★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83 > 206.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
郵政閣内対立は閣議活性化のチャンスだ (永田町異聞)
http://www.asyura2.com/10/senkyo83/msg/206.html
投稿者 亀ちゃんファン 日時 2010 年 3 月 26 日 16:10:02: GqNtjW4//076U
 

http://ameblo.jp/aratakyo/entry-10491657610.html
2010年03月26日(金)


【転載開始】

郵政閣内対立は閣議活性化のチャンスだ  
テーマ:政治

ウォルフレン論文に感銘を受けたという人々の声が筆者にも寄せられている。より多くの人に伝えようという動きも広がっているようだ。

「手本と仰ぐ経験則は存在しない」(ウォルフレン教授)なかで、鳩山政権は日本の変革に取り組もうとしている。

初めてのことに、混乱はつきものである。


些細なことを深刻にとらえるのではなく、大きな目で、政権を、政治家を育てる気概を国民が持つ必要がある。


そうでないと、政治主導への歩みは頓挫し、官僚機構のもくろみ通り、明治以来の官僚支配に逆戻りする。

初めてのこととは、「内閣主導」である。


国民に選ばれた政治家が構成する内閣のコントロールのもとに、官僚に具体的な政策を立案させ、閣議における活発な議論を経て、その政策を閣議決定する。


そのあたりまえのプロセスを、これまでの日本の政権が踏んできたといえるだろうか。

自民党政権の政策決定はこうだった。


政策立案を省庁に丸投げし、官僚が省庁間調整を済ませた予算案や法案を、族議員に根回ししたあと、自民党政調会の部会にはかる。


部会という密室で議論が交わされ、ここで承認された法案等は概ね総務会でも了承され、党議拘束がかけられる。そして、事務次官会議をへて、法案は、自動的に閣議決定される。


閣議において大臣は花押という毛筆の署名をするだけであり、議論に時間が割かれることはなかった。閣議は完全にセレモニー化していた。

以上のようなことを認識した上で、昨日来メディアが騒ぎ立てている「郵政閣内対立」を眺めると、亀井大臣のいささか性急な発表の仕方には疑問が残るものの、他の閣僚から異論が噴出しているのは健全な姿であると感じる。

メディアは、閣内対立、迷走、首相のリーダーシップ不足などと、官僚丸投げ時代と同じように面白可笑しく取り上げるのではなく、政治主導、内閣主導確立に至る産みの苦しみの過程として、その試行錯誤の中身を深く掘り下げ、読者、視聴者に情報提供すべきであろう。

自民党政権時代に、閣僚どうしが対立する必要がなかったのは、国民から姿の見えない官僚が様々な利害関係者に根回しをして、話をまとめてから表に出していたからにほかならない。

そういう、官僚依存の政治のあり方が、官僚組織を肥大化させ、天下りその他の問題を生んできたからこそ、国民は政権交代を選択したはずだった。

国民が選んだ政治家と、難関の試験をパスした官僚。国民が国民主権を望むなら、政治家が官僚をコントロール下に置けるよう、国民は支援しなければならない。

たとえ不手際なことが続いても、めったやたらと自らが選んだ政権を批判し足を引っ張るのではなく、監視しながらそれを育てていく姿勢もまた大切なことではなかろうか。

ともあれ、この郵政問題、大臣どうしが忌憚なく活発な議論を交してほしい。互いの遠慮の壁を取り払い、閣議をホンモノの議論の場にするチャンスだ。


激論が予想される「閣議」によって、どのような結論が導き出されるのか、しっかりと見守りたい。


【転載終了】  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年3月26日 16:27:09
日本人は、自らの血を流して民主主義を手にしたのではない。従って、国民は本当の民主主義を知らない。明治憲法下で構築された官僚政治が続いていたのだが、単に参政権を得ただけで、国民は民主主義政治だと勘違いしていた。それを見抜き、政治を主権者である国民の手に、即ち政治家主導にすべきだと働いてきたのが、小沢一郎。

官僚たちは、当然のことながら明治時代からの官僚政治を守ろうとする。その先兵が検察庁であり、ゲリラ的に足を引っ張るのが、各省に巣食う子ネズミたち。
原口総務大臣は、この子ネズミ退治に人事権を使ったようだ。その子ネズミたちに迎合しているのが、○○以下の大臣や政務三役。しっかりしてや。


02. 2010年3月26日 16:29:13
亀井大臣はさすがだ。
元官僚の郵政社長を使いこなして非正規社員の10万人
正規化と郵貯2000万を決めた。
これで日本郵政は安泰。郵政民営化は阻止され官僚も大満足。
日本はこれから政治家と官僚の共存国家として繁栄は間違いなし。
とりあえずは7月の参院選は民主政権の大勝利となり
政権は次の衆院選まで安泰。すべての法案はスピード成立。
日本は好景気に沸く事になる。

03. 2010年3月26日 21:13:43
委員会で議論し決定したことを疑義とするのか?民主主義の手続きを無効としかねないイチャモン仙石だ。

04. 2010年3月26日 21:20:06
小田原評定にならぬ事を望みます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧