★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK82 > 572.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
近現代日本史研究に貴重な資料−芦田均元首相の写真や日記などデータ化
http://www.asyura2.com/10/senkyo82/msg/572.html
投稿者 めっちゃホリディ 日時 2010 年 3 月 17 日 06:02:02: ButNssLaEkEzg
 

近現代日本史研究に貴重な資料−芦田均元首相の写真や日記などデータ化

3月17日2時59分配信 両丹日日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100317-00000301-rtn-l26

 福知山市出身の元首相、故芦田均氏の日記や写真、原稿など膨大な資料をデータ化してまとめた芦田均研究会(代表・福永文夫獨協大法学部教授)が 15日、市にデータ資料を寄贈した。芦田氏の軌跡を細かに追った貴重な資料で、研究会では、芦田氏の生家の母屋跡に建つ市芦田均記念館で役立ててほしいとしている。

 データ資料は、文科省の科学研究費補助金を受けて07年度から3年間にわたって取り組んだ研究成果の集大成。
 
 政治家、外交官、ジャーナリストなど様々な顔を持つ芦田氏の、中学校時代からの膨大な量の資料を整理、保存してまとめた。写真と原稿はそれぞれ2000 点近くあり、肉声の講演集もある。故鳩山一郎氏との政治活動、故吉田茂氏との会談の記録など、近現代日本史研究における学術的価値が高いものも収められた。
 
 日記は今後予定される出版の後での公開になる。
 
 福永代表と、研究会員で芦田氏の孫の下河邉元春さんが市役所を訪れ、松山正治市長にデータ資料を手渡した。
 
 福永代表と下河邉さんは「政治家でこれほどのものを残していることは珍しい。散逸させず保管するだけでも大変だったが、3年間で一応の形に出来たと思う。芦田均記念館は政治家の記念館として日本で一、二を争うものだから、ぜひ役立ててほしい」と託した。
 
 市は「大変貴重なものをいただいた。大切にし活用を考えていきたい」としている。
 
 データ資料は国立国会図書館の憲政資料室にも寄贈される。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年3月17日 18:45:51
従来的に、政治家の記録もお座成り、外務省の資料も積極廃棄、これでは政治文化が育つ訳無いな!
ま、それに一石を投じる意味で、芦田均氏の遺族は良い事をしたんじゃないんだろうか。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK82掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK82掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧