★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK82 > 493.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
[TBSラジオ3/12] 宮台真司氏「普天間基地を『移設』するというのはウソ。辺野古に基地を『新設』する問題だ」
http://www.asyura2.com/10/senkyo82/msg/493.html
投稿者 shimbi 日時 2010 年 3 月 15 日 19:38:41: ibnpLFktmKXy6
 

2010年3月12日放送のTBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」における宮台真司氏(社会学者)・荒川強啓氏の話を一部書き起こしました。音声は下記URLで聞くことができます。当該個所は0:20あたりからです。

デイキャッチャーズ・ボイス宮台真司 第67回2010年03月12日 普天間移設のウソ・・・?
沖縄帰りのミヤダイ先生。普天間基地の「移設」は実は「新設」だというミヤダイ先生。さて、その真意は・・・?
http://podcast.tbsradio.jp/dc/files/miyadai20100312.mp3
http://www.tbs.co.jp/radio/dc/fri2/main.html

(書き起こしここから)

宮台:僕は、みなさんご存知のように、最初は普天間基地を辺野古に移設するということについて、米国との外交協定があるのであれば、外交と憲法は事情変更の原則の外側にあるというふうに言うんですが、要は国内事情によって変えてはいけないと、政権交代したぐらいの話で外交協定を反故にしますとかはできませんよ、という話をしてました。その説は、もちろん説としてはあり得るわけですけれども、僕は今の考え方は違うんですね。というのは、辺野古に普天間に移設するというこの話自体が、実はウソだったんですね。完全な作りものだったんです。

どういうことかと言うと、これは辺野古に基地を新設する問題なんです。新設問題なんです。と言うのは、元々普天間基地というのは、僕も見てきましたけど、前から何度も見ているんだけど、めちゃくちゃ危険です。小学校や中学校や病院や市庁舎のすぐそばに大滑走路があって、絶えずそこでタッチアンドゴーを含めて訓練をやっているんですね。実際に沖縄国際大学にヘリコプターが墜落した事件などは記憶に新しいと思うんですが、非常にひどい状況です。実は1950年代から、普天間の基地は廃止するべきであるというようなアメリカ政府の意向が、文書に記録されているんですよ。それは現行アメリカはそう思い続けている。なぜならば大事故が起こったらアウトだからですよね。

ところがそれとは別に、1966年から辺野古に海上基地を新設するというアイディアをアメリカはずっと持っているんです。というのは、詳しい話はできないんだけれども、軍港として非常に有利な場所、なおかつ周囲に高江という今ゲリラ掃討訓練をやっている場所も近いとか、色んな要素があって非常に使いやすい。事故も起こりにくいというか、つまり人家が非常に密集しているわけではないということでね。

簡単に言えば、1995年のあの不幸な少女暴行事件を機に、基地をなんとかしますという話になって、結局数か月後にSACO合意というのが日米の間でなされるんだけれども、そこで危険な基地を含めた南部の施設はどこかに移転するという話になったんですが、それがいつの間にか辺野古移設というふうにリンクさせられてしまったんですね。

荒川:それは誰が言い出したの?アメリカが言い出したの?移設という言葉をどっちが使い出したんですか?

宮台:日本でしょう。日本です。まず第一に、辺野古新設問題と普天間廃止問題とは元々別個の問題として、アメリカは意識していたということ。日本が少女暴行事件を機に、これをリンクする方向でつなげたということ。つまり、アメリカの意向に応じて辺野古に基地を新設するためには、普天間からの移設であるという口実を使わなければいけないというふうに、どうも日本が考えたということなんですよね。

ではどういうことなんだということなんだけれども、これから話すことがレイヤーの2なんですが、実はアメリカは2005年の2+2合意以降、トランスフォーメーションというふうに言われているような流れ、米軍の再編計画の中で、日本の基地もグアムに集中させて行くんだという、レインジコンプレックスと言うんですが、あの辺りに基地を集中させて行くんだという、太平洋軍全体の計画を持っているんです。これは日米安保条約上も何の問題もないと。むしろ今日ではファーストアタックを海兵隊がやるわけではなくて、ファーストアタックはミサイル、続いて空軍、そして最後に治安維持のために海兵隊が入って行くという図式なので、アメリカの安全保障戦略上も、つまり日本を守るという戦略上も、反撃能力という意味で言えば、海兵隊じゃないんです。空軍とミサイルなんです、簡単に言えば。なので全く問題ないとアメリカは言っている。

ところが、日本が分離不安の幼児と同じように、「いやー、そうは言っても、アメリカさんの基地が、海兵隊の基地が沖縄にないと、怖くて仕方ありません」みたいに、それはカッコ付き右系の保守論壇誌を見るとよくわかりますよね。これは米軍、アメリカ政府あるいは色んな研究者が言っているように、何の合理性もありません。海兵隊がいることによって抑止力になるということは全くありません。

なので、実はこれは日本がどうも色んな思惑で、それは感情的な理由かもしれないし、権益や利権があるのかもしれないけれども、要は沖縄にどうしても海兵隊に居続けて欲しいという強い意向があって、アメリカがそれを受けて、「どうしても沖縄にいてくれって言うならいてもいいけど、だったら辺野古に新設させろ」と。

荒川:「いてあげるよ」っていう感じなんだろうね。

宮台:はっきり言えばそういうことです。

荒川:「いてあげるから、そこまで言うんだったら、そこに造りなさいよ」と。

宮台:「辺野古に造れ」と、「辺野古が沖縄の中では一番使いやすい」と、そういうことなんですよね。

(書き起こしここまで)


宮台氏が考えを変えるきっかけとなったのは、マル激トーク・オン・ディマンド第463回における保坂展人氏のリポート「普天間移設問題は普天間移設問題に非ず」のようです。同番組の紹介記事から一部引用します。

(引用ここから)
 普天間移設問題は移設先候補にキャンプ・シュワブ陸上案が持ち上がるなど、依然として日本政府の方針がはっきりしない中、長年沖縄問題に取り組んできた保坂展人前衆議院議員は、そもそも今回の問題は普天間基地の移設先を見つけることが問題なのではなく、半世紀近く前から日米両国が目論んでいた新基地の建設計画を普天間移設の名を借りて実現しようとしているに他ならないと指摘する。
(引用ここまで) [ 引用元URL http://www.videonews.com/news-commentary/0001_3/001372.php ]

現在無料放送中の下記番組で宮台氏の話につながる普天間問題の真相が語られています。

□マル激スペシャルウィークin沖縄
もう沖縄は騙されない 普天間移設問題の真相 真喜志好一氏(建築家)
http://www.videonews.com/on-demand/461470/001378.php
普天間返還に代替基地は不要 伊波洋一氏(宜野湾市長)
http://www.videonews.com/on-demand/461470/001389.php
普天間問題のボタンのかけ違いはここから始まった 大田昌秀氏(元沖縄県知事)
http://www.videonews.com/on-demand/461470/001385.php


[関連]
「普天間基地」問題を解く鍵は「移設」という言葉にある 2010年02月27日 保坂展人のどこどこ日記
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/28a839d46f962435ebfcbb4d5882d9f5
官僚が隠す沖縄海兵隊グアム全移転  2009年12月10日  田中宇
http://tanakanews.com/091210okinawa.htm
荒川強啓 デイ・キャッチ!
http://www.tbs.co.jp/radio/dc/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年3月15日 20:26:26
既出の話ですな。宮台が遅れて参入ですか。

02. 2010年3月15日 23:50:45
  ☆2010・五月末のG1グランプリ―日本ダービー出走前予想(未確定)☆

@大阪厩舎―シズムカンク―、馬主、ジョッキーともやる気旺盛だが、肝心のシズ ムカンクーに重大な体調不良が発覚。出走は無理。
A岩国厩舎―キンタイブリッジ、出走過多でジョッキーが拒否。評価せず。
B佐賀厩舎―サガノムツゴロー、体調仕上がりとも上々で本命対抗かと思われてい たが、ここにきてジョッキーが乗馬拒否。それでも評価は依然として○印。
C長崎厩舎―ここは2頭立てでオオムラキャロットワインとアイノウラアタゴサン だが、オオムラキャロットワインはジョッキーが出走拒否、アイノウラアタゴサ ンは格下の草競馬レベル。それでも荒れればひょっとして絡むか? △印。
D鹿児島厩舎―ここも2頭立て。ウマゲホースヘアとトクノシマブルファイトだが
 いずれも調整不足で無理だろう。馬主は泣く。
E沖縄厩舎―この厩舎は本命馬も含め曲者ぞろい。ただ厩舎内で紛糾が収まらず、 出走が危ぶまれるが、勧進元の強いプッシュもあり微妙。まず本命のヘノコジュ ゴンだがパドックの興奮収まらず荒れており、ジョッキーも乗馬拒否。ゲートイ ンも危うい。ただ評価は◎印に変わりなし。このヘノコジュゴンの様子を見て、 勧進元は急遽ホワイトビーチアゲインの出走を打診するも、前回のレースでホワ イトビーチアゲインは落伍しており、今回も難しいか。無印。
 一時期名前の挙がったソノナモシモジーは体調仕上がりとも上々であるが、ジョ ッキーが乗馬拒否。馬主の協力もなく、よって無印。
 
 こうした出走予定馬の状態にレース開催できるのか悩んでいた勧進元に、どうやら朗報となるかも知れないニューズが飛び込んできたようだ。

F茨城厩舎―この三月に設立したばかりの新参だが、設立早々経営困難が噂されて いる。ただ業界筋からの情報では、手駒のイバラギナットパワーの体調仕上がり とも格別との評価がある。勧進元と厩舎側との話し合い次第でイバラギナットパ ワーの出走がOKとなれば、一躍大本命、◎+印をつけても良いだろう。
 
 私見だが、本命馬ヘノコジュゴンを無理強い出走させて、結果不測のアクシデントにあたふたするよりも、ここはイバラギナットパワーに代走させてみてはどうか (下馬評)


03. 2010年3月16日 09:43:42
だから!言ってるでしょ。辺野古の問題は、鳩山首相が(小沢さんの交渉の後)「海兵隊のグアムへの全面移動」で決着です!っ発表して終わり(^o^)

ただし、全面移動に関する費用は、日本が持ちますよ。いなくなってくれるなら、それくらいお安いものです、っ言うかどうはしらないけどね。


04. shimbi 2010年3月16日 23:49:52: ibnpLFktmKXy6
最新の週刊朝日(2010年3月26日増大号)の見出しから。

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=11349
普天間移設 隠された 密約・利権

1960年代、すでに米軍は辺野古に巨大基地建設を計画していた

もともと辺野古を狙っていた米軍に普天間「移設」はいい口実だった

「ウルトラC」グアム移転はどうなった?…


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK82掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK82掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧