★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK85 > 601.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
お笑いタレントは、何故、政治的発言を繰り返し、自民党を擁護するのか? (文藝評論家・山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』)
http://www.asyura2.com/10/senkyo85/msg/601.html
投稿者 亀ちゃんファン 日時 2010 年 5 月 03 日 07:10:00: GqNtjW4//076U
 

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20100503 
2010-05-03


お笑いタレントは、何故、政治的発言を繰り返し、自民党を擁護するのか? その方が、お笑いよりカネになるからなのか(笑)。(写真はテリー伊藤。この男は典型的な自民党お雇いの工作員だな。)


(写真)
http://d.hatena.ne.jp/images/diary/d/dokuhebiniki/2010-05-03.jpg 
同ブログより


お笑いタレントに徹している「タモリ」や「さんま」等を除いて、テリー伊藤、ビートたけし、太田光・・・等、多くのお笑いタレントたちが、その人気と知名度を悪用して特定の政治討論番組や報道番組を持ち、何故、専門外の話題である政治や政局の話にうつつを抜かしているのか、しかもある特定の政治的立場に立って、かなり一方的な政治的言説を展開するのかが、長いこと腑に落ちなかったのだが、野中元官房長官の暴露によって、その謎が次第に明らかになりつつあると言っていい。野中は、政治評論家だけではなく、政治的発言を繰り返す「お笑いタレント」たちにも、官房機密費から、盆暮れの二回、500万円ぐらいずつ、つまり年間1000万円のカネを手渡したと爆弾証言したが、これで彼等が、何故、政治や政局の話に固執するかという謎の一端がほぼ明らかになったと見ていいだろう。お笑いタレントたちこそ、自民党に買収された情報工作員、つまり日本国民を洗脳するための「自民党お雇い工作員」だったのだ。テリー伊藤、ビートたけし、太田光・・・。もちろん、お笑いタレントが、それぞれの特定の支持政党を持ち、それぞれの政治的意見や政治的立場を主張したとしても少しも不思議ではない。しかし、かつて「前田武彦」という人気司会者が、ある番組の中で、選挙結果を見て、思わず「共産党バンザイ」と叫んだことが問題となり、やがて前田武彦という司会者はブラウン管から消えていったという例を持ち出すまでもなく、あるいは創価学会系のタレントたちが公明党の選挙応援に繰り出していてるにもかかわらず、番組の中では決して政治的意見や支持政党の話をしないという例が示すように、テレビタレントたちにとって、特定の政治的立場や政治的意見を公言することはタブーであったはずである。しかし、いつの頃からか知らないが、お笑いタレントたちを中心に、むしろ公然と政治的発言を繰り返すようになっている。しかも、その多くが、つい最近まで万年与党であり続けた自民党サイドに立った発言である。この現実を見ている視聴者の多くが、裏でカネが動いているのではないか、つまり彼等は買収されているのではないのか、と疑惑の目を向けていたことは公然の秘密だが、しかし証拠がないために、それを公言することには躊躇せざるをえなかったというのが実情であった。野中証言によって、その謎が解ける時が、ついにやって来たというわけである。


よろしければ、応援のクリックをお願いします。

http://blog.with2.net/rank1510-0.html 
http://politics.blogmura.com/
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月03日 07:45:34: A3pdybJL2c
札びらで頬を叩かれ、言われた通りの台詞を言わなければ、テレビの画面から消されてしまう恐怖感があるのだろう。でなければ、世論誘導はできないと思うよ。

02. 2010年5月03日 07:55:17: QQFryDLRGo
一度太田は
パッシングしないと
わからないだろうな

芸の範囲なら許せるが

本気になったら別のもの

たけしぐらいが言えばまだそれなりに許せるが

テレビ局に言わされているなら惨めだな

いつか失言でやられるときがくるだろうが、

芸風でどこまでごまかしが通用するか


03. 2010年5月03日 08:11:54: iFbQgtbwDM
爆笑問題はよくNHKに出ていますね。

04. 2010年5月03日 08:24:25: eX8V1t7ldY
たけしぐらいが言えばまだそれなりに許せるが

冗談じゃない。たけしがいっているなら俺も言う。
たけしだけが許せる筈はない。と馬鹿タレントまでが言い始めたのだ。
貧乏人の見方の振りしている、たけしは好きに成れない。
相方の面倒はみているのか。あの女性の人生を狂わせたのは
たけしだ。


05. 2010年5月03日 08:30:15: VoHQXX9kmw
話術で人気を取ることが出来なくなった落ち目のタレントが、芸能界にしがみ付くために大マスゴミに媚び得るためにやっているだけの話。
不偏不党なんて看板は下ろして、特定党派に組していることの旗幟を鮮明にしてくれればいいのにね。

06. 2010年5月03日 08:52:23: ROzUCQFW7s
バカタレ(馬鹿なタレント)の政治コメントの胡散臭さに

辟易しています。

テリー伊藤のカンカン帽子を被ったまま政治のコメントを

するような無礼者は許せない。


07. 2010年5月03日 08:54:09: 6IS6FGlPyA
なぜたけしだと許されるのか。芸能界の大物だからか。そういう者の方が視聴者に対する影響力は大きいのだから、なおさら公共の電波を使って一方の政党を支持(あるいは批判)するような発言は控えるべきだらう。

また、一般にビートたけしは映画製作などに携わり知識人と思われているのかもしれないが、実際は信号無視を奨励し、飲酒運転で大事故を起こすなど、反社会的行動を繰り返して来た男であることを忘れてはいけない。

暴力集団たけし軍団の絶対権力者であったことは周知の事実であり、宮崎県知事らと共に講談社を襲撃した非民主的・破壊活動を行った男が、選挙という民主的なプロセスで政権交代を実現した民主党を批判しているのだ。


08. 2010年5月03日 09:00:34: ZsHc60Ksec
ビートたけしの映画って国際的に評価されてるらしいね。
俺は見たこともないし、見たいとも思わんが。
人の評価なんて所詮主観的なもんだろうと俺は思うよ。

09. 2010年5月03日 09:11:40: Get9aY0xRA
社会的強者を「笑い」で茶化すのということは「風刺」
これこそが「笑い」の持つ破壊力である

今のお笑いタレントはテレビ局とスポンサーの庇護の下にあり、自分は安全な立場に身を置き、姿を現さない社会的強者を擁護し、それを変えようとする者や、痛めつけられている社会的弱者を叩く側に回ってしまっている

「笑い」の風上にも置けぬ亡者なり


10. 2010年5月03日 09:12:11: QQFryDLRGo

内田裕也が民主党のことをいっても

なぜか怒る気になれないのと同じ

ある意味たけしのほうが狡猾か?

太田に比べて
他の出演者にしゃべらせてるからな



11. 2010年5月03日 09:21:29: YE1pSZdJOY
ビートたけしはお金いっぱい持っているので貰っていないと思うよ。
カネ、女、名声、の原則からいうと・・・何とか監督賞とか。

12. 2010年5月03日 09:25:41: pmqJjqyjTw
北野たけしはひどいな。

たしか麻生が総理の頃、北野たけしは官邸に呼び出されて麻生と面会し、
それ日を境にTVタックルで民主党をこき下ろす発言が明らかに激増した。

漆間〜麻生に例えば脱税などの弱みを握られて脅かされたか
電通に干すぞと脅されたのではないかと思っていましたが、どうなんでしょう?

北野たけしの発言はテリーと比較にならない程、B層どもへの刷込み効果は絶大です。

番組内ではあの阿川とかいう女の民主党議員に対するオチョクリ方も尋常ではない。
民主党議員が正論で反論しようとすると必ずチャチャ入れて発言をさえぎる。


13. 2010年5月03日 09:53:19: SBztI6XWSY
テリーは昔は、お笑い創価学会っていうのを
佐高さんと共著で
出してたりしてて佐高さんと仲良かったから
左寄りで見方だと思っていたのにな。
ミニスカポリスやっててさたかさんと仲良しで
昔は好きだったのにな、
数年前から変節したって感じなんだね。↓

14. 2010年5月03日 10:23:24: eX8V1t7ldY
たけしは、あの事故から変だ。
脅かされているのかもよ・
それから一族郎党を養わなくてはならないので
火の車じやないかな?懐は。

テレビ朝日は、たけし一族を出演させ過ぎと思う。


15. 2010年5月03日 10:33:50: ItpLCpZINk
太田はなぜテレビに出てるのかわからないぐらい、おもしろくない。

16. 2010年5月03日 10:41:03: GiWO6c7SwE
真面目な話。
爆笑問題って見ててそんなに面白いのか?
どこが面白いのか教えてほしい

17. 2010年5月03日 10:50:45: uwO9xRsHBk
犬HKはアベちゃんの差し金で古森が入ってきてから一層メチャメチャになった

どうしたら奴と奴に引き立てられた奴に消えてもらうか


18. 2010年5月03日 11:05:23: 2zffpB3kq6
爆笑問題は本当につまらないですね。
デビュー当初は面白かったのでしょうが、いまのお笑いのスピード感にまったくついていけてない。
それで無理をして文化人ぶったり、政治的発言をしてみたりしている。
たぶん日テレあたりでおだてられてその気になってしまったのでしょう。
見るに耐えないので、彼らが出てくるとチャンネルを変えることにしています。

19. 2010年5月03日 11:09:15: 0MZNp5vGRw
やっぱり台本用意してしゃべらせているのは局自体だし、その後ろから見張っているのは広告代理店。
そしてその後ろから全体に目を光らせているのが、亡国のイージマ。

20. 2010年5月03日 13:00:26: vB3f6vHMBg
工作員評論家+下品なるお笑いタレント工作員(北野たけしが最悪・卑しい表情を観察すべし、テリーは外見からもって卑しい)まで跋扈させたテレビ局こそ大犯罪ですね。工作報道一辺倒(北朝鮮を笑えない)日本は世界の笑い者(笑い)ですよ。国民をなめるな、また血税を返せです。犯罪の立証、制裁措置は取れないのでしょうか?検察まで機密費(その他売国工作資金)で買収されているのじゃこの国アフリカの三流国以下。

21. 2010年5月03日 13:21:48: KLeJ8iuk5E
そもそもいじめで笑いをとる番組をプロデュースして大当たり大出世したのがテリー伊藤は、いじめ大流行の仕掛け人

若手芸人が熱湯風呂で苦痛にのた打ち回る姿を笑う心理は
へらへらしながら同級生をいじめで殺す心理と同じ

そいつが各テレビ局をはしごしてご意見番やってるわけだからつくづくひどい国だと思う


22. 2010年5月03日 13:56:57: 1L2R1YYxP6
04>さん、21>さんよくぞいってくれました。そのとおりです。すっきりしました。

23. 2010年5月03日 14:44:09: 5rf1s1m17g
テリー何かしとTV画面で運悪く出会った時は、お前が出るとブラウン管が汚れると怒りながらCH変える。殆どバラエティTV観ないのに癪にさわる。この男は初めて見た時から好きじゃない。こがいな汚い顔したのがどうしてそもそもTVに出れるのか!

24. 2010年5月03日 15:02:15: 8PmcjXzNKU
「タモリ」や「さんま」が普通でしょ。
普通、タレントは、敵を作るようなことはしないはずだから。

テリー伊藤、ビートたけし、太田光は、自民党以外の政党支持者を敵に回すことを覚悟でやってるってことだよね。
金をもらったか、自民党から立候補するか?立候補じゃないよね。憎まれるようなことをしたら終わりだ。
やっぱ金をもらったと見るのが自然だね。

それにしても人から憎まれるようなことをわざわざするというのが考えられない。
思い上がりか?

こいつらが何か言ったら、国民はみんな自分についてきて、日本一国ぐらい転覆できると思ってるんじゃないのか?
テリー伊藤、ビートたけし、太田光の共通点は思い上がりだしね。

麻生太郎がからんでるね。検察審査会もそうだし。
自民党で金を持ってるのは、麻生財閥だけってことなのか?

そういや、去年麻生太郎の弟の会社が九州新幹線に不良パネルを納入したって事件があったけどあれどうなったんだろうね。もみけしたのか?うさんくさい男だね。


25. 2010年5月03日 15:41:00: 68NATi8EII
>24自民党で金を持ってるのは、麻生財閥だけってことなのか
そういえば番組の名前は忘れたが民主党をこきおろしていた番組のスポンサーが
”アソウグループ”だった事があった。

26. 2010年5月03日 16:35:46: jCAVIqDMIA
芸能に行きづまったバカ芸人は権力やテレビ局に媚を売って生き残るしかない。
首振りビートは映画が当たらないし弟子たちに芸がなく自分の番組に出演させるかミヤネヤあたりで水道橋馬鹿セやガダルカナル・バカにコメントさせるしか能がないのだ。
ちなみに宮崎県知事は元ビート軍団、大阪の元茶髪弁護士知事はタレント時代馬鹿笑問題の太田の妻が社長のタイタンに業務委託をして活動していたしタイタンの顧問弁護士でもある。

27. 2010年5月03日 17:32:58: 0MZNp5vGRw
>芸能に行きづまったバカ芸人は権力やテレビ局に媚を売って生き残るしかない。
芸能に行き詰った芸人がどうのというよりもテレビそのもが行き詰って、小遣い銭欲しさに
反動勢力に媚を売っているのだと思いますね。

選挙と同じで不満に思ったら、直接テレビ局やスポンサーに抗議の声を届けましょう。
「ウチら視聴者はそんな番組なんて望んじゃいない」と。


28. 2010年5月03日 18:15:43: BmatZo4cWY
たけしを、やたらとマスコミが持ち上げるけど
映画?超つまんねー
芸風もつまんねーし何が面白いの?この人

フランスからの勲章も犬作と同じで金で買ったんじゃねー?


29. 2010年5月03日 18:33:59: 2X1gB1HWj6
たけしと同じ番組に出ている三雲もひどいね。
民主党や小沢の話になると人の話を遮ってまでしゃしゃり出てきて
般若のように眼を吊り上げて憎まれ口を叩くね。
こいつも分け前もらってシワ隠しの化粧品代や整形料金の足しにしているんだろう。

たけしのネタも見ていて痛々しいよ!

太田はいい年こいて小倉智昭のズラネタを何度もやって自分で大受けしている。
小学生レベルの精神年齢だな。


30. 2010年5月03日 18:55:04: bbND2LQGUg
脱税ですし電波法の公平性にも抵触すると思います
検察審査会に訴える案件でしょうね

これで芸人か評論家が告発されたら一罰百戒でまともな言論になると思いますが
そもそもBPOやメディアの公平性や自浄能力があるならこんな輩がのさばる事もこんな税金の着服も存在してないはずなのですが


31. 2010年5月03日 19:06:49: ojPs3v0X3A
金で買収された評論家が、ろくでもないお笑いタレントとグルになり、自民党の太鼓もちをしていた真相が判明し、野中さんに感謝します。野中さんのような気骨のある日本人が居たと言うことで、まだまだ、やまとごころ「山桜のような」はこの弓状列島の地下水流として、枯れることなく民族の魂に流れているのだと感動しました。最近の11−0の検察審査会の確率としても有り得ない数字での[起訴相当」した11人の市民?に対して疑問も持たない評論家の腐敗ぶりに呆れています。[怪しい][信用できない」[市民感覚云々」など11人の市民?やその関係者やマスメデイアや評論家にそのまま投げ返してやりたいです。どこから指示されているのか知りませんが小澤さんにいわれなき、悪いイメージを与えるために次々と手段選ばぬ汚い戦法で無茶攻めを仕掛けて来る人達へ言いたい。作家の半藤氏の言では、小澤さんは西郷隆盛にたとえられるそうです。私もそう思います。被買収容疑のある評論家たちの小澤さん批判は糾弾されるべきです。

32. 2010年5月03日 19:35:12: 3yKYWQ1xZQ
やつらは金の為なら何でもやる。
問題ある会社のコマーシャルでも何でも。
食べ物の番組が多いが、意地汚なさが見て取れる。
やつらに感化される視聴者の方がアホ。

33. 2010年5月03日 20:28:47: AX3vtnPhwQ
野中さんの爆弾発言から、TVなどで鳩山さん、小沢さんを貶める発言をする人たちはずいぶん機密費もらったのだと納得しました。

あの人もこの人も、私達の税金から盗んだお金をもらってる。
どんな言い訳するんでしょうか、楽しみです。


34. 2010年5月03日 20:32:49: qEq0VpsHuk
たけしは、中立だと思ってたけど、ここ半年、いや政権交代前位かな?
急にひどくなった。
なりふりかまっていられないって事か?

麻生に毒饅頭食わされたんだろうな。


35. 2010年5月03日 21:12:54: wBIc7ZRQLw
>31さま、それはちょっと野中氏を買かぶり過ぎです。彼は自民党の生き残りのため自公政権のきっかけとして、コウメイ党の議員の問題ビデオで恫喝しました。それが世間に知られたらまずいものでした。

なぜ今のタイミングで野中氏がこんな事を言い出しているのか、何か魂胆があるのではと疑問です。彼は最終的には小泉自民党に捨てられましたが、野中氏のイメージは自民党の妖怪です。


36. 2010年5月03日 21:19:43: BAvIyzxtxI
34さんにまったく同感。

しばらく見なかったタックル 今日はメンバ−の顔見たさに
みてます。

いつの録画か分からないけどいつもと雰囲気が違う。


37. 2010年5月03日 21:21:04: o7JxMbpxzY
最近、ジャリタレが、各テレビ局の番組で

司会をしたり、コメンテータになったり、

キャスターをしたり、目に余る(NHKもしかり)。

テレビ局は、ジャリタレに支配されて来ている。

いい加減うんざりしており、やつらが出ると

テレビを見ない事にしており

テレビ局が潰れる事を期待している。



38. 2010年5月03日 21:29:57: Z5o8uU1UCo
有名人に死人が出始めたら要注意です。
今はまだ逆転できると思っている。
次の段階は直接的な脅しになります。
わかりやすくなる反面、恐怖に対峙できない人にはつらいでしょう。
本当の勇気が試されるのだと思います。
情報を遮断して、自らの心の声を聞くときかもしれません。

39. 2010年5月03日 21:31:56: gavZae5KL6
そもそも、TVタレントの99.99%は屑である。この屑集団の愚にも着かない動作で多くの視聴者は口を開けて笑いながら白痴化、誘導されて行くのです。
公共放送NHKもご多分に洩れず、民放と競争するようにバラエティ番組を粗製乱造している様は、この世の終わりを暗示する暗澹たる気持ちに陥らせる。

前科者北野たけし、日テレご用達チャ−リィ伊藤、文化人気取り大田光、北野の腰巾着大竹まこと、等々、枚挙に暇がない程へたれ屑共がTV局を根城に蔓延り、腐臭を充満させている異様な光景が目に浮かぶ。勿論、こ奴等だけでは所詮、雑魚の集団であるが、それに御用評論家が肉付けし、新聞社が後押しし、TV局がお膳立てをする。無知でお人好しの高齢者やB層、バラエティ番組命の男女は一発で籠絡・洗脳される戦略が奏功しているは過言ではない。

この異常事態を打開する手立ては?


40. 2010年5月03日 22:07:07: WkSragiUfY
現在のマスコミの偏向を招いたのは小泉政権であろう。イラク人質事件、北朝鮮人質交渉、イラク自衛隊派遣、そして最高潮に達したのが郵政民営化小泉劇場と世論操作はことごとく成功した。これをやったのが亡国の秘書官であり、御用マスコミやタレントは新しい成功体験を経験したのである。

それを更に加速させたのが、漆間公安に象徴される安倍、麻生の政権だ。

ご褒美は官房機密費だけではない。電通筋やら、政府諮問委員会やら有形無形の形で行われたのであろう。竹中、猪瀬、大宅映子、番組制作プロデユーサなどなど。

一度経験したらやめられない、忘れられない蜜のうまさ、新しいマスコミ人、タレントの生き方なのだろう。ほぼ全員が同じ方向を向いている。

かれらは、民意をたぶらかして、もう一度よき時代に巻き戻そうとして反乱の実力行使に出たのだろう。


41. 2010年5月03日 22:35:09: 1WDYo3ytXE
自○党(清○会)森元総理、平沢議員達はこの時の為にタレントや芸人に対して官房機密費で仕送りをしていたんでしょうかね。
事業仕分け1弾の時に歌舞伎役者、スポーツ選手団等があっという間に大手マスコミと一諸に現政権に仕分けの対象にならないよう押しかけて圧力を掛けていましたから。森元首相、橋本聖子議員等がけしかけたとすぐ判りました。
日本体育協会の会長は森元首相です。早くこの分野も現政権と交代しなくてはいけません。まちゃみも創○学会の芸能部であり、洗脳力が大きい。学会はこの芸能分野に力を入れており資金が豊富なことからCMで大手マスコミを支配できる。このように何十年も前から。全て彼ら闇の勢力は手を打っていたことの現象として現れて来たのは事実である。(CIAの手法 無知国民の洗脳支配)
現政権も5年から10年くらい政権の座にいなければこの非国民勢力のネクション(しがらみ)は打破できないと思います。
今年はやるに任せるしかない。B層が少しずつ大手マスコミの異様さに気が付いてきて、旧政権のこの手法がムダになることを待つしかない。また電通に変わる大手スポンサーを開発するしたり対峙するマスコミを持つしかない。
我々に出来ることは、裏金を従受したり恫喝されて魂を売ったタレント、芸人をこの世界から排除すべく辛抱強く草の根で流布することはできる。

42. 2010年5月03日 23:09:11: Avcpo90XbE
TVや新聞を見ていると「この半年一年で急に政治が悪くなった」かのようなイメージを抱いてしまうが、果たしてそうなのだろうか!?
つい一年前まではバラ色の世の中だっただろうか!?

何を信じる信じないは個々人の自由だが、もう一度大きな枠組みと時間軸で検証してみる必要があると感じている。
マスコミの報道に「偏向だ」と反応・反論するだけでは、周囲の理解を得られないと思う。それを信じる人達に対して、素朴な疑問をぶつけて、考えてもらうことが必要ではないか。

ここに集まる投稿の記事や意見は、あくまでも少数派にすぎない。それぞれがこの掲示板に辿り着いた過程を思い出して、周りの人が考えるきっかけを持てるように行動していけたらいい。


43. 2010年5月03日 23:12:41: sllo2OSHFU
大竹まことや大田は、時の与党に厳しいだけで、小泉嫌いなので違うと思うが、たけしや品川は…。

あと、TBSひるおび。ほんじゃまか&小森屋●●


44. 2010年5月03日 23:14:24: 0vi2pJEXQE
地デジにより視聴率は直ぐに分かる様になるので、いずれ淘汰されます。
もう少しの辛抱です。
それで焦っているのかな?

45. 2010年5月03日 23:18:18: 0TpKinh7Wk
電波はきみ達の所有物では無い。

下卑たやつらだ・・薄汚い。まとめて日本から出て行ってくれ。帰ってくるな!


46. 2010年5月04日 01:13:17: DCHDReL3A2
ビートたけしとか太田光とか

ようは、賄賂をもらって時の権力者のために何でもする連中

金のためには何でもする、裏切りも、デマカセも、嘘も、平気のヘッチャラチャー

っていうのが、
売国芸人ビートたけし、テリー伊藤、太田光の賄賂3羽カラス



47. 2010年5月04日 01:48:37: P9X5OBnfdk
テレビは厳粛であるべき主権の問題をオチャラケの材料にし、国民が愚民化してゆく。大宅そういちが30年も前に一億総ハクチ化と言った。その通りになった。何でもオチャラケにする国民、その存在自体がオチャラケだ。

48. 2010年5月04日 02:07:00: 7SXzOjtrCY
太田は自民党政権時代はネトウヨに散々バッシングされていた
捏造発言コピペばら撒かれて、単細胞の本物のウヨが事務所に殴りこみに行って騒動になった事もあった
その時々の政権叩いてるだけじゃないかな、多分共産党政権になったら大人しくなるw
悪質なのは、たけしだろうね
最近「太田はオレの後継者だ」と言ったそうな
太田の何を見て後継者だと言ったのか?
民主党バッシングを繰り返す太田に対してでしょ
たけしの映画は赤字垂れ流しで金がない、たけし金欠と少し前に報じられていた
機密費貰っていても不思議じゃない。

49. 2010年5月04日 02:20:55: rsr8zecPjQ
たけし、太田の共通点は会社を起こしている。太田は妻が社長だが。
さんまやタモリは給料制だろう。
何かありそう。

テリーのチキン野郎などは最近目が虚ろで政治的発言もトーンダウンして見える。
みのぐらいだろう、面の皮が分厚いのは。
今回の野中発言に対して疑わしき人物は徹底的に調べて「メディアと金」の
問題を追及するべきだろう。

小沢さんの政治と金を叫んできたやつらは
小沢さんを見習い芸人生命、ジャーナリスト生命をかけて反論してみては?
そんな胆力も信念もないだろうが。


50. 2010年5月04日 02:26:18: 5Ot2ikkcbu
いいかげん80年代いじめ現象の元凶のたけしを知識人扱いするのはやめてくれ。

東京のお笑いをだめにしたのも、奴のせいだ。中高生がつっこみといじめの区別が出来なくなったのも奴の責任が大きい。

慎太郎板がありましたが、さらに社会的影響が大きいたけし批判板をつくってください。


51. 2010年5月04日 03:00:12: zFhFYOKryw
ビートたけしを始めとするばかなタレントたち略してバカタレはカネさえもらえばだれにでも付いてゆく幇間、腰ぎんちゃく、太鼓もちであるから言うことを真に受けないほうがいい。
もし今度の参議院選で民主党が勝ては言うことをころっと変える。
そのときにはだれも彼らが何を言った言ったかなど忘れている。
そんなものだ。

52. 2010年5月04日 03:09:35: 5Ot2ikkcbu
コマネチ以来、くだらないビートの番組を30年も見せられてきたんだから、いいかげん、ビート君を芸能界公職追放してください。



53. 2010年5月04日 04:34:52: LiQYu3c0sg
読売産経の二大売国紙が今も取り上げんってことで、信憑性が高まってるな。いいことだ。税金で贈賄収賄やってた輩を葬り去れ。

54. 2010年5月04日 04:39:39: wvca1rl2Xk
 鳩山さんを更迭!

 理由:
 「局長以上の首切りが出来なかった。」

 ヒ素問題の八ン場ダムをウヤムヤの前原さんも同じく。

 事業仕分けを竜頭蛇尾にした枝野さんとあの目立った女性も同じく更迭。

 それと、メディア手段として、真の民主党議員の“合言葉”として出演者は編集をされない生番組のみとし。 枕言葉は『村木局長は“当然白”・大久保秘書の政治団体は“先輩から引き継いだ実績のある団体”』を述べて戴きたい。
 
 


55. 2010年5月04日 05:02:22: rHlfTw7ky2
なんや急に。
今度は似非右翼か?
完全に壊れとるやないか。
ちなみに売国は朝日、毎日じゃ!
だからこっちは心配しとんねん。

わかっててしらんふりすな!!
ださい!ださすぎる!!

仕事ないんやったら紹介したろか?
精神的にきついやろ?
おまえはただアカの都合のいいように使われてるだけ。
不必要になったら捨てられるだけ。
そんなんでほんまにええの?


56. 2010年5月04日 05:19:29: 5Ot2ikkcbu
日本人って本当にビート君がすきだけど、お笑い芸人に政治コメンテーターをやらせ始めたのも、横山やすしのニュースステーションだろ。

ビートが笑いでは済まされない土俵に出てきた以上、こちらもフォーカス事件以上のダメージを与えてやるべきだ。


57. 2010年5月04日 05:34:27: rHlfTw7ky2
横山やすしのニュースステーション??
なんや、それ?
確かに一回ゲストに出てたけど、なんでやったか憶えてないけど怒って番組途中でかえっちゃいました。久米さんも相当切れてた。
今考えたら、ばりばりの右翼のやっさんには堪え難いもんがあったんかな?

こいつらうそばっかりやけど、
ここを必死で隠そうとしてます。
http://www.asyura2.com/10/senkyo85/msg/569.html


58. 2010年5月04日 06:44:45: DCHDReL3A2
日本人は
・知名度の高い人
・しゃべりの上手い人
・強引な人
に弱いんだよ。

ビートたけしの人気は石原慎太郎の人気と似ている。
くずでも知名度高い人気者に日本人は弱い。
石原なんか3期当選だからね。

同類として、
橋下徹、そのまんま東、がこれからの時代の寵児になるだろう。


59. 2010年5月04日 06:53:25: rHlfTw7ky2
>くずでも知名度高い人気者に日本人は弱い。

わかってんじゃん。

小沢が抜けてるよ!
間違っても時代の寵児ににはならなさそうだけどね。


60. 2010年5月04日 06:58:59: l5e18sn8ng
芸能人が普通に自分の考えを述べると言わされている、番組のやらせw

鳥越のインチキ擁護はみてみぬふりですかwwww

こここそゆがんだ意見のあつまりだろwww


61. 2010年5月04日 07:11:25: DCHDReL3A2
>くずでも知名度高い人気者に日本人は弱い。

付け加えると

マスゴミが人工的に人気を作り出した捏造人気に簡単に欺されるのが日本人

ビートたけし、石原慎太郎がその典型で、
その同類に、そのまんま東と橋下徹がいる。

国民が期待する次期首相候補アンケートで、桝添とか石原のガキが常にトップクラスなのと同じ捏造構造。

日本人は洗脳されやすいし、他人に自分の行動を合わせる世界1主体性のない国民性だから、10年後くらいには、橋下徹が首相になる可能性も大きいね。

小沢がいつも嘆いているのは、この日本人の主体性の無さなんだよね。
沈み行くボートからどうやって飛び降りるよう説得するかのジョークがあるが、
いまだにそれが典型的な日本人。



62. 2010年5月04日 07:29:41: rHlfTw7ky2
おーおー、元気でてきたやん!
おらへんようになったとおもった??

さぁーーー、何して遊ぼっか!?


63. 2010年5月04日 08:15:56: 9FdPfuIN36
たけしは、決して大物でも、巨匠の映画監督でもない。
それらは、すべて、作られた虚像だ。

たけしの映画が、評価できるか。あなたは、本当に、感動したことがあるのか。
確かに金は掛かっており、豪華な舞台をあつらえているが、
そこで進行している映画は、時間つぶしのつまらないものだ。

世間の評価、外国での評価に、騙されてはいけない。

それらさえも、たけしの背後の奴らが、作り上げたものに過ぎないのだ。

私も期待してたけしの映画はすべて見たが、どれもこれも期待を裏切るもので、
黒澤映画を見た後のような、底深い感動、感銘というものには、
決してめぐり合うことができなかった。

金は掛かっている。豪華だ。
だが、三流映画にしか、すぎない。それが、たけしの映画だ。
金さえあれば、誰でも、作ることのできる。君でもできる。

たけしが祭り上げられたのは、その人気ゆえだ。
彼を利用しようとする奴らが、鶏は太らせてから食べる、が如く、
彼をさらに有名にし、彼の影響力を高め、その彼をして、
世間を、ばかな人々を、その思考に、影響を及ぼそうとしたのではないか。

たけしに騙されてはいけない。
世間の評価に騙されてはいけない。
奴らの作り上げたものに騙されてはいけない。

自分の目で見て、心で感じ、自分の思いに、正直にならなければならない。


64. 2010年5月04日 09:14:54: 8zuIThQTUk
それもこれも、いま、現実に起こっていることに気がついていない。それはそうだろう。民主党の中にも時代の変化が、わかっていないのだから。
それは、民主党にも大きな責任がある。一つはひ弱な官邸機能だろう。発進力がまるで無い。このまえ、ネット動画で「検察を正す会」の放映番組を見た。郷原さんの講義は実に明快で新鮮であった。なぜ、民主党はこれを機軸にまでたかめないのか。
官邸は、恐る恐る世論の重みを確認中らしい。
公共の電波を不正な手段で不正に使用しているというのに、何故総務省は沈黙しているのか。「番組制作委員会」に何故警告しないのか。政治の介入を恐れているのか。たとえ、それが国民に悪影響を与えたり、政府の失脚のために用意されたりしても傍観するつもりか。「表現の自由」と「自由な表現」「公序良俗」「公共の福祉」「健全で公正な世論」・・・NHK出すらりかいしていない。全国民から視聴料を聴取しているのに偏向報道に加担している。裁判起こしても聴取料を召し上げるという、どうかしているこの国の有様。提案する日本テレビから電波を没収せよ。

65. 2010年5月04日 09:24:38: g7VHLtxq1E
こういった企画はどこの発案なんだろう。いつからか、ジャーニーズとスポーツ番組が合体もりあげて視聴率アップを図ってきたのが、電通だとこの阿修羅で誰かが言っていた。 単純に考えて、この手も、お笑いタレント事務所と電通? 大田ひかるは独立事務所。大阪の橋下知事も現在も所属している事務所なので、どちらの企画かしらないが、うまく繋がっているような気がしますが。
B層の私も最初の頃は楽しんで見ていましたが、最近の偏向ぶりがだんだん嫌になってきて、取り合えず点検(?)のような気持ちでチェック、むかついてチャンネルを途中で変える事が多くなりました。取り合えず、ネガティヴ・キャンペーンは続けて抗議のメールを送る事は最低自分にも出来る事だと思っています。

66. 2010年5月04日 09:40:34: 3KS5enGxdc
むかし、横山ノック氏が大阪府知事選挙で、ハニートラップに引っかかって失脚したときに、在阪メディアはこぞって、ノックさんの下の甘さを徹底的に叩いた。
相棒の上岡竜太郎氏は、この時以来、一切のメディアから身を引いた。
如何に、日本の全ての大手メディアが危険で国民を愚弄するものであるかを、身を以って知らせてくれた上岡竜太郎氏に感謝せねばなるまい。
数十年の歴史からマスゴミの真の危険性を感じ、日本国民総白痴化政策に終止符を打ち、目覚めさせることが出来た阿修羅や多くの見識のある投稿者の皆様に感謝しております。今後も日本の民主主義を守り、悪辣な敵共の陰惨な攻撃を事前にお知らせ頂ける様、宜しくお願いいたします。

67. 2010年5月04日 09:53:23: n1uQjARhBo
4>さん、7>さん北野たけしさんの昔を思い出しました。やはりそんな方が政治問題のTVタックルの司会をされたり、機密費を盆、暮れに頂かれて言いたい放題の方が出演のTV業界ほんとに  お、わ 、リですね。今の時代は悪がばれる時代になりました。悪い事をしてTVに出て平気で話をし、B層のわたくしでTVを観ながらこの方もこの人もお金もらってるらしいよと、煎餅かじりながら指さし罰は当たらんのかね〜(広島弁)と家族で話す時代です。タレントさんも政治評論家さんもどこからか金を頂いて民主党をパッシングしているのであれば、鳩山さんは、身内のお金ですお母様が亡くなればご自分に頂かれるお金です、綺麗なものです。

68. 2010年5月04日 10:03:07: 9FdPfuIN36
現在は廃刊の、
写真週刊誌FOCUSが2000年5月31日号で、
「極秘メモ流出!内閣官房機密費をもらった政治評論家の名前」
という記事において、

竹村健一 200
藤原弘達 200
田原総一郎 100
俵孝太郎 100
細川隆一郎 200
早坂茂三 100
三宅久之 100
(単位は万円)

と実名で、

渡っていた先の御用評論家の名前があがっていたそうです。

その後、金額は跳ね上がり、

盆暮れ、各500万円、年1千万円となったのでしょう。

タレントたちも、同様なのでしょう。


69. 2010年5月04日 10:04:39: GTVOysF6eA
たけしの映画など何の評価もできない。
資源のムダ使い以外の何物でもない。
映画界も文学界も、賞をビジネス(金儲け)の道具として
利用しているのではないか。
カンヌなんかも、B層日本人をカモにしたいだけだと思う。
(マスゴミ陣や野次馬が増えれば経済効果もあるし)
ノーベル賞にしても、佐藤栄作が受賞しているのだから、
選考基準はあやしいものだ。

大部分の人間は、小説、エッセー、評論、絵画、映画などの
過去の優れた作品の1/10も見ずに人生を終える。

ゴミ作品など作りだされては大迷惑である。


70. 2010年5月04日 10:51:40: 3VAUGUN6pQ
オレも、年間1000万円ウラガネ貰えるなら、提灯記事ぐらい書いたるで!

71. 2010年5月04日 11:01:13: EA2z2E3Lyo
テリー、たけし、太田の各氏は単にタレントというより、プロデューサーやタレント事務所経営等、たとえ旧政権から賄賂を受けていなくても、今のTV局と利害がぴったり一致しているため、TV局の収益がそのまま彼らの収益にかかわるからではありませんか?
また小泉政権のときから、TVでしっかりと自分の主張をしているコメンテーターはことごとく政府の諮問委員会に登用され、その論調は変化もしくはTVから姿を消しました。
しかし民主党を政権から追い落としても、メディアに関する改革はもう完全に元には戻りません。
元に戻さないよう我々が監視しなくてはなりませんよね。

72. 2010年5月04日 11:23:16: Y5oJIgm5fA
ええかつこうして自分は正義の味方づらするのはどうだろうね。
会社のおんためには忠義を尽くし、会社のもうけのためには社会的に不正や汚いことを知っていても自分や家族の生活をまもるために家畜ならぬ社畜に徹している人間が、芸人を批判してもただのええかっこうしじゃないのかい。
 芸人が金で買われてけしからんのら給料ために米軍の無人爆撃機の部品を製造して売込みを図るやつは無罪なのかい。
 同じしごとをして同じ時間働いても半分以下の待遇も与えられぬ派遣社員を見てみぬ振りする正規社員は無罪なのかい。
 正義のために立ち上がろうというならまず自分の身を切ろうよ。こんなとこで愚痴をこぼしていてもどしょうもないもない。
 自分のできることから具体的に行動をおこそう。ただし自己利益を図るといっても社会的に有用な財をひとつも作らず、汗水もながさず法外な金をかせぐ芸人は許せないないがね。

73. 2010年5月04日 11:28:19: vIhL7dy7hg
「みのもんた」が出てきませんが、彼こそが真っ先に金をもらったタレントとしてあげられるべきだと思います。

74. 2010年5月04日 11:47:12: DCHDReL3A2
B層の何も知らない初な庶民への影響力という点でいうと

田原、みのもんた、ビートたけし の3人には

天誅をくだしてほしいな。


75. 2010年5月04日 12:20:46: SuEQxTkFnU
>>73,74さんがおっしゃるとおり、
「みの もんた」が害虫そのものでしょう。みのが「朝ズバ」をやるようになって、TBSとはオサラバしました。

76. 2010年5月04日 13:32:53: Hvm7RiVmrE
下半身に人格無し! 笑

元々、そういうトラップだらけの世界!

ドッキリ系番組というのは、芸能人に対する警鐘のようなもの!

そんなやり方を系統立ててツールにまで高め、一般にも利用可能にしたのが前政権だと思う。


77. 2010年5月04日 13:46:30: 5Ot2ikkcbu
63,69さんに完全同意。

特に許せないのが、勝新太郎の座頭一を主演で大駄作にリメイクしたことだ。かつは荒川土手で「はいたけしくんパート56」でも撮ってろってーの。ばかやろーう。あ、口癖がうつっちゃった。

大体、なんで、一っあんが金髪なんだ。三船の素浪人や片腕ドラゴンとも戦った和製ヒーローナンバーワンを愚弄しやがって。

ビートには勝のような被抑圧者の悲哀と優しさを秘めた、底強さは演じられるわけが無い。やつは永遠のお調子者の太鼓持ち芸人で、政治評論でもそのスタンスは一貫している。

結局、永遠に山の手に憧れてるレベルのうつ病お子様タレントなのだ。

さあ、皆さん、管理人さんに「石原板」があるんだから「たけし板」も作るようにお願いしましょう。やつは日本の軽薄メディアの裸の王様なんだから。阿修羅さまが天誅を加えずして、誰がやる。


78. 2010年5月04日 15:36:37: ZyApMNxg8o
すべては空気を読むということに尽きる。
バラエティータレントが政治的発言をするのは空気を読んだ発言ばかりである。
テレビタレントは万人受けするように特定の政治や宗教に関わらないようにしていたのは今は昔。
バラエティー番組というものが出来てから、売れない歌手も、流行らなくなったギャグのお笑い芸人も、ドラマや映画に出られない俳優も仕事を得られるようになったので売れている期間(テレビに出ている期間)が非常に長く儲けられるようになった。
許認可を政府に握られたテレビ局も、政治家に出演を認められないとタレントも出演できない。
テレビ番組に期待する方が間違っている。

民主党は電波オークションにするらしいがそれで解決できるかどうかはわからない。


79. 2010年5月04日 15:41:29: 5Ot2ikkcbu
電波オークションにするって、確かですか。

だったらまた民主党を支持します。それこそ日本に文化革命が起こるでしょう。

これで日本も一億総白痴化から、すこしよくなるでしょう。


80. 2010年5月04日 16:19:44: 0VNTdjsufc
芸人風情の評論家、裏金貰って申告しなければ脱税だよ。国税局も一斉に彼らの申告書を再チェックしてほしい。
まったく税金ドロボーめ!

81. 2010年5月04日 17:05:50: heOttKmsxs
世界の民主主義国家をみればよくわかる

「12,3年以上続く政権与党は、マスコミによって腐敗まみれを正されている」

自民党という1つの政党が、民主主義国家で60年も政権を握ってこれたのは

「マスコミと繋がって、国民を操作していなければ不可能」

天下りに特別会計(裏金)に、こんなもの新興国なら「全員ブタ箱行き」だってのに
マスコミがうまく国民をなだめすかし
世紀の裏金(国家予算の特別会計)を当たり前のモノとして、国民の知識に浸透させた

すごい手口だよ


82. 陣中見舞い 2010年5月04日 17:31:06: 3pEdi1PI5rkGQ: 4EJ7v8jnsg
たけしが最後まで小屋で活動する事を矜持とするお笑い芸人であれば違ったろうね。
日本のジョージ.カーリンに成り得る素養が一時のたけしにはあったと思う。
己のサクセス願望、引っ切り無しに集う弟子達、これ等に飯を食わそうと言う心意気、畢竟メジャーを目指す事になる。
そこで、資本が動くんじゃないかな。
抜き差しならない所に追い込むんじゃないかな。
気が付いたら囲いこまれてるって。
そんな、単純に金の付け届け? 
違うと思う。
庶民のお笑いすら、乗っ取られてる、この現実に目を向けるべき。
太田程度は別にして。
談志だったら、どーしたろーね。

的が違うと思う。


83. 2010年5月04日 18:00:02: mi4GQ7rXXk
まあ、ビート君は買いかぶられすぎてたな。私は30年来、彼のくだらない笑いに本当に迷惑されてきた。ナバホ族がカスターを恨むが如く決して彼が消えるまで許さない。

ビートやタモリが80年ごろまで、最大の尊敬で「さん」づけで読んでたせんだみつおのほうが、よほどピエロ然としていて、お笑いとしては王道だ。すくなくても人をいじめるよりバカをやって他人を楽しませんるのが、お笑いという仕事だろ。これは志村や死んじゃった70年代最高のコメディアン石立鉄男、そしてジャッキーチェンも言ってたおわらい哲学だ。

彼の自伝によると漫才ブームの直前ぐらい急に客の受けが悪くなって、社会の空気が変わったという。これは鋭い観察だと思う。

そのころを境にドリフや小松まさおといったクレージー系のテンポのいい東京のお笑いも下火になって行った。

70年代までの日本は確かに税率も飛びぬけて低い資本主義国だったし、文化的にも勢いがあった。政治的にも55年体制の中でそれなりに労使間階級間の格差も少なかった。
1980年というのは、経済社会的にも日本が官僚国家になっていったターニングポイントじゃないか。

ー暴論有理ー


84. 2010年5月04日 18:05:10: EnacTsaJPA
政権交代が進めば、芸能界も今よりクリーンになっていくと
思う。


85. 2010年5月04日 18:05:42: tY4U4vu5lc

旧支配勢力必死。【自民党と公明党は選挙協力をする」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100503/k10014219401000.htm
テレビ局+御用政治評論家(金もらって)+大新聞で、洗脳。インチキ世論調査w
野中氏の発言は「大警告」である。
民主党連立を、何が何でも「維持」させないと日本国はいけないということです。
まさかの、自民+公明の「参議院選選挙協力w」
/(^O^)\ ナンテコッタイ

86. 2010年5月04日 18:22:19: aziFre29HU
>>85
ちゃんと貼れ。見えないぞ。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100503/k10014219401000.html

87. 2010年5月04日 18:24:28: QFGMY0BPEM
すみません。投稿テストさせてください。

88. 2010年5月04日 19:14:03: YFZ7q5efww
これからは、ポカリからアクエリアスに変えます。

雑誌裏の大塚製薬広告を見て吐きそうになりました。


89. 2010年5月04日 19:31:01: dgYOP3ACL0
40年前、大宅壮一氏の「一億総白痴化」は、物の見事に現代を予見していましたね。当時から、テレビに向かって右へ倣えでしたね。
序でに、新聞にも騙され続けて、洗脳を受けていましたね。
これから先、民主党等政権が危うくなったとしても、自公に煮え湯を飲まされた平民は、時間を費やした後真実を解ってきていているので、欺瞞の政治や社会は次第に払拭されていきます。
ロッキ−ド事件が、好例だと思います。
小沢幹事長の件も、薄々摩訶不思議と感じている愚民も増えています。
私ども、「阿修羅」に集う善良な住人は、何かの機会につけて知識の無い人々に対して、真実を発信している筈です。インタ−ネットに、救われています。

             新潟市の農業者


90. 2010年5月04日 19:39:09: mi4GQ7rXXk
テレビ局員は現代の貴族階級だが、全員一度ホームレスになってもらったほうがいい。

91. 2010年5月04日 19:51:27: DCHDReL3A2
まあ、テレビ局も新聞社も平均年収1500万円で、一般民間サラリーマンの3倍以上もらっている。異常な高給だ。


その支配構造を維持したいために、あらゆる手段を使って民主党を叩きつぶすであろう。


92. 2010年5月04日 20:22:13: mi4GQ7rXXk
私は他の政治上の意見には敬意を示すが、このマスコミの連中の貴族意識だけは、生理的に許せんのだ。

ナロードニキが豪農を死ぬほど嫌ったごとくだ。これは小沢たたきとか小さい問題じゃない。

テレビ局は現在のうかれた宮廷劇場だ。だが、その天にそびえる浮かれたテレビ局の城下町では、失業者やら自殺者やらが蔓延している。それは同じシステムの両面だ。

日本のマスコミは文化社会的にも人間の価値観を統制し、差別を助長している。現代の日本、特に東京圏で人間が疎外され人間関係が崩壊しつつある文化的要因に大きく関与している。みなさんはテレビやネットのバーチャル空間にお詳しい分、実感できるはずだ。

マスコミの真ん中にいる連中は経済的のみならず、文化的にも庶民を支配格付けしているのだ。

東京一極集中とかいじめとか全部この勢力の弊害だ。花の都夢の東京と囃したのもマスコミじゃなかったか。

この日本型マスコミというプロパガンダシステムはゲッベルスが強制的に命令しなくても、持ち前のタイコ持ち精神を発揮し、空気をよんで、グッピーの群れのごとく集団行動をする分だけ捉えがたく危険である。

まさに山本七平や小室直樹が定義した空気支配そのものじゃないか。(若者言葉に、KY=空気が読めないというのがあるようだが)

しかし、やはり日本のマスコミもキー局制度や電波法等の法的裏づけのもとに現在の情報支配体制を築いてきた。

昨年の政権獲得以来、民主党政権の改革はなかなか進んでいないが、民主党でもその次の政権党でもいいから、ぜひともマスコミ解体・自由化だけは何としても成し遂げてほしい。


ー暴論有理ー


93. 2010年5月04日 20:36:07: 5Y5Jutx8Eo
ビートたけし・・・ネ。世の中を変えようとする気概はもはやない。まあ〜元から
ない。貧乏から抜け出したかっただけよ。私は今も貧乏だから判るよ。しかし、
60年代を生きたくせにこの体たらく。金に東京に負けたね。
そこにいくと、松山千春ってのはたいした男だ。東京というまやかしにNoと言い切った。こんな右へ習えに反しても今だ喝采を浴びる存在を「たけし」はどう思うでしょう。敗北感ですよ。完敗ですよ。彼奴は解っています。だと言って馬鹿した
事、調子に乗せられた事の罪は大きい。仕組みが解っていながら乗ったのは最早
言い訳できない。フランス革命のおばさん達なら容赦なく即「ギロチン」・・。

94. 2010年5月04日 20:47:16: mi4GQ7rXXk
ビートたけしが関東の笑いを終わらせた。

今度は政治に口を出して、何がしたいんだ。そばや談義じゃないんだぞ。


95. 2010年5月04日 21:49:28: 26KyNCU4tU
多くの方の意見全く同感です。>>69ノーベル賞など平和賞の歴代受賞者をみれば、そのいんちきさは説明するまでもないでしょう。売国勢力に荷担して御褒美で受賞したことが明らかな人もたくさん見受けられます。いろいろな方の意見にすべて発言されているので、追伸で・・・。・テリー伊藤氏は以前北朝鮮の拉致被害者帰還の時に、あくまで一時帰国であり、その後北に帰還するとの約束だと北側が言っていたのを受けて
彼らは約束どおり本国に一度帰るべきだとTV で何度も力説していました。約束を守るような国ではないとことは国民全員の同意事項だということは説明の必要もないとは思いますが、その後発言に対して被害者の家族等に対して、何の釈明も検証もなく、何事もなかったかのように出続けていることに、非常に違和感を覚えました。・ビートたけし氏に関して、彼が映画制作に進出したきっかけは、黒沢明氏との交流からだと思います。黒沢氏が彼に映画制作を勧めたとのことを何かで見聞きしました。どのような経緯かは知りませんが、黒沢氏は日本の著名人の中では有名なフリーメーソンの方です。その彼の推薦ということであれば、海外のいろいろな受賞も何かに対しての御褒美でしょう。たんに金のためというよりは、そうせざるを得ない所に追い込まれたのか、もしくはいわゆる悪魔に魂を売ったのでしょう。ただ、他のノータリンのお笑い芸人達に比べ、多少の罪悪感があるためあまり自分から積極的に発言しないようなスタンスをとっているのかもと穿った見方をしています。細かい事は述べませんが、ここの読者の方達なら
すべておわかりになることと思います。

96. 2010年5月04日 23:07:52: 6WsEIGsM1c
ある政治的偏向発言をタレントがやって、その報酬が宗教団体からの
カネだったらどうなんだろうね

97. 2010年5月05日 05:02:27: 8hUyy5UDzg
ビートたけしは、いままで一度も選挙に行ったことがないそうです(本人談)
なんでかというと、芸人は特定の政党に偏るのはよくないとのことでした。
これは、たけし本人が言ってました。

テリー伊藤は、知りませんが、太田は無神論で、憲法9条を支持する反戦主義者ですよ。どちらかというとリベラルというか、社民党に近いと思います。
彼の口から自民党支持とか聞いたことはありません。

官房機密費については、政治評論家と言ってますから、TVに出てる政治評論家だと思いますよ。タレントにまでお金は配らないと思います。
政治評論家でしょう。


98. 2010年5月05日 07:12:14: OL9k2TWpAY
 
>創価学会系のタレントたちが
>公明党の選挙応援に繰り出していてる
>にもかかわらず、番組の中では決して
>政治的意見や支持政党の話をしない
 
工作員バレバレ。
出ない番組はないぐらい
「創価学会のメディア支配」(以下サイト)
は深刻ですから
  
http://www15.atwiki.jp/houdou/pages/25.html
 

99. 2010年5月05日 11:08:55: o7JxMbpxzY
日本の電波利用料金は、他の国と比較しても安すぎる(38億円)。

最低でも、10倍は上げるべきだ。

低俗番組を垂れ流し、捏造報道に終始するTV局に反省を求める。


100. 2010年5月05日 12:57:30: Y5oJIgm5fA
なぜかって愚問だね。そんなもん金と保身。人気がすべての家業だからね大衆の空気をマスコミが作り上げたいじょうそれにおもねるしかないのが奴らのすべて。
小学生でもわかることじゃないの。夢想でも願わくば選挙で民主党が大勝するほど国民が賢明にかわっていたらいいね。60年も自民に独裁とおまけに権力の世襲まで許した自分もふくめてわれわれ腑抜け国民がすべての責任背負わねばならないと思うね

101. 2010年5月05日 22:58:47: xqMpzUvEdk
本当に食える芸能人は全体で千人ぐらいだそうだ。

ビートもコメンテーターたちもその椅子とりゲームで精一杯なんだ。

ビートが政治評論にちょっかいを出すのも、本人が言ってるように40代以降、とくに細川ふみえのうちに行く途中、バイクでこけて顔がつぶれて以来、健忘症っぽくなって、とっさに突っ込みの言葉が出なくなってからだ。

だから、テリーとか大竹まこととかに代わりにしゃべらせて、本人はときどきつまらない突込みを入れるだけだ。

おとなしく伊豆の別荘でも引っ込んでればいいのに、やはり出たがり屋の本性は抑えがたいんだろう。

その犠牲になっているのは、主体的な政治にたいする意見を持ってないテレビ好きの大衆だろう。

しかし、ビートが活躍した白痴大衆電波文化もそろそろ終わりつつあるんじゃないか。

ネットの皆さんも気をつけましょうね。ネット右翼に限らず、日本人の主体性のなさはもはや国民性ですから。


102. 2011年5月27日 20:39:33: zwZYK4Mno2
国家公務員(特別職)が領収書の要らない機密費を10億円も使えるなんていうシステムが「蜜」になって「マスコミマフィア」が群がる図式、そのとき「姦」はゴッドファザー気取りなのかしら。 

103. 2011年5月28日 01:49:43: KxnzbwyBXw
太田は石破の太鼓持ち。なんかの番組で「次期総理」とか持ち上げていた。

104. 2011年5月28日 01:51:42: KxnzbwyBXw
TVタックルもしょせんは朝日。期待するだけ無駄。
けれど朝日ニュースターはいい番組だと思う。この差は何?

105. 2011年5月28日 06:27:15: 9Wgnpy6gDw

「お笑いタレント」たちにも、
官房機密費から、500万円ぐらいずつ、
つまり年間1000万円のカネを手渡したと野中さん。

ありがとうチクッてくれて野中さん。

たはりテリーは金で洗脳されていたんだ、。
どうりで自民党よりだと思った。
消えてほしい。恥ずかしい言論人?だ。


106. 2011年5月28日 11:24:35: OrHhkJETZE
大竹まことさんって、随分過激な発言しているにも関わらず干されない。
ラジオだから?
不思議です

107. 2011年5月31日 12:21:56: 65vbOxPaYE
今日 日本テレビの朝番組で山本太郎さんが干された事に対して テリー伊藤さんが芸能界は人を干すようなそんな体質でない云々ともっともな顔して申しておりました。やはりこの人はご自身の生活のために視聴者を洗脳しようとしていました。

今日フジテレビの朝10時からの番組で わかる人コーナーがあります。
評論家の伊藤さんがやはりご自身の生活のために自民党他を擁護する発言をしていました。 そこに千秋さんが 菅さんなんかダメジャンと無責任にもいっていました。言わさせられているのかどうだかしりませんが 東電他にかかわる企業がスポンサーなのでしょうがないのでしょうか 

たけしさんが何で才能があるかわからない。 巷の代弁者のように大手を振っている。所詮自己顕示欲の塊。でも一連の投稿を拝見して日本はまだ腐っていないと思いました。少し安心をしました。政治混乱の前に福島の放射能を早くとめてください。切望です。


108. 2013年5月06日 14:57:22 : ruh0fVo3UU

 
>>91. 2010年5月04日 19:51:27: DCHDReL3A2 

>その支配構造を維持したいために、あらゆる手段を使って民主党を叩きつぶすであろう。

そうして三年の月日が流れ
あなたの言った通りになった。
 
 


109. 2013年5月07日 01:16:33 : CJRhwAIuD2
みなさん、なんだかんだと言いつつも、テレビを見てますね。
メディアが作り出すタレントなんぞ、どうでもいい。
私の家には受信アンテナがない、だからテレビは映らない。
臭いものには蓋をする、くだらないものには電源を切る。
それが節電に繋がり、精神的にも安定する。

110. 2013年5月07日 08:16:05 : eFjcCVMc7w
タケシ!死んだおかっさんは!お前を含めよくもこんなクズばかり育てたな!菊次郎が一番ましだな!

111. 2013年5月07日 09:44:06 : sz4Vdzx8kI
先日ビートが阿部と談笑しながらヤニ下がつている写真を見て、ヘドが出そうになつた。
腐臭プンプン。

112. 2013年5月07日 11:20:08 : ruh0fVo3UU
 
 
>>91. 2010年5月04日 19:51:27: DCHDReL3A2
>まあ、テレビ局も新聞社も平均年収1500万円で、
一般民間サラリーマンの3倍以上もらっている。異常な高給だ。
>その支配構造を維持したいために、あらゆる手段を使って民主党を叩きつぶすであろう。


そうして三年の月日が流れて
君が予想した通りになった
 
民主党は何も悪くなかった。
マスコミに潰されただけだ。
 
  


113. 2013年5月07日 11:44:40 : lSYd3PWYdQ
>>89
>40年前、大宅壮一氏の「一億総白痴化」は、物の見事に現代を予見していましたね。

うちには40年間テレビがない。大宅壮一氏が「一億総白痴化」を唱えたのは、もっと前のことだと記憶しているが。
9割の人が白というところを黒と言うので、変わり者扱いされてきたものだった。
最近は、ネットで、変わり者が大手を振って歩けるのかと思うと、隔世の感がある。みんな横並びだと安心できる国民性、そのなかで反対意見を言うのは、正直しんどいものがあったよ。


114. 2013年5月07日 11:45:03 : fk0Q30GxOM
そのうちお笑いタレントが全員、阿漕さんとおんなじひょっとこ顔になって、べらん

めえ口調で好き勝手を公衆の電波を使って物申すようになるでしょう。桑原、〃。


115. 2013年5月07日 12:33:33 : 8F17clchxQ
112さん
>民主党は何も悪くなかった。
マスコミに潰されただけだ。

民主党は一義的には官僚に負けたんでしょうね。

小沢さんを政権から外してしまったら、鳩山、菅、野田に政経塾出の未熟者達をくっつけて束にしたって官僚と対等に仕事できるわけがない。

いいようにやられましたね。



116. 2013年5月07日 12:40:25 : afgha64jEg
>>107さん >たけしさんが何で才能があるかわからない。

まったくの同感。うけねらいがばればれだ。
海外メディアも持ち上げ過ぎ。巨匠なんてね。
そこには窺い知れない裏事情があるのかなあ。
オリンピックの判定が時に相当腐っているのと同じ構造の臭いがするぞ。
国際ピアノコンクールなんかも悪臭芬芬な時がある。
つきつめれば、白色似非ユダヤへと繋がってたりして。

たった今、急に思いついた。
アシュケナージ系ぱちもんユダヤ人は、なんで各分野で天才が多いのか?
そういう印象を持つように仕向けられてるだけなんじゃないか、ってね。
だってさ、ニコラ・テスラはエジソンより凄かったとかでしょ。
イタリア人の発明家にアイデアをパクられた事実もある。

そうやって考えてみると、地球上のどっからどこまで
ぱちもんユダヤに全て好都合なように、目立つように
そういう構造になってるんじゃないか?
オリンピック誘致問題にしても、ものすごい利権が絡んでるのは明らかだ。
(あんな嘘くさい運動会、廃止してほしい)

巨匠は、どうみてもとりこまれているね。
テリーも光も、たぶんチキン。なんかきょどってる。


117. 2013年5月07日 13:24:51 : qm2fmM1KDQ
マエタケは、夜のヒットスタジオの本番の最後、照明が落とされカメラーがズームアウトしてゆく中、
遠慮がちに「万歳」ってやっただけだよ。その場面は、放送当初は誰も分からなかったけど、
その事を後付けで聞いた「反共の連中が」、後から「大騒ぎにした」した、という話。

芸人と政治は昔から付き合いはある。
戦前は、舞台役者らが「共産党運動」と絡められて、権力から攻撃された。
舞台の中に、蟹工船やああ野麦峠になどの「虐げられた労働者に共感する心」があったためだ。
そのため、前後も、「労働運動にシンパシー」を持っている役者や芸人は多数存在していた。
その最後の生き残りが、キンキンだ(但し、愛川は自分が政治に関わる事は本望ではないだろう)。

そういう流れと「一線を画して」議員として政治に踏み込んでいったのが、青島幸男、石原慎太郎や立川談志たちだ。
彼らは、自分達の「自身の能力を活かすべく、政治家なんてバカだ」と、政治に飛び込んでゆき、
たけしの「師匠」でもある大橋巨泉は、在野の立場で政治を語った。
但し、大橋巨泉までは、55年体制の中で、大橋は左、石原や談志は右と、「お約束の中」での政治ごっこでもあった。

ところが、2000年代以降、政治と経済が一体化して、アメリカから新自由主義経済が入って来るに至って、状況が変わった。
たけしが、当初は冗談で言っていた、「俺が何億も税金を払って、なんで一文も稼ぎもないコイツラ(弟子)の面倒を見なきゃいけないんだ」
という文句が、新自由主義者に受け入れられた。これが転換点。
たけしのセリフは、それ以外にも赤線廃止や徴兵制復活など、「欧州の進んだ民主主義をこれ見よがしに語った師匠大橋巨泉への逆張り」で、
弱者切り捨て、戦前回帰志向を語ったのだが、(そもそも、弱者叩きは持ちネタ)
その中で「弱者切り捨て」だけが、過剰にクロースアップされて、
世界のキタノが語る言葉として、「頑張った人が報われる社会」「福祉タダ乗り」という言葉が闊歩し、
「経営者の搾取」という言葉が表舞台から姿を消した。
ここで、芸能人が政治を語るスタンスが、イデオロギーから経済(カネ)に代わってしまった。

(経営者の搾取なんて「今では『搾取して当然』という流れ」になっている。
吉本興業の若手への待遇しかり、自社の労働者の年収を100万円にしようとする経営者なんて吊るしあげのはず)


118. 2013年5月07日 16:06:39 : kVRjv6w4OQ
長い物に巻かれりゃ、食いはぐれが無いからな=それがポリシー
銭と言う麻薬の威力は絶大だべ、古き良き時代の芸人バカは死滅せり・・・

119. 2013年5月07日 17:00:33 : hBREVVfknM
あんま見てないから解らんが・・・
テリー伊藤って自民党を擁護してるとは思えないのだが・・・
安倍の体調に対してもさんざん言って叩かれていた気もするんだが・・・

最近変わったのかな?


120. 2013年5月07日 17:33:30 : ddezxHvEuA
めっかちのタマゴ屋の小僧は気色悪い!テレビに出るな!

121. 2013年5月07日 18:23:22 : bgH7U28D02
ビートたけしの扱いが良いのは、こういう理由

統一教会・3万組合同結婚式/桜田淳子・徳田敦子らも参加
http://www.chojin.com/history/30000.htm

▼ 新聞・雑誌等に掲載されたメッセージの一部

●ビートたけし氏(タレント・映画監督、「週刊ポスト」1992年9月18日号) 

「国際結婚で、本当にアフリカ人も日本人も韓国人もいっしょに、これだけ国際色豊なカップルができあがってさ。
国も人種差別もなく一つの宗教と思想のもとに統一されて平和で戦争もなくなるってんなら、これほどけっこうなこともないんだよな。

どっちにしたって、テレビ局は統一教会のお陰で視聴率をあれだけ稼がせてもらって、
オイラだってこれだけ楽しませてもらってさ。感謝しなきゃいけないんだって」


122. 2013年5月07日 18:52:13 : mr0j5wlCOE
馬鹿たれ= バカタレ =馬鹿なタレント =太田光
米国のCIAの手先になったバカタレ。
日本はこれらバカタレに洗脳されるアホ時代になった。
おめでとう おめでた日本は 何処へ行く???

123. 2013年5月07日 18:55:09 : ZO3mf2YxFs
老後は政治家でというのがタレントの人生設計なのでは、国民には迷惑な話ですが。

124. 2013年5月07日 19:12:23 : cWIBtbognM
政治家をゲストに呼ぶバラエティはやらせ
なので観ません、芸能界と政界、TVは繋がって
います。金さえ貰えば政治家を持ち上げる芸能界キモイ

125. 2013年5月07日 19:37:05 : eDc34Dnuaw

ポストの合併号のたけしの連載

読んでみ

ひでえ内容だぜえ


126. 2013年5月07日 19:47:32 : 8ETbVAh0vQ
ばかばかしい
自分が気に入らないからって。

タレントが適当な政治発言するのは昔から
別に何考えてたっていいだろ

大橋巨泉とか前田武彦なんて共産党の支持者で
さんざん左よりの政治発言繰り返してただろう

久米宏だってタレント時代からあんな感じ

卑屈に朝鮮の機嫌とってるやつだって、たくさんいる



127. 2013年5月07日 20:09:36 : rEeYww9tNU
>>120
人格と関係ないこといっちゃあ駄目よ。
テリーさん、もちろん厭だけど。

128. 2013年5月07日 21:31:23 : fk0Q30GxOM
115さん

その小沢さんが権勢を誇る頂点でマニフェストを破って、元大蔵事務次官の斎藤次郎氏を日本郵政代表執行役社長に就

かせたわけで、これ以外にも陳情窓口の独占とか専横を極めていったという事情は無視出来ないはず。おお笑いタレン

トとは縁がありませんが。


129. 2013年5月07日 22:07:17 : 2cIUw2Wa0Y
>>112
>民主党は何も悪くなかった。

世の中には、いろんな奴がいるもんだな
俺には、民主党の良いところなんて何一つ見つけることができなかったけどな

それじゃ聞くが
小沢は、何も悪いところのない民主党を見捨てて出て行ったわけか?
 
この掲示板で
民主党批判をしている奴らは馬鹿だ、と思っているんだな


130. 2013年5月07日 22:45:14 : GHeJ3joiSA
タレントの政治的言動に左右されるほど国民はバカではないが、
中には影響を受ける国民もいるのは事実。
現在は増え気味だが、マスコミの総白痴化政策が原因。
とにかく、この不真面目なマスコミをブッ潰すことが必要では?

131. 2013年5月07日 23:42:01 : CJRhwAIuD2

テレビは、十把一絡げのセイルタレント

ユニクロ製品と同じで、似たり寄ったり。


132. 2013年5月08日 00:36:23 : gA92dCAfVo
バカタレントを前面に押し立てているのは、向こうも手詰まり状態になっている証拠
論理的に言いくるめることももはや適わず、勢いや流れに任せて自分たちの主張を押し通そうと
していることを自ら示している

やがて「タレントのXXも言っているように・・・」という記事(らしきもの)が
出始めるだろうから、そこを叩くべし


133. 2013年5月08日 00:53:11 : 5Ko3Peqc0k
テレビや芸能業界というのは、ほとんどが、100年前からの、新・渡来人の就職先になっているのでは。昔は嫌われてましたでしょ。河原何とかといって。

また、大雑把に、真っ当な日本人なら、余程の脳天気さん以外は米国は避けるでしょう。原爆や、全国無差別空襲など、やられたことは忘れないものですよ?


134. 2013年5月08日 00:57:00 : x0JA4NVOQ6
大阪も酷いで。
地元の吉本芸人の維新(橋下)持ち上げは異常。
夕方のニュースに何故か彼らがコメンテーターで出演。
こういうことやってるから日本のテレビ報道はワイドショー化し信憑性を失い誰もみなくなるんだよ。

135. 2013年5月08日 02:44:31 : gnP6heSyno
山崎行太郎さん

貴方は芸能人をやり玉にあげていますが、語る以前では?ないでしょうか。
マスコミを批判せずに、個々のでは猪瀬(都知事)並の評論ではないでしょうか?
一時貴方の講釈を拝聴しましたが、残念でたまりません。

かしこ


136. 2013年5月08日 03:50:14 : e0DnzInn3A

事例研究  自民党小泉売国奴達が、マス塵を操る、、、


             アベ(操り人形)ポチ政権で再現


   宣伝責任者  飯島     ゲッベルス世耕弘成    (裏指揮CIA)

『現代日本政治論 (渡邊良明)』ー  http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/
  「小泉元総理の突然の引退に思う―無責任な「敵前逃亡」」

『  ー前略ー

◆小泉氏の「敵前逃亡」
 ところで、9月25日(木)、ある大きな政治的驚きが日本全国を駆け巡った。小泉元総理(66)の突然の政界引退表明である。それは、“サプライズ好み”の彼らしい政治行動だった。
 小泉氏の後継として、次男の進次郎氏(27)が立つという。だが、北朝鮮じゃあるまいし、政治の世襲化など、もっての外である。しかし、その“もっての外”のことが横行している。そういった世襲議員の弊害で政治がいたずらに低迷し、政府の政策が国民生活からまったく遊離しているのが、現代日本の明白な政治状況である。
 この報に接して、私は正直、“小泉氏は逃げたな”と思った。有り体にいえば、無責任な「敵前逃亡だ」と思った。だが、この場合の「敵」とは、決して民主党のことではない。彼にとって民主党はもはや意識の外にあろう。 
 ここで私が言う「敵」とは、彼が今まで果たしてきた政治実績、換言すれば彼の“政治責任”のことである。具体的には、彼のアメリカ追従の外交や防衛、郵政民営化、規制緩和、「三位一体改革(=地方の切り捨て)」、緊縮財政、「後期高齢者医療制度」など、これからますます難問化する諸問題に対して、彼は何の有効な処方箋も示すことなく、政界を去るのである。私は、小泉氏は、そのようなさまざまな「敵」を前にして、解決を後継に託して、自らは“逃亡した”と思うのだ。
 下世話な話で恐縮だが、彼の電撃引退の報に接し、私は次のようなことを思い出した。
 皆さんは、このような経験はないだろうか? それは次のようなものだ。仲間と会食し、割り勘にしようと金勘定をする段になると、急にトイレに駆け込んで無銭飲食を決め込む者がいるものだ。芸能界にもそんな人がいるようだ。いや、どこの世界にもそういったズル賢い人の一人や二人はいよう。 
 私も、ハワイで生活していた頃、そういった主婦に出会った。彼女は英語学校の仲間の一人だったが、7〜8人の仲間で中華料理を楽しんだあと、いざ割り勘で会計しようとすると、いつの間にか忽然と消えて、トイレに駆け込み、会計が済んだあと、しれっと姿を見せたのである。
 今回の小泉氏の引退表明を耳にし、私は、なぜか昔日の彼女の姿を思い出した。とにかく、“ズルイ!”という一言に尽きるのだ。

   ー中略ー


 ◆操り人形・小泉純一郎


 ところで私事だが、私は3年前、小泉氏について論じた拙著『ジョン・F・ケネディvs 二つの操り人形 小泉純一郎と中曽根康弘』(2006年8月刊)のなかでこう記した。
 《今後、小泉による、アメリカ屈従の「郵政民営化」が、社会的弱者の生活権を奪い、「格差」をますます助長する結果となろう。残るのは、社会的不安の高まりと絶望感の蔓延である。それを見た小泉が、冷ややかに言うであろう。「人生、いろいろ。死ぬのも自由。さあ、どうぞ、どうぞ」と。彼の胸中は、”わが死せる後に、大洪水よ来い!”なのではないだろうか。彼にとっては、すべてが「他人事」なのである。》(200頁)

 少し過激な文章表現だったかもしれない。だが正直、この思いは今も変わらない。それに今回の彼の電撃的引退も、上記の“徹底した無責任さ”と“すべてが他人事”の結果だと思う。
 人間、自ら独創的かつ自発的に動いているようでいて、その実、単に他者(ヒト)の言いなりになっているにすぎない場合が多い。小泉氏の場合、旧来の自民党総裁・日本国総理にしては型破りで、いかにも独創的(?)に見えた。しかしそれは、単に見せ掛けだけのことだ。
 実際、彼は家では姉・信子に盲目的に従い、選挙では元稲川会系暴力団員の竹内清の支援を受け、総理官邸では飯島秘書官の手引きで動き、政界では財務(=旧大蔵)官僚の言いなりになり、対外的にはブッシュ政権に盲従した。そのような政治家に一体、真の自主性や独創性はあるだろうか。私はないと思うのだ。
 かつて、アメリカのレーガン大統領は退任後、多くの国民から“偉大な大統領だった”と賞賛された。だが反面、アメリカ国内の心ある識者たちからは、“結局、大統領を演じた俳優に過ぎなかった”と批判された。実は小泉氏も“日本国首相を演じた一人の素人役者だった”のではないだろうか。
 役者だから、一般の人びとの目には実に面白く見える。実際、面白みや“けれんみ”、それに“華”がなければ役者は勤まらない。だが、“黒子”として彼を背後から操る「存在」なしには、彼自身、1秒たりとも存在できなかった。世に言う「小泉劇場」とは、小泉氏が自ら踊り、演じきった舞台ではあっても、決して彼自身が企画・運営した劇場ではなかったと思うのだ。

 ◆小泉氏の“ひたすら退散”


 「類は友を呼ぶ」という。小泉氏とブッシュとは本当によく似ている。両者とも今まで心底自分で考え抜いたり、悩み抜いたりしたことがないのではあるまいか。すべてが“他人任せ”なのである。若きブッシュが有能な取り巻きの助力で名門ハーバード大学を卒業できたのは有名な話だ。このブッシュという男、私には、生涯、自分だけの力で生きたことはないように思えるのだ。
 小泉氏も、慶大生時代にレイプ事件を引き起こし、姉・信子の指図で、その追っ手から逃れるためにロンドン大学に遊学した(決して正式の留学ではない)。そして、1969年に父・純也氏の死去に伴い、彼は初選挙に挑戦した。だが、その時は地元の特長会の支持を得られず落選した。同年は、小沢一郎氏、橋本龍太郎氏、渡部恒三氏らが華々しく政界にデビューした年だった。他方、小泉氏は、落選後、福田赳夫氏の書生となり、捲土重来を期した。その後、1972年、30歳のときに彼は衆議院議員に初当選した。そのとき、彼のために貢献したのが、先述した竹内清である。その後、両者の緊密な関係は小泉氏が総理になるまで続くことになる。 しかし、小泉氏は、自ら精緻な理論や思想を持っていなかったものの、人(とくに若い官僚たち)を利用するのは非常に巧みだったと思う。たとえば、彼が厚生大臣時代の岡光序治(よしはる)、郵政大臣時代の團宏明、そして総理大臣時代の高橋洋一(財務官僚)や守屋武昌(防衛官僚)などである。 
 小泉氏は、時には彼らを重用・活用し、あるいは踏み台にした上で、自らは司直の手から逃げ延びた。それは、厚生大臣時代の岡光との関係や総理大臣時代の守屋との関係について言えよう。彼には岡光や守屋以上の重い責任や見えざる“犯罪”があったと思うのだ。佐高信(まこと)氏は、かつて小泉氏を「クリーンなタカ派」と呼んだ。だが、彼が“クリーン”だなどとは、私には一種の冗談にしか聞こえない。
 ハワイで聞いた話だが、神奈川県内に住むある女性実業家が自分が事業で貯めたお金の一部を「日本赤十字社に寄付しようと思う」と若き小泉氏に語った。そのとき、それを聞いた彼はなんと、こう真顔で語ったという。「日赤に寄付するぐらいなら、その金をオレにくれ」と。14〜15年前、彼女が呆れた顔で語った日のことを私は昨日のことのように思い出す。堅気の女性にそんなことを平気で言える小泉氏が“クリーン”であるわけなどないではないか。
 とにかく、叩けばさまざまなボロが出てくるのが小泉純一郎氏である。私には、その ボロが出てこないうちに“ひたすら退散”という構図が、今回の引退声明の背後に見え隠れするのだ。
 それも、麻生政権の船出第一日目というのも何ともあてつけがましく見える。また、次男の進次郎氏を後継にする布石をちゃんと打ったあとの引退だから、実に用意周到である。端的に言えば、彼も単なる俗物に過ぎない。加えて、アメリカの原子力空母ジョージ・ワシントンが横須賀に配備されたその日に引退声明をするというのも、彼の政治行動の背後につねにアメリカの影がちらつくのである。まさに原子力空母の横須賀入港を見届けた上での引退声明だった。
 中曽根康弘氏と同様、彼ほどアメリカ政府に忠実な総理も珍しかった。その分、小泉氏はわれわれ日本国民を多大に犠牲にしてきたと思うのだ。
 多くの国民は、その厳粛な事実に年を追うごとに気づかされることだろう。それを自ら直視することもなく、内心“わが死せる後に、大洪水よ来い!”と叫ぶ小泉氏は、今後、イタリアかどこかで再婚相手と安楽な余生を過ごすのかもしれない。 
 だが、これほど無責任な人物を“稀代の偉大な総理”として珍重した日本国民の無知と不見識、さらには彼と同等の“無責任さ”を、この際、深く認識すべきなのではあるかまいか。それができて初めて、私たちは一人前の真の“日本国民”と言えるのではないかと思うのだ。 』


出口調査 公平   kennsaku


報道偏向是正 

偽支持率是正    kennsaku

当確報道厳正化


ムサシ 、グローリ-不正 


 


細菌兵器


自衛隊クーデター 指揮CIA   kennsaku

暗殺  


北朝鮮テロ


人工地震      kennsaku

第二オウム  指揮CIA   kennsaku
 


気象兵器      kennsaku


ETS

不正選挙テロ12.16    kennsaku

(ステルス クーデター12.16)

参議選天下分け目の夏の陣   kennsaku


都議選    検索(テストケース,練習予行)

公明正大ブリックス等海外国内選挙監視団要請    要請

公明正大市民海外国内メデア取材要請及び情報拡散    要請    


公明正大メデア取材要請海外国内       要請

公明正大翻訳海外国内&ネット技術協力で情報拡散    要請


3S政策 検索 (大切な問題より目を逸らす手段) 

愚民政策  検索 (茹で蛙にして、@ゆっくりと騙す。A20年前と今と比較で、確かにそうだと思う人は茹で蛙)

茹で蛙  kennsaku   (徐々に行なうのが、ポイント)


ゴイム  kennsaku  (@NWO(世界政府)が成立した場合の日本人の姿、A今パレスチナの状態が日本の姿)

タルムード 検索  (真の支配者の重要思考エキス、、、、311.911、不正選挙の理由が見えてくる)

原爆投下   人体実験     検索  (商品見本市)


タヴィストック研究所    kennsaku (社会思考誘導研究、実行)  (@NWO(世界政府)が成立した場合の日本人の姿、A今パレスチナの状態が日本の姿)

タルムード   (真の支配者の重要思考エキス、、、、311.911、不正選挙の理由が見えてくる)

原爆投下   人体実験  (商品見本市)


タヴィストック研究所    kennsaku (社会思考誘導研究、実行)


137. 2013年5月08日 07:34:13 : 7LCkwarFzg
東京の五流暴力漫才師崩れのタケシを
担ぐ裏社会があるからだよ。
こいつは安倍や小泉、空き缶、
ノブタと同じく在日って
言う話もあるけどね。

139. 2013年5月08日 12:35:48 : hKYMEdnzU2
テレビの正体は「広告を見る道具」だと思う。
よく考えたら変な話だ。広告を見る道具を買うために十何万円も払っているんだから。
そして夕食後に家族団らんしながら、主に広告と、その「オマケ」の番組を見ているんだから。
そもそも、マスコミが真実を追究したり、人のためになるようなことをする必要や義務なんてまったくない。商売でやってるんだから、人のためにつくすイワレなんて、これっポッチもない。テレビや新聞ってのは「単なる誰かの商売道具」なのだ。
この本質に気付いた俺はテレビを見なくなりました。自分からはテレビのスイッチも入れてません。
テレビが時代から淘汰される日も近いのでは?

140. 2013年5月08日 14:01:01 : EoRbSWc0xE
翼賛会方式で日本の大手メデイア11社は政府権力の情報操作や情報工作に協力するのが、隠された業務でしょう。昔カラ『日本には真の意味でのジャーナリズムは存在しない」。お笑い芸人タチが「私はテレビの政治番組やお笑い番組はほとんど視聴しない」。権力の走狗として付和雷同的に政府権力の太鼓もちをして、三味線発言するのは処世術として仕方ないのでしょう。「そうしないとテレビから必ず干される」。今後は「現憲法の廃棄」「明治憲法への回帰」「大東亜戦争の美化」「日本の核武装」「尖閣戦争や対外戦争を目指す軍事大国化」などのタイコモチをテレビのタレントがするしょう。日本は、敗戦後、報復戦争をめざしたナチス、ヒツトラー時代のナチズムとフアシズム的雰囲気に国内が急速に変化しつつあり、国内の反戦平和派を非難し、迫害を目指す大手メデイア系が、雑誌などで平和主義者への迫害を主張するキャンペーンを始めてています。尖閣諸島問題で平和外交の鳩山元総理を「「国賊」として逮捕、処刑せよ」などと、「正論」「新潮」「sapio]2月号が書きました。何と、鳩山元総理でも、処刑せよと書きたてられる日本の現状ですから、反戦平和市民も、いずれナチス政権下のように「尖閣戦争に反対する国賊」として日本のゲシュタポ組織に、逮捕させて「強制収容所」送りにでもする可能性があると見ています。

141. 2013年5月08日 15:39:53 : 3zrY8qdRbo
本来は学術研究の対象などに過ぎない歴史が、国家同士の主権の争いで武器となる状況になっています。中国が日本は尖閣諸島を「盗んだ」と主張して尖閣奪取を正当化しようとし、韓国はかつての日本の「植民地支配」で竹島を「奪われていた」と言い立てている現状を見ると、日本はまさに「歴史戦争」に巻き込まれていると言えます。

日本はこれまで歴史問題で中国や韓国に言われるまま謝罪してきましたが、このままでは尖閣は中国に奪われ、竹島を取り戻すこともできないでしょう。

極端に言えば、中国共産党が1990年代初頭、国内での反日教育の徹底を決定すると同時に、南京事件と慰安婦問題を材料に、「日本が第二次世界大戦期にホロコーストをした」という反日国際キャンペーンを進めることを決めた。そして、日本の戦争責任を追及するアメリカ、カナダ、香港を中心とする世界中の30もの中国系、韓国系、日系団体が結集して「世界抗日戦争史実維護連合会」(略称、世界抗日連合)を1994年に結成、国際的な反日ネットワークを組織した。日本がその後南京事件や慰安婦問題で世界中で批判に晒され続けてきた背景には、この中国共産党の国際的な反日謀略があるということです。尖閣や竹島という安全保障問題、領土問題に歴史問題がリンクしている現状に、この中国共産党の国際謀略に改めて注目すべきだと考えます。

ところで「歴史戦争」というものの本質を考えるにあたり、それが戦後すぐに始まったものでは決してないという点に注目すべきだと思います。

韓国でみると、歴史問題での反日的な言論や行動は若い人ほど多く、年長者には少ない。反日が歴史的な事実の結果生み出された自然な感情だとすれば、時間の経過とともに次第に薄れて忘れられるはずです。ところが、反日感情が強いのは日本統治時代を体験していない今の世代です。反日を仕掛けた勢力がいるといことです。その仕掛けた勢力を見ないで、「歴史戦争」を日本人対韓国人の対決だと考えてしまうと、その勢力を喜ばすだけではないかと思います。

1948年の大韓民国建国時の李承晩初代大統領は独立運動出身で、確かに反日政策を取りましたが、日本に賠償や謝罪を要求するその後の反日とは性格が違いました。彼の反日は、基本的に日本とは距離を置く、日本を遠ざけるという政策でした。

次の朴正煕大統領は1965年に日韓の国交正常化をしました。当時の韓国国民は8割方は正常化に反対で、朴正煕大統領は戒厳令まで敷いて正常化を推し進めました。朴正煕大統領は、反対デモをしていた学生たちに次のような主旨の演説をします。「過去には日本と交わって支配されたけど、国交正常化をして、日本を利用して自分たちが強くなろうとなぜ思えないのか」と。そして1979年に暗殺されるまで、対日外交で歴史を持ち出すことはありませんでした。

近代国家であれば当たり前のことです。歴史が外交に持ち出されるのは、戦争や植民地支配の清算をする時です。講和条約、平和条約の条件を自国に有利にするために、外交は歴史を材料にして闘うわけです。しかしいったん条約を結んだら、歴史は外交から学究の問題になるのが国際社会の常識です。朴正煕政権の韓国もその常識を踏まえていたわけです。

ただ、李承晩、朴正煕時代を通じて、もう1つの反日がありました。日本が自由主義陣営であるにも拘らず、全体主義・共産主義体制の北朝鮮に甘いことへの反発でした。韓国の安保を危うくしていると考えられていたのです。1つは、1950年代に始まった在日朝鮮人の「北送」、北朝鮮への「帰還」事業への反対です。1974年の文世光事件の時にも北朝鮮がらみの激しい反日が起きました。在日韓国人の文世光が朝鮮総連に抱き込まれ、北朝鮮工作機関の幹部から直接指令を受けて朴正煕大統領を銃撃、そばにいた陸英修夫人を死亡させた事件です。韓国が朝鮮総連の取り締まりを要請しても日本は及び腰で、関係者や関係場所への強制捜査をしませんでした。この時の反日デモが、韓国でこれまで起きた中で最も激しい反日行動でした。

しかし、いずれも歴史問題での反日ではありません。韓国が歴史問題を初めて外交の俎上に載せたのは、1982年の第一次教科書問題の時です。これが日韓の「歴史戦争」の始まりだと思っています。

1982年(昭和57年)6月26日に、文部省(現在の文部科学省)による1981年度(昭和56年度)の教科用図書検定について、「文部省(現在の文部科学省)が、高校教科書の検定で、華北へ『侵略』という記述を『進出』に書き換えさせた」という日本テレビ記者の取材をもとにした記者クラブ加盟各社の<誤報>をきっかけに、中国の新華社通信が日本政府を批判し、韓国でもマスコミの批判が高まって、韓国と中国政府が外交ルートで教科書の書き直しを求めた。明確な内政干渉でした。

この時韓国政府が動いたのには理由がありました。第2次石油ショックの影響もあり1980年代に韓国経済はがたっと落ち込み、時の全斗煥政権が日本に60億ドルの経済協力を要求していたのです。韓国の経済発展を受け、朴正煕政権の末期に、政府レベルの経済協力は減らすと合意していたのですが、全斗煥政権が1981年に「安保の観点から日本は多額の経済協力をすべきだ」と言い出した。韓国の軍隊の近代化には200億ドル必要で、日本はその3割を負担すべきだという言い分でした。日本の鈴木善幸内閣は拒否しますが、そんな中で教科書問題が起きて、全斗煥政権は経済協力を取るのに歴史を利用したのです。そして、テーブルを叩きながら、板の下では金をくれと手を出すという手法がうまくいった。教科書問題でも日本は近隣諸国条項をつくり、韓国や中国の関心事項には事実上検定意見を付けないことにし、教科書を書き直した。

その後、韓国は盧武鉉政権まで、経済協力や技術協力を求めるのに反日を利用しました。

≪近隣諸国条項(きんりんしょこくじょうこう)とは、日本国の教科用図書検定基準に定められている「近隣のアジア諸国との間の近現代の歴史的事象の扱いに国際理解と国際協調の見地から必要な配慮がされていること。」という規定のこと。
この規定は、教科用図書検定規則(平成元年文部省令第20号)に基づいて定められている義務教育諸学校教科用図書検定基準(平成元年文部省告示第15号)と高等学校教科用図書検定基準(平成11年文部省告示第96号)にある。いずれも「第3章 各教科固有の条件」の中に規定され、義務教育諸学校については[社会科(「地図」を除く)]の中に、高等学校(準用される各学校を含む)については、[地理歴史科(「地図」を除く)] の中に定められている。≫
≪「近隣諸国との外交関係に配慮する」と言う政治的理由で、世界百数十ヶ国の中でたった3ヶ国でしかない、中国・韓国・北朝鮮の主観に基づく歴史観に迎合するような制度が、果たして国際的な客観性を担保できるような基準を設けることになるのか大いに疑問であるとする見解もある。また、近隣諸国である中国・韓国・北朝鮮の教科書作成に関し同様の規定がないことを問題とする見解もある。≫

当時の日本の状況は、毛沢東派の新左翼グループが「日本は加害者責任を自覚すべきだ」と言いたてるのを見聞きしました。「ベトナム戦争で日本は基地を提供することで米軍に加担し、ベトナム人民を抑圧していた。同じように日本は米軍と組んで韓国の保守反動政権を応援し、韓国の民主化運動を弾圧している。日本はアジア民衆に対する加害者である」と言うんです。日本人がその現状を自覚できないのは、第二次世界大戦での加害責任を自覚していないからだというのです。「2000万人アジア人民の血の叫びを聞け」などと書いたビラをよく配っていました。

それまでの左翼、例えば日本共産党は、敵は日本帝国主義・軍国主義であり、日本人民も被害者だという立場でした。それに対して1960年代後半から1970年代にかけて勢力を伸ばした新左翼は、総体として日本人民も加害者だと言い始めた。その影響を受けたメディアの人たちや学校の先生たちが、反日的な教科書を作ったり、報道をしたりしたという流れです。

1980年代には、アメリカのニューレフトたちも日本の歴史問題に注目していました。共産主義者たちは、ベトナム戦争で共産主義陣営の北ベトナムが勝てばアジアを一気に共産化できると考えていました。ドミノ理論です。ところが北ベトナムが勝ってもアジアの共産化は進まなかった。その理由をニューレフトの理論的指導者であるH・マルクーゼらはこう総括します。
≪どれだけアジア諸国に共産党と共産軍を組織しても、アメリカと日本が盤石であれば、アジアの共産化は進まない。アジアを赤化するためには日米同盟と日本の弱体化を進めるべきだ≫
そのために日本の歴史問題を使うというのがベトナム反戦運動をやったニューレフトたち、ピューリッツアー賞の『敗北を抱きしめて』で有名なジョン・ダワーたちグループの考え方です。それに日本の左派もつながっていたのではないかとも思っています。

新左翼やその影響を受けたマスコミ、例えば朝日新聞などと一緒になって教科書事件で日本政府を批判した韓国の全斗煥政権は反共で、日本の左派マスコミからは「全斗煥虐殺政権」とまで言われていました。1980年の光州事件を激しく批判されていたのです。その敵同士が共闘したわけです。ねじれなんです。韓国の政権が目先のお金のために敵対勢力の謀略に乗って反日に走ってしまった。

本来、日韓の保守派は連携して中国共産党や北朝鮮と対峙すべきなのに、対立する構図ができてしまったと言えると思います。

中国でも南京「大虐殺」記念館ができたのが、1985年です。南京「大虐殺」が本当にあったならば、もっと早い時期に建設されているはずでしょう。1972年の日中国交「正常化」の時に賠償も求めるべきでした。そうではなくて、1982年の反日に効果があったから、建設したのでしょう。この時は中国も援助欲しさの反日だったんです。

当時の鈴木善幸内閣のバックには田中角栄がいました。そして田中角栄は裏でケ小平とつながっていた。この田中角栄ラインで「中国に謝ってしまえ、ODAも増やせ」という流れになったのではないかと思います。

1990年代に入ると、韓国の反日の性質が変わります。韓国はすでに日本からODAをもらわなくなっていました。それでも反日が続いたのは、金泳三政権が日本の謝罪を国内政治に利用したからです。政権の人気取りです。そこで竹島問題が出てくる。1965年に日韓基本条約を結んだ際、両国は竹島問題をいわば「棚上げ」する密約を結びます。日本は「竹島は日本固有の領土だ」という点では譲歩しないけれども、日韓関係の他の問題にはリンケージさせない。韓国側は、日本の立場を慮って現状を変えないことにしたのです。ところが金泳三政権が密約を破り、護岸工事を始めた。日本が抗議をすると、韓国の左派メディアは日本が竹島問題で発言し始めた、侵略的だというキャンペーンをやり、金泳三大統領もそれに乗っかってしまって、江沢民と一緒に日本批判を展開した。

1990年代には、韓国の左派団体もやはり、日本からお金を取るのではなく、反日感情を悪化させるという動きに出ます。韓国で慰安婦問題での対日批判の高まったのを受け、日本は河野談話を出し、「女性のためのアジア平和国民基金」を作った。国交正常化時にお金を出して賠償問題には決着をつけていますから、苦肉の策として民間から寄付を集めるという形にして、元慰安婦には総理大臣の謝罪の手紙まで付けてお金を渡そうとした。

それに対して、韓国の挺身隊問題対策協議会という慰安婦問題のグループが、基金からお金を受け取るなという運動をします。お金を受け取った何人かの元慰安婦を、公開の場で「あなたたちは売春婦になったのと同じだ。過去のセックスの代価を受け取ったことになる」と糾弾するということまでした。つまり、彼らの目標は日本からお金を受け取ることではなく、反日を続けることだったわけです。そして、この挺対協のアメリカ支部が全米各地で世界抗日連合と一緒に反日活動をしている。

同じ頃に、中国共産党が歴史問題で動き始めたわけです。冷戦が終わってアジアの派遣を争うライバルである日本を蹴落とすために、同盟国のアメリカ、そして同じ自由主義陣営の韓国に対し、日本との離間工作を仕掛ける、その材料として歴史問題を使っていくという方針を、1992年当時に中国共産党が立てたのです。

反日歴史教育を徹底させるた「愛国主義教育実施要綱」を1994年に江沢民が定めたことは知られていますが、それより前の1992年の段階でそうした路線変更があったことは、香港などのメディアで頻繁に流されています。中国共産党の公式文書で確認したわけではありませんが、アメリカの情報機関も把握していました。

日中戦争の中国側犠牲者数
中国共産党政権維持のための反日プロパガンダも加わり、中国側の「日中戦争の犠牲者数」は指数関数的な勢いで日々増加している。当時の中国人口よりも犠牲者数が増えるのではないかと揶揄する評論家もいる。
@発表年A犠牲者数B調査・出典C補足

@終戦時A132万BGHQ調査・発表C国民党軍人のみ
@終戦時A132万B国民党政府調査・発表
@1948年A438万B国民党政府報告書C1948年までの確認数 国民党軍人のみ
@1950年代A1000万B共産党政権発表
@1970年A1800万B共産党政権発表
@1985年A2100万B共産党政権発表(抗日勝利40周年)Cこれ以後 博物館や教科書で公式数字となる
@1998年A3500万B江沢民発表C江沢民の演説で発言後、南京大虐殺記念館での公式数字となる
@2005年A5000万B卞修躍博士発表(抗日勝利60周年)

日本はこの頃から国連の常任理事国入りを目指していたわけですけど、中国は「戦争犯罪の率直な謝罪が条件だ」と明確に主張し始めたわけです。

それは1993年8月のことで、中国共産党は日本の自立、政治大国化を阻むカードとして「過去」を使い始めたのです。

歴史が問題だと思っているのであれば、戦後50年も経った時点で国連の常任理事国入りの条件に取り上げるのではなくて、記憶が生々しかったはずの日中国交正常化の時点で条件にすべきだった。日本の政治大国化を阻むために反日であること自体、歴史の結果ではなくて、政治謀略であることを示しています。

1994年9月に中国共産党政府は「愛国主義教育実施要綱」を公表し、その3カ月後にアメリカで世界抗日連合を組織したわけですが、彼らが重視したのが、慰安婦問題と南京事件です。ともに「日本が起こしたホロコーストだ」と位置付けた上で、「日本は戦後もそれを謝罪せず隠蔽してきた。そのために今なお日本はアジアから信頼されない」というのです。「日本の戦争責任の隠蔽工作に加担したのがサンフランシスコ講和条約体制であり、アメリカが講和条約を日本の免罪符にした、日本に再び謝罪と賠償をさせるためにも、戦争賠償問題を決着済みとしたサンフランシスコ講和条約体制を全面的に見直すべきだ」−−というのが彼らの主張の全体像です。これは明らかに日米同盟を破壊し、中国がアジアで覇権を握るための戦略です。その中国の目論見に韓国の慰安婦問題グループも乗ってしまった。

世界抗日連合のバックに中国共産党がいるのは間違いないです。

世界抗日連合のグループは何度も訪中し、中国でも頻繁に合同国際会議を開催していることからも、それは明らかです。

ホロコーストだと定義されるのは大変危険なことで、時効がありません。

「人種的宗教的理由で組織的計画的に民族の絶滅を図る」のがホロコーストです。つまり、世界抗日連合らは、日本が中国人や韓国人を絶滅させるため南京「大虐殺」や慰安婦強制連行をしたと非難している。日本人には想像を絶する議論ですが、「ホロコーストの責任を取らない日本は国連常任理事国になる資格もないし、それを反省しない日本が軍事力を持ったら再び軍国主義国家になるから、軍事力も持たせてはならない。憲法9条も永遠に守らせるべきだ」という政治的なロジックを彼らは宣伝し続けてきたわけです。

1993年ぐらいから始まったこの謀略の主要舞台がアメリカでした。そしてあろうことか、アメリカの退役軍人会もその仲間入りをしてしまいます。

ベトナム戦争でも朝鮮戦争でも共産主義と戦い、アメリカの中でも最も反共のはずの彼らがなぜ、中国共産党の政治運動に乗ったのでしょう。

大きかったのは、ワシントンDCのスミソニアン博物館での「原爆展」問題です。1995年に広島・長崎への原爆投下50年を迎える日本あたり、スミソニアン博物館は1994年、広島に原爆を投下したB29「エノラ・ゲイ」号の機体や被爆の悲惨な実態を示す写真などを展示し、原爆、核兵器の恐ろしさを訴えようとした。

それに怒ったのが、アメリカの退役軍人協会です。スミソニアンの計画は「『原爆投下が戦争終結を早め、多数の将兵の命を救った』というアメリカの正史を歪め、アメリカの正義を貶めようとしている」として、政治的圧力をかけて原爆展を実質中止に追い込みました。世界抗日連合はこの時、「日本の残虐性、日本の軍国主義を正当化するような動きは許せない。一緒に闘いましょう」と退役軍人協会に近づいたのです。

当時、アメリカでは歴史学者たちが、「日本には戦争を継続する余力がなく、原爆投下は必要なかった。政策決定者たちもそのことを知っていた。投下すべきではなかった」という見解を相次いで表明していました。退役軍人たちにとっては許せない。そこをチャイナロビーに付け込まれ、味方だと思ってしまったのです。

これもねじれと言えばねじれです。

「原爆投下は必要なかった」と言っていたのは歴史修正主義者と呼ばれる左翼の学者たちです。彼らは本来なら共産党政権の中国に近いはずですが、中国は日本を蹴落とすために左翼学者ではなくアメリカの反共勢力と手を組んだ。戦後、中国共産党が対日工作の最大のターゲットにしたのも旧社会党や日本共産党、新左翼ではなく自民党でした。目的のためには敵対勢力とも平気で手を組むところに中国共産党の工作の恐ろしさ、巧妙さがあります。

スミソニアンの原爆展が頓挫したことを受け、広島市は1995年7月、ワシントンのアメリカン大学で原爆展を開催し、広島市長が講演しました。これに対して中国人留学生のグループが大学内で抗議集会をしたり、別の場で日本軍の「残虐行為」展を開いたりしました。言うまでもなく、中国の海外留学生は中国共産党のコントロール下にありますから、中国共産党の指示だったことは間違いありません。

20年間、慰安婦問題で論争を続けてきて、1990年代には、日本の官憲による慰安婦の強制連行はなかったこと、組織的な性奴隷制度など虚構であることを論証できたと考えています。左派の学者たちも論破しました。テレビで議論してそのことを認めた学者もいたのです。ところが、中国の国際謀略は続き、国際反日ネットワークは拡大を続けた。2000年には東京で、「日本軍性奴隷制度を裁く女性国際戦犯法廷」と称する弁護士もいない裁判もどきをやった。その検事役として韓国から挺身隊問題対策協議会が来て、北朝鮮からも工作員が来ていたわけです。これは中国共産党の国際謀略に北朝鮮も荷担している明らかな証拠だと言えます。挺身隊問題対策協議会の幹部には、家族が北朝鮮のスパイとして国家保安容疑で検挙された人たちがいる。金正日が死んだ時には弔電を出した。

もしも性奴隷が問題だと言うのであれば、脱北女性が中国の農村に売られて、鉄の鎖を付けられて一家の男たちのセックスの相手をさせられるような状況にこそ目を向けるべきでしょう。過酷な社会体制の北朝鮮から逃げる人は後を絶たない。中国政府は脱北者を難民として認定しないどころか強制送還している。目の前にいる性奴隷の問題に取り組まず、60年以上前の証明もされていないことをホロコーストだと言っている中国共産党や北朝鮮労働党こそ、けしからん存在です。

韓国で慰安婦問題が起きた時、中国共産党は、中国国内で日本軍によって性奴隷にされたという中国人女性の証言を法務局に登記して、記録として残すということをしています。そして英訳をして広め、国連の人権委員会に持っていく。そして、日本は中国人をこうして根絶やしにしようとしたというキャンペーンを今なおやっているという現実があります。

慰安婦は、軍隊というのは世界どこでも強姦事件を起こしてきたから、それを防止するため、中国人民の被害をなくすためのもので、日本や植民地から業者に女性を集めさせた。中国人は被害者じゃないんです。

「嘘も百遍」が彼らの文化ですから。2013年1月にニューヨーク州が慰安婦問題で対日批判決議をしました。決議を画策した中心は在米の韓国・朝鮮人のグループですが、世界抗日連合も関わっていて、自らのホームページにもその成果が載っています。そして、「慰安婦や竹島、尖閣が問題になるのは、日本が再び軍国主義を復活させようとしているからで、アジアの人民とアメリカの良心的な人たちに警笛を鳴らすために活動しているのだ」と書いています。あたかも尖閣問題を起こしているのは、日本だと言わんばかりです。

残念なことに、アメリカの国務省や国防総省の中にもそれを真に受ける人たちが出てきています。先日、米軍関係者から聞いた話では、在米のチャイナロビーは、「安倍政権、そして石原慎太郎代表の維新の会は極右勢力で、アメリカ撤退後のアジアで再び大東亜共栄圏をつくろうとしている。彼らの軍事拡大主義は警戒すべきだ」と吹き込んでいるとのことです。「アジアの混乱要因は日本だ」という中国共産党のプロパガンダを真に受ける人たちが、アメリカの政権内部にもいるわけです。

これは座視できません。しつこく英文で反論すべきです。その際、「慰安婦強制連行はなかった」という言い方ではなく、「そもそも慰安婦はホロコーストではない。日本は中国人や韓国人を組織的計画的に絶滅させる方針をつくったことも計画したこともないし、実行したこともない」と反論することが重要です。

そもそも中国共産党がチベット、ウィグル、南モンゴルでやっていることこそ現在進行形のホロコーストです。中国も北朝鮮も脱北女性を現代の性奴隷にしています。彼らは自分たちのホロコーストを隠蔽するために日本批判のプロパガンダをしているということもアメリカでアピールすべきだと思います。

国際社会で日本の虚偽のイメージをつくってきた人たちこそが普遍的人権に反することをやっている。日本は普遍的な人権を重視する立場だから、それについては黙視しないというメッセージを、虚偽イメージへの反論とともに出す必要があります。

今起きている人権侵害を許さずに闘う姿勢を打ち出し、拉致問題に熱心なアメリカ連邦議会の議員たちを日本の味方にしていくことが、中国共産党や北朝鮮の謀略を打ち砕く大きな力になると思います。

これまで日本政府が虚偽の歴史非難に謝り続けてきたために、外から見るとやはり問題があったのだろうと思われてきた面もあったと思います。来日したアメリカ人研究者と慰安婦問題で議論したとき、「言うことは全部わかった。しかし納得できない」と言われたんです。理由を聞くと、「ではなぜ国営放送のNHKが報道するのか。そして総理大臣が謝るのか。政治家やメディアは自国をかばうもので、かばいきれないから報道するんでしょう」と言うんです。

日本と他の国では感覚が違う。日本はトラブルがあったとき、瑕疵の度合いが、こちらが1で相手が9であっても、まず1の瑕疵を認めることによって誠意をみせるという文化ですけれど、一歩外に出るとそうではない。10の瑕疵があるから1を認めたのだろうと思われる。中国共産党が日本を弱めるために南京事件と慰安婦問題を利用しているという中では、日本風の善意や誠意は通じません。中国共産党から謀略を仕掛けられているということをはっきりと見つめて対処する必要があります。

アメリカで慰安婦の碑が建てられたり、州議会で対日非難決議が出されたりしたため、「アメリカが日本の戦争責任を追及するのであれば、われわれも原爆問題でアメリカを批判すべきだという人もいますが、それでは結局中国の思う壺です。中国からすれば、日米にいがみ合ってもらいたくて、わざわざアメリカを舞台に反日宣伝を繰り広げているのです。敵はどこなのかという話です。

日韓関係で言えば、日韓基本条約を結んだ1965年の知恵”agree to disagree”に戻るべきだと思います。竹島や日韓併合条約をめぐって両国にはさまざまな意見の違いはありましたが、その違いを認め合って未来のために国交を正常化させました。

当時それができたのは、北朝鮮と中国共産党という共通の敵があったからです。東西冷戦を戦っていくためには、日米韓の連携が必要だと考えた。今は、中国共産党と朝鮮労働党と韓国の左翼と日本の左翼に挑発され謀略に引っかかっている。愛国心あれば歴史観は違って当然です。歴史観の一致を求めないという点だけでも一致できれば、日韓は連携できることが多いはずです。

今、日本が「歴史戦争」に巻き込まれる中で、保守論壇には反米、反中、あるいは反韓も出てきています。理由のあることについて批判をするのは必要なことだと思いますが、日本と違う歴史観だからダメだと言ってしまうと、レイシズム(排外主義・人種差別主義)に陥ってしまいます。やはり敵はだれなのかを見極めて闘わなければならない。

憲法改正を掲げる安部政権が誕生したことで、日本は右傾化していると論じるマスコミが欧米にもあります。世界中の国が軍隊を持ってもいいけれど、日本が持つことだけは危険で許されないという考え方も、日本に対するレイシズムです。日本は皇室を中心とする立件君主制の国です。韓国やアメリカの共和制とは違うけれども、日本もまた民主主義、自由主義という普遍的価値に基づく政治体制を実現させていることは間違いありません。

中国に対峙するときに、われわれが敵とすべきなのは中国共産党であって、中国国民大衆ではないことを明確にし、弁別をして議論をしていかないと、「日本は排外主義だ。ナチス・ドイツの再来だ」と非難されることになる。中国共産党の反日宣伝に利用されるような振る舞いは避けなければなりません。

「アメリカは」「アメリカ人は」と十把一絡げに考えるのも危ない話です。アメリカにもいろいろな考え方がある。それを踏まえて、個別に議論していかないといけない。今のアメリカ人の日本に対する意識は、大きく言って4つのグループに分けられると思います。1つは、「財政の壁でアメリカはカネがなくなっていく。軍事費が10年間で6千億ドル削減されていくという中で、日本のことになど構っておられない」というグループ。

内向きになってきているわけです。

世界抗日連合はその点を突いて、「アメリカ国民の皆さまへ。あなた方が知らない極東の小さな島、つまり尖閣諸島のために、あなたの息子や娘が死ぬのを望むのですか」とアピールしています。

アメリカのブルッキングス研究所という民主党系の大手シンクタンクが、第二次オバマ政権への政策提言書で対中協調路線を訴え、尖閣問題では「小さな島や岩をめぐって米国が戦争に巻き込まれては何の得にもならない」としていることが産経新聞で報じられていましたが、言い分が似通っていることが気になります。

世界抗日連合は「尖閣でこれだけトラブルが起こっているのは(中国が悪いのではなく)日本が軍国主義を復活させようとして、中国を挑発しているから。アジアはアジアに任せるべきで、アメリカは日本の軍国主義化を防ぐためにも中国と協力すべきだ」と言っているわけです。そして、このプロパガンダに同調しているアメリカ人グループもいる。これが2番目です。

最も極端なグループは、「過去を反省しない日本は右翼国家でトラブルメーカーだ。日本が反省すればアジアは平和になるのだから、謝罪するようアメリカは圧力をかけるべきだ」と考える人たちで、アメリカのメディアにもそうした論調がよく出てきます。

4番目のグループが、「米軍の東アジアにおける米軍のプレゼンスが低下しており、中国の軍事的台頭に対抗するためにも、日本の軍事的拡大が必要だ」と考えている人たちです。主としてアメリカの軍関係者に多いように見受けられます。

つまり4つのうち3つのグループが日本に対して否定的だというアメリカの厳しい状況の中で、日本がアメリカを舞台にした情報戦でどう勝ち抜いていくのかを考えないといけない。

日本は1982年から謝り続けてきたのに、いつまで謂れのない批判をされるのかと言う人たちがいます。答えは簡単です。中国共産党が倒れればなくなる。世界中で反日宣伝をやっているのは、まず中国で、その影響を受けた北朝鮮。そこから韓国やアメリカにまで広がっている。実際に日本が大東亜戦争で戦場となった他の東南アジアの国にはほとんどないわけです。特に60年間にわたって日本の統治を受けた台湾にはない。あったとしても中国系や華僑たちがやっていることです。結局、中国共産党が政治的意図を持って1980年代から始め、1990年代から本格化した反日謀略の結果、日本は世界中から非難されているかのように思わされてきただけです。中国共産党の批判がなくなれば、靖国神社への総理の参拝への批判もなくなる。

アメリカをはじめ世界中で反日宣伝が繰り広げられていますが、「歴史戦争」を仕掛けているのは中国共産党であって、「敵は中国共産党だ」という明確な国際情勢認識が必要です。


142. 2013年5月08日 17:23:21 : VmWRXdUyan

>141. 2013年5月08日 15:39:53 : 3zrY8qdRbo

「3zrY8qdRbo」で検索してみると、素性が明確になる。



143. 2013年5月08日 18:17:11 : 8ImdFVIXOI
芸人は芸に磨きを掛けていればいいのだ。

政治に首を突っ込むな!


芸が汚く見えるよ。


144. 2013年5月08日 21:58:41 : ryBkuiiJhQ
みなさん、お笑い芸人でおなじみのツルベイ、この人鳩山政権時代に鳩山をヘノコ基地問題で痛烈に非難していました、条約だから守るのが当然だろ!と、沖縄のほとんどの方々は条約を認めてませんだから当時の沖縄民主党議員は全員当選しました自民党議員は全員落選、でこのツルベイ!この前NHKの番組で恥も知らず沖縄に行き沖縄の綺麗な海の場所で気のいい住民達と笑いながら接してました、本当にコイツはクズ野郎です、みなさんコイツのヘラヘラ笑いに騙されないで。

145. 2013年5月08日 22:03:35 : tpNHxrSgQQ
>144

確かに鶴瓶のバカ
武と民主党は嘘つきと合唱してたもんな
津川雅彦を含めて地獄に逝かせようぜ


146. 2013年5月08日 23:05:42 : 0U6XkO0Rqg
>>144 さん

故・中島らも氏が、講演会で「鶴瓶のような偽善者は見たことがない」と証言していました。


147. 2013年5月09日 09:53:41 : sVXM72MDeA
>>141
長文コピペ荒らし

148. 2013年5月09日 12:12:45 : osmF9Fs9vc
インターネツトでデマが流れる、どうしたらいいですか、こんな質問やらせがヤフー記事に出たが、
マスゴミがツルンデデマを流す事が大問題だ、民衆を洗脳する為のデマを流すマスコミが悪の根源だ。
世界の恥さらしの日本のマスゴミ、

149. 2013年5月09日 13:18:06 : TaKkLvUJmo
お笑いタレントの主要業務:

1. 庶民愚民化を徹底させる。
2. 事実真実を遮蔽する役割果たす。
3. 人々がまじめに政治意識、社会意識、批判意識、行動するなど防ぐ。
4. ・・・興業など、芸人の元締めの商売繁盛とそれと繋がる背後の悪徳権力や黒い勢力の資金源確保の為の労働者の役割果たす。
5. 人々の社会的不正や不満へ対するガス抜き、および刹那的享楽の提供。
6. 特に落ちこぼれた底辺社会階層民へ対する一縷の希望の提供。

以上。


150. 2013年5月09日 21:31:47 : BQBm9MhGAE
そうして、3年の月日を経て山崎も変わったのか。

左翼系右翼とよばれている 山崎さん、反論してやれよ

「正選挙原稿団のトラブルで、ボンドガール村田麻也子氏を擁護した山崎行太郎氏」
山崎行太郎氏と月刊日本の件だけでも生活の党・小沢一郎氏を裏社会が貼りついて包囲している
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-2371.html


151. 2013年5月10日 01:21:57 : AiChp2veWo
○○○の映画って国際的に評価されてる、の、国際ってどこですか?。やらせは世界を巡ってますよ。

152. 2013年5月10日 19:22:13 : xl8Hu7dvdk
http://www.youtube.com/watch?v=159jKALM6L0

http://www.youtube.com/watch?v=NDh9psx-xr0

ミスワカナのSP版(わらわし隊 中支皇軍慰問記念(上)(下)

これを見れ(聴け)ば、太平洋戦争中からお笑い芸人が世論
誘導の手段として利用されていた事は明らか。人間は笑っている時
に警戒心が一番弱くなるからね。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK85掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK85掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧