★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83 > 403.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
長野県の皆様へ!民主小沢は党執行部として高島陽子氏を2人目の公認候補予定者に決定した!
http://www.asyura2.com/10/senkyo83/msg/403.html
投稿者 明日のジョー 日時 2010 年 3 月 30 日 19:20:06: 2mRCBALq2vKFs
 

北沢さん中途半端な言動してると4ヵ月後には只の人になりますよ、、、


2010/03/30参院選長野県選挙区2人目の公認予定者・高島陽子氏と揃って会見 小沢幹事長
http://www.dpj.or.jp/news/?num=17950
 小沢一郎幹事長は30日午後、長野市内で会見し、次期参院選長野県選挙区の党公認候補予定者として、現職の北澤俊美防衛大臣に加え、高島陽子氏を2人目の公認候補予定者に決定したと発表した。   

 小沢幹事長ははじめに、党本部として、来るべき参議院選挙に向けては過半数獲得を目標として戦う、そのためには定数が複数の選挙区には複数候補者を擁立し戦っていく方針を決定したと改めて説明。各都道府県連に対してその旨を指示し、長野県では県連と党本部それぞれで作業を進めてきた結果、このたび、県議会議員の高島陽子氏の擁立を決定したとして、「2人目の候補者として素晴らしい人材を得たことを喜ばしく、心強く感じている」と述べた。

 小沢幹事長は「選挙戦は生易しいものではない」と続け、「決断した以上、7月の選挙と設定された場合の残り4カ月を全力で戦い、県民、市民の皆さんの理解をいただいて勝利してほしい」と激励。「まずは北澤防衛大臣の当選を確実なものにすると同時に、高島氏の勝利に向けて新しい票を掘り起こしながら、新しい有権者の支持を得ながら、2議席目の参議院議員として当選してもらうことを心から願う」と語った。

 また、今後のスケジュールについて、今週末4月2日の午後に常任幹事会を開き、第2次公認候補予定者を決定する予定だとも明かした。

 小沢幹事長は「長野県はもちろん、今まで2人区で2人擁立することは少なかったと思う。そういった意味において、本部としてあらゆる面で選挙の支援態勢をつくりあげていきたい」と表明。「県連には苦労をかけると思うが、政権与党として1人区だけでなく2人区においても、皆で力を合わせて過半数獲得という目標に向かって努力していただきたい」と奮闘を求めた。

 次に高島氏が、「党籍のある議員の一人として、生まれ育った信州、長野県のため、未来の日本のためにお役に立ちたいと決心した。100日間を全力で頑張っていく」と決意表明。決断に至った決め手については、「元々子どもや女性政策、党の方向性に共感して民主党に入って活動してきた。民主党への期待が非常に大きいことを肌で感じる一方、政権交代後の厳しい現実も国民の一人として感じている。(民主党政権は)まだ芽が出始めたばかりでこれから育てていかなければならない、そこに参画していきたい」とコメント、長野県は女性の国会議員が不在なこともあり、多様な世代が参加するチャンスと捉えたとした。

 続いて記者団からの質問に答え、小沢幹事長は「あらゆる支援態勢」について、「2議席目指すことは容易な選挙ではない。県連、高島、北澤両氏に対し党としてあらゆる応援態勢をとる」と強調。高島氏をはじめ2人目の候補者に対しては、「今までの2人区で獲った票を2で割ったのでは勝てない。今までの票、支持基盤を広げて、今まで以上の支持者の獲得を目指さなければ二人擁立する意味がない。高島氏には今まで以上の広い人たちに支援を得るようなかたちで選挙戦を展開することになるだろう」と述べた。「支援母体の住み分けは」との問いには、「選挙は人の心であり、誰かが命じたからと言ってできるわけがない」と一蹴した。

 政党支持率が下がるなかでの2人擁立に関して小沢幹事長は、「選挙時に比べれば下がるのは普通の傾向。支持率は相対的なものであり、自民党の支持率をまだまだ凌駕している。新聞、テレビとインターネットの調査では全く逆の結果が出ている。力を合わせて頑張れば過半数獲得できると確信している」と力を込めた。

■高島陽子(たかしま ようこ)
1968年5月23日 長野市北尾張部生まれ
1987年 長野県立長野高等学校卒業
1991年 奈良女子大学卒業
      奈良女子大学付属中学校および大和高田市立高田商業高等学校にて
      保健体育の非常勤講師を勤める
1993年 信濃毎日新聞社入社
1997年 同退社 その後南信州新聞社、市民タイムス記者
2007年4月 長野県議会議員に初当選
        県議会会派「改革・緑新」所属  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年3月30日 19:22:10
バカなメディアは毎度の質問をするが、、、
【 政党支持率が下がるなかでの2人擁立に関して小沢幹事長は、「選挙時に比べれば下がるのは普通の傾向。支持率は相対的なものであり、自民党の支持率をまだまだ凌駕している。新聞、テレビとインターネットの調査では全く逆の結果が出ている。力を合わせて頑張れば過半数獲得できると確信している」と力を込めた。】

ネットを重要視している小沢には捏造世論など通用しない!!!


02. 2010年3月30日 19:24:10
http://asx.pod.tv/dpj/free/2010/20100330takashima_v300.asx

03. 2010年3月30日 19:30:38
大手メディアの世論調査なんて全く信用してないんだな。小沢さん。
それでいい。だって、子供手当に反対している人が世論調査だと周りの10人中5人ぐらいいなきゃいけない計算でしょう。私の周りには独身、子持ち、老人含めて誰もいないぞー。全く信用できない。
今頃新聞なんか信用している奴は天動説でも唱えてろってか?

04. 2010年3月30日 19:31:56
守りに入ったら総て失うことになる。小沢幹事長の意気やよし。戦闘意欲のない防衛大臣など必要なし。闘いが厭なら消えてなくなれ。

05. 2010年3月30日 19:42:13
高島さんは田中さんの支援を受けるのではないか。
小沢さんがどの団体を高島さんに就けるのか楽しみ
田中追い落としに協力した北澤はじめ自治労は必死で運動しなければならなくなった

06. 2010年3月30日 20:02:37
小沢チルドレンの人たちって、ホントに小泉チルドレンと対極(いい意味で)な感じでいいですね。

見た目で判断してはいけないけど、当選しそうな気がする。


07. 2010年3月30日 20:20:56
個人的な意見ですが、失礼ながら北澤氏が今の民主に有用だとは思えない。
ご自分の力量で選挙を戦っていただきたいと思います。

08. 2010年3月30日 20:45:40
守りに入らずに打って出るのはいいことだが、この人も新聞社出身というのが気にかかる・・生方のようにはならないでほしい。

09. 2010年3月30日 21:17:46
参議院2人区では過去自民候補1人民主候補1人の選挙区は”無風区”と呼ばれ、投票前から当選者は実質決まっていた。民主党の立候補者1人ということは、選挙戦を勝ち抜いてきたとは言えない。国会議員になるのなら勝ち抜いて来いということだ。

10. 2010年3月30日 21:53:29
参議院複数区の談合選挙は駄目だということ。
選挙戦は戦いあって勝ち抜いた輩がバッチを付けるもの!
死に物狂いで戦えという事ですよ。北沢さん!

11. 2010年3月30日 22:01:33
>>09
のとおりだね、無風区”ではいけない。

12. 2010年3月30日 22:07:09
<明日のジョー様へ>
長野県民です。1ヶ月ほど前に、北沢某が「支持率が下がっている状況で2人擁立はいかがか」と発言。わたしは暗澹とした気分になりました。衆議院の小選挙区制は当時の自民・社会党の馴れ合いを排す為に導入された。では参議院はどうなのか?2人区で民主と自民が票を分け合えば、嘗ての自社馴れ合いと同である。この流れを理解すれば2人区で2人の擁立は当然の帰結である。自分の選挙に汲々としている防衛デエジンではなく、高嶋さん(偏向の信濃毎日出身ではあっても)を応援します。

13. 2010年3月30日 22:15:00
よーし! 有言実行、さすがだ小沢さん。
寝ていても、反国民主権に動いても左うちわで--------とは行かないぜ。北沢はきちんと国民の方に目を向けざるを得ないだろう。

長野県民は幸せだ。不毛の選択から解放されたのだ。


14. 2010年3月30日 23:08:11
公職選挙法違反です。即、削除してください。

15. 2010年3月30日 23:20:36
国民は、特殊学級だ。小沢は長野でも暴言を吐いた。

16. 2010年3月30日 23:39:19
高島にも裏があるからな。
昨年の長野市長選挙の裏を知ってると、どうして高島が北沢を裏切って出てきたかも分かろうというもの。
北沢は最初、鷲沢が嫌というよりも市長を送り込んで自分の権力を示したいがために高島に出るように説得していた。
ところが、当初無視、そしてその後その気になっているという話も出ていたが引き摺り下ろして結局公募をやった。高野(600票差次点)にも声をかけたが断られている。

で、その公募の応募者の中に3人ほど勝てそうなやつがいたけど、高野と同様、北沢の言うことを聞きそうにない(南信の出身者、長野高校じゃない人など)から結局切って、市議補選に出ようとしていた篠原孝の同級生(お友達)の小林を擁立。そして見事にずっこけた。
民主の勢いが凄かった時に鷲沢・高野にダブルスコアで負けてるんだからお話にならない。小林も小沢に会わせたので小沢のメンツ丸つぶれ。

そんなしこりを残しているので、高島は小沢に「責任取って出ろ」と言われた可能性が高い。(もちろん北沢の刺客として)


17. 2010年3月30日 23:54:16
見るにあたわず。選挙運動だ。

18. 2010年3月31日 01:04:44
よっしゃ〜、高島さん頑張って下さい。

自滅党合掌、チーン。


19. 2010年3月31日 02:23:16
高島も小沢に殺されるでしょう。合掌、チ〜ン。

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
20. 2010年3月31日 02:56:47
この19番、何を書き込んでるの?
小沢氏がただの一度でも人を殺したことがあるの?

さんざん殺してきたのは、逆の連中でしょう。

何が「チ〜ン」なの?

お前の腹の中が、透けて見えるようだよ!

CIAの、ひ孫受けの、電通の機械に指示されて書き込んでるパシリめが!
もっと、恥ずかしくないバイトを探せ、バカ!

(メシは食えてるのか?食えないようにしている、悪人どもを、一緒に倒そうや!)




[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
21. 2010年3月31日 03:20:45
長野県民、汚名返上のチャンスです。
先の地元の金融業界のドンによる田中康夫前知事追い落としにぶれる愚挙を繰り返す事無かれ!勿論、田中康夫の強引さを全面的に擁護する程、自己埋没に陥いるものではない。閑話休題、小沢幹事長が二人目の候補者、高島陽子さんを擁立した理由をおもんぱかって下さいね。
日本国民で最もクレーバ(賢人)な県民の名誉回復のチャンスですぞ。

22. 2010年3月31日 03:28:15
小沢は懸命に傭兵を立てているが決戦の前に敵前逃亡だ。負けを覚悟してお得意の雲隠れが精々だろ。傭兵は同士討ちで全滅だ。哀れ〜、小沢邪教。

23. 2010年3月31日 04:32:48
ただいま選挙運動中です。

24. 2010年3月31日 06:14:54
選挙はいくさ。文字通の権力闘争、今の時代ここから闘士が育つ。民主党独占を望む。

私は近県のものですが、革新的な風土の長野県で、1×1では生ぬるい。自民党が生き残れるとは思っていない。頑張って2つ取ってください。


25. 2010年3月31日 15:28:04
田中康夫代表、信濃の仇を尼崎で討ったからなぁ。

北沢爺ちゃんもけっぱらねば。


26. 2010年3月31日 21:15:16
読売に30日に出ていた当初擁立予定だった東京の女性医師、急に当日高島県議に差し替えになったと書かれてるが、そういうわけでもないみたい。

羽田や北沢が最後まで抵抗し、夫の出身である南信の議員(加藤?)からも見放され、完全に嫌気が差したようだ。

で、送り込まれたのが自分らの子分・高島県議(笑)
もうコメディでしかないな。
これだったら件の女性医師の方が良かったのにな(爆)

せいぜい、北沢は自分が入る穴でも掘ってくれ。いくら民主党が強い長野でも2人取れるほど甘くないよ。


27. 2010年3月31日 23:10:01
よしよし、常に臨戦態勢だ!
この緊張感が党内を引き締める。
お坊ちゃま、お嬢ちゃまたちのケツを常に叩き続けねば動かない。
小沢さんも保育園の先生を任されたようで大変だな。

28. 2010年3月31日 23:38:12
地元信濃毎日新聞の株主一族の小坂憲次の再度の落選=政界引退が見たい
ある意味信濃毎日はフル稼働で田中康夫たたきみたいに民主たたきに血走った報道をするだろうから小坂が撃沈することはないだろうが、もしこれで落ちたらマスコミの大凋落の始まりとなる

自民民主のたたかいがどうかよりマスコミ凋落の象徴=小坂再落選を見てみたい



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧