★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK82 > 947.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
鳩山内閣が優柔不断に見えるのは日本が独立国でないことの証拠だと私は思います。 (BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」)
http://www.asyura2.com/10/senkyo82/msg/947.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2010 年 3 月 23 日 22:24:47: qr553ZDJ.dzsc
 

http://henrryd6.blog24.fc2.com/blog-entry-830.html
2010-03-20 04:46


【転載開始】


私は鉄腕アトムと同い年です。アトムも随分年をとったものです。私の子供の頃は実写版の鉄腕アトムというのがテレビでありました。始めて買ってもらったシングル・レコード(ドーナッツ盤と言いました)は、そのテーマソングでした。♪ぼ〜くは無敵だ鉄腕アトム♪という歌詞で高田馬場駅で流れる♪空を超えて♪ではありませんでした。私が不正や悪を憎むようになったのは故手塚治虫先生の賜物だと思います。悪人にも憎めない動機があったり、警察が不正を働いたり、子供マンガにしては社会の縮図をたくみに描かれていたと思います。

今、ツイッターをやっていて特に感じるのは主婦のパワーが凄いということです。多くの方々が世界の構造について知り始めたということでしょうか。女性の場合は母親として子供を守りたいと言うこともあるでしょうが、生命を脅かされることに関しては男性以上に敏感だと思います。世界の権力者というのが如何に悪辣で破壊の限りを尽くして世界に貧困と戦争をもたらしていることに気づいて来たからでしょう。環境破壊をし尽くしている連中が急に「地球温暖化を防げ!」などと言い出したかと思うと挙句の果てに「原子力発電はクリーンなエネルギーです。」などという不都合な真実を述べるのですから、たまりません。SARS、エイズ、鶏インフルエンザ、HAARP、ケムトレイル、ガンと言う作られた病気などで亡くなった方はどれだけの数に昇るのでしょうか。世界人口削減化計画では何十億もの削減が計画されているというのだから、彼らにしたらまだまだなのでしょう。でも10年前ならごく一部の人しか知らなかった世界の構造についてインターネットのおかげで多くの人が知ることができるようになって世界中で抗議の声が高まっているのです。

政権交代で解ったことは日本には民主主義など存在しなかったという事実です。またマスゴミという存在も戦前から有害な存在であり、如何に日本の既存権力(裏権力)が宗主国であるアメリカの意向で動いているかということだ。今、沖縄の問題をめぐってあるいは原発推進について政府批判も見られているが、私としてはもう少しじっと見守りたい。今までの自民党政権下でも政経会の総理は何人もお茶の水の順天堂病院に運ばれたというのだから悪徳ペンタゴンとの闘いにまず勝つことを優先しているのだと思いたい。今、安易に政府批判をしている人には巨悪の存在が見えていないのではないかと私は思っています。

たとえ昇る山が同じでも昇るコースはひとそれぞれだと思います。私は今の政治情勢の中で日本の首都東京で50人くらいしか集まらないようなデモには参加する気になれません。参加者の数の問題ではなく如何に街行く人にアピールするかが大事というような意見もありますが、高校生の時に大阪でも1万人くいのデモがあった時代を経験している私にすれば、そんなものはデモじゃないと言いたいのです。民主主義が発展している国では100万人単位のデモが行われそれが政権に大きな圧力を加えます。日本も60年安保や70年安保の頃は少しは民主主義が育っていたのかもしれませんがその後の売国化の流れの中で多くの国民がおとなしい家畜と化してしまっています。明日はワールド・ピース・ナウのデモがあるのですがイラク戦争開戦時5万人を集めたそれもどうせせいぜい2000人くらいだと思うと行く気になれません。

昨日、阿修羅で読み応えがあったのが“貧困”国家 日本の深層 内橋克人氏がNHKの番組で日本のあり方を問う【“日本の良心”内橋氏、“日本の悪意”ネット右翼】記事でした。私はネット右翼などという言葉は不適切だと思っています。彼らには思想のかけらもありません。自分より弱い立場にある人間を叩くだけの卑劣な人間たちだと思っています。


それにしても、ネット右翼は社会的弱者(生活保護受給者・母子家庭・身体障害者)に酷薄なのは、自分たちが普段見下している社会的弱者が、自分たちより待遇が良くなるのが我慢できないというのが大きな理由だと思う。たとえれば、自分よりももてないと思ってたクラスのいじめられっ子が、彼女(彼氏)を作ってちょームカツク!みたいな感じか。
この種のネット右翼は、自分が将来社会的弱者になるかも知れないなどと想定することすら出来ないんだから、実におかわいそうな知能の持ち主なのだろう。ところでドイツの心理学者エーリッヒ・フロムは、ナチスを礼賛したドイツの下層中産階級の心理を分析しているが、これはネット右翼にも当てはまると思う。

「(中略)強者への愛、弱者にたいする嫌悪、小心、敵意、金についても感情についてもけちくさいこと、そして本質的には禁欲主義というようなことである。彼らの人生観は狭く、未知の人間を猜疑嫌悪し、知人にたいしてはせんさく好きで嫉妬深く、しかもその嫉妬を道徳的に公憤として合理化していた。彼らの全生活は心理的にも経済的にも欠乏の原則にもとづいていた。(エーリッヒ・フロム『自由からの逃走』より引用)

エーリッヒ・フロムの本は大学時代、気に入っていて「自由からの闘争」はもちろん「希望の革命」「愛するということ」など「希望の革命=Revolution of Hope」は2回生の時にゼミで英語で読みました。ジョージ・オーウェルの「1984」も確か英語で読みました。そうそう1回生の時のゼミでマルクスの「経済学・哲学草稿」の「疎外された労働」を英語で読んだのでした。今から考えるととてもリベラルな大学でした。経済学部であったのですが、同時にプロジェクト専攻というのがあって私の場合は「思想・哲学・宗教」というプロジェクトだったもので経済学と関係のないゼミを専攻していたのでした。


何故かいつの間にかツイッターの@kikko_no_blogがフォローから外れていたのでフォローし直したら、今日のテーマにピッタリのつぶやきを見つけた。


人の感性は人それぞれ。何から何まで自分と同じ感性の人などいません。それなのに自分と違う感性の人のつぶやきにイチイチ反論や批判のレスをする人って、もしかしたら自分の感性こそが「絶対」だと思い込んでるクルクルパーなのでしょうか?まるで石原慎太郎ですね。


ツイッターはミクシーと比べると他人のキャラが解りにくいところがあると思います。それでフォローしても合わない人は当然出てきます。その場合は自分からフォローをはずせば良いのです。答えたくないメールやつぶやきは相手にしません。にも関わらずメールを返して来て反論する人ってきっこさんが言うように自分の感性がこそが「絶対」だと思っているのでしょう。そういう人とは付き合えないのです。最近、気になる人である山崎行太郎氏がツイッターで次のような指摘をされました。


上杉隆が、某番組で、先ごろ、盗聴テープまで持ち出すという、度の過ぎた「小沢一郎批判」が祟って、民主党副幹事長を解任された生方幸夫に同調、擁護するかのように、小沢一郎を批判したそうです。小沢批判しないと飯が食えないものなー。上杉隆の「検察の暴走」批判って、何だったの? 受け売り?

前から生理的にどうも合わないと思っていた。どうせ週刊朝日なんて船橋洋一の支配下にあるわけでガス抜き的な記事を書くことによって元左翼インテリから売上を取っているのでしょう。上杉隆もこちらのふりを装ってあちら側から金を取っていた人間なのでしょう。どうしてもそういう卑しさは顔に出てしまいます。参考までに戦後、不審の死を遂げた経世会系の政治家のリストを挙げておきたい。

http://blog.trend-review.net/blog/2009/10/001415.htmlより
ところで対米敗戦後日本においては、GHQ占領時代以降も多くの有力政治家の不審死が起きています。
ざっと思い浮かぶだけで、
まず50年代、親中派自民党首相石橋湛山の脳梗塞発作後病死(タイミングよくCIAエージェントであった清和会岸総理誕生)、
70年代、清和会・福田赳夫のライバル、経世会・田中角栄首相がロッキード事件で失脚、その後、脳梗塞病死、
80年代初頭、宏池会・大平正芳首相の在任中の心筋梗塞死亡(清和会・福田赳夫のライバルだった)、
2000年、経世会・竹下登首相の雲隠れ病死(引退後、国民へのあいさつがテープ録音で流されるという異様さ)、
同時期、経世会・小渕恵三首相の在任中の不審な突然死(脳梗塞)、
さらに同時期、小渕後継を狙った経世会・梶山静六の不審な交通事故後の病死、そして
2006年、経世会・反米橋本龍太郎元首相の北京訪問直後、腸管虚血という奇病で同じく突然死。
2007年、対小泉(清和会)面従腹背だった松岡利勝・農水大臣の不審な自殺。
最近では、言うまでもなく、自民党一の反米政治家・中川昭一元財務大臣の不審な突然死が挙げられます(注4)。


悪の巣窟CIA本部

Wikipediaより
反米的な政権に対し起こされるクーデターの支援、外国の親米政党に対する秘密援助など、連邦政府・国務省が公的に手を下せない“裏稼業”に関わる事から「見えない政府」(Invisible government)、「クーメーカー」(クーデターメーカー)、「もう一つのアメリカ政府」(Another U.S.Government)

【2010/03/20 04:46】


【転載終了】  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年3月23日 22:44:10
マスコミに出ると、その発言、主張が、審査される。それ故、危険なのだ。

02. 2010年3月24日 02:19:06
読んでいて、大変気持ちのいい内容でした。どうも、ネット右翼(?)の方は、弱者に対する配慮が薄いような気がします。子供手当て、高校授業料無償化、どれも、あったら良いな、という施策ではないでしょうか。その分、お金持ちの方から税金を少々あげさせていただく。
(そんなことすれば、日本からお金持ちが外国に逃げるとおっしゃる方がいるとよく言われますが、本当にそうでしょうか?私はNYに駐在しているサラリーマンですが、アジア系に対する見えない差別等、住みやすいようで、実際は、そうではないなぁと、最近感じてます。米国同様、日本国籍保有者は全世界所得で課税ということで良いのではないでしょうか)
沖縄でもそうです。沖縄だけに負担を押し付けて、本州のかたは、傍観してるだけなのでしょうか。
私の妻も、最近、「特捜」って危ないね。という感想を僕に言うようになりました。ノンポリの妻がこうゆうのです。ちょっと日本おかしくなってきてませんか?

03. 2010年3月24日 07:47:32
鳩山は情けない男。記者会見のオープン化はどうしたんだ?今年早々にするんじゃなかったのか?

04. 2010年3月24日 13:01:59
2009年の政権交代実現後に、数日間だけ2ちゃんから
ネトウヨが居なくなったことがある。

工作員が工作失敗の原因を分析していて、工作活動から外れていたなら
ネトウヨも大多数が、工作員である可能性もあると思う。


05. 2010年3月24日 18:10:32
阿修羅さんへ
1980年代から現在に至るまで、バブル崩壊をものともせず増えつづけたのが国家予算でありました。(増えた分が景気対策になっていないのは以前書きました。)
この間、同様に増えたもの、逆に減ったものがあります。
増えたのは低所得者層、高額所得者数、消費税。減ったのは法人税、高額所得税。
これらから判断できるのは、法人税減税も所得税の累進緩和も「不景気に貢献」したこと。
当たり前の話ですが、物を必要としているのは独立したばかりの若者であり、新婚家庭であり、子供を持つ世帯であります。
そういった人たちが所得を増やせない構造が、日本を不景気のままにしていることは否定しようのない事実です。(収入が増えない→消費も増えない)
高額所得者が税金を減らせば、余った金は当然「資産運用」という名のギャンブルに向かいます。(資産運用=投機市場に金を出させる、つまり胴元が吸い上げるための口実)
はっきり申し上げれば、1億円の稼ぎがある人から9000万円税金を取り上げても1000万円残るから生活には「何の支障も無い」ってことです。
(200万円しか年収の無い人から10万円取ったら、病気や怪我で入院もできない。)
一番問題なのが鳩山総理がおっしゃった「労働無き富」、すなわち不労所得です。
持つもののところに金が集まるのは経済的にはマイナスでしかありません。

法人税、所得税が高くて海外へ出て行ってしまうというのでしたら、どうぞ出て行ってください。残されたあなた方の資産は我々日本国住民が上手に運用いたします。
(土地や建物、機械等も入会地の考え方で住民が利用いたします。)
日本で営業生産居住を望むのでしたら、日本のために貢献してください。
よろしくお願い申し上げます。

昔の名士は私財を投げ打って地元の人たちのために貢献しましたよ。
干拓をするとか、水道を引くとか、堤防を作るとかね。
最期は無一文に成る人も大勢いました。それでも名前は地名等に残されています。
今の偽名士は金を投じるのも更なる儲けを出す為だし…悪名を末代まで残すおつもりでしょうか?


06. 2010年3月24日 23:23:02
自分の生活、「もうだめだ」と言う人がいました。
路上に幾人もの人が座っています。
なんとか どうにか 庶民の暮らしに思いをはせて
頑張ってください。(鳩山君 君には期待していない!)

07. 2010年3月25日 11:30:15
ぽっぽだけの問題かね。NHKなんか一体何処の国の放送局かといいたいよ。
アメリカの顔色ばかり気にしてさ、なにかっちゃあアメリカの出方次第では、なんて
注釈つけてこの問題の県外移転は成りませぬと煙幕張ってアメリカ擁護の姿勢ありありだ。
マスメディアからしてアメリカひじきだ。
ぽっぽを責めるのはわからんでもないが、俺はその前にこの国の報道は右も左も中立もおかしいと思うよ。
沖縄県民の反対の声は取り上げても、報道でそれをバックアップしようという気概あるジャーナリストは皆無だ。逆に鳩山政権の足を引っ張ってやろうとばかりに、沖縄県民の反対がバイアスになり、冷静な日米関係を構築できない混迷する鳩山政権とさかさまなことを平気で印象付けようとしている。
この国のマスメディアは変だ。絶対におかしい。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK82掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK82掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧