★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83 > 555.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
時代という大河、そしてその一滴。 (Aobadai Life)
http://www.asyura2.com/10/senkyo83/msg/555.html
投稿者 亀ちゃんファン 日時 2010 年 4 月 02 日 10:08:53: GqNtjW4//076U
 

http://ameblo.jp/aobadai0301/ 
2010年04月02日(金) 06時39分06秒

〔転載はじめ〕


時代という大河、そしてその一滴。 


「人間が出来て、何千万年になるか知らないが、

 その間に数えきれない人間が生まれ、生き、死んで行った。

 

 私もその一人として生まれ、今生きているのだが、

 例えていえば悠々流れるナイルの水の一滴のようなもので、

 その一滴は後にも前にもこの私だけで、

 何万年溯っても私はいず、

 何万年経っても再び生まれては来ないのだ。


 しかも尚その私は依然として大河の水の一滴に過ぎない。


 それで差支えないのだ。」

 (志賀直哉「大河の一滴」)


考えてみれば、今年で社会人14年目である。

大学を卒業して、最初の会社に入ったのが、

つい昨日のことのようにも思う。

大学生活なんて、そんな昔のことだったのだろうか。

阪神大震災や、オウムの事件も、

つい昨日のことのようにも思えたりする。

びっくりするぐらい加速度的に、時間が流れていく。

子供のころというのは、時間の流れもゆっくりしていて、

死んでいくまでに、どれほど途方のない時間があるだろうかと、

思っていた。

子供のころ、祖父に、

満州にいた頃の話なんかを聞いた後に、

「それから今までは、長かった?」と聞いたら、

「あっという間だったな」という答えがかえってきて、

びっくりしたのだが、

たしかに今の年齢になって、当時の祖父の答えが、

よくわかる気もする。

一人の人間が、人生の中でできることというのは、

さほど多くはないし、大きくもない。

冒頭に書いた志賀直哉の「大河の一滴」という作品は、

彼の晩年の最後の随筆である。

大学生の頃に読んだときは、

たいして感じることもなかったのだが、

このごろ、この「大河の一滴」という人生の真実が、

心に染み入るように、感動することがある。

結局、一人の人間ができることというのは、限界もあるわけだが、

その中で、どのように懸命に生きていこうか。

そういう人生が、尊いのであろう。

さて、

私が最初に入った会社は、大手の新聞社であって、

途中で、その内情のボロボロさに見切りをつけて、

インターネット業界へと移っていったわけであるが、

だからこそ、

マスコミの腐敗ぶりには、人一倍に気がつくし、

憤慨することも多いわけである。

なんというか、職業倫理観として許せないものがあるわけで。

ただ、もちろん、その現場の苦労もわかっているし、

立ち直ってほしいという思いもある。

新聞業界でいくと、二年連続赤字転落の日経新聞が

4000円を越す値段で、有料のWEB版を創刊したということで、

ほかのマスコミもしきりに同業者のチャレンジを、とりあげたがるが、

そもそも天下の日経新聞であっても、

こういった甘っちょろいビジネスモデルで、

インターネット革命の今世紀を生き抜こうとしている時点で、

つくづく、もうどうしようもないなと思う。

結局、マスコミにしてもそうだし、政治にしても、検察にしても、

これまでの既得権益側にいて、保護されてきた連中の発想は、

みんなそうなんだが、

インターネットがもたらした時代の変革というのに、気がついていない。

インターネット革命の本質は、

「国民への情報の完全開放」である。

古来より、為政者がコントロールしたきた「情報」というものを、

これを一般の国民にまで開放することができた。

これがインターネット革命の本質である。

それは20世紀の石油革命や、19世紀の産業革命というよりも、

むしろ、ルネッサンスの活版印刷の発明に似ていて、

いっきに一般の人たちにも、情報が開放されることで、

政治、経済、社会、文化のあり方がかわりつつあるということである。

その共有や、発信の手段として、

ブログや、ツイッター、SNSのようなものが台頭してきたわけである。

だから、政治にしても、検察にしても、CIAにしても、

今までのように、秘密情報を自分たちで、都合のいいものだけをコントロールしようとしても、

それはもはや不可能ということになるし、

これまで為政者が情報をコントロールすることが、

戦争や、独裁や、格差につながってきたわけだから、

そこを解決する手段としての、インターネットにも期待が寄せられている。

さて、日経新聞のような取り組みで、

やっぱり見落としているのは、

自分たちが、「経済情報をほぼ独占している」という、

これまでの新聞社の発想にたって、

今回のような媒体創刊や、ビジネスモデルも行っていることであり、

だから、4000円を超えるという、わけのわからない値段設定をしているのだろう。

しかし、情報が開放された今、

どの情報を信用し、取捨選択するかということは、

情報の送り手であるマスコミではなく、

情報の受け手である一般国民に、主導権は移ったのである。

だから、既存の大手マスコミは、生き残りを図るのであれば、

記者クラブや、通信社頼みの配信記事をやめたり、

また、そもそも崩壊しかかっている読者との信頼関係を取り戻す、

ということを、メスを入れるというか、大鉈を振るわなければいけないのだけれども、

そうはならず、

あいかわらず、インターネット革命がもたらした本質に気づきもしないままに、

20世紀の延長線上のようなモデルで、なんとかなると勘違いをしている。

だから、失敗をするのである。

・・・と、まあ、ここで私がほえてもどうとなることでもないし、

バカにつける薬はないので、彼らもつぶれていくだけだとは思うが。

ただ、冒頭に戻ると、

そういう大きな大河の流れというのが、なにかしらあって、

そして私はその中の一滴で、

時代が轟音をとどろかせながら、どんどん進んでいく。

せめて、

息子たちの時代にも、日本が平和で豊かな国であってほしいと願うのだが、

それは実現できるのだろうか。

たまにこういうことを考え出すと、眠れないことがある。


同じテーマの最新記事
国松長官狙撃事件の意味とは何だったか。 03月30日
鳩山首相の会見オープン化は歴史的な快挙… 03月28日
鳩山政権は「革命政権」としての初心に戻… 03月25日


〔転載おわり〕  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年4月02日 10:50:23: uJsVf
 そうだね。日経が電子新聞の料金を、紙媒体より高い4000円にしたことが、既存マスコミのバカさを現わしている。紙代、印刷代、人件費、発送料等が要らないのに、どうしてこんなアホな価格を設定したのか?経営陣のバカさ加減は並ではない。
アメリカの某電子新聞が年間2万6千円の購読料金を設定したが、3ヶ月間で申込者が35人だったという。
果してどこの誰が日経の電子新聞を申込むのか興味津々だが、全員が日経の社員だったりして!

02. 2010年4月02日 11:28:50: 5IKUL

>。ヨ時代という大河、そしてその一滴」
>この動画に日本語字幕であります、曲がいい。
YouTube - その人の名を知らずB〜エンディング(1989) 後半に万里の長城
http://www.youtube.com/watch?v=KVA4z_-rZiw

03. 2010年4月02日 11:44:04: 76k0u
>>03.さん

ありがとう。
いい動画でした。
まさに、民衆の叫びであり、悲願ですね。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧