★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK84 > 813.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自民分解・舛添新党も旗揚げか(保坂展人のどこどこ日記)
http://www.asyura2.com/10/senkyo84/msg/813.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2010 年 4 月 22 日 13:29:57: twUjz/PjYItws
 

http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/a332e7420804496465624291245cec14

自民分解・舛添新党も旗揚げか


政治 / 2010年04月21日


 今日は温かいが、明日は寒いという気温の乱高下に身体が戸惑っている人も多いだろう。外に出る時に服装の判断が難しい。アイスランドでは氷河下の火山が200年の沈黙を破って噴火し、ヨーロッパの航空機運行に重大な支障を来すなど、地球規模の振動が強くなってきている。また、永田町では「舛添新党」のニュースが駆けめぐる。舛添氏は世論調査で「総理にしたいナンバー1」だと言うが、主張の軸がどこにあるのかまだ不明だ。

 あまり頻繁に「新党」が出来るので、山田宏杉並区長、中田宏横浜前市長などの松下政経塾出身者中心の「首長新党・=日本創新党」についてはコメントするのもスルーしてしまったが、これで「みんなの党」「たちあがれ、日本」に続いて4つ目の新党旗揚げとなる。
すなわち「自民党分解・瓦解」の過程に他ならない。おそらく、参議院選挙までに、これらの新党は相互に接触して、合流するか否かなどのニュースを供給するだろう。

「自民」対「民主」という「二大政党制」は、そもそも民意の要求ではなかった。小選挙区制度を基本とした選挙制度「改革」は、メディアをまきこんで90年代の細川連立政権下で成立した政治改革法案によって始まっている。あまりにも数多く「二大政党制」がリピートされたことで、いつのまにか「その他の政党」は「お邪魔虫」的な扱いをされてきた時期が長かった。「二大政党制」の効用とは、「政権交代可能」であると宣伝されてきた。その政権交代が起きた途端に、メディアは「鳩山連立政権」を叩きまくり、「第3極」と称して「みんなの党」をはじめとした「新党」を持ち上げるようになった。

 自民党は政権与党から転落した途端に求心力を失い、沈む船から逃げ出すようにして急場しのぎの「新党」が次々と出来あがる。舛添新党などは「小泉構造改革の推進」を掲げると言っているし、「公務員改革」のみんなの党も、松下政経塾系の日本創新党も皆、小泉時代以後の「新自由主義」の枠内の動きだ。何も新しいところはない、小泉時代に戻ることに郷愁を感じる人たちはよほどおいしい思いをした特権層だろう。「たちあがれ、日本」は郵政民営化をめぐって真逆の立場の与謝野・平沼両氏のスタンスがどこで折り合ったのか不明なので棚上げしているが、大型老朽船の自民党丸から次々と救命ボートが出ていく構図にも見える。

 自民党はさらに求心力を失い、さらに何度かの離党劇を生んでいくだろう。歴史的に見れば「政権政党」という旗印で半世紀以上、日本政治のシステムを牛耳ってきた「自民党の解体」は、政権という軸を失った以上は止めようがない。問題は、群小新党の乱立劇が、
民主党からこぼれ落ちる大量の票の「受け皿」として有効かどうかということだろう。たくさんの新党が出来ても、自民党と同じかさらに右へと重心が傾いていることに、私たちは注意をはらうべきだと思う。社民・リベラル・環境・市民など中道左派付近は、広大な空き地になっている。自民党が分解しても、この空き地にまで出てくることはない。しかし、働きかけなければ動かないし、動かなければ変わらない。

 このところ電話やメールであちこちから連絡があり、あちこちから連絡があり、「どこどこ行脚」の日程が次々と埋まっている。先々週までは、真っ白な日程に不安を覚えたものだが、今や「日本列島」を北に南にと動き回る日程を見て、「身体は大丈夫だろうか」と不安になるのだから人間は勝手なものだ。「感謝、感謝」でお呼びいただいたところには、率先して出かけていくという気持ちで動いていきたい。
   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年4月22日 14:02:32: DoscMwsZqW
ややこしいことやらずに、マスゾエが改革クラブに入ればいいだけ
なんだけどね。
わかっていたとはいえ、自民党からくるとみられる2人は、党公認を
はずされることが決まっている人とは、みじめ。
いかに、自民党議員らから嫌われていたかが計り知れる。

02. 2010年4月22日 14:12:05: JiuafC5wMQ
自民党を抜けて新党を結成する舛添要一・参院議員は、鳩山批判を展開する一方で「大阪を香港にする」を骨子とした「一国二制度」を掲げている。舛添は鳩山を批判しているが,政策の最も重要な部分で、鳩山と同じことを主張しているが過激である。

だがドル大暴落発生により世界市場の縮小は避けられない。世界は通貨から一層信用収縮させてしまう。世界的信用恐慌の進行は、第三の大底に向かう、連立与党内、民社党内に対立の発生が避けられなくなるし地方分権を主張する政党が誕生して自民党はさらに縮小,民主党の内部分裂によって日本の政治は、少数政党の離合集散の時代に移行することが確実視されている。

しかし地方分権では小泉ケケ中政権が進めたルーズベルト式,弱者救済とは正反対の弱者に痛みを押し付け破壊したことの解決にはならない。つまり大企業優先,生産者,金持ち優遇して貧乏人,弱者を自己責任にしたツケの対策にはほど遠い主張であり,75%の国民からの支持は得られない,だから2011年〜2015年は,逆の発想したカリスマがこの国を救う,小泉ケケ中とは異色な反対の革新的平和的カリスマが登場するだろう。

【地方分権】
(主なデメリット)
「日本は狭いのに、何で権力の分散がさらに必要なのか」,「民力の地盤沈下が激しい地方には、分権化で与えられた権力を有効利用できる能力がない」,「地方切り捨て策」である,税金を地方の公共工事に回して地方経済の活性化が成長鈍化による財政難となる。戦後の土建行政の体制が崩壊する。マスコミに対する行政的な権限も地方に分散される。

(メリット)
日本で非常に強い権力を隠然と持っていた官僚機構を解体できる。
巨額の思いやり予算を無駄遣いで出してまで、何とか米軍を金でつって駐留してもらっていることが出来なくなる。


03. 2010年4月22日 14:15:55: xIyyHNWpWQ
日本を食い潰した売国政党が仲間割れで細分化し始めましたね(笑)

雲散霧消して完全消滅してほしいものだ。

ついでに公明党も消えて無くなれ!


04. 2010年4月22日 15:25:10: EaVvoHP0Ws
これで7月の参院選は民主の勝利で決まり。
新党はとても及ばない。
舛添元大臣は自民の最後の希望の星だったがこれで終了。
自民党は殆ど票を取れずに敗退は確実。
これで民主党は公明党との連立も必要無し。
選挙後は民主党による新しい日本が本格化する。
明日から独法事業仕分けは派手にやってくれ。
普天間は延ばせばいいだろう。
もう選挙で負ける事は無い。

05. 2010年4月22日 17:15:21: S9OllNlXJ6
マスゾエちゃんはナイフのコレクターで、
夫婦喧嘩した時に片山さつきにナイフを突きつけたとか、
殺したウサギをナイフで解体するのが大好きとか、
銃刀法違反で逮捕されかかったことがあるとか、いろんな話題がある。
「舛添 ナイフ」でググると賑やか。
http://twitter.com/kikko_no_blog/status/12623296330
http://twitter.com/matsudadoraemon/status/12625793200

@ouburosiki 本当に政治家は人相の悪い人が多いですよね。
そういう人しか政治家を目指さないのかもしれませんが。
http://twitter.com/kikko_no_blog/status/12626517868

みんなの党は、自民党清和会の別働隊だ。
森元首相と渡辺善美代表の政治団体事務所が同じ住所で、
事務担当者も同じ人物という事実がそれを物語る。
国家公務員改革など本当はやる気がない。
改革を骨抜きにするのが真の任務。
天下り役人たちから長年献金を受けている渡辺代表が天下り根絶など笑止千万だ。
http://twitter.com/Adhi_Parla/status/12317224770


06. 2010年4月22日 17:56:46: FkgiqB8CSo
マスゾエ氏は小泉ファッショのど真ん中に飛び込んで一定の歯止めの役割は果たしましたが、やっぱ自民党じゃ駄目ですよ。

07. 2010年4月22日 18:01:46: FFIErVvouc
>>2
>鳩山批判を展開する一方で「大阪を香港にする」を骨子とした
>。ヨ一国二制度」を掲げている。
そういえば事故米も大阪におしつけてましたね

08. 2010年4月22日 18:05:22: S9OllNlXJ6
■流れに乗ってパフォーマンスばかりする人 舛添氏   卯月 2010年4月22日(木)11時21分 

東京新聞より

年越し派遣村を設営した派遣ユニオンの関根秀一郎書記長いわく

「流れに乗ってパフォーマンスばかりする人」と舛添氏を切り捨てる。
舛添氏は「怠けている連中に税金を払う必要はない」と発言、物議をかもした。

舛添新党だけでなく、第3極とわめきまわっている幸福実現党他、
みんなの党、創新党、たちあがれ は福祉に対してどうなのか。
第3極念仏党は、貧乏人は死ね 路線にみえるのだが。

それにしても、
「流れに乗ってパフォーマンスばかりする人」
とは、小泉氏他自公政治家をも見事に言い得ている。

自民党をぶっ壊す の息子さんは、親ばかのお父様に守られて、自民党の奥の院でぬくぬくのようですな。
よそ様の若者が、寒空に年越し村でそばすすっているときにも。


09. 2010年4月22日 18:47:19: FkgiqB8CSo
マスゾエ氏の厚生大臣は流れに逆らったパフォーマンスではありましたよ。

10. 2010年4月22日 23:07:02: qEN4gy4piw
負け犬グループに逃げ込んだ舛添は終わりの始まりだ。

11. 2010年4月22日 23:47:40: 0HLGjktC9M
保坂さん、日本国中駆け回り、大変お忙しいでしょうが、ここしばらく、どうぞ頑張ってください。ご健康をお祈りしております。

12. 2010年4月23日 01:12:49: gcj06W2n2Y
小政党乱立には、裏に政治家を超える連中の意図があるのではないかと疑っています。
政党乱立によって票の分散を図り、少しでも民主党の得票を減らして力をそぎたい。参院で過半数を割れば、ある集団の意図によって動く政党が影響力をふるえるようになる。
舛添にしろ与謝野にしろ旧自民党系の政治家とマスコミは、財・官・米にとっくに見限られており、民主党とその政策を支持する市民の力を弱めるためだけに使い捨てにされるのだろうと思って見ています。

事態がどう進むのか読めませんが、姿を隠して利権にしがみつくため悪事の限りを尽くす連中には、日本人が過去さまざまな状況で、不当な迫害に対してどのように反撃してきたかを思い出して貰いたいものです。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
コメントの2重投稿は禁止です。
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK84掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK84掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧