★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83 > 493.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国経済:石炭火力発電が、中国経済発展にブレーキ…、日本こそが「環境安全保障」のカギを握る国家(R.K's blog)
http://www.asyura2.com/10/senkyo83/msg/493.html
投稿者 いさむ 日時 2010 年 4 月 01 日 13:02:39: 4a1.KLUBdoI16
 

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201004/article_3.html
リチャード・コシミズ・ブログ
2010/04/01 09:48

〔転載はじめ〕


中国経済:石炭火力発電が、中国経済発展にブレーキをかける、安全対策も公害対策も日本の最も得意とする分野 


中国の発電の主力は「石炭発電」なのです。数年前の統計では火力発電の70%が石炭を使用していました。よって、炭鉱はいまだにエネルギー産業の中核に位置しており、採炭量の確保のために些か安全面が軽視され、毎年大規模な炭鉱災害が起きています。一時は、年間、六千〜七千人が犠牲になっていて、中国も「中小炭鉱を閉鎖する」などして対策を講じてきた模様です。(実効性なく、実際にはほとんど閉鎖されていません。日本でも1963年に三井三池炭鉱で爆発事故が起き、458人が死亡・行方不明になっていますが、毎年、中国のように5000人を超えるような異常事態は起きていません。)

つい数日前、山西省の国家重要プロジェクトに指定された炭鉱で漏水事故が発生し、260人以上が閉じ込められているとのこと。

どういうことか?中国の経済成長は、炭鉱労働者の多大な犠牲の上に成り立っているのです。極めて異常な「命と引き換え」の経済成長なのです。このような事態を中国国民も国際世論もこれ以上容認はしないでしょう。抜本的な安全対策を講じる必要があるが、設備コストがかかる。事故防止のノウハウがない。だが、もはや放置できない事態に陥っている。石炭が掘れなくなれば、中国の経済成長にブレーキがかかります。

さらには、石炭火力発電による硫黄酸化物排出の問題があります。排煙脱硫装置の設置されていない発電所がまだあるといいます。これでは、汚れた排気ガスは日本にまで到達してしまいます。こういった「公害輸出」の問題の解決が、今後、中国政府に求められるでしょうし、中国市民も黙ってはいないはずです。

「石炭発電」一つをとってみても、中国の経済発展が弱者の犠牲の上に成り立っているのが解ります。これでは、正常な成長は望めないのです。中国は、闇雲な経済成長を止め、安全対策、公害対策を取らざるをえなくなる。そうなれば、今までのような経済成長は望めないのです。

そして、安全対策も公害対策も日本の最も得意とする分野です。中国の健全な発展には、日本の技術が必要なのです。

ということで、中国経済を過大評価することなく、少し醒めた目で見てみれば、「それほど脅威ではない」と解るでしょう。そして、日本こそが「環境安全保障」のカギを握る国家であることも理解されるでしょう。21世紀は日本の時代です。

● <続報>炭鉱漏水事故、実際に取り残された人数は260人超か―中国紙 4月1日9時0分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000004-rcdc-cn

2010年3月30日、山西省運城市の炭鉱で28日に漏水が発生し、150人以上が坑内に閉じ込められたとされる事故で、中国の英字紙チャイナ・デイリーは、実際に閉じ込められた人数は260人を超えると報じた。

事故は28日午後1時40分ごろ(現地時間)、華晋焦煤有限責任公司所有の王家嶺炭鉱で発生。坑内にいた261人のうち108人が脱出したものの、現在も153人が取り残されているとされている。だが、記事は複数の作業員からの証言として、実際の数は260人を超えるはずだと伝えた。

記事によれば、王家嶺炭坑の事故が起きた部分は、06年に米環境団体ブラックスミス研究所が「世界の10大汚染地域」に選んだ臨[シ分]市の管轄。同市では違法操業による炭坑事故が頻発しており、この5年間で市長が5回も代わっている。記事は、その隠ぺい体質は筋金入りだと指摘した上で、今回も被害者の数をごまかしているのではないかと疑問を呈している。(翻訳・編集/NN)


●中国 上海:石炭火力発電で排煙脱硫を本格的に推進
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=16341

上海市の石炭火力発電で排煙脱硫事業が本格的に始まる。第11次五ヵ年計画末期には、全市石炭火力発電の脱硫率を95%以上に引き上げ、毎年二酸化硫黄の排出を20万トン削減する。同市には現在16の石炭火力発電所があり、その容量は1063万kW。現在95万kW分で排煙脱硫が導入されているが、その他は何ら必要な二酸化硫黄対策を導入しておらず、年間30万トン近くの二酸化硫黄が排出され、同市の大気環境に大きな悪影響を及ぼしている。「上海市第11次五ヵ年計画期間石炭火力発電脱硫事業実施方案」に基づき、5年間で40億元を投じて、2006年〜2008年の第3次環境保護3年行動計画期間に650万kW分の排煙脱硫事業を進め、計画全体の7割の達成を目指す。【中国国家環境保護総局】


〔転載おわり〕  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧