★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK84 > 312.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
“自分のカネで自分が買われる” という奇病に罹った悲惨な日本 (新ベンチャー革命 )
http://www.asyura2.com/10/senkyo84/msg/312.html
投稿者 純一 日時 2010 年 4 月 12 日 22:12:44: MazZZFZM0AbbM
 

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/12450525.html


新ベンチャー革命2010年4月11日 No.107


1.“自分のカネで自分が買われる”病根を摘出したのは民主党小泉(俊)議員

 現在の日本が“自分のカネで自分が買われる”病という奇病に侵されていることに国民がようやく気付き始めました。その立役者が民主党小泉俊明議員です。

彼が国会の場で小泉・竹中郵政民営化の犯罪的欺瞞性を告発したのです。この告発により、“自分のカネで自分が買われる”病が国民に見えてきました。

 たとえば、小泉・竹中全盛時代の2006年3月、あの読売ナベツネが米国パートナーと仕組んだ目くらまし“王ジャパンの日本プロ野球チーム”が米国を破って、世界一となったと国民が浮かれていたとき、実は、小泉・竹中郵政利権一派がこっそり、日本の国有資産(112兆円相当)を売り払ってハゲタカよろしくむさぼり食っていたのです。

筆者は、この事実を見逃さず、ちゃんとメルマガに書きとめていました(注1)。このようにナベツネ率いる悪徳マスコミは、国家犯罪を告発するどころか、国家犯罪者を庇う機能を果たしています。


さて2010年2月、衆院予算委員会において、民主党小泉(俊)衆院議員による小泉・竹中郵政改革の実態告発があり、ネット世界では大変な反響を呼びました。

本ブログ(注2)でもこの話題を取り上げました。この告発はたまたまNHKの国会中継で全国に中継されたものの、案の定、NHKのみならず、大手マスコミはまったくフォローなし、です。

小泉(俊)議員が、小泉・竹中郵政改革は国家犯罪に等しいと断じているのに、検察・マスコミからまったく無視されるとはいったいどういうことでしょうか。

もし、彼の国会での告発が事実無根であれば、犯罪者呼ばわりされている小泉・竹中両氏は、小泉(俊)議員を名誉棄損で訴えるべきでしょう。ところが不思議なことに、両氏はおろか、郵政民営化を推進した自民党からも、まったく抗議の声は挙がっていません。まさに“触らぬ神に祟りなし”といったところでしょうか。国民からの怒りの声もゼロです。唯一、ネット社会の住人のみが、本件を取り上げて騒いでいるに過ぎません。

これほどの、歴史に残る重大な国家犯罪が行われたというのに、まったく騒がれない日本というこの国は不健康そのもの、やはり病気としか言いようがありません。こんな病的異常の国家が、今後とも地球上でまともにやっていけるはずがありません。



2.“自分のカネで自分が買収される”という摩訶不思議な日本というこの国

 上記、小泉(俊)議員の告発に刺激されて目覚めたネット愛好者の発見、それは“自分のカネで自分が買われている”というとんでもない病的な倒錯現象を発見したことでしょう。若い人を含め、かなりのネット愛好者がこの倒錯現象に気付き、唖然としています。

本ブログ(注2)でも触れましたが、この病的倒錯現象は郵政民営化選挙が行われた2005年に、すでに『新帝国循環』と命名されていました。その名付け親は、故・吉川元忠元神奈川大教授(注3)です。
2005年、小泉政権下、国論を二分した郵政民営化政策の強引な押し付けの過程で露呈した日米政治経済関係の病的異常性を上記、小泉(俊)議員に先駆けて告発していたのが、実は吉川(きっかわ)先生でした。



3.ヒーロー小泉(俊)議員より先駆者であった吉川先生の不審な突然死の謎

吉川先生は、2006年1月初版の『国富消尽』(注4)という本の執筆途上か、あるいは執筆直後かの時期、2005年10月26日に突然、逝去されています。筆者は疑惑をもって、いろいろ調べましたが、死因不明です。死ぬ直前まで、本を書くほど元気だった人が、急死するのは非常に不可解です。

この本(遺作)に『新帝国循環』という“日米政治経済関係の秘密”が暴露されています。当時、小泉・竹中コンビを闇でハンドルしていた米国覇権主義者のジャパンハンドラーからみて、吉川先生は、冤罪で嵌められた植草一秀氏と並んで、極めて不都合な日本人のひとりだったのは確かです。

 ところで蛇足ですが、筆者は山口県周南市の生まれです。同じ山口県出身者一覧に吉川先生の名前がリストアップされています(注5)。『きっかわもとただ』というそのお名前から想像するに、錦帯橋を作った岩国藩の吉川(きっかわ)家(長州藩毛利家一族)の由緒ある家系のご出身ではないでしょうか。

 家系を非常に重視する米国戦争屋ボス・デビッドRFからみて、吉川先生のような人物(幕末の志士を生んだ毛利家の子孫)に騒がれるのは非常にまずいわけです。そして、都合よく吉川先生は亡くなられたのです。



4.“自分のカネで自分が買われる”病というのは有史以来初の倒錯的珍現象

さて、地球上で、おカネなるものが発明されたのは紀元前だと思いますが、“自分のカネで自分が買われる”という今日の日本の病的事態は、人類の歴史始まって以来の珍現象だと思います。おカネというのは、モノやコトの売買に伴う、代替交換物です。ですから、おカネの本来機能を考慮すれば、自分のおカネで自分の持ち物が買われるというのは“アリエナイ!”現象です。

 ところが小泉政権時代にその“アリエナイ!”現象が起きたのです。拙著(注6)の記述を引用すれば、

“小泉政権が数十兆円規模の円売り・ドル買いを行ったため、為替市場に流通した大量の円を国際金融資本が買い取り、今度はその円で、日本企業株が買われ、日本の企業や不動産が買われたため、2006年ごろから2007年にかけて日本の景気が回復したかのように見えた。”

わかりやすい例えで換言すれば“自分の持家の所有権を金融機関に預けた自分の貯金で買い取られる”に等しい倒錯的珍現象が小泉政権下で起きたということです。

自分の家を失い、自分の預貯金も勝手に使われ、気が付いたら無一文になっていたということです。絶望的な気持ちになります。その結果が、今日の“日本の貧乏化”現象(注7)ということです。2009年9月の政権交代は、国民の肉体に、その病的異常の影響(貧乏化)が及んだ結果、起きたのです。



5.“自分のカネで自分が買われる”という奇病は自民党政権時代に罹ったもの

“自分のカネで自分が買われる”という病気そのものは、小泉政権以前の自民党政権時代から、長年かけて罹患していたのですが、米国ジャパンハンドラーに支配された日本の大手マスコミによる国民への麻薬注射で、国民の頭脳も肉体も麻痺させられていたということです。それは今なお続いています。ところが、ネット情報の発達で、麻薬中毒から脱しようとする国民が今、急増中なのです。



6.なぜ、“自分のカネで自分が買われる”病が日本で発生したのか

 それでは、有史以来初の奇病、“自分のカネで自分が買われる”病がなぜ、戦後日本で発生したのでしょうか。その病因は、極めて単純明快です。その理論的説明が吉川先生の『新帝国循環』説ですが、人間の病気に例えれば、一種の『糖尿病』です。

日本国民がせっせと働いて貯めたカネ(円)が知らぬ間に米ドルに化けて、米国に一方的に垂れ流しされるという病気です。だから、われわれ日本国民がいくら一生懸命働いても、豊かになれないのです。この資金循環プロセスの中に国際金融資本が入っていて、日本買いが起きたに過ぎません。



7.どうすれば“自分のカネで自分が買われる”病から救われるのか

 それでは、どうすれば日本は病(やまい)から救われるのでしょうか、答えは簡単です。米国に垂れ流しされたわれわれの国富を、有史以来、今日まで地球上で守られてきた“おカネの基本ルール”に従って、米国が日本に返済してくれればよいのです。

しかしながら、一方的垂れ流しで米国に溜まった日本国民の対米債権(=日本国民の資産=700兆円)を米国はまったく返さないのです。ここに日本の罹った“自分のカネで自分が買われる”病の根本原因があります。

米国に事実上、買収されたに等しい悪徳ペンタゴン(マスコミ含む)日本人は、そのことを知っていても、国民に知らせないばかりか、あろうことか、アメリカ様の味方を務めているのです(だから悪徳ペンタゴンと呼ばれる)。上記、小泉(俊)議員の重大告発が検察・マスコミ(悪徳ペンタゴン)から無視される理由もここに存在します。

悪徳ペンタゴンの連中は、日本がいくら貧乏化しても、自分たちはアメリカ様にゴマ摺っていれば救われると錯覚しているのです。要するに、日本の罹った糖尿病の根本治療を邪魔する日本人(悪徳ペンタゴン)が、日本国内に巣食って、国民の敵と化しているということです。

彼らを退治するには、われわれ国民がマスコミでは決してなく、ネットから学んで、賢くなるしかありません。今、ネット愛好者が急増しているのは事実ですが、日本全体からみれば、まだまだ少数派なのです。

 政権交代によって、小沢・鳩山民主党はアメリカ様と丁々発止、闘おうとしています。国民は全力でこれを応援するしかありません。それを邪魔するなんて、到底許されません。

日本国民が一丸にならずして、民主党政権は、あのしたたかなアメリカ様とハードネゴできるはずがありません。このネット社会において、依然、悪徳マスコミに踊らされている多くのお人好し国民よ、早く目を覚ませ!



注1:ベンチャー革命No.188『日本政治の親米化促進:偽メール事件の意味』2006年3月23日
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr188.htm

注2:本ブログNo.93『小泉・竹中政権への疑惑浮上:自民も日本もぶっ壊す!』2010年3月17日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/10778003.html

注3:吉川元忠、ウィキペディア参照

注4:吉川元忠・関岡英之[2006]『国富消尽』PHP研究所

注5:山口県出身の人物一覧、ウィキペディア参照

注6:拙著『情報と技術を管理され続ける日本』ビジネス社、2008年、35ページ

注7:ベンチャー革命No.251『日本国民はなぜ、貧乏化しているのか』2008年1月4日
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr251.htm

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

テックベンチャー投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年4月12日 22:38:38: DmCC9k6hHM
なるほど、日本人がいくら勤勉に働いても豊にならない理由が判りました。
と、いうことは、日本人が豊にならないようにした小泉純一郎と竹中平蔵は、まったく許しがたい犯罪者であり、あまつさえ、彼が首相在任中に、「りそな銀行」関係者や、郵政民営化に反対した数多くの優秀な人物が原因不明で死亡したことを考え合わすと、この国の病理的側面が水面に浮上してくる。
 今、小泉純一郎は、国会議員を退任して以来5年間、プリンスホテルのスィートルームを定宿とし、酒池肉林の日々を過ごしていると聞く。そのホテル代は莫大な金額になると思われるが、その原資はおそらく、「郵政民営化」と偽って、国家財政からかすめ取ったものであろう。
現在、彼の馬鹿息子が国会議員になり、マスコミがもてはやしているために彼はますます増長して、歴戦の勇士である亀井大臣に向かって「国民を騙した・・」なんてほざいている。
アホは相手にする必要は無いが、マスコミが彼を英雄のごとく連日大きく報道し、国民の中には騙されるものが出てくる。
 民主党政権は、このような状況から早く脱して、民主主義を実践する強い政権を樹立して欲しい。

02. 2010年4月12日 23:28:00: cG6wesTgmI
公定歩合の逆ザヤで外国銀行が、儲けていたのは、経済誌に載っていましたよ。

この当時、欧米のバンカーは、日本政府は、おかしいのではないか、

と笑っていた。政権は、自民党でしたっけね。

経済学者なら分かっていたはず。

でも、みんな、何も言わない。その程度。しゃあないね。


03. 2010年4月13日 01:59:36: eOrMoGWcn2
メリカにゴマすっていれば救われると錯覚しているんじゃないだろう。分かってておこぼれ頂戴で自分の国を裏切ったことをしているんだとしか思えない。
 国富を毀損して、外資や其の手先となって身の栄達を図る輩が街にあふれている。そういう国になってしまった。自分を裏切り、其の快感に打ち震え、いささかの財物を得ることを後ろめたく思う必要もない。構造改革、規制緩和、正統性が表面面はあるんだから。そういう商売人しか政治家にしろ居ないじゃないか。

04. 2010年4月13日 07:34:33: jcjvcaJSYI
この国は売国奴が大手ふって闊歩している。
不思議なところよ。

落選してもしゃーしゃーと
バッジ付けてやがる
議会政治の崩壊だろう。


05. 2010年4月13日 08:33:03: dFQfn0xMh2
真の売国奴が売国奴と吠える奇妙な国()笑

06. 2010年4月13日 13:02:47: Em6QWVHhmw
dFQfn0xMh2
真の売国奴の走狗が売国奴と吠える奇妙な国

07. 2010年4月13日 23:12:24: 7XJnNYmQPk
現実=日本は敗戦後65年間アメリカ軍の占領下
アメリカ占領軍の名称を日米安保条約で同盟軍と書いただけ

アメリカ占領軍に協力するために作られた政党=自民党
アメリカ占領軍に協力してきた皇族
右翼もヤクザも官僚もマスコミもアメリカ軍の占領政策に協力してきた。

実に単純な構図


08. 2010年4月14日 05:04:02: 4HreiVNhgo
小泉純一郎と
竹中平蔵は
許しがたい売国奴である。
市中ひきまわしの上打ち首獄門にせよ!

09. 2010年4月14日 09:12:23: C7UoUJVcaQ
自民党をぶっ壊す小泉元総理の言葉です。


10. 2010年4月14日 09:41:19: DtdutbwPRY
皆さん既に読んでいるとは思いますが・・・

『マネー敗戦』の著者、吉川元忠(きっかわ・もとただ)神奈川大学教授の新著『円がドルに呑み込まれる日』(徳間書店、2005.2.25刊)が出版されました。
 全国民に読んでほしい本です。ここには真実が書かれています。政府、大新聞、大マスコミが隠しつづけている日本の政治・経済の深層が描かれています。いまの日本で最も大切なことは、国民が真実を知ることです。現在の日本の最大の悲劇は、真実が国民に知らされていないことにあります。
 本書の帯にはこう書かれています――「『円のドル化』で国民の富が毟られている!」。国民の富が、米国によって毟(むし)られていくのです。さらにこうつづきます――「軍事同盟より怖い日米経済同盟。日本を亡国へ導く対米マネー献上の恐るべきカラクリを暴く」。
 日本国民は、「小泉・竹中」政権の主導のもとに地獄に向かって道を急いでいるのです。この地獄への道を賞賛しているのが日本のマスコミです。まことに愚かです。
 日本国民が一生懸命に働いて稼いで蓄えた金は、米国にむしられて、米国政府と米国の大資本のために使われているのです。これを日本政府が、喜んでやっているのです。吉川教授は、本書でこのカラクリを暴き出しています。

 「竹中は米国のエージェント」であり「トロイの木馬」である(吉川氏)
 吉川教授は、「竹中金融相がなぜ登場したのか」について、次のように述べています(p.112)。
《邦銀やさらにはその不良債権処理によって焙り出されてくる問題企業・物件を米系ハゲタカ・ファンドが入手する。さらにゆくゆくは郵政民営化によって旧郵貯・簡保資金を米系金融機関の意のままに、結局は米国内で使わせるためのエージェントが竹中氏ではないか……》  もう一つ重要な指摘があります。
《アメリカ側が編み出した戦略は、むしろ日本政府の中枢に基本的にその意志に沿って動いてくれる「エージェント」を送り込むことだった……。つまりは竹中平蔵氏という「トロイの木馬」が日本に送り込まれたということである。》
 鋭い指摘です。日本国民のためでなく、米国政府のために働いている(とみられている)竹中平蔵氏の本質がズバリ述べられています。

 日本の現状への強い危機感
 吉川教授は「はじめに」の終わりにこう書いています。
《国内の状況を見ると、TVのニュース番組や経済の専門紙においてすら、もはや借金漬けで動きのとれないアメリカ経済やドルの行方といった問題は存在しないかの如くで、相変わらず「アメリカ経済の成長率は?」といったところに重点がおかれている。日本人が「大本営発表」を信じ込まされ、言論統制されてメディアも総沈黙し、挙げ句の果てに惨めな敗戦に引き込まれた第二次世界大戦と、どこか似ているとはいえないだろうか?
 日本や国民の将来は、残された時間に何とかこの状態を脱し、転換の歩みを進めていけるかどうかにかかっている。》
 国民が、“日本の真実”を一日も早く知り、いまの小泉・竹中政治がどんなに危険なものであるかを知る上で本書は有益な本です。
 日本が「小泉・竹中体制」主導のもとで地獄の道を進んでいることに早く気づかないと、たいへん悲惨なことが起こるおそれが強いのです。


11. 2010年4月14日 11:20:00: ji2hq2LHoM
阿修羅を知り、日本の現状を理解しました。
自分でも本を読んだり、資料を調べたりと努力しています。
しかし、読書離れが進んでいる現状、年齢と共に読書(精読)が困難になって
活字離れが・・・・・・
時間の制約もあり、事実を広める事は並大抵ではありません。
図の活用 をお願いします。
若者にも興味を持ってもらえるような工夫が必要と思います。
疑問に思っていても、興味をひかなければ入って行かない。
多くの方に、日本の実情を知って頂きたい!

12. 2010年4月14日 11:46:42: DtdutbwPRY
米国から日本を奪還する(実質植民地支配から脱却する)のは困難を伴うでしょうが、経済だけではなく、教育や文化も含めて数十年かけて少しずつ日本のアイデンティティを復活させるしかなさそうですね。変化が分らない程度になるかも知れませんが、ゆっくりやるしかない。「自立する日本」とか「日本らしい日本」とか何か精神的な支柱になるような目標も民主党のマニフェストにビルトインして欲しいですね。西欧とりわけ米に対する卑屈な精神が、骨の髄まで摺り込まれている輩が多いのは我慢ならない。とりあえず米盲従のマスゴミだけは参院選後には、何とかしなくてはいけない。そのためには検察の健全化が必須だが・・・。民主党しか期待できないので、頑張って欲しい。

13. 2010年4月14日 12:01:03: mskx5D9GUM
>>02
「経済学者なら分かっていたはず。

でも、みんな、何も言わない。」

言った人はこうして「突然死」したり痴漢として「投獄」されたりしてますぜ。


14. 2010年4月14日 12:32:20: hLTO2bFxXk
大英帝国の植民地時代のインドはずっとデフレ。

インドは大英帝国に対して常に貿易黒字で、大英帝国はインドに対して常に貿易赤字だったのに、インド人は働いても働いてもどんどん貧しくなっていった。

なぜかというと、当時のインドにはイギリスの銀行しかなく、インド人が預けたお金はすべて大英帝国に投資されていたからです。

金融で富を搾取するのはアングロサクソンの常套手段なのだ。


15. 2010年4月14日 16:56:59: eJMkXZ5SAI
せっせと働いて貯めた金がニクソンショック、プラザ合意で目減り。
バブルで踊らされ、ジャパンマネーでロックフェラーセンターまで買収して、気がついたら二束三文で叩き売り。
先物市場とやらで原油、原材料高騰だとさ、結局出て行くのは日本の金。
もっと差し出せと言っているのがシオニストと手先の竹中。

16. 2010年4月14日 21:23:57: NJRI0jUVng
この問題に言葉を失う「ネットジミン」

17. 2010年4月14日 23:17:04: ge2ruiVwH6
中国青海省での地震は人民元の切り上げを強要するための脅しで仕掛けられたものでしょう。日本ののプラザ合意直前にも脅しの材料としての日航機墜落事故が仕掛けられ多くの犠牲者がでました。米国は平気でこれぐらいのことはやります。
地震兵器のことは宇野正美.ベンジャミン・フルフォードの書籍で語っています。
真実を語るものは抹殺されます。それは権力者にとっては自己防衛機能として働く手段ですから。どこの国家もおなじです。
真実を知る努力はしなければなりませんテレビ、新聞は真実を伝えませんから。

18. 2010年4月15日 04:11:04: UIGdljKFIA
しかし、一方でそんな論調は何処吹く風か、
独自のラジオ番組で 小泉首相がどれだけ人間味あふれた人で、
進次郎氏の扱いにも親ばか振りが現れてて、むしろ人間味があふれてて
オペラやご長男の話になると目を輝かせて云々・・

イヤホンをぶん投げて、本気で殺意が湧いた瞬間だった。

ラジオニッポン放送 お前は少なくともおれの選択肢からは消えた!


19. 2010年4月15日 04:34:10: UIGdljKFIA
>>17さん

>>米国は平気でこれぐらいのことはやります。

我々も世界も半世紀の間知っていながら表立っては言ってませんよね。
そんな狂気を言ったら世論どころか社会理念が崩壊してしまって、国際政治が
成り立たなかったからでしょう。

戦況は明らかに米英が掌握してた戦線後期、正に他の動物を殺すのを楽しむかの
ように焼夷弾攻撃、そして予定では20都市に落とすつもりだった原爆を、本当に
二つも大都市の頭上に落としやがった国。

そんな国に尻を負ってプレスリーの真似をするだけのお笑い政治家コネズミ。
本当の独立を考えなければいけない。
自爆しろとは言わない。賢い振舞い方は有るだろう。
でも政治芸人はもう金輪際ゴメンだ。


20. 2010年4月15日 08:58:00: i37fD8kRRc

アジアの時代が始まろうとしている昨今、中国と並んでアジアの大きな一極を構成するであろう日本を叩き潰すことは、アメリカにとって最も大きい利益が手に入れられる魅力的なプランであると考えてまず間違いないでしょう。

世界を2極化し、その一方の頭目として傘下の国々を植民地化して行くのがアメリカの押し売り民主帝国主義です。

世界の2極を中国と二分したいアメリカです。もちろんアジアに3つ目の極は要らない。
中国と並んでアジアの一極を成す日本からは、絞れる限り絞って潰すのが正しいネオコンのやり方です。

安保密約〜小泉・竹中に至る騒動は、アメリカの仕込んだ日本収奪抹殺計画の痕跡としか思えません。

はたして、これは下衆の勘ぐりに過ぎるのでしょうか...
皆さんいかが思われますか??


21. 2010年4月15日 22:07:30: DCHDReL3A2
>>20
そのご意見ゲスの勘ぐりとか陰謀論とかいう人が表向きは大勢いると思います。
しかしそれが事実でしょう。

ただ、そのことを公表しないだけです。
そんなこと日米中どこの新聞にものりません。どこの高官もいいません。
しかし、それが事実です。
そのような事実に近づく推測をして対応を考えないといけません。
そういうことに日本人は全くなれていません。

私のしりあいの大学教授も公表された新聞記事をもとにしか一切話しません。
新聞発表の記事をもとにしての建て前でしかはなせないと。永久に真実にちかづけないままです。
それがどれだけ日本にとって危ないことになるか、ほとんどの日本の知識人はわからないのでしょう。



22. 2010年4月18日 12:18:34: SvIFUGaGmg

小泉・竹中郵政利権一派がこっそり、日本の国有資産(112兆円相当)を売り払ってハゲタカよろしくむさぼり食っていた。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK84掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK84掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧