らしている人にとっては、特捜や大手メディアの犯している罪の方が何倍も重い気がしてならない。

とりあえず、まともな仕事ができない上に税金を使いまくる特捜は廃止すべきだ。


13. 2010年3月13日 10:30:15
>この第2ラウンドの捜査でも検察は敗北しました。大物政治家を2度も被疑者として調べながら、起訴できないというのは、検察にとって戦後最大級の失態です。捜査が失敗した理由は明白です。「小沢氏の当時秘書だった石川知裕衆議院議員に5000万円の闇献金を渡した」という水谷建設(水谷功元会長)側の怪しげな証言を信じ込んだからです。

こいつら前原と同じだな。
アホ。


14. 2010年3月13日 10:33:09
>ところが、検察が信じた水谷建設側の供述はうそ話だった。アンコが腐っていたんです。石川議員が否認を貫き通せたのは、まったく身に覚えがない事実だったからです。

こいつら=検察、前原と同じだな。
アホ。


15. 2010年3月13日 10:51:41
3月1日に東京地検の次席検事に元最高検検事である大鶴基成氏が着任。

民主党政治には一番最初に取り組んで欲しかった地検特捜にメスを入れてくれることに期待していましたが、がっかり。
いまだになんのメスもはいらず、反対に大鶴などが昇格しているんですもの。民主党千葉法務大臣、冤罪大量生産の特捜をなぜ是正できない。与党で法務大臣ですよ、あなたは。検察の目ばかリ気にし何か罪になることでもしたんですか?
国民の心になぜそむくのだ。
お願いだから、法務大臣を辞めてくれ。


16. 2010年3月13日 11:21:40

副島隆彦氏の情報に依れば、

11メデイア(テレビ:NHK含む6社、新聞:5社)の政治部長会議
なるものが、頻繁に開かれておるそうである。

その会議にはCIAのマイケル・グリーン、民主党長島昭久、csisの
渡部恒雄(民主党渡部恒三の長男)、検事総長:樋渡利秋、漆間巌
も参加している。

まず疑問に思う事は、
 @『社会に真実を知らせ、社会を正しい方向に誘導する使命・権力を
  監視する使命』を帯びている、各メデイアは夫々の立場で真実を
  追求し、独自の見解を国民に知らせのが、先進諸国では普通の事で
  あり、その事を実行するために、各社各記者は、大変な努力をし、
  時には命を懸ける場合もあるわけである。

  果たして11社政治部長が集まり、情報を交換するなどと言う事が
  先進諸国でありえるであろうか。

 Aこの会議には対諜、諜報、スパイ組織:CIAの日本部長マイケルグリーン
  が参加し、政権与党の防衛省政務官、時の検事総長、前内閣官房副長官、
  対日戦略スパイ組織の研究員が顔を揃えているが、
  果たして会議の議題は何であろうか。

一寸見たら敵味方入り乱れての会議の様であるが、実は全員系列化
された組織である。

CIAマイケル・グリーンの指示した事項が各機関でどれだけ、
達成されているかの検証と今後の各機関の対策の検討である。

議題は一つ『小沢一郎をいかに壊滅させるか』である。
小沢一郎さえいなければ、民主党政権など手玉に取れる
と言うことである。

そのため、民主党内部にも組織のメンバーを潜り込ませてある。

この組織は『日本最大、最強の売国犯罪組織』である。
60年に及ぶ自民党政権の結果、かくも強力な犯罪組織を生み
国民生活は、壊滅状態である。

郷原氏も『検察の正義』などほざいている場合ではない。
『日本の検察は売国・犯罪組織である』が正しい認識である。
郷原氏も売国・犯罪組織の一員であったと、言う事である。

先進諸国の人々には皆承知の事実であるが、知らないのは『日本国民だけ』
である。

検察を売国・犯罪組織であると認識すれば、検察の全ての行動は
合点がいくし、納得できる。

冤罪、でっち上げなど、犯罪組織の基本的常識である。

この売国奴犯罪組織の幹部が、天皇が下し置かれる、治安を司る
『認証官』である事は、国民にとって又驚きである。
日本国民の恥である。

民主党は腰をすえて、犯罪組織撲滅に邁進する義務を
国民に負っていると認識すべきである。

民主党よ!しっかりせよ。


 


17. 2010年3月13日 13:30:31
15番訂正
大鶴検事は昇格でなく
大鶴最高検検事は地検の次席検事に異例の降格で、入れ替わりに後輩である谷川次席検事が最高検検事に抜擢昇格。とのこと。
 とにかく、人権を無視する特捜はいらない。

18. 2010年3月14日 00:47:58
1.まず、取調べの可視化法案を通すべし。
2.メディアのクロスオーナー禁止法案を通すべし。
3.裁判所、検察、の裏金捜査を開始させ、徹底して暴くべし。
4.放送法違反に罰則規定を加えるべし。
5.千葉法務大臣を、即、更迭すべし。

以上が実現されない限り、日本国民の平和と安全(基本的人権)は、
保護されない。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK82掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK82掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧