★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83 > 200.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
足利事件:菅家さん無罪 裁判長が謝罪 宇都宮地裁(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/10/senkyo83/msg/200.html
投稿者 gataro 日時 2010 年 3 月 26 日 12:49:11: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://mainichi.jp/select/today/news/20100326k0000e040015000c.html?link_id=RTH03
ウェブ魚拓:http://megalodon.jp/2010-0326-1248-20/mainichi.jp/select/today/news/20100326k0000e040015000c.html?link_id=RTH03

足利事件:菅家さん無罪 裁判長が謝罪 宇都宮地裁
2010年3月26日 10時12分 更新:3月26日 12時41分


足利事件の再審判決公判で弁護団とともに入廷する菅家利和さん=宇都宮市の宇都宮地裁で2010年3月26日午前9時50分、小林努撮影

 栃木県足利市で90年に4歳女児が殺害された「足利事件」で無期懲役が確定し、09年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審で、宇都宮地裁は26日、無罪判決を言い渡した。佐藤正信裁判長は「DNA鑑定に証拠能力はなく自白は虚偽で、犯人でないことは誰の目にも明らかになった」と述べた。佐藤裁判長は判決言い渡し後、2人の陪席裁判官とともに立ち上がり、「菅家さんの真実の声に十分に耳を傾けられず、17年半の長きにわたり自由を奪うことになりました。誠に申し訳なく思います」と菅家さんに謝罪した。

 論告で無罪を求めた宇都宮地検は即日、上訴権放棄の手続きを行い地裁に受理された。逮捕から18年余を経て菅家さんの無罪が確定した。死刑か無期懲役が確定した事件で、再審無罪判決は89年の「島田事件」の静岡地裁判決以来21年ぶり。

 有罪確定の根拠となったDNA鑑定と菅家さんの自白について判決がどのような判断を示すかが焦点だった。

 判決は、検察側推薦の鑑定人によるDNA再鑑定の結果を基に「菅家さんが犯人でないことを如実に示している」と判断。最高裁が初めて証拠能力を認めた捜査段階のDNA鑑定について、再審公判で専門家3人がいずれも分析対象の写真が不鮮明だと指摘したことを挙げ、「判定過程に疑問が残る」として証拠能力を否定した。

 自白については「捜査官に、結果的に誤っていたDNA鑑定を告げられたことが最大の要因。想像をまじえて供述しており、信頼性は皆無」と指摘した。そのうえで、1審公判中の92年12月、検事が別事件の取り調べ中に足利事件について追及したことを検討。公判維持に必要ではないうえ、黙秘権の告知や弁護士への事前連絡をしていないとして違法な取り調べと断定した。ただし、1審公判での自白の証拠能力には影響しないとした。

 再審は09年10月から始まった。弁護側は▽DNA型を再鑑定した鑑定人の証人尋問▽菅家さんの取り調べを録音したテープの再生▽担当検事(当時)の証人尋問−−を求めた。佐藤裁判長は「確定判決の手続きに違法があるかを検討するためなら可能」として、いずれも採用した。【安高晋、戸上文恵、北村和巳】

 【ことば】足利事件

 90年5月、栃木県足利市のパチンコ店駐車場で4歳女児が行方不明になり、翌日約700メートル離れた渡良瀬川河川敷で遺体で発見された。県警は91年12月、川底から見つかった女児の着衣に付着した体液とDNA型が一致したうえ、殺害を自白したとして、菅家さんを逮捕。菅家さんは1審公判の途中から否認に転じたが、1、2審で無期懲役判決を受け、00年に最高裁で確定した。再審請求の即時抗告審で東京高裁はDNA型を再鑑定し、09年6月に「一致しない」として再審開始を決定。同10月に宇都宮地裁で再審が始まった。事件は05年、公訴時効が成立している。

 ◇解説 自白、DNA鑑定を否定
 足利事件の再審で宇都宮地裁は、菅家さん有罪確定の有力証拠だったDNA鑑定と自白について改めて検証し、冤罪(えんざい)・誤判の原因解明に踏み込んだ。検察側が無罪を争わない中、異例の訴訟指揮だった。

 強姦(ごうかん)罪などで服役後に冤罪が判明した「氷見事件」の再審(07年)も、検察側は無罪に異議を唱えなかった。弁護側は取調官らの証人尋問を求めたが、富山地裁高岡支部は退けた。「無罪が明白なら多くの証拠調べは必要ない」(ある刑事裁判官)との考え方も根強い。

 今回も検察側は「速やかな無罪こそが被告の名誉回復になる」と主張した。弁護側は「無罪を言い渡すには誤った証拠を取り除く必要がある」と証拠調べの必要性を訴えた。

 佐藤裁判長は弁護側の主要な要求を受け入れ、DNA鑑定を巡る専門家3人の証人尋問と取り調べテープの再生、元検事の証人尋問が実現した。DNA鑑定については逮捕当時の精度では判定が困難だったことが判明し、テープからは強圧的でなくても「自白」してしまう取り調べの一面が浮かび上がった。

 こうした訴訟指揮の背景には、17年半もいわれのない罪で社会から隔絶された菅家さんの名誉回復に加え、裁判員制度が始まり国民の司法に対する関心が高まっていることがあるとみられる。国民の司法参加の基盤を揺るがせないため、司法の信頼回復を目指した側面は否定できないだろう。

 約半年間にわたる7回の再審公判では、科学捜査や自白に頼りすぎる危険性が浮き彫りになった。捜査当局や裁判所、そして裁判員になるかもしれない国民全体が教訓として今後に生かしていかなければならない。【北村和巳、安高晋】

 ■足利事件再審無罪判決の骨子■

 ▽菅家さんは無罪

 ▽捜査段階のDNA鑑定に証拠能力はない

 ▽自白の証拠能力は否定されないが、信用性は皆無。起訴後の取り調べには違法性が認められる
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年3月26日 13:28:50
次は飯塚事件の番だね

02. 2010年3月26日 16:00:55
千葉法相、「大変な労苦を心からねぎらいたい気持ちだ」だって。

支援者の言葉なら分かるが、法務大臣の言葉ではない。
自分の立場も言葉の使い方も分かってないみたい。
この人は、やっぱりダメだわ。

http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819695E0E4E2E0E18DE0E4E2E1E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C93819695E0E6E2E0978DE0E4E2E1E0E2E3E29F9FE2E2E2E2


03. 2010年3月26日 16:25:25
>>02.
まったく、とんでもない不適格者を法務大臣にしてしまったものですね。
どこか適当なタイミングを見計らって更迭しましょう。
取調べの全面可視化法の件をみても、完全に法務官僚に支配されてしまっていますね。
これでは民主党の政策を進めることができません。
更迭は早ければ早いほどいいですね。

04. 2010年3月26日 19:06:10
如何しても、素直に、理解する事が出来ない。

実際問題として、17年間も、無実の罪を背負わされていたら、気が狂って仕舞うのではないかと思う。

幾ら、検事の誘導質問が有ったとしても、自分が遣って居ない事を認める事が出来るのであろうか?

彼は、自供をしている。

DNA鑑定が唯一の根拠にされているが、若し、この此の被害者の衣服に付着していた体液が、加害者の物で無かったケースも想定しなければならないと思う。

真犯人は、何処に居るのであろうか?

真犯人が逮捕され後に、彼は、正真正銘の無罪に為る事が出来る。

私は、此の事案の結末には、納得が往かず、司法の毅然たる対応を切望する。

誠に、司法の対応は、遺憾である。


05. 2010年3月26日 19:32:07
04・の投稿者に共感します。

在っては為らない事ですが、唯一つのに拠り所である、被害者のシャツに付着居していた物質が、加害者の者で無かったなら、此の無罪判決のストリーは、根本的に崩れ去る事に為る。

余りDNA鑑定の結果だけに基ずかずに、総合的に、判断すべきと思う。
事実、彼は、自供している。

そして、当時の警察の総力を挙げて、捜査した結果、彼が、容疑者として特定され、自供もしている。

警察・検察の自信・権威を基に、厳正な判断をして戴きたかったと思う。

それでは、その他の真犯人を捕まえて欲しい。

幼児の霊が、浮かばれない!

多分、菅谷・佐藤弁護士は、国家賠償請求を意図する考えであろうと思う。

検察の奮起を望む。


06. 2010年3月27日 02:27:33
クソメディアも謝罪しろ!

07. 2010年3月27日 08:53:54
謝るぐらいならサルでも出来る。菅家さんの気が済むまで何らかの弾劾手続きが設けられたしかるべき。でないと自白強要がなくならないし、自白獲得のため拷問した者が出世したことになる。これはおかしい。
 このような事案を作出下した警察官、検察、裁判官がどうして無罪者を有罪にしてしまったか。無罪裁判のおざなりでは駄目。警察、検察裁判官を裁く、法廷をつくり弁護士等によて開催しこの裁判にこそ裁判員を参加させればよろしい。国家賠償では駄目、当事者賠償にすべき、賠償金支払額に負担してくれるならどしどし拷自白獲得をやる輩がいる。人を犯罪者としか見ない輩が司法畑、拘置所にはいっぱいいる。
 無理やり犯人にされない保証。可視化法案成立に反対する法務当局は、この事案の再現を容認する者だと非難されてしかるべき。勾留施設の改善、期間の短縮、憲法は弁護士立会い取調べを想定しているようだから其の徹底。国際標準の人権保障の枠組みに反対する者は法務司法行政にタッチする資格はない。
 選挙で可視化法案を当然提出、賛成するとのみなされた候補が当選しても其の責任者になって法案提出に後ろ向きのときは、議席剥奪規定を設けるべし。どのような公約でも、無視したり反対したり実現の動きが見えないときは告訴できるようにすべきだ。今の疱瘡は論外だ。可視化もひっくるめて票をとっておいて選挙が終わればソックリ、ゴミ箱に捨ててしまうような奴が法務当局のトップに収まっているのだから始末に悪い。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧