★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83 > 392.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
大マスコミ、NHK、テレビ、大新聞らの常軌を逸した「小沢潰し、民主党叩き」の代償は大きい! (天狗のささやき)
http://www.asyura2.com/10/senkyo83/msg/392.html
投稿者 新世紀人 日時 2010 年 3 月 30 日 13:35:18: uj2zhYZWUUp16
 

http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/03/index.html

2010年3月30日 (火)

大マスコミ、NHK、テレビ、大新聞らの常軌を逸した「小沢潰し、民主党叩き」の代償は大きい! 

 昨年3月3日に麻生太郎前首相、麻生政権、官邸主導で如何な権力闘争とは言え、国家権力を使って政敵、当時民主党、小沢代表の大久保秘書逮捕(悪魔の如き麻生首相の権力犯罪 - 官邸と検察による小沢失脚謀略の咎めが出た結果だ!
 http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2009/08/--0f6c.html )から始まった一年余りの悪魔の如き、執拗なネガティブキャンペーンを繰り返した咎めが以下の末尾に書いた「日本を代表する偉大なるメディア、産経新聞がこっそりと希望退職100人を募集。役員報酬を50%カット 」のように表面化して来たのが見えます。 

 1)
 「権力構造の▲「経世会(旧田中派)」VS「清和会」の立場が逆転して行くのが見える!」 
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/03/vs-e1f1.html

 2)
 大犯罪、検察は放火犯、大マスコミ、NHK、テレビ、大新聞らは大火災の幇助罪で大罪だ! 
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/03/post-c5a7.html

 3)
 アメリカGHQ支配の日本、戦後政治の解体、修正が起こっている!!
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2009/03/post-4176.html
 と私のような学歴も、名もない門外漢がこれらのことを書いているのに大マスコミ、NHK、テレビ、大新聞らはアメリカ依存、隷属の旧体制、守旧派の自民党、官僚、検察らの「虎の威を借る狐」の如くに記者クラブなどの既得権益、また利権である毎年大枚の金を彼等から供与を受け、彼等、守旧派の意向を受け常軌を逸した「小沢潰し、民主党叩き」をここ一年余りして来た咎めが今出て来たのです。

 大マスコミ、テレビ、大新聞らが笛太鼓と応援、支援しても自民党は再起不能、社民党のようになる!  
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/03/post-8b2c.html

 『それにしても自民党も末期的だが偏向報道の遣り過ぎで大マスコミ、NHK、民放テレビ、大新聞らも末期的です。』

 (彼等アメリカ依存、追随の自民党、大マスコミらは既得権益、利権奪還だけが頭にあり以下のようにーーー
 4大マスコミ、新聞、雑誌、ラジオ、テレビの役目は、時代は終わりつつある。
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2009/11/post-b76f.html

 ケインズのケインズ理論も、アメリカも、自民党も崩壊だ
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2008/12/post-c6f3-1.html

      <中略>
  それにしても自民党も末期的だが大マスコミ、NHK、民放テレビ、大新聞らも末期的です。

 おい! 自民党よ、自民党議員らよ! 検察や大マスコミの立場を考えているのか? 
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/03/post-2ef4.html

 4大マスコミや守旧派の自民党や官僚らは時代が変わったことに気が付いていなのでは???
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2010/02/post-10b3.html などを自民党が再起するようにと思って書いて来た。

 先ほど造反した生方幸夫民主党副幹事長を出演させ田原総一朗が司会するサンプロのテレビを視た、しかし小沢潰し、鳩山首相叩き、民主党叩きの情報操作、印象操作、イメージ操作を死に物狂いで未だに躍起になってやっているのを視て呆れた。

 時代の変化を読めず、こんな馬鹿なことを必死になって偏向報道するから本来のこれからの国の将来、政治を、国の在り方を論じるのでなく、本末転倒な論議にミスリードをさせている大マスコミ、NHK、テレビ、大新聞らは罪作りで大罪だ。
           <後略>

 また以上のようなことを書いたが守旧派の自民党、官僚、検察らや大マスコミは気が付かなかったのだろうか?

 以上のように週刊朝日、日刊ゲンダイを除いて常軌を逸した過度な偏向報道をし続けた大マスコミ、NHK,テレビ、大新聞らに咎めが以下のように出て来た。


 それに付随して来た学識経験者と言われる大学教授や官僚OB,またお座敷芸者ならぬ、電波芸者の評論家達はーー


 「識者と称する輩、世界情勢が全く見えていないのでは!?」 
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2009/12/post-8a08.html と思うし、彼等はこれから、また参院選後はどんな顔をして出て来るか楽しみだ。

 連日連夜に渡って偏向報道した大マスコミの苦悩が以下のように東京新聞の心の揺れを表す一方で倒産も囁かれている産経新聞がその動きを伝えるニュースが書かれているのは興味深い。

 A)
 今朝の社説に垣間見えた東京新聞の微妙な位置(日々坦々)
http://www.asyura2.com/10/senkyo83/msg/365.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2010 年 3 月 29 日 17:21:03: twUjz/PjYItws

http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-370.html

今朝の社説に垣間見えた東京新聞の微妙な位置
2010⁄03⁄29(月) 12:21

東京新聞3/29社説の巧妙さ 〔監視じゃ!ナル。〕

「あるかリセットの覚悟 週のはじめに考える」は、どの支持者もいかようにも解釈できるような巧妙さがある。

       <中略>
コメント:東京新聞も他の新聞と(社説は特に)変わらない。後ろに民主党批判に明け暮れる共産党の影も感じる。

参照:週のはじめに考える あるか リセットの覚悟(東京新聞 今日の社説)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2010032902000080.html  

 B)
 日本を代表する偉大なるメディア、産経新聞がこっそりと希望退職100人を募集。役員報酬を50%カット (R.K blog)
http://www.asyura2.com/10/senkyo83/msg/361.html
投稿者 いさむ 日時 2010 年 3 月 29 日 16:37:46: 4a1.KLUBdoI16

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201003/article_117.html
2010/03/29

〔転載はじめ〕

日本を代表する偉大なるメディア、産経新聞が、こっそりと希望退職100人を募集。役員報酬を50%カット!

ぜひとも、産経新聞さんの再建策を提案させてください!

1.日刊ではなく週刊にして、それでもだめなら月刊、季刊、いや年一回発行か5年に一回くらいでいいんじゃないの?どうせだれも読まないし。

2.今までは広告収入確保のため一応、売れない分も印刷してから断栽して古紙屋に売り、便所紙製造に回してきたが、今後は、コスト削減のため最初から便所紙を作る。社名は産経尻拭き紙製造(株)に変更。

3.世界日報と統合し、世界日報を存続会社に。系列のヤクザ右翼を使って弱者の自宅を回って凄んで押し売りする。(もう、とっくにやっているかw)

4.愛読者の大半を占めるホ●右翼読者のために、ホ●関連記事を充実させる。「恋人募集」などの読者交流欄を設ける。

●産経新聞社、希望退職者100人。役員報酬月額、最大50%を半年間カットも。
http://ameblo.jp/creative-technology/entry-10195725781.html

株式会社産業経済新聞社は19日、100名の希望退職者を募集すると発表した。

40歳以上50歳未満の正社員で勤続年数10年以上の社員を対象に、2月9日から18日までの期間で募集、3月31日付けでの退職となる。
同社では今回の希望退職者募集について、抜本的な事業構造改革による収益力の向上と経営基盤強化を目指し、事業の長期的な安定を図るため、としている。

同社は、役員報酬減額についての発表も行った。
1月から6月までの半年間を対象に、代表取締役役員報酬月額の50%、専務取締役の役員報酬月額の30%、常務取締役の役員報酬月額の20%をカットする。

昨年11月27日に発表された平成21年3月期の中間決算で同社は、営業利益で4億円の赤字、経常利益6億円の赤字を発表している。

〔転載おわり〕  

(新世紀人コメント)

糟塵(マスコミ)の斜陽産業化については、もう流れが止まらない(ほぼ確定化)様子だ。
自民党という政党も同様だ。
ただ官僚組織についてはどうなのだろうか?
官僚組織は国家権力の頂点に立つところの”政権”が安定化したうえでの確定化を得ればそれに相応しい官僚組織に造り上げる事は可能だから、その時点まで宦官的抵抗を隠微に継続するのではないのか。
糟塵(マスコミ)の低落については、週刊現代も記事を書いてそれの宣伝を大きく載せているようだ。週刊現代はいつも連立政権への攻撃記事を大々的に書いている様子だ。
この週刊誌を私はめったに読まないので、糟塵(マスコミ)の低落記事の内容は知らない。
産経新聞の希望退職者募集は一年ほど前の事であるが、多くの人が現時点の事と勘違いしたらしい。
このような勘違いが起きた理由の一つとしてこの件について余り注目されて来なかった事があろう。マスコミが自分にとって都合の悪い事を大々的に報ずる訳がない。
しかし糟塵(マスコミ)の斜陽産業化傾向は自民党と同じくまた米国帝国と同じく何年も前から確定化していたのだから規定路線なのである。

http://www.asyura2.com/10/senkyo83/msg/364.html でも書かれているように、
「10年で新聞社は1,2社TV局も同じくらいの数に減るのではないかと考えられる。」のである。
これは自民党の崩壊現象に余りにも似てはいないか?
自民党崩壊の受け皿として「みんなの党」やら「舛添新党」とか「与謝野新党」とかはたまた「橋下新党」とかが用意され、またはされようとしている。
マスコミも再編・統合化であろう。
もしかしてこれは意図的に自滅行為へと誘導させられているのではないかと田中宇氏の独特の覇権意図的自滅論を適用しながら考えても見るのである。
珍奇な理論もヒントにはなるのかもしれない。
倒産会社の経営者が悪人であれば倒れる前に自分だけは会社の財産を持ち逃げする。
マスコミの頂点に立つ者達も確かな悪人であれば同様の行動に走るのではないのか。

私は糟塵(マスコミ)には崩壊自民党と同じく、今や一つの「役割」が課せられているのではないかと考えている。

それは日本の「国民の政権」への「揺さぶり役」である。
「攻撃役」と言い替えてもよい。
こんなものは使い捨てであり、アルカイダを名乗って幾つでも造り上げられた工作組織と同様であり、破裂して無くなってくれても結構なものと考えられるだろう。

糟塵(マスコミ)や崩壊自民党やチンピラ無能新党や宦官官僚や民主党内不満分子を使って政権を揺さぶれば、日本の政治は弱体化する。
弱ってリーダーシップを発揮できない政権に対して、外国勢力は強い要求を押し付ける事も可能になる。
このような政治的戦争を常に仕掛けられているという論理を私は考えている。

それらの上でしっかりと確かに政権内部に食い込み、援助もしながら一方で政権を裏手から応援している事も考えられよう。
この意味はお判りであろうか?
ヨイショ評論を書いてくれたり、道筋を用意してくれたり、様々に便宜も図ってくれると言う訳だ。


 2 81 +−  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年3月30日 14:07:51
取材もろくろくしないで性急,思い込みだらけの記事/情報を受け手に押し付けたばかりでなく、
新聞販売店を押し紙という形でさんざんいびり続けてきた詐欺集団。

足元には奈落が口をあけて待っているぞ。


02. 2010年3月30日 15:30:29
 マスゴミが民主党について書いてるのは、せいぜいが脱税汚職恐喝不倫職権乱用不決断の事実羅列だけで、それもあまりに多すぎて焦点が定まらない、ってのが実情だからな。麻生総理前政権の時の、

    漢字の読み間違いだけ

 とくらべると、インパクトに欠けるとしか言いようがない。



03. 2010年3月30日 17:03:12
>>02
「国営漫画喫茶」「国策捜査」「ブレブレ」とか都合の悪いことはスッカリ忘れてんのな、お前w

04. 2010年3月30日 21:22:47
現マスコミ界にとって、無視できないくらいの国民が、離れているようである。
それでも、永続性は不明だが、一定の支持層が母集団として残り続けるだろう。
つまり、これまでのビジネスモデルは、崩壊しつつあるといえるが、規模縮小によって、この試練を乗り越えられる可能性がないわけではないと言える。
ただ、すべての既存マスコミ組織が従来のように存続できると考えるのは非現実的だ。従来のように、社内的には高コスト、下請けには酷い低コストでは、社会的共感を得ることができず、組織崩壊の道しかのこっていないだろう。
彼らの現状を考えると、彼らの多くが、大上段から現政権にぶつかっているような段階(経営状況)ではないのではないかと察せられる。

普通の発想では、政権交代した現政権を攻撃する行為は、その政権を支持した国民意識を否定するものとして解釈される。要するに国民の多くを敵に回してしまう。
従って、普通の発想の経営者はかかる行為を選択することはないはずだ。
その経営上のリスクを犯しても現政権を攻撃するということは、それ以上のリスクが存在しているということを、暗示していることになる。つまり、マスコミ各社が現政権を攻撃する行為は、自らの経営を不利益にしても、彼らにとって遂行しなければならない、何かが存在しているのだ。
多くの国民がこのことに、本当に、気がつき(知り)始めた。

時すでに遅いかもしれないが、離れて行った国民を、引き寄せたいのであれば考え方を変える必要がある。


05. 2010年3月30日 21:39:35
最近になって(三月ほど)この阿修羅の掲示板を知りえたのですが、
アクセス数は実際はどれくらいなんでしょう。

インターネットの影響力が物凄いと聞き及んでいますが、本当の数字を知りたいです。
                         64歳の年寄


06. 2010年3月30日 21:59:42
>>2
冤罪濃厚の人を死刑にした「飯塚事件」やアップフロントとの政治規制法違反といった麻生にとって「本当」に都合の悪い事は報じなかったもんなー大マスコミ
漢字読み間違いというマスコミとのプロレスで倒れた麻生政権w

07. 2010年3月30日 23:32:41
マスゴミは「斜陽産業」ではない。「消滅産業」である。デパートともに2010年の消滅産業の象徴である。

08. 2010年3月31日 01:22:11
>>05
テレビの影響力に比べたら、ものの数ではないですよ。
それぞれの記事のアクセス数が24時間単位、三日単位などで表示されますが、
一人の人間が複数の記事を読むはずなので、
この阿修羅にアクセスする人間は数万ではないでしょうか。

正確な数は、管理人さんにメールすれば教えていただけるのではないでしょうか。

ただ、阿修羅やその他の検察・マスコミ批判サイト、日刊ゲンダイなど読んでる
人たちは、怒っていて熱いですから、波及効果を持ってると思います。


09. 2010年3月31日 01:48:15
かたよった代償は、将来どう落し前がつくのでしょうか?

10. 2010年3月31日 10:56:27
代償は大きいでしょう。
今も、どうすれば経営状態が改善するのかなんて、歴然としているのに、
強い意志で報道姿勢を変えないのだから、こうしたゴミ会社が、設立当初から、
どちらを向いて作られた会社なのか、よ〜く正体をバラしてます。
植草氏が書いていたが、皆「アメリカ国籍」になればいいのに、と思う。

11. 2010年3月31日 11:43:39
マスメディアの経営者は、「新聞購読中止」や「テレビ視聴率低下」の一番の原因を「経済不況」や「若者のネット利用の普及」にあげているが、実際の原因が『マスメディア自体に対する不信感』・『中身・内容の劣化』といった根本的問題であることを未だに認識していないのだろう。これではたとえ経済が回復しても立ち直れないのは明白である。それにしても気の毒なのはスポンサー企業群。押し紙による嘘の発行部数、電通子会社による捏造された視聴率により、高額なスポンサー料を支払っている。大半の企業はこの状況を認識してはいないだろうが、一部の企業はその状況が判ったうえでお付合いしているのかも知れない。なにかの時にマスメディアを敵にまわしたくない為にあえて付合っているのだろう。しかし近い将来、押し紙・再販価格の問題や視聴率捏造の問題が一般にまで表面化してくるのは明々白々、そのときマスメディア界はどう対処するのか興味深々である。

12. 2010年3月31日 13:07:03
11さん
>実際の原因が『マスメディア自体に対する不信感』・『中身・内容の劣化』といった根本的問題であることを未だに認識していないのだろう。

ほんとに、うんざり、しつこい、見たくない、って言うのが素直な気持ち。

私だけではない。家にいる普通の主婦の人たちも、テレビは見たくない、小沢氏、鳩山氏、小林議員の件にしても、同じ事を延々と叩いて、罪になるようなことは何もでないのに・・・検察も信用できない、悪いことをしてなくても何時自分が犯人にされるか分からない、お前がやったと朝から晩まで延々といわれ続けたら、してなくても、もしかして自分がしたのかと思うかもしれない、人事ではない・・・
逆に持ち逃げした機密費はどうなったのか?そのほうが問題だと思うが、ほとんど報道はない・・・世の中おかしい、まだラジオをつけておくほうがいい・・・などなど、とりとめない会話が多い。でも、これが現実、不信感によって確実にテレビ離れしている。

私は政治がらみのニュースはすぐ消す、みのの顔なんかもう長いこと見てない。そのうち忘れるだろう。ニュースキャスターの顔は見たくない。見るのは主にBSの映画のみ。映画が多いのならCSも予約しようかな。良質の映画を放送してくれたらテレビも楽しみなのだけど。


13. 2010年3月31日 13:10:50
前回の書いたのですが、この3Kリストラは去年のことでは?

信頼性  確保のため 阿修羅 は最新の記事にすべきでは?、、、


14. 2010年3月31日 13:15:15
小澤さん叩きと反政府活動だけが、主な仕事のようなマスメデイアに、嫌気がさすのは当然です。ただ、新聞、テレビ、の役割は歴史的に見て、終焉のときを迎えて、インターネツトなどへ主役の座を明け渡しつつあるのが、実情でしょう。時代の流れでしょうね。

15. 2010年3月31日 14:20:24
2
麻生氏の先祖は炭鉱会社、そこで朝鮮人2万人こき使いろくにお金も払わず、
その謝罪が彼が総理時代に海外の新聞に記載されてたのだ、
日本の新聞はどこも書かないバカ新聞、これが真実です、
どう判断しますか。

16. 2010年3月31日 14:34:36
天に向かって唾を吐けばどうなるのかご存知無かったようで。

 自業自得
 身から出た錆
 悪事身に返る

合掌。


17. 2010年3月31日 14:55:33
>16
最近はそれを、自己責任とか自作自演とか言うそうですよ?
確か、飯島勲さんが名付けられたんだと思いますが。
…なんて言葉自体が跳ね返ってれば世話無いです。

18. 2010年3月31日 15:20:35
04さんのおみとうしどうり
いまの時期の対立軸は (公務員+マスコミ)対 民主党に投票した人々
明治以来のマスコミのビジネスモデルは
中央省庁と大手マスコミによるゆるい奴隷制度で国民を支配してきた
立法は情報遮断で無力化された偽民主国家
(2件分立制度)行政+マスコミという世界にない民主主義の崩壊
行政から見てもマスコミは一心同体の役割(行政から見た奴隷の洗脳教育)
マスコミから見ても行政の準構成員の役割で豊富な利権=実質高給与待遇獲得
マスコミはあまりにもおいしい支配階級の蜜を長年吸い慣れたため
ジャーナリズムを捨て去り利権の維持に躍起な状態だが
尤もイラつくことは次のビジネスモデルが自民(踊り子役)の崩壊でまるっきり見えないことが
マスコミの不安を倍加させる

19. 2010年3月31日 15:29:27
今度の政権交代も、全共闘世代が定年や早期退職でしがらみがなくなったことが大きいと思う、
彼らは、1960年生れ以後のノンポリと違って思想的に頑固ですからマスコミも簡単に洗脳できない。

20. 2010年3月31日 17:28:29
大新聞には最後の手段として、社員の給与50%カットの道が残されている。
年収1千万以上の社員がゴロゴロしているからな。
ただ、何時まで持つのか疑問だが。

21. 2010年3月31日 18:41:51
新聞を購読していない方が多いかと思いますが、今日3月31日の読売新聞夕刊のコラムは秀逸ですよ。警察庁長官襲撃事件と小沢氏不起訴の際の論調が180度転換しています。あの時も同じ立場に立って論評していたら新聞もこんなに叩かれなかったろうな。

22. 2010年3月31日 20:54:52
まず、NHKを民営化せよ。出来ないのなら地デジとともに「スクランブル放送」にしろ。
そうすれば自分達の本当の価値が判る。

23. 2010年3月31日 23:17:06
マスコミは分析力が素晴らしいので
自分達の立ち位置を分析した上で、小沢を叩き、民主を叩いてるでしょう。

潰れればいい、公器だとかいう戯言で税金を投入してもらう事は諦めてるのだろうに、これだけ理不尽に民主叩いてるんだから。


24. 2010年3月31日 23:54:38
マスコミが騙せているのは、政治報道をテレビだけで見ている人達
でしょう。
新聞は、活字ですから、じっくり時間をかけて政治面を読んでいれば、
捏造記事に気づく人がほとんどだと思います。
阿修羅がこれだけ支持されているのも、ほとんどの人が、記事をじっくり
読んでいるからだと思います。

去年からの捏造報道の継続は、活字では誤魔化せないでしょう。
ですから、新聞購読止めの人が続出しているのでしょう。


25. 2010年4月01日 00:33:56
マスゴミはいまの赤字経営が続けば、彼らはどんな手で政治に何を求めてくるのか。おそらく、公的支援をへりくつをつけて求めてくるだろう。いまの、反民主、反小沢の工作はこのことによっている。絶対に税金を彼らのために使うことは許してはならない。

26. 2010年4月01日 00:45:19
>21
コラム、読みました。
「あと一歩でも時効なら負けだ。」
あと一歩でも不起訴なら負けだって、どうしてあの時公正に書けなかったんでしょうか。今後、スタンスを変更していくのか、それとも不注意に本音を書いて整合性がとれなくなったか、どっちでしょう。

27. 2010年4月01日 03:29:56
もう何でもありというか、必死だな、というか。
自殺行為以外の何ものでもないと思うのですが・・・

朝日と読売が「記事交換」 新聞業界で始まったリストラ
http://www.j-cast.com/2010/03/31063527.html?p=all


28. 2010年4月01日 03:35:23
新聞がキチントした取材をして、記事にしていたら、新聞読むけどね〜。
ちゃんとした取材してないし。
検察のいいなりの記事を書いていて、誰がそんな新聞買うか?

今は、当たり前のジャーナリストは、twitterでつぶやいてくれしね〜。


29. 2010年4月01日 06:47:53
言論の寡占が保障してきた、企業の支配(広告出稿)、押し紙、巨額給与。
これらが明らかとなった今、財源だった企業との支配関係が崩壊しつつある。

これはマスコミがクロと言えばクロ、シロと言えばシロという支配構図にネット言論が割り込み、扇動工作が利かなくなったためだ。

しかし、マスコミのスポンサーは国内企業だけではない。CMを出してもらう必要がないスポンサーはいくらでもいるのだ。その目的は「日本弱体化」。これにより巨万の富が手に入る。
 あえてCMの内容は?といえば、番組そのもの、記事そのもの、世論調査という名の冗談である。
 


30. 2010年4月01日 07:48:14
大手マスコミは、これ以上偏向報道を継続すれば、
スポンサーが大損するだけです。
偏向報道を支援するスポンサーは、壊滅的な
打撃を受けるでしょう。


31. 2010年4月01日 09:15:29
マスコミ凋落の一番の原因は国民の立場に立っていないことです。人は他者が発する言葉あるいは文章の奥に潜む本当の意図、隠された感情を瞬時で見抜きます。民主党をめぐる報道、テレビでのコメントには明らかに悪意があります。いかに真っ当そうな理屈を並べても覆い隠せない明らかな悪意があります。“みのもんた”のように隠さない悪意もあります。マスコミはこのたびの政権交代を憎む人々の立場を代弁しています。政権交代を一番憎んでいるのは日本経団連です。毎年巨額の金を恵んで自民党を飼い慣らし、自分たちの意のままに日本政治を動かし、日本国民の富を壟断してきたシステムが政権交代により破壊されようとしているからです。日本経団連にとって一番憎いのは小沢一郎氏です。政権交代後、日本経団連会長は小沢一郎氏に面会も許されていません。こんな屈辱はなく、こんな恐怖はないはずです。民主党は企業・団体献金の廃止を打ち出し、金で政治をコントロールしてきた日本経団連を牽制しています。日本経団連は存立の危機を迎えています。恐らく腸の煮えくりかえる思いに違いがありません。衰えたりといえど日本経団連です、戦後の日本政治を陰で操ってきたその力は巨大です。三井・三菱・住友等の旧財閥グループ、電力業界・自動車業界等々の巨大企業グループにとって、民主党の掲げる国民の生活が第一などという政策は、百害あって一利無しです。国民生活の為に自らの利益が損なわれるなどということを許すわけがありません。マスコミは大スポンサーに良心を売り渡し必死の反民主党キャンペーンを張っています。日本経団連はあらゆるつてを使って官僚・検察をも動員して民主党政権を攻撃し、マスコミはその一翼として民主党、国民に襲いかかっています。本来、国民の立場にたった報道・論説によって国民の支持を得、結果として企業として成り立ってゆくのがマスコミのあるべき姿でした。いまマスコミは目先の利害に目がくらみ道を誤りました。毒入り餃子が売れぬごとく、マスコミの毒入り報道など、毒入りバラエティ番組など売れる筈もなく、その企業生命もやがて尽きるでしょう。

32. 2010年4月01日 17:10:38
>>27
>本来はライバルであるはずの朝日と読売が地方で記事交換の取り組みを始めた。

何だこれは。いっそ合併して朝読新聞とか売日新聞とかに社名を変えてはいかが。>>2010年3月に電通が発表した「日本の広告費」によると、09年の新聞広告費は6739
>億円で、前年比で27.6%も減少。販売部数も落ち込みが続いており、

自己責任。合掌。


33. 2010年4月01日 20:04:26: aRj4j
31.さん
『経団連』といっても個々企業の集まりです。その個々企業経営者は所詮サラリーマン社長が大半であり、いざとなったときは、自分の会社を犠牲にしてまで経団連という組織を護ろうとはしません。それゆえ『経団連』とは空気のようなもので、実像のない虚像の様な存在であり、実態はそれほど強固だとは思われません。自民党とマスメディアは、その『経団連』という虚像とただ「カネ」という接点だけでお互い結びついてきただけであり、政界で大きな存在感があるかのように見えただけです。それ故、現在の『経団連』としては、初めて経験する政権交代という大きな変化にどう対処すればよいのか右往左往している状況だと推察します。企業経営者にとって、基本は何よりも自分の会社が大事なのです。いずれ『経団連』の政界での存在感は薄れてきざるを得ないのではないでしょうか。

34. 2010年4月01日 20:32:00: IRZe0
NHKは規模を縮小して、ラジオと教育だけで十分。
偏向報道の総合など、民放となんら変わらない。

相撲と高校野球の放送もいらない。
(高校生の部活動は野球だけではないし、文系の活動もあるのだから。)


35. 2010年4月01日 21:52:14: pKkq7
ネットや携帯が主流になると
既存のマスコミ媒体は要らなくなる。

地上波TV・ラジオ、紙の新聞・週刊誌・月刊誌は過去の遺物に


36. 2010年4月02日 09:26:37: i80e5
私のような庶民が政治の流れを感じたのはネットのお陰です。
其れまで御用評論屋に,尤もらしいロジックに騙されて暮らして来ました。
学生の頃、教授の何が偉いか?
特に偉い所が無かった。

この度の事業仕分けでノーベル受賞者、学長が薄汚く見えた。同じレベルだが知識はある。

人間性は持って生まれる物らしい。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧