★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK85 > 206.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「読売ナベツネ」 CIA切り捨てリストアップか?  (世相を斬る あいば達也)
http://www.asyura2.com/10/senkyo85/msg/206.html
投稿者 純一 日時 2010 年 4 月 26 日 10:33:52: MazZZFZM0AbbM
 

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/132408d147bdb283ed39b05dc1fa4d05

2010年04月26日

読売新聞・ナベツネが例の関係者捏造リーク報道、ワシントン・ポスト紙の岡田外相が「辺野古現行案回帰」をルース大使に語ったと云う報道を根拠に、溺れる者藁をも掴む状態で、関連記事を書きまくっている。

どうもルース大使の方が「そういう手はないのかいな?」と水を向けた程度の雑談のようなのだが、岡田の言質にされた上、けんもほろろに捨て置かれたような話に捏造したようだ。

呆れてニヤニヤ読んでいるだけでも充分面白いのだが、どうも読売ナベツネのワシントン・ポスト記事への執念は“老いらくの恋”と笑えない部分もありそうなので、少々頭をひねってみた。

以下に、読売ナベツネのワシントン・ポスト紙の記事に執着するストーカ爺様の記事を掲載しておく。ただ注意していただきたいのは、見出しにまで?マークを多用している点である。ナベツネの鬼気迫る勢いで書かされる記者の自己保身と云うか将来の自分を案じてだろうが逃げ場作りのような記事に終始しているところが涙を誘う(笑)

まずはお読みいただこう。見出しだけでも充分ですけどね。筆者の読売ナベツネの「ナベツネ・ディッシング(ナベツネ切り捨て)」の推測は後述します。


≪ 普天間移設、迷走の末の「現行計画回帰」?

 沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で、日米両政府が2006年に合意した米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)への現行計画が再び検討の俎上に載せられたことが24日、 表面化した。鳩山政権が7か月余り否定し、迷走した末の「現行計画回帰」に対し、沖縄の反発が一層強まるのは避けられない。

◆わらにもすがる
 「あの海が埋め立てられたら、たまったもんじゃない」 鳩山首相は24日午後、視察先の群馬県内で、現行計画や修正案での決着の可能性を記者団に聞かれ、語気を強めて否定した。辺野古の海の埋め立てを伴う現行計画は、「自然に対する冒涜」 だとまで踏み込んだ。
 だが、政府・与党内では、首相が昨年12月に現行計画の見直しを表明した後も、「最後は現行計画の受け入れか、修正しかない」(日米外交筋)との見方がくすぶり続けてきた。 首相が公約した「5月末決着」まで残り約1か月に迫る中、現行計画への「回帰論」が浮上した背景には、政府が数か月かけて検討してきた移設案がことごとく暗礁に乗り上げ、「わらにもすがる思い」(防衛省筋)に陥った状況がある。

◆メガフロートまで
 政府関係者によると、政府内では年明け以降、沖縄県内外の約20か所について「技術的検証」を行った。自民党の橋本政権下で浮上し、予算や技術的難点の多さから消えた名護市沖合に構造物を浮かべる「メガフロート」案まで技術者を呼んで研究されたという。
 メガフロートは、空洞の金属製の箱を組み合わせた浮体構造物で、90年代、日米の沖縄施設・区域特別行動委員会(SACO)などが実用化を検討した。最大の理由は、構造物が撤去可能なうえ、海の生態系への影響が少ないとのふれこみで、沖縄県民の理解を得やすいとの思惑からだった。今回の再浮上も同じ理由だ。
 だが、シュワブ沖は波が荒く、防波堤が必要で、「工費は1兆円を超える」(防衛省筋)との見積もりもある。総工費約4000億円とも言われる現行計画を「金がかかりすぎる」と否定してきた政府の主張とは大きくかけ離れる。

◆「政権のメンツ」
 首相や関係閣僚の言動からは、現行計画の修正について十分な調整を行った痕跡はうかがえない。 23日、ルース駐日米大使に直接、現行計画の大筋を受け入れる意向があると伝えたとされる岡田外相は、昨年末から現行計画容認派に転じており、首相と十分すり合わせたのかどうかを疑問視する向きもある。北沢防衛相は徳之島へのヘリ部隊移設に前向きだったが、反対論が強まる中、「現行計画支持」に宗旨替えしたとの見方もある。防衛相は24日、長野市内での記者会見で、「(現行計画の)どこまでが修正かというのがある。中身をしっかり聞かなきゃね」と述べ、政府内で詳細が検討されていない様子をうかがわせた。

 仮に日本側が現行計画に戻る決断をしたとしても、残り1か月で、米側と修正を終えるのは困難だ。さらに、米側が条件の一つとしている「沖縄の同意」を再び取り戻すのは、今や不可能となっている。米側が外相の提案を「第一歩」と見ている、と米紙ワシントン・ポストが伝えているのはそのせいだとみられる。
 何より、これまで現行計画を否定し、混乱を増幅してきた首相の政治責任は、今後厳しく問われることになる。「どんな理屈をつけて現行案に戻ると言うのか。政権のメンツはぐちゃぐちゃだ。今まで何してたんだということになる」。政府高官は24日、つぶやいた。(政治部 五十嵐文、杉田義文)(2010年4月25日09時20分 読売新聞) ≫


≪ よみがえった「辺野古移設」 怒りと反発の沖縄

 鳩山政権が白紙に戻した名護市辺野古に移設する現行計画が再びよみがえったことに、「県内移設」に反対する沖縄では、25日の県民大会を前に、怒りと反発が一段と高まった。
 県民大会実行委員会事務局長を務める社民党の新里米吉・県連委員長は「沖縄の民意ははっきりしている。現行計画に逆戻りすれば、県民の怒りは頂点に達する。鳩山政権が何を考えているのか、予測がつかない」と憤りをぶちまけた。
 現行計画に基づく辺野古への移設反対を掲げ、1月の市長選で勝利した名護市の稲嶺進市長は24日、市内で記者団に「とても信じられない。どんな形であれ、辺野古に戻ってくるのはだめだ」と力を込めた。

 首相の「腹案」とされる鹿児島県・徳之島への移設案が地元の反発で困難な情勢となる中、沖縄県内では「現行計画に回帰するのではないか」との見方が広がっていた。
政府側の「不穏な動き」を察知した社民党の照屋寛徳国会対策委員長は23日、さっそく沖縄県庁に仲井真弘多知事を訪ね、「今、政権の中で現行計画で決着しようとする動きがある」と指摘し、「最悪の動きだ。拒否してほしい」と訴えた。 一方、名護市では市議27人中、「現行計画の受け入れの窓口を残すため」として、半数を超える14人が25日の県民大会を欠席する見通しだ。現行計画容認の立場をなお崩していない仲井真知事は24日夜、記者団に、「何ともコメントしようがない。鳩山首相に聞かないと、僕に聞いても分からんよ」と語った。(2010年4月25日09時23分 読売新聞)≫


≪ 「鳩山政権とは交渉しない?」米紙報道で憶測

 「岡田外相がルース駐日米大使に現行計画の主要部分を受け入れる意向を伝えた」とする24日付の米紙ワシントン・ポストの報道は、25日に沖縄で県内移設に反対する大規模な大会が開かれる直前のタイミングだった。
 地元の反発は一層高まっており、政府関係者は24日、「米国は鳩山政権に何度も煮え湯を飲まされている。鳩山政権と交渉するつもりはない、というメッセージで、情報が流れたのではないか」との見方を示した。
 報道は、外相と大使の会談が23日に行われた直後で、日米関係でこのレベルの会談を米紙が速報するのは異例だ。岡田外相は24日、長崎県佐世保市内で記者団に対し、「(県民大会を)控えて極めて遺憾だ」と不快感を示した。(2010年4月25日09時15分 読売新聞)≫


≪ 超党派で県内移設反対、きょう沖縄県民大会

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設に反対し、国外・県外への移設を求める県民大会が25日、同県読谷村運動広場で開かれる。
 超党派で県内移設に反対する県民大会の開催は初めてだ。仲井真弘多知事のほか、県内の全41市町村から首長、首長代理が出席する。
 米紙が24日付で、岡田外相が米側に対し、米軍キャンプ・シュワブ(名護市)沿岸部に移設する現行計画の修正案を示したと報じた直後だけに、大会では、鳩山政権に対し、厳しい反応が出ることが予想される。
 知事はあいさつで、県外移設を求める意向だ。ただ、普天間飛行場の固定化を懸念し、現行計画を容認する姿勢は撤回しない考えだ。(2010年4月25日03時03分 読 売新聞)≫


≪ 「岡田外相の発言」米ワシントン・ポスト紙要旨

 米軍普天間飛行場移設問題を巡り、岡田外相がルース駐日米大使と会談した際、現行の移設案の主要部分を受け入れる意向があると伝えたと報じた24 日付米紙ワシントン・ポストの要旨。
          ◇
 岡田外相は23日、ルース駐日米大使に対して、日本政府が沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題の解決に向けた提案として、2006年に両政府で合意していた米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)へ移設する現行計画を大筋で受け入れる方向だと伝えた。
 岡田外相は、辺野古に建設する滑走路の設計変更と海兵隊施設の一部を沖縄から約160キロ離れた島に移すことを含む修正案を提示した。
 米当局者はこの提案を歓迎する一方、最初の一歩にとどまると強調し、日本側が26日の週に詳細を示すとの見通しを語った。
 米ワシントンでの「核安全サミット」に際して12日に行われた鳩山首相とオバマ米大統領の10分間の会談で、大統領は首相に「時間切れになりつつある」と告げ、信頼してもいいのかとただした。日本の随行者は大統領の厳しい口調にひどく動揺し、発言のやり取りを筆記するのをやめてしまったほどだ。
 4月中旬、中国海軍の艦隊が日本の近くの公海で最大級の演習を行い、中国軍のヘリコプターが日本の海上自衛隊の護衛艦に異常接近する事例があり、 こうした出来事も日本政府に方針の修正を迫った可能性がある。(2010年4月24日23時31分 読売新聞)≫

よくもまぁ此処まで妄執な記事を連続出来るものである。(笑)

それはそれで「報道の自由」だから嘘も捏造も信心も報道の内と云うマスメディアの伝統技術の範疇に入るのだろう。それは良いとして、この読売ナベツネの読者誘導記事のなかで抜け落ちているのが、「では、鳩山が何処を移設先に選ぶのが正解なのか」がまったく語られていない点である。(笑)

ひたすら鳩山由紀夫を揺さぶり、潰す為だけの記事になっている点が注目だ。
読売はじめ日米の安保マフィア勢力が普天間移設問題をテーマに鳩山由紀夫を潰そうと云うプロパガンダ的報道論調は行き詰まりを見せている。

逆に、沖縄県内も県外も駄目になって、鳩山は立ち往生、政権を投げ出すしか手がないと必死の誘導なのだが、最近この論調に自己矛盾があることを朝日新聞は悟ったらしく、急に普天間移設に関する報道から距離を置いている。

自民党の谷垣総裁も、ナベツネの応援に呼応して、この件が決着出来ない時は職を辞すかと問い詰めているが、鳩山の言質は蛙の面に小便状態である。(笑)
なぜ自己矛盾かと云うと、このような論調の報道を続けるという事は、県内も県外も駄目だと国民を世論誘導してしまったわけで、単純な三段論法が導く答えは“海外!”の一言になってしまうのだ。

多くの国民を洗脳脳化させてしまった咎めではないだろうが、日米安保なんて対岸の火事、馬耳東風なのである。
海外では米国自治領北マリアナ諸島の上院議会が同諸島のテニアン島を普天間の移設先として日米両政府に求める決議を全会一致で決めているのだから、パズルの最後のピースはテニアンになってしまう。(笑)

国民に今更「日米安保と云うものは…」等と寝た子を起こす世論喚起などする勇気なんかないだろうし、そんな論調を張ったマスメディアは大好きだった闇勢力の餌食になるのが関の山、腰が引けて書けるはずもない。国民が平和ボケしているから日米安保マフィアは好き勝手が出来たのだ。

つまり、此処に来て、読売ナベツネは普天間移設先問題で鳩山潰しを画策しているのだが、辺野古に戻るどころか、流れは「常識的に海外しかないだろう?」という流れの世論を作りつつあるのだ。

ナベツネが行き場を失って迷走しているのだ。明らかに迷走しているのは鳩山ではなく、ナベツネだ。ナベツネがCIA日本エージェントの頭目であったとしても、今や粛清の対象になろうとしているのかもしれない。「鳩山政権を潰せると豪語した以上、コードネーム****はミッションを成功させるべく全力を投入せよ。これが最後のミッションにならないことをせつに祈る。アーメン」

考えてみて欲しい。ナベツネはあの自民・民主大合併を画策頓挫させて以降、米国ネオコンCIAの期待と云う期待すべてを裏切ってしまった。日本の外貨準備金の資金の米国への還流を阻止した一人、故中川昭一(当時財務大臣)とガッチリ手を握り合う、米国の言う事に耳を貸さない、意味が判らない?麻生太郎政権を潰す戦略に躍起となった。中川酩酊会見の事実関係は不明だが怪しいマスコミの女記者が登場する。それでも退陣しないとみたナベツネは、今度は鳩山邦夫をけしかけ、日本郵政社長交代騒動で麻生政権転覆を謀った。しかし、これも中途半端に終わり、いよいよ政権交代が現実味を帯びる事になった。

検察の貢献で当時の小沢代表を潰したのは良かったが、変わった鳩山由紀夫を懐柔する大役も、小沢の反ナベツネの前に頓挫してしまった。 そうして民主党が政権を取ったのだが、米ネオコンCIA勢力は民主党の親米化を小泉並に強いものにする為、鳩山、小沢の政治資金問題で検察をフル回転させた。

この経緯において日米政府がどの程度の手打ちをしたか不明だが、鳩山民主党政権を揺さぶる事は出来たが、超親米小泉並み政権にさせる事は明らかに失敗している。

一定の範囲でオバマ民主党政権と鳩山民主党政権は気脈を通じている。ただ、日米安保マフィアに気脈を知られることを、徹底的に排除しているのだろう。 おそらく、この普天間移設で鳩山政権を潰し、岡田政権樹立がナベツネに与えられた最後のミッションなのではないだろうか?しかし、この計画も自己矛盾に満ちており、エージェントの頭目として相応しくない人物、と最上段にリストアップされている可能性が高いような気がする。

ナベツネは結果的に民主党政権の足を引っ張るどころか、国民総出の「安保反対」の機運さえ惹き起こそうとしている。「たちあがれ日本」の新党設立にも強く関与、自民党のメルトダウンを助長、民主党を利する結果を導いてしまった。

今となっては、鳩山と岡田の意志の齟齬が大きくなることを他力本願で祈っている状況なのではないのか?岡田、仙谷、前原、野田合わせて30人抜ければ民主は参議院で過半数を取れない。その辺が最後の望みというか祈りなのだろう。

「ジャパン・ディッシング(日本切り捨て)」どころではない「ナベツネ・ディッシング(ナベツネ切り捨て)」がどんな形で起きるのか判らないが、ナベツネがこの夏でエージェント頭目を降ろされるのは確実だろう。
日本政治上それなりの存在感があった御仁だけに、人ごとながら心配になる。健康に留意して、ご自愛頂きたい。

ひやひや1位キープ、感謝の日々です
          ↓  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年4月26日 11:31:49: CSCkxzoktQ
ナベツネは、消されるのでは。
過去の事例では、児玉の件が有る。
薬を装って、医者に盛らせればイッチョ上がり。
証拠完全隠滅。

02. 2010年4月26日 11:34:53: N7cZRcUqDV
岡田外相って渡部が名付け親の「七奉行」に入っているが
会合に参加するだけで、特に反小沢、反鳩山ではないと思うが
どうなんだろう?

03. 2010年4月26日 11:48:53: Qos5b6UPKo
岡田は頭が悪くてボンボンで駄目だ、一般国民の側に立てるはずがない。

04. 2010年4月26日 12:09:22: N6Ky6uducY
情報機関は自分が使っているスパイが不要になったら、組織維持のために該当者を抹殺します。
心臓麻痺
クモ膜下出血
偽装自殺
等等。

05. 2010年4月26日 13:39:17: VZGFHtUPbE
原案と現行案の違いを考えたことある。

06. 2010年4月26日 18:41:31: iFoirgLlXQ
よみうり、サンケイ、朝日など大マスコミ。

徳之島1万5千人、沖縄島民集会9万人が反対集会に参加。

あめりか軍基地を受け入れるところはないと大はしゃぎ。

あめりか軍はそんなに嫌われているのか。

それではあめりか軍イラン。

あめりか様激怒。

最近朝日が引いたというのも、やりすぎを戒めたかな?


07. 2010年4月26日 20:28:14: UPq0JUDhF6
今日の朝の番組じゃテレ朝が一番偏向してたがな

08. 2010年4月26日 22:32:23: 6XNhb2Rcvg
それにしてもナベツネはしぶといね!

閻魔さまに会いたくないから必死なのか??

悪魔に魂を売り渡したよみうりの記者諸君はかわいそう!!


09. 2010年4月26日 23:30:58: f5iHW3FzpQ
ギブ・ミー・チョコだった国にギブ・ミー・マネーって洒落にならないよ。笑
金恵んでやってグアムでもマリアナにでも出て行ってもらうのがベターじゃないかな。多少の予算オーバーしたっていいじゃないか。

10. 2010年4月27日 08:25:53: i37fD8kRRc
植草氏のブログにも以下のようなコメントがありました。

>日本は対米隷属から脱却し、米国に対しても「言うべきことを言う」国にならねばならない。これが「真の独立」である。

>マスメディアは基地移設反対を唱える日本国内の移設候補地の意向を全面支援するなかで、気付かぬうちに鳩山政権の「代替施設は海外へ」の主張を支える援護射撃役を担うことになった。

>鳩山総理が自信をもって県外移設を表明するタイミングが迫っている。

状況としては、基地問題を乗り切り、参院選を乗り切り、「真の独立」に向けて突き進むしかない状況がますます強まってきたようです。
ここで官僚に足をすくわれないようにするためにも、大きな声で小鳩民主党を支持していきたいと思います。

この機会を潰されてしまったら、今後日本の一般国民は、主権者としての本当の立場を取り戻すことは非常に困難になり、そのための代償も極めて大きくなるように思えてなりません。

新しい時代を安心して子供たちの世代に渡してやれるように、今こそ、我々大人たちは自分の立ち位置をしっかり定めなければならないと思います。


11. 2010年4月27日 09:31:43: 2OgLIE4Qzg
左翼陣営が日の丸を押し立てて反米軍基地運動を行えば、似非保守右翼陣営は面目を失う。

12. 2010年4月27日 09:48:12: 6kDKBVPKDY
>11同意。民族派左翼として、国を売る偽右翼どもの正体を暴き、アメリカ植民地からの完全独立を果たさねばならない。

13. 2010年4月27日 09:49:40: o7JxMbpxzY
鳩山さんも駄目だね。

8か月「国外移設」、「県外移設」をほのめかし、

「腹案」ありと、期待を持たせながら、結局は

自民党案に、多少の修正を加えただけの案に収めるとは。

「日米安保条約」を破棄し、新しい「日米同盟」関係築き

米国の属国から脱皮し、真の独立国設立を夢見ていたが、

これで当分、日本は米国の植民地でしかないと言うことですね。

自民党も、官僚も、マスゴミも大いに喜ぶ事でしょう。 THE END。


14. 2010年4月27日 09:55:45: 6kDKBVPKDY
>12の追加。アメリカの在日特権を糾弾しなくてはならない。

15. 2010年4月27日 10:00:44: iVPIi6OunY
サイパンから高速船で40分と利便性もよく、主要産業はカジノ位しか
思い当たらない島だから、普天間基地の様に8,000人もの雇用が発生する
のは大歓迎だろう。(徳之島は潜在一隅のチャンスを失したかも知れない)
アメリカの基地移転の条件(地元住民の同意)にもピッタリあてはまる。
日米双方に受け入れ快諾の要望書迄提出しているテニアン島の住民の
心も無視できないところ迄来ている様に思う。

16. 2010年4月27日 12:38:58: SLtheigSDE
ナベツネはもう終わりwww

17. 2010年4月27日 12:53:27: OfZJQtyFRk
1>
16> ナベツネだけ?中曽根の爺さんは???

18. 2010年4月27日 12:54:25: hEOy8bsDxE
安部を辞任に追い込み、小沢騒動の火を付けた読売のナベツネ!!
 それは全てアメリカの意に従っていた!!...

http://d.hatena.ne.jp/essa/20070918/p1
アンカテ(Uncategorizable Blog)
『読売グループの総力あげて麻生を潰すとナベツネは言った』

http://d.hatena.ne.jp/Baatarism/20070918
民主党はナベツネを証人喚問できるか?
読売新聞と日本テレビが自民党総裁選で福田康夫氏を有利にするために、麻生太郎陣営を不利に
するような情報操作をしたのではないかという疑惑。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1190124510/
 週刊新潮2006年2月16日号
 
戦犯不起訴で巣鴨プリズン出獄後は正力松太郎がアメリカCIAの意向に従って行動していたことが
早稲田大学教授の有馬哲夫が米国国立公文書館によって公開された外交機密文書を基に明らかにされて、反響を呼んだ。

正確には中小零細新聞社であった倒産寸前の読売新聞社を正力松太郎がCIA資金で
買取り、渡辺恒雄と共にCIA 資金で日本最大の新聞社に成長させた事になる。

正力松太郎と渡辺恒雄がCIA工作員として読売新聞、日本テレビ、プロ野球・読売巨人軍を創立し
その経営資金がCIAから出ている事実は、米国政府の心理戦争局の内部文書 Records Relating
to the Psychological Strategy Board Working Files 1951-53 に明記されている。 

●正力松太郎はCIAのスパイ。元共産党員の渡辺恒雄は正力の部下。 読売はCIAから資金提供を受けて世論誘導をしてきた。

読売・正力がA級戦犯の罪を免れ、CIAから資金の提供を受けて、戦後ずっとアメ
リカの為の情報操作・洗脳活動を続けていた事は事実(60年ぶりの米公文書公開により判明!)で、ナベツネも又正力とともに忠実にその任務を果たしていた!、、、という事らしい。


そんな事とは露知らず、読売新聞と読売TVに騙され、洗脳されて来た国民!! 
最近になってようやく全貌が明らかとなってきたが、新聞もTVも信用ならんとは情けない話である。

国民は真実を知らされず、どこに判断の指針を求めたらいいのか?!...

いまや、玉石混合のネット情報をあちこち照らし合わせながら総合判断するしかない。


19. 2010年4月27日 12:55:57: hEOy8bsDxE
ゴミウリ新聞

20. 2010年4月27日 16:52:44: kLoMcTkzFM
14さんのおっしゃるとおり、まず糾弾すべきは、アメリカの“在日特権”です。
どこぞの蝶ネクタイデブのナルシストが作っている罪涜会は似非右翼ですが、右翼なら矛先をアメリカに向けろ、ってことですな。

それにしてもナベツネがいなくなれば、(関係ない話で恐縮ですが)プロ野球ももう少しまともなものになるかもしれません。
ゴミウリジャイアンツなんてチームを二分して、Gリーグ作って、ずぅ〜っと紅白戦しててほしい。
ゴミみたいな新聞も球団もいらね。


21. 2010年4月27日 21:52:01: 8GRrA1ihvY
>>13
それ全て報道された内容ですよね?
あなたが記者会見で聞いた内容じゃないですよね

えーっと、その「報道」とは誰の担当でしたっけ??
ナベツ・・・あれ、誰でしたっけ


22. 2010年4月27日 22:29:25: H5UTubcUQo
10様に同感です。

民主党は普天間の件で全都道府県に代替地を打診したら!
当然の様に反対が巻き起こるだろうね(笑)、
一番慌てて困るのは誰かな?


23. 2010年4月27日 23:40:18: y8V8TlEnGM
 吉本興業 新喜劇 安尾信乃助 さんの口調で
ナベツネさんは、CIAの作戦通り、今お住まいの屋上から、ほうりなげられますか?  自殺と言うことですか?
NHKの長谷川浩論説委員が、NHK放送センターにほうり投げられたように、もしくは、お年ということでどこかの病院の、閉鎖病棟に死ぬまで幽閉ですか?、そしてそこで肺炎で病死ですか?
いずれにせよ老い先は短いか?後の幹部読売諜報員の見せしめの為に、必ず明確に始末されるのか?
近々ルースもキャンベルも入れ替え有りか?、コロンビア大学の皆様がメディアに出だすと、雑魚の交代が早まる、ジャパンハンドラー養成大学は教授クラスが動き出し露骨な発言が顕著になってきたか?   安尾信乃助 の口調でしたか?

24. 2010年4月28日 11:04:22: XJ9eMlz9vk
こんな奴早く死ねばいいけど、これまでこの国や国民に犯してきた罪の数々を
考えると、やすやすと死なせてもな〜と思ってしまう。

毎朝起きて、気分いいんだろうか、この悪魔じじぃ。


25. 2010年4月28日 12:35:23: z5uQPVPWWg
読売新聞は昔からだいっきらい!!
日本を歪めた人の罪は重い

26. 2010年4月28日 13:21:41: IhU1dbbcew
完全証拠隠滅〜用無し・使い捨てでなく〜抹殺。今迄の功績は関係なし。
スパイ・手先は非情の世界。哀れな末路。日本人の心を取り戻せ。

27. 2010年4月29日 01:15:12: rzBge3Fv5Q
>日米安保なんて対岸の火事、馬耳東風なのである。海外では米国自治領北マリアナ諸島の上院議会が同諸島のテニアン島を普天間の移設先として日米両政府に求める決議を全会一致で決めているのだから、パズルの最後のピースはテニアンになってしまう。(笑)

その通りですね。
寝た子を起こしてしまったのですね。
沖縄基地問題は、みんな、自民党と沖縄の問題としか考えていなかった。
だけど、
マスコミが、ぎゃ〜ぎゃ〜騒ぐし、
タニガキが、鳩山さんは、5月に退陣すべきなんて大騒ぎするから、
みんな目が覚めちゃったね。

徳之島で、島民の60%15000人が反対。
沖縄で90000人が反対。
これって、最初は、政府つぶしだったはずが、米軍基地反対で日本中が目を覚ましてしまった。
日本中が自分のところに基地が来るかも知れないという恐怖を感じてしまった。
そうなると、なんでこうなるの?
自民党が悪いんじゃないの?
なんで、基地が日本に必要なの?
ってことで、マスコミや自民党が騒げば騒ぐほど、米軍基地反対闘争は盛り上がっちゃいますね。
でも、マスコミが、民主党をつぶすには、米軍基地反対闘争を盛り上げて退陣に追い込まなければならない。
間もなくマスコミ内部も分裂するのでしょうね。
面白いことになりそうだ。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK85掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK85掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧