★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK85 > 119.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【小泉改革批判】大量に国債を発行しているから大変だと言って、国力を弱めていくことを選んだんですよ(亀井大臣)
http://www.asyura2.com/10/senkyo85/msg/119.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2010 年 4 月 24 日 10:17:54: 8rnauVNerwl2s
 

○23日の会見で亀井金融・郵政担当相は、ギリシャを引き合いに出して、日本の財政再建ついて質問した記者に対して、アメリカ戦争屋、財務省に操られたマスゴミ(アメリカの日本監視機関)の不見識を的確に批判し、こう答えた。


「ギリシャと日本は違う。ギリシャが大変なら日本も大変だというが、外国を例に挙げれば説得力があると思っているのかもしれないが、すべて事情は違う。・・・

わが国は国力がるから95%を国内消化している。

国が借金する場合、国力がなければ外国から借金をする。

米国、ギリシャもそうでしょう。


日本ではそうでないという前提(95%国内消化)を抜きにして、

「大量に国債を発行しているから大変だ」と言って、国力を弱めていくことを選んだんですよ。

これが小泉改革のやったことでしょ。・・・

(財政問題を)軽く考えていないが、短絡的に(ギリシャを)他山の石にせよと批判するのは、飛躍しており無責任だ。」

○返す刀で、郵貯マネーと国債発行を絡めt、郵政改革を批判する、ゴールドマン・サックスの手先、奥全銀協会長をバッサリ切り捨てた。

「御託を並べる前に、経済的責任ある融資行動をとった方がいい。やるべきことをやらないのに批判するのは健全でない。」

○アメリカの「年次改革要望書」通りの小泉郵政民営化の本質を全く説明せず、狂ったように郵政改革を批判する、旧勢力(外資・自公み・官僚・財界・メディア)の正体が見えたようだ。


◆将来像なき郵政法案は論外‎ - 日本経済新聞
 http://www.nikkei.com/news/editorial/article/g=96958A96889DE2E4E2E5E6EAE5E2E0E3E2E6E0E2E3E28297EAE2E2E2;n=96948D819A938D96E38D8D8D8D8D

◆亀井郵政相:郵貯限度額引き上げ、国債購入余力向上し「国家にいい」‎ - ブルームバーグ
 http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920018&sid=a4qpnZKaXSt8

◆亀井氏、全銀協会長に反論 郵政改革法案批判で‎ - SankeiBiz
 http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100424/mca1004240503011-n1.htm

賛同される方はクリック願います↓


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年4月24日 11:07:38: EaVvoHP0Ws
国債に関しては正直言ってどちらが正しいか解らない。
はっきりしているのはこのままの財政収支では
日本政府は債務超過となり破綻する事。
ギリシャやジンバブエのように海外には依存していないが
破綻と同時に国債の原資の国民資産は消滅する。
数十年後に結論が下るだろう。
それまで阿修羅の住人が生き延びている事を
心から願っている。

02. 2010年4月24日 11:52:30: eJpJR4SFmM
>>01

>>・・・国民資産が消滅する。

国民資産を時価評価する。

国民経済の市場規模は1000兆円である。
これから国民の資産を収益法で時価評価すれば、利回り10パーセントで1京円、
5パーセントで2京円である。

これが国民資産の時価評価である。

国債発行残高が増えることが、市場規模を縮小=国民資産の消滅させることにどうしてなるのか。

むしろ、増税することの方が市場規模を縮小させることになり、国民資産の縮小になる。


03. 2010年4月24日 12:13:35: l4tw9UIKFQ
亀井大臣が言っていることが正しいのではないですか。

「(財政問題を)軽く考えていないが、短絡的に(ギリシャを)他山の石にせよと批判するのは、飛躍しており無責任だ」。

日本の国債発行高は800兆円をゆうに超えている。これは大変だ。
しかし、日本の場合ほとんど国内消化。

それに、小泉時代にいらく戦費で30兆ほどあめりかの国債を買ったし、現在80兆円弱ぐらいのあめりか国債をもっている。

財政が危ない国が80兆もの国債を持てますか?


04. 2010年4月24日 12:21:15: xDSRSBQsrs
財政破綻はない。
逃げる金(外貨)に頼ってないから。
これ以上の実需なんてないでしょ。

05. 2010年4月24日 12:24:54: ZhiiuiDZfM
読売の売国アナウンサーである辛坊がいよいよ正体を現しました。幻冬舎から新刊を出しました。思い切り亀井大臣の事をバッサリ切り捨てているようです。はっきり言ってマスコミを使って攻撃はますますエスカレートしています。何故、どこも政権の良い面、改善すべき点を客観的に見ようとしないのか、あくまでも悪い面、失敗した面ばかりを取り上げるのだろうか? 一般企業では全く通用しない仕事の進め方です。

06. 2010年4月24日 12:48:57: EaVvoHP0Ws
>>02
ノーベル賞級の学者でも結論は出ていないようだ。
日本の学者の間でも意見は大きく2つに割れている。
収益還元法はあくまで経済が順調に回っている時のみ。
土地バブル崩壊時には全く通用しなかった。
いずれにしても結果が出るのは数十年後だろう。
まあ最悪でも太平洋戦争の敗戦時や文化大革命
に比べれば天国だな。死亡者はほとんどいないだろう。
太平洋戦争では日本だけで400万人が死亡。
文化大革命では3000万人が死亡したとされいる。

07. 2010年4月24日 14:17:25: V7A6y3Beqs
中東での大規模戦争による原油価格の大暴騰、北朝鮮の青森及び福島若しくは茨城への核攻撃、首都圏の巨大地震、アメリカのデフォルト、
どれが来ても日本国債は大暴落し、天井無き金利上昇で財政は破綻。
掟破りの裏技を使って日本国債のカラ売りで大儲けのユダ金。
郵貯限度額引き上げによる日本国債の買い支えも、普通ではありえない出来事で崩れるものだ。

08. 2010年4月24日 14:44:30: 6IS6FGlPyA
そんな大災害、非常事態を想定していたらどんなプランも実行はできない。

他国での戦争、巨大地震や核攻撃、アメリカのデフォルトなどに対し、政府として対策を持っている必要はあるが、それらをすべて国債と結びつけるのはいかがなものか。発生確率にもとづいた期待損失はどれだけあるというのか。

日本国債暴落と騒ぐ輩は、95%を国内で消化していると言っている部分に一切答えない。いくら国債の信用が低下しようとも、95%の者にとっては最大の安全資産であることはゆるがない。その状況でどうやって暴落が発生するのか。数年前に格付け会社が国債格付けを下げるかたちで揺さぶりをかけてきたが、日本国債を暴落させることはできなかった。


09. 2010年4月24日 15:13:49: MJCuURRj3o
郵貯の原資がアメリカ国債に化けなかっただけで正解です。間違いなく踏み倒されるのだから。亀井大臣は命がけで守って下さい。銀行はもう国民は相手にするのは止めましょう。低い金利で集めておいて、貸し出しはしない銀行に存在価値は有りません。商品の不買運動と同じ様に、皆で郵便局にお金を預けるようにしましょう。そして、郵政には貸し出しのノウハウを早く習得してもらって国民に貸し出して貰いたい。銀行は西川氏を見れば分かるようにアメリカを向いて仕事をします。財務省も同じです。今は国民の味方は日本にはいません。鳩山、小沢,亀井、鈴木宗雄のみが戦っています。

10. 2010年4月24日 16:35:06: V7A6y3Beqs
日本国債を95%国内で消化したという過去の出来事は、将来を保証するものではない。
郵貯の資産の内80%が国債で運用しているようだが、かつて250兆円あった郵貯残高も2009年末で177兆円と減少し、さらに今後数十兆円分定額貯金の満期を迎える中、その資金の手当てはどうするのか。
郵貯マネーの国債売りも想定される中、国内金融機関が国債の消化に積極的になるとは思えない。

11. 2010年4月24日 19:47:25: vOKfi92PAY
景気を良くするための提案がなされず、暴落説ばかり喧伝されている状況は不毛です。
マスコミが円、日本国債暴落説を流す動機として、先物市場で、Non-Commercial tradersによる異常な円のショート(円安)買いが行われている事実を指摘します。
http://www.zerohedge.com/article/carry-trade-fully-armed-and-primed-jpy-shorts-near-recent-record-highs-eur-gbp-and-chf-all-r

日本の地方を含めた公的債務は860兆円。個人金融資産は1500兆円。
(年金債務800兆円を加えて、日本は債務超過だと断ずる向きがあるようですが、それを行うと他の国、例えば米国などは大変なことになります。年金などの債務をくわえた場合、ドイツを初めする先進国はすべて債務超過になります。)
ところが米国は公的、個人を含めた債務が57.1兆ドル(5140兆円*年金債務は含まれていない)本当の債務超過状態です。
http://accounting.suite101.com/article.cfm/the-debt-of-the-united-states-government

今NHKのニュースを見ていましたが、ひどいものです。国民を向いて報道しているのでしょうか?事実を正確に言えば、安請け合いはしませんが、諸外国に比べて
日本は、それほど悪くありません。


12. 2010年4月24日 19:50:12: 6tmFhaFtNY
わかる人に教えていただきたいのですが亀井大臣が世界権力の手におちた売国奴だと最近言い始めた方がいます。以下引用
★売ることのできない米国債を購入することが、売国奴だということ。亀井を金融大臣にしたり、日本郵政の会長を元三菱重工の会長にしたり、湾岸戦争で90億ドルを米国に渡した、中心人物の元大蔵官僚の斉藤氏を社長にするのは、世界権力の命令ですね。

★小泉元総理の郵政民営化は、郵貯、簡保の350兆円を米国に渡す、ということが問題だったのだから、亀井金融大臣は、口では「竹中・小泉と逆をやる」と発言しているが、郵政を国営化して、350兆円を渡すつもりなんだから
引用終了
私にはわかりません。すみませんがどなたか教えてくださいませんでしょうか


13. 2010年4月24日 20:13:10: vOKfi92PAY
>>11追加
ドイツの場合は、公的債務は1.7兆ユーロ(204兆円)、年金債務を含めた額は
7兆ユーロ(840兆円)です。
GDPは、米国1兆4200億ドル、日本4920億ドル、ドイツ3670億ドル。

14. 2010年4月24日 20:45:03: 1TPmZ6SuTU
>12さんへ
亀井大臣も米国を潰してまでもとは考えていないはずです。
中国でもドルの暴落、基軸通貨の危機を言いながらしたたかに外交は行っています。
ひとつの事案で全てを決定付けることはできないと思います。亀井大臣の一連の言動を見ているかぎり、真に国民的政治家であるといえると思います。

15. 2010年4月24日 20:47:34: vOKfi92PAY
>>12
質問に対する答えではありません。米財務省が発表した国別残高です。
http://www.ustreas.gov/tic/mfh.txt
郵貯が3000億円の米国債を買ったと発表した2009年10月〜12月。
7429億ドルから7657億ドルに228億ドル(2兆500億円)増えています。郵貯は同期の購入額の15%を占めているにすぎません。他にだれが買ったのでしょうか?
余談になりますが、この推移で興味深いのは2009年5月に6772億ドルまで
順調に減少してきた残高が6月に7112億ドルに340億ドルも急増しそれ以後
増加し始めことです。昨年の6月にこれも興味深い事件が起きています。イタリア税関当局が1245億ドル相当の"Federal Reserve Notes"を隠してスイスに入国しようとした2人の日本人を拘束しているのです。事件はいつの間にか有耶無耶になってしまいましたが、その1人の人物の名前は、同姓同名の可能性はありますが、財務省の職員名簿に実在したそうです。
http://www.asianews.it/index.php?l=en&art=15648

16. 2010年4月24日 22:03:54: Bo9HfYwpKA
>>10
西川のときに、年寄りを騙して満期が来た定期でデリバティブを買わせたから、こんなに預金高が減ったんでしょうに。

17. 2010年4月24日 22:22:50: q8ZZBiu7mA
アメリカではゴールドマンがヤラレテいるようですが、
小泉氏と竹中氏の悪行が、ゴールドマンがらみで出てくるとよいのですが。

18. 2010年4月24日 22:26:09: YiV3IfOWTw
経済音痴だが、もう一度、同じコメントを投稿する。郵政を小泉路線で民営化していたなら、民営化後の株式の一定規模の外資の所有の結果、米国債への投資、云々はそれはそれとして。日本国債の[暴落]はとても仕掛けやすくなったであろうと考える。ギリシャ状態にならずとも、国債の流通価格のコントロール、即ち、金利決定権を失っていただろうし、暴落ネタで国家予算の編成権をも失っていただろう。市場原理主義とは、なんのこたぁねえ、胴元がもうかるイカサマ賭博そのもの、高位レベルのプレイヤーによるインサイダー取引の場に時に急変する。国債の発行残高については、経済学の問題かもしれないし発行残高なるものを、適正規模にするのもかまわない。しかし、その事と郵政の民営化とをからめるのは、似非経済学であろう。政治的な問題を、さも科学的な装いをまとった経済学を根拠にしてしまっている(経済学は複数あることは承知してはいるが)。郵政の問題は、単なる切った張ったの政治の問題であろう。政治が決定し(即ち、国民が決定し)、その決定が悪さをしないような方策をみつけるのが経済学に求められていると思う。

19. 2010年4月24日 23:17:12: 28MAu0FfDJ
日本の債務って
貸し付けてる金額も入ってるんでしょ
おかしいよね

20. 2010年4月24日 23:36:33: 9ddUI5damc
この投稿に多くのアクセスがあるようなのでコメントを書いてみる。「国債発行残高が多いので増税しなくてはならない」は常に財務省(以前は大蔵省)が主張し続けてきた。
その主張にのり増税、社会保険料の値上げをすると回復しかけた景気が失速し、その後始末で巨額の対策が必要となり国民へのバラマキ(去年も給付金があったが)も含め反って国債発行額は増加するということを繰返してきた。

今日本にはかなりの需給ギャップがある。これは供給力の方が需要より大きいことを意味する。この需給ギャップについて簡単に説明する。一つの会社を例にとる。売り上げを翌年100億を見込んでいるとする。これに基づき、従業員、工場設備、流通手段を用意する。計画どうりの売上げが達成されれば10億の利益があがるとしてみる。ところが景気が落ち込み売上げが90億に止まるとすると利益は9億になるだろうか。決してならない。従業員の給与、工場の償却費用は固定費で変わらない。9億の利益どころか、赤字になる可能性さえある。

当然、この段階では全体の税収は大きく落ち込むがここで増税するのは最悪の選択である。まず需要を喚起し供給サイドの持っている力を最大限生かすべきなのだ。これには個人消費の増加、設備投資、公共投資、が含まれる。現在日本が問題点にすべきは中堅及びそのすぐ下に位置に位置する膨大な層が雇用、生活不安から、個人消費を抑制していることが主因と見られる。法人税を減税すれば企業の利益があがり全てうまく行くということ世界のどの国においても現在観測されない。一部の者に富が集中するだけの結果を生んでいる。最大の問題は「生活者の不安、消費力不足」と見ておいた方がよい。


21. 2010年4月25日 00:42:05: bHqrdRFXgM
買ったが最後、売れない米国債を買うのは、何なんだ。小泉竹中、君たちは!!

だったら、日本国債を買う。全く正しい。もっと買ってもよし。


22. 2010年4月25日 01:19:22: VQVbnnN9ik
日本の国債を暴落させる動きがあるらしいですよ。

http://ryuzaburo.seesaa.net/article/147360496.html#more
アメリカ経済ニュースブログより


皆さんはどう思われます?


23. 2010年4月25日 04:05:16: 4HreiVNhgo
財務省は消費税を上げるために国家財政の危機を煽っているだけである。
国の財政を見る場合、負債も大切であるが資産も同時に評価しなくてはならない。
資産はこれまで国民が払ってきた税金でアメリカ国債や中国を初めとする外国への借款などがあるが、公益法人の巨額の準備金も大きい。
どの家計でも借金で首が回らなくなったら資産を売り払う。
ところが準備金と称する官僚の隠しがねはそのままにして、消費税を上げて現状維持を図ろうとしたのが自民党=公明党の政権である。
役人は政治家に便宜を図って懐柔するが、この方法が利かないと分かるととたんにサボタージュする。
情報はすべて彼らが握っているので政治家には真実が分からない。
小沢一郎が「役人を説得できない」とやわらかく言ったが、本心は「役人の掌の上で踊らされるな」である。

24. 2010年4月25日 06:41:28: 6WPl2axvzc
亀井さんは、相手の急所を衝くカンとレトリツクがいい、寸言でバツサリ相手を斬り捨てる正宗の切れ味がある。「以前テレビの番組で「小澤さんへの世論調査「世論操作?」の数字、を振り回し」意見を問う田原さんを一発で沈め沈黙させた胸のすく切り返しを聞いて感心。」経済学部卒ですから健全財政への道筋についても「今は救急救命措置中」でむりでしょうが」よろしく。国債の格下げの可能性もあり、日本の財政が病んでいるのは事実ですから。

25. 2010年4月25日 07:34:06: pwMdLqtI8A
郵貯が国債を買っていた御蔭で、民間金融機関のように破産しなくて
良かったと、素人考えで思っています。

26. 2010年4月25日 10:45:47: UI0jwZTFCs
郵政民営化の旗のもと竹中氏が取った手法はバブルの頃、某暴力団系詐欺師グループがS銀行グループを食い潰したやり方に極似している。

まず不良弁護士が信頼を勝ち取り、指導に当たる(郵政民営化の場合は竹中氏がこの役割)
>信頼できるべく弁護士先生の推薦で仕事の出きる仕事師(この場合西川社長)が役員となり実力を披露(八百長しごと)>仕事師の腹心を次々に入社さす(この場合三井住友、オリツクスの現社員)
>腹心を金の絡むポジションへ配置し、準備完了
>仕上げはー
不動産資産の売却(この場合はかんぽの宿等、中央郵便局跡地再開発も)
不良資産を高値で購入(価値の無いものを不当な高値で購入この場合は奥谷のマナー教育に7億円)
預かり資産の移動=現金を単なる紙くずへ、

まあ西川社長はサラリーマン時代の被害者でそのノウハウを学び充分に応用したのかもしれない。師匠は許栄中か?

竹中西川の素晴らしい郵政民営化の結果≫平成19年の時点で28兆2千億の借り入れを財務省から行うことに(郵頂bank決算より)金利は1.3%だつたか1.2%だつたか?

>12が350兆などと寝ぼけたことを言ってるが(だれも亀井を売国奴などとはいわんだろう、言うのは≪12≫くらいなもんだ)
いまは竹中西川に喰われて175兆のはず、いわば亀井氏は詐欺師に食い荒らされた倒産会社の再建委員長というところであろう。

ただ亀井氏もお人よしのところがあるので極端な逆ブレは懸念材料、


27. 2010年4月25日 15:57:38: EjqZNsZ1bg
正確には、国債の償還原資の問題なんですね。ある一定枠を固定し、償還、購入を回している分には、リボルビングの範囲内で問題はないのですが、発行残高が増加してくると増加償還原資に回す分だけ、一般運用枠がせばまるので、財政を圧迫するということです。その視点では確かに財務省の言い分は正しいと思います。財政圧迫の主たる要因は、社会保障費の増大と、国債償還費用の増加ですが、例え消費税を導入したとしても使用用途を限定しないとダメということです。つまり、消費税の増加分はすべて社会補償費に充当する法律を作れば、国家財政は急激に改善されると共に、国民も将来不安がなくなることとで、国内消費も増え、経済は回復し、税収も上がるということなのです。

民主党も消費税論議をするときには福祉税と名を変えてすべて福祉に回すという議論をしないと国民の支持を得られないでしょうね。
 
一昨年夏に、あのみんな悪党の渡辺が金融大臣の時に、時の日本の外貨準備高
の約100兆円で、米国経済を救おうと、米国債の購入を決めた経緯があります。さすがに時の総理の福田は(性格は悪いが、頭は悪くない)これを止めた事件がありました。その後のリーマンショックを考えると、もしあの時100兆円で買いざさえテいたらとぞっとします。 

竹中はリーマン以降も米国に投資しろと騒いでいましたが論外です。ご存知の通り、みんな悪党の渡辺はバリバリの隠れ清和(森一族)で、事務所は森のお粗末と同じ住所で、同じ事務局長です。


28. 2010年4月25日 16:41:55: Etl8c2pJVs
 小泉改革なるものを遂行した責任者たちに、日本が持っている米国債を買ってもらったらどうか。多分かなりの値引きを要求されるだろうな。

 確かに国債発行残高が増大するのは問題だと思うが、不況のまま経済を放置しておけば、もっと大問題だ。

 さらに言えば、日本人の生命を守り、極力福祉水準を高めることが政治家の役目だろう。健全財政ばかり唱えているような政治家は、政治家として信用ができない。


29. 2010年4月25日 17:08:14: kTUb4Kv74E
国債とは何かということです。アメリカの国債は多くを外国に引き受けてもらっています。これはドルが基軸通貨ということを最大限に利用しています。しかしながら、ドルが基軸ではなくなると消化できずに暴落というリスクが常にあります。そのポイントは中国の人民元が自由化されるときだと思っています。日本の国債は国内消化がほとんどなので国民の税の先食いであると考えられます。税の先食いと考えれば、単なるインフレ政策ではなくて税収を増やすことが主眼となります。能無しは増税を考えますが、現在の民主党は税収を増やすには景気の回復という真っ当な政策をとっています。単なる増税では税収は増えずに国力が落ちるだけだと考えるはずの市場原理主義者が何故か消費税の増税を唱えるのは、実際は日本国のことなど考えていない証拠だと思っています。

30. 2010年4月25日 18:05:07: oNBD0ZIqVU
経済状態が悪い時は「消費税増税」でなく「減税」が政策の方向だろ。イロハが通じなくなっているところが狂っている。

31. 2010年4月25日 18:21:01: FLs2aMgCBw
偉そうにいってるお歴々は、これまでの公共投資抑制(与党にしても野党にしても)が景気悪化の原因とは考えないようですな。
余裕がないのに増税?仕事がないのに減税?公共投資抑制して子供手当て?
ただの生活保護予備軍団大量に作ってどうする気かね?w

32. 2010年4月25日 19:39:36: hzGvzCwGiE
> ○アメリカの「年次改革要望書」通りの小泉郵政民営化の本質を全く説明せず、狂ったように郵政改革を批判する、旧勢力(外資・自公み・官僚・財界・メディア)の正体が見えたようだ。

売国奴小泉改革といわないだけ、亀井さんの売国奴小泉に対する温情である。
しかし売国奴小泉ほど最低な男はいない。
杉並区の区長が新党を作ったが、杉並区にある、松沢精神病院に、売国奴小泉が入院した歴史ある区であると宣伝したらマスコミが飛びつくのではないか。


33. 2010年4月25日 19:51:56: LZjHF3E6oU
借金借金ってどこに返すんですかね?

子供手当はお布施で取られない限り、給料上がったのと同じですよね?


34. 2010年4月25日 20:39:41: DoscMwsZqW
32さん
 1967年から2年間、精神分裂症で入院らしいね。
 

35. 2010年4月25日 22:27:57: K7Y35xziaI
貯蓄率2lの日本では国債発行抑制は最重要課題。
10年以内に国債国内消化出来なくなるのは明白。
国債発行増大推進者はイルミナティの犬。
ばら撒き推進者の小沢と鳩山がイルミナティの犬なのは自明。
犬でなければ政治権力者に成れない。

犬政治家により日本は5年以内の財政破綻まっしぐら。
そして、イルミナティの実行部隊のIMFのお出まし。
国債とはイルミナティが国家支配の為に編み出したもの。
イルミナティとはバチカン・貴族・ユダ金マフィアの連合体。
悉く国家をIMFに隷従させて行くのが、世界統一政府戦略。

国債抑制&消費税大幅アップに本気で取り組む政治家が真の保守政治家。


36. 2010年4月26日 07:29:28: 9gjYjaN47c
>子供手当はお布施で取られない限り、給料上がったのと同じですよね?

税金という名のお布施で取られる(税金上がる)ので、働かない人の遊興費増えて、働く人の余裕が減るのと同じです。結果的に給料下がったのと同じです。


37. 2010年4月26日 10:52:31: gFCTYeUKCE
そもそも、金などの裏づけなのない、不換紙幣に金利をつけることじたいが破滅の公理であることをここのみなさんも理解してほしい。

現在の流通するお金は負債から作り出されるのだから
常に常に
流通するお金の総量<<借金の帳簿総額

で借金は返済できないように設計されていることをみなさん知ってください。
不換紙幣に金利をつければ、時間がたてばたつほど、
流通するお金の総量と借金の帳簿総額の差は大きくなり(金利によって)
だれがどんな政治を行おうとも、時間がたてばたつほど、一般人の生活が
苦しくなるのは当たり前なのです。


38. 2010年4月26日 13:24:28: fV88injX4I
国債というのは中央銀行が買い取ることができる。つまり日銀がお札を印刷して買い取るだけの事です。米国のFRBはどんどんやっている。日本もやっているがもっとやっても大丈夫。一般の家計と根本的に違うの国家は輪転機を持っていると言うこと、従って国家が破綻すると言うことはあり得ない。アルゼンチンだって韓国だってちゃんとやっている。弊害はインフレになるということだけ、このデフレでみんな苦しんでいるというときにインフレほどありがたい物は無い。日銀は実は政府の一機関、命令を出して円札を増刷させれば良い。デフレ下に増税をしてさらに需要を減少させるなどはもってのほか、消費税増税など全くの論外だ。インフレの気配でも出てきて初めて増税の議論をすればよい。今はどんどん国債を発行してデフレギャップを埋めないと国民は豊になれない。仙石などは財務省に取り込まれ戦略を語る価値無し。

39. 2010年4月26日 16:19:44: UIGdljKFIA
「景気がいい」ということの定義が必要だ。

お金が市場に流れて 生産活動や消費活動が活発になり、より付加価値を
高めていって、税収が増え、財政が安定する・・・というスパイラルに入る
事をそういうのなら、遅ればせながらでも亀井案を推進すべきであって、
また外資族というかネオリベ続が言うように従ったら、緊縮財政=ネガティブデフレスパイラル=格差どころか労働者の奴隷化となってどうにもこうにも立ち上がれなくなる。
その意味でも、あの当時機会を損失させた竹中など万死に値する。
亀井案も最悪デフォルトコースもあるだろう。
ただまだ亀井案(積極財政)には残された可能性があると思う。


40. 2010年4月26日 18:07:14: K7Y35xziaI
日本が覇権国に立候補しなかったから、日本はイルミナティにとって用無しになった。
IMFを支える為に吸血しつくされてお役ごめん。
財政赤字邁進中でも、イルミナティの犬政治家はIMFに拠出し続ける。

日本デフレの主原因は円高。
ゼロ金利で幾ら企業にお金を配ろうとしても、円高で企業が磨耗し続けているので企業は受け付けない。
日本の企業が頑張れば頑張るほど円高になるので、国民が実感できる好景気なんか永遠にやってこない。
円高誘導はイルミナティの一味のユダ金マフィアの仕事。

アジアの極は覇権国としてやる気満々の中国。
日本は中国を覇権国にするためだけに利用される。
犬政治家の鳩山・小沢は中国への技術提供に熱心。
お金はIMFへ、技術は中国へ。
イルミナティ統治に、日本が不要になれば日本は終わり。
冷戦分割統治のときは日本の利用価値は十分だったが、三極分割統治or多極統治には不要。


41. 2010年4月26日 19:52:24: 5FIIAI0zSY
>今はどんどん国債を発行してデフレギャップを埋めないと国民は豊になれない。

国債?紙幣の発行の間違いだろ。
国債はどこまで行っても国の借金だ。
紙幣を増刷して国債を買い戻し、国家事業をすることでインフレは起こせる。


42. 2010年4月26日 20:15:07: K7Y35xziaI
デフレ脱却には政府紙幣の直接給付が最良。
でも、民主党からは政府紙幣云々が全く聞こえてこない。
政府紙幣なんてユダ金マフィアは断固反対。
小沢と鳩山はイルミナティのイエスマンなので、政府紙幣には緘口令を敷いたでしょう。
小沢と鳩山のやる事は、国債増発してデフォルトさせる事。
貯蓄率2%以下の日本はカウントダウンに入った。
カウントダウンをストップさせるには政府紙幣発行しかないが、首相が何人暗殺されても断行する気概が日本の政治家に無いので到底無理。
鳩山と小沢はイルミナティの犬なので、真の保守党を作る事から始めなければならない。
平和ボケゆとり世代からは優秀な保守政治家は生まれない。
気概があるのはロートルばかりだが、イルミナティの犬のマスゴミはロートル排除に躍起のようだ。

43. 2010年4月27日 06:17:11: 9FdPfuIN36
世界最大の債権国の日本にとって、
最大の危機は、国債の大量発行ではない。

それは、日本に何の利益ももたらさないばかりか、
最終的には国富を何の対価なくアメリカに献上する結果が予想されている、
米国債の買い入れである。

日本が、国債を大量に発行していては、
米国も、日本の国富を掠め取ることが難しくなるから、
日本の国債発行を、ことさら、危機のように叫び、止めようとする。
他国の懐に手を入れることしか考えられない米国は、
何と浅ましいのだろう。

国債を発行しないことこそ、実は、日本にとっての最大の危機だ。
デフレ日本には、資金がない。だから、デフレになる。
本当は、資金が、あるはずなのに、米国に、世界に、盗まれ続けてきた。
それこそが、日本の国力低下の最大の要因だと考えている。

国債発行により、米国でなく、
本家本元の日本に、資金が還流するようになれば、
やがて、日本のデフレも止まることだろう。
企業業績、家計の消費支出も、回復することだろう。

流動性不足、そこから、日本は、もう、脱出しなければ、明日はない。

これまで真逆の方針を貫いてきた、売国の日銀、銀行など、
もう、パスして、その上で、国内に潤沢に資金が回るように、するべきである。

それは、郵貯銀行以下、政府系が担うべきである。
外資に則られた国内銀行は、もはや、日本の銀行とは考えられない。
郵貯銀行へ、預金を、移し変えよう。

亀井大臣、がんばれ。
国民は、皆、あなたを、応援しています。


44. 2010年4月27日 16:54:18: fV88injX4I
国債というのは中央銀行が買い取ることができる。つまり日銀がお札を印刷して買い取るだけの事です。米国のFRBはどんどんやっている。日本もやっているがもっとやっても大丈夫。一般の家計と根本的に違うの国家は輪転機を持っていると言うこと、従って国家が破綻すると言うことはあり得ない。アルゼンチンだって韓国だってちゃんとやっている。弊害はインフレになるということだけ、このデフレでみんな苦しんでいるというときにインフレほどありがたい物は無い。日銀は実は政府の一機関、命令を出して円札を増刷させれば良い。デフレ下に増税をしてさらに需要を減少させるなどはもってのほか、消費税増税など全くの論外だ。インフレの気配でも出てきて初めて増税の議論をすればよい。今はどんどん国債を発行してデフレギャップを埋めないと国民は豊になれない。仙石などは財務省に取り込まれ戦略を語る価値無し。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK85掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK85掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧