★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK85 > 642.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「「闇の仕事師」:ドラえもん氏のつぶやき」小泉政権の足跡(晴耕雨読、5.4)【小沢つぶしをねらう闇の勢力】
http://www.asyura2.com/10/senkyo85/msg/642.html
投稿者 南青山 日時 2010 年 5 月 04 日 06:37:25: ahR4ulk6JJ6HU
 

http://sun.ap.teacup.com/souun/2714.html

小沢さんを告発したグループとは直接関係ありませんが、どらえもんが数年にわたって追いかけた「闇の仕事師」の話をしておきましょう。同じ手合いでしょうから。

その男は自分を「藤田」と名乗っていました。本名は、許栄中。マークするようになったのは、日本リースの巨額手形乱発事件でした。その後、平和相互銀行の金屏風事件などあらゆるダーティーな金融事件で名前があがるようになりました。

経済部日銀担当、イトマン取材班の一員だった時、許栄中本人から外部には公開していない直通電話に電話が入りました。「わしや。許栄中や。えらい記事書いてくれとるやないか。小孫っちゅうのがおるやろ。出せや」。大阪社会部時代から聞き覚えのあるダミ声でした。

小孫キャップ(現在は編集局長)に「本人のようですが出ますか?」と聞くと、「出る」。日経本紙1面でイトマンの経営が急速に悪化し、メインバンクの住銀が再建に動くというスクープ記事が出た直後。磯田一郎住銀会長解任、イトマン倒産という経済事件の始まりでした。

許栄中は「お前は小孫というらしいが、俺と同じで本名は孫とちゃうんか?」などと居丈高な口調で言ったかと思うと、急に猫撫で声でこんなことを言いだします。「お前ん所は子供が二人おるんやてな。上の子は○○小学校△年、担任の先生は××××。下の子は・・・」

「可愛い盛りやろなあ。今のうちによう顔見ときや。ヨタ記事ばっか買いとると、そのうち見れんようになるさかい。わしからの忠告や」。電話は、一方的に切れました。重い沈黙。家族の情報は正確でした。ジャーナリストは自分を狙われても屈しませんが、家族を狙うとは。

翌日から分室への出入りは、裏口を使うこと、夜回りの時には1時間おきに連絡を入れることなど、とりうる対応策がとられました。インサイドラインの歳川さんが、イトマンの記事を書いたあと、路上で暴漢に襲われたのも同じころでした。

キーマンだった西川善文常務(当時)の建て替え工事中の自宅に夜回りすると、家の前のベンツの前後で強面の黒服の男達が煙草をくゆらせて、明らかに張っている様子。「今日も帰らないか。どこのホテルだろう」。そんな取材が数カ月続きました。

「闇の勢力」は、儲からなければ動かない。えせ右翼や時には市民団体を装うこともある。小沢さんの検察審査会の起訴相当の判断が「全会一致」と聞いた時には、身震いがしました。「闇の仕事師」たちは、個人テロの威嚇で何度でも「市民」に同じ判断をさせるでしょう。

許栄中は、韓国のKCIA人脈をバックに日本の政界にも人脈を築いていました。大阪と釜山を結ぶ国際観光フェリーの就航記念パーティーを中之島のロイヤルホテルで開いた時、壇上には安倍晋太郎、渡辺美智雄の姿も。許と渡辺がハグしたシーンは目に焼き付いています。

イトマン事件後、住銀の実権を握った西川氏は、イトマン処理で生じた約1500億円の損失をゴールドマンサックス系のファンドとの海外取引で飛ばし、頭取就任後、数年かけて目立たないように処理したという内部証言があります。

住銀とゴールドマンサックスが包括提携を結び、資本関係を深めたのも、西川頭取時代。ゴールドマン日本法人の持田昌典社長と西川は、軽井沢の別荘で毎年、行き来する仲になり、日本郵政の社長に西川を推したのも、オリックス宮内会長とゴールドマンの持田社長。

許栄中との戦いでは、西川氏と組みましたが、ゆうちょ銀行をゴールドマンに売ろうという売国奴は許せないと、民営化後は西川氏とも戦ってきました。郷原さんの活躍で、西川社長時代の日本郵政のガバナンスの無法ぶりも明らかになってきました。

統一協会というより勝共連合です。半島ベースで中国を敵視する人々。重なっていますが、微妙に統一協会とも違う。安倍やミッチーは、えせ右翼・勝共連合の秘書を大勢雇っていました。国際的には、台湾の独立派とも繋がっています。

小沢さんの検審の判断の背景は取材中ですが、取り調べ中に石川議員に「必ず検察審査会で起訴してやる」と口走った主任検事・吉田副部長(交通課に更迭済)のバックに、小沢つぶしを仕掛けている財界・官界・既存メディアの裏ネットワークがあるのは確実ですね。

「自民・小沢・オリジナル民主」という3勢力のうち、数年で政界が二大勢力に再編されるという漠然とした前提があって、そのうち「小沢党」を何が何でも潰すんだという反中国勢力があるということ。

彼らは、昨年の天皇陛下の中国副主席との会見の際にも、右翼を煽って小沢つぶしに動きました。宮内庁長官までが、影響を受けていることに慄然とします。

どらえもんは、さきほどの3分類では、まごうことなくオリジナル民主。(笑)民主党設立準備委員会結成の呼びかけ文の下書きから書いてきましたからね。生みの親がよちよち歩きの赤ん坊を見守る感覚で、鳩山政権を見ています。

債務超過状態の自民党が潰れれば、自然と民主党が分かれて、二大政党になります。比例区を削減すれば、中間政党は生き残れません。それを阻止すべく、舛添とかが選挙制度改革を言いだしてますね。まずは、英国の選挙結果に注目です。

舛添新党に行って今回引退する矢野哲朗が安倍内閣で参院側から推されながら大臣になれなかったのは、身体検査にかかったからとされていますが、嘘です。実は、安倍の満州利権に手を出したから、怒った安倍が入閣させなかったというのが真相。

表は宗教団体の統一教会だったり、政治団体の国際勝共連合だったりしますが、裏は「闇の仕事師」を配下に持つ危険な集団。公安調査庁は、オウムや共産党よりこちらを行動監視するべきでしょうが、そもそも公安にも彼らは潜り込んでいます。

安倍の満州利権は、祖父の岸信介らが満州に残してきた731部隊の遺棄化学兵器を処理する事業。安倍が勤めていた神戸製鋼が受注。爺さんの悪事をなかったことにして儲けようという魂胆が、せこい安倍らしい。その入札に外務副大臣でいちゃもんをつけた矢野は大臣になれず。

日本会議は事務局にいるようですね。彼らの手法として「紛れ込んで扇動する」というのがお得意のようでうから。日本会議の議員全体を偏見で見るのはどうかと思います。

(南青山コメント)
冒頭に小沢を告発したグループとは直接関係ないとあるが、おそらく底流ではつながっているのだろう。
また、こうした話が表に出てくる時点で、ドラえもん氏のいう「闇の仕事師」がかつて存在していたとしても、いまはその活動を停止し、実験というか実働部隊は別の連中に移っているのだろう。
それにしても、今回のマスゴミを巻き込んだ小沢と検察の戦い、反小沢、反民主勢力の一糸乱れぬ、統一された高度の背景には、政官財米を巻き込んだよほどの巨大で(残忍で)狡猾な組織が存在することが想像できる。
押され気味とは言え、それに対抗して頑張っている、小沢、鳩山連合もたいしたものだが。
議会制民主主義とは欠点もあるがそれなりに良くできた制度で、こうした狡猾勝つ残忍な勢力にも対抗する手段を私たちに用意している。
それは選挙であり、このつぎの参院選は天下分け目の大きな戦いになることが予想される。
楽観視できる状況とはとても言い難いが、絶望的でもないように思える。
文中にある「小沢つぶしを仕掛けている財界・官界・既存メディアの裏ネットワーク」とは、日本国民が生み出す利益をかすめ取ろうとする連中であり、私たち国民にとっても大敵である。
20世紀少年ではないが、小沢はそうした連中に対抗するための最後の希望でもある。
当面は普天間問題をどう乗り切るか、小沢の手腕に期待したい。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月04日 07:36:40: MJCuURRj3o
松田光世さんが、小沢抜きの民主党グループで、この闇の勢力や前原の能力でアメリカと戦えると考えているのはビックリしました。松田さんの身辺も心配ですね。闇の勢力は何時の時代にも居て、政治家が上手く扱えるか、遣られるかの戦いです。小沢さん抜きの民主に扱える人物が居るとは思えません。

02. 2010年5月04日 08:52:57: F7RW5rxiO6
以前、元検事の田中森一氏の「反転」を読みました。「なんだかね〜」という思いでしたが、気が重いからと言って、無いことには、出来ないようですね。
自分の子や孫を、闇の仕事師を使い日本に君臨する人々の手に、委ねられません。
この日本を、すっきりさせましょう。額に汗して、真面目に日々の生活を重ねる人が、主体の国に、もう、そろそろ、しても良い頃です。庶民レベルの段階まで、情報が流れ始めたのですから、却って、天祐だとも、思います。清き一票以上の権力が、あるでしょうか?有権者の一人一人が、自覚し、何が、この国の未来に必要か、今、何をすべきか、真剣に考えればいいのです。知ったことは、自分の大切な人達に伝えます。判断は、個々です。それが、民主主義でしょう。

03. 2010年5月04日 11:13:07: 3VAUGUN6pQ
イイ投稿ですね。
内部の者しか知らない電話にかけてくる事自体が、彼らの情報力の一端です。
家族の情報を予め確認している。
すぐには、消さない。警告が来るだけマシ、マシなんですよ。

プロの情報機関はこんな程度ではありません。確実に消す。証拠はない。

例、所謂暴力団と警察、自衛隊の情報機関がウラで戦争をしたら、

必ず暴力団が消される。

これが現実なのです。素人とプロの違いです。やらないだけ。利用価値があるから。

日本にいる外国の情報機関は、自国の国益のためのみ。

オペが発覚するのは、失敗かプロパガンダです。みせしめ、やね。


04. 2010年5月04日 15:29:01: aacsfIYUAk
政権奪取前後からの、小沢さんの「事件」をめぐって、
いわゆる「知識人」評論家などが、あぜんとするくらいの転向。

まるで、リトマス試験紙のように、どちらかに分かれてしまった。
表面的には、自発的に。

おそらく、このような「闇の仕事師」たちの暗躍があったのでしょう。

いっときツイッターから松田さんのつぶやきがとだえ、
上杉さんのつぶやきもとだえたときもあり、もしやという感じもありました。
幸い、表向きは何事もなかったようでしたが。

ツイッターでがんばっておられる岩上さんも、心配です。

絶対に孤立させては、いけません。

多くの人が、見ていることが、重要です。


05. 2010年5月04日 18:32:09: G8lQvflJJN
検審委員の住所氏名が水面下で組織に流れている可能性があります。
たとえマスコミの影響を考慮しても、11名の委員が全員一致であの議決は、何らかの工作なしにはありえません。
買収、脅迫の可能性が考えられますが、どちらかというと脅迫の可能性の方が大きいようです。
検察が不起訴と決めた場合、その後の2回目の検審での議決がどうなるかによって、ほぼ推測できると思われますが、次回は工作がばれるのを避けるため全員一致ではなく、あえて一人、二人の反対者を作るかもしれません。
どちらにしろ、本来のこの制度の趣旨とは関係なく、民主党政権転覆活動の武器として十二分に活用されることには変わりありません。
ただし、彼らの目標が最終的に実現するかどうかは、まだ紆余曲折があるでしょうから、確定はしていません。



06. 2010年5月04日 20:34:26: Wb8xyKohXQ
こいつ等の本丸かな?
イタリアでも大変な組織犯罪がありましたから

922 文責・名無しさん New! 2006/10/11(水) 06:36:29 ID:M0IUExUb
>>920 日本でも大暴露は近いよ。
>>901 の言っていた伊国の事件は↓

『巨大スパイ組織? 違法盗聴疑惑にイタリア大揺れ』
2006年09月30日20時01分

●イタリアで、国内最大手の通信会社テレコム・イタリア(TI)の幹部らが
社内に数百人の盗聴担当者を設け、自社を使う電話を大規模に盗聴していた疑惑が浮上した。
●警察や法曹界にも協力者がいたとみられ、伊メディアは「空前規模のスパイ組織」と報道。
本物の国家情報機関を上回る収集力を持っていた、
とも推測され、政界を巻き込んだ騒ぎとなっている。
●容疑者らは97年ごろ以降、数千人分の電話を盗聴。
政府の情報データバンクや銀行、税金関係機関のコンピューターにある個人情報も
入手していた疑い。親友の別容疑者と共に情報を外部に流していた。
●イタリアでは裁判官の許可による捜査当局の盗聴が認められているが、
同容疑者らはこれらの記録も内部協力者から買っていた疑いがある。
●今回の事件で、盗聴による情報やプライバシーが暴露されることも伊政府は懸念している。
伊では数々の刑事事件が盗聴捜査で摘発される一方で、
検察などから漏れる盗聴記録がメディアにしばしば流れていた。


07. 2010年5月05日 09:26:07: Jt9e8AXctI
日本はかって5年間にも渡ってやくざを背後に持った総理大臣に国をまかせていたのですから、裏社会がはびこり、もはや裏ではなくなって、警察、検察、マスコミ、政治家等に入り込んでいるのは当然といえます。

これからしばらく5,6年はその浄化にかかると思われます。それには自民・清和会・みんなの党とはっきりと決別し民主政権を維持するのが前提です。

参院選では昨年自分達の選んだ政権をしっかりと後押ししましょう。選挙以外に民意を伝える術はありませんしそれこそが民主主義です。


08. 2010年5月05日 09:26:17: DCHDReL3A2
日本には、日本を守る愛国右翼が皆無だってね。

現在の右翼は全て、GHQがつくったニセ右翼らしいね。


09. 2010年5月05日 13:11:11: krhIDPPWVM
ベンジャミン・フルフォードさんが関わっているBDSは
自称、真性右翼?

戦前の黒龍会に似た組織だけど、別だとか
ブラック・ドラゴン・ソサエティ?

このBDSも小沢一郎の排除を狙っている組織
BDSは平沼を支持しているとか

日本とアメリカ(CIA?)の闇組織は揃って小沢一郎さんの排除を狙っている。
小沢一郎が中国寄りなのが許せないとかで
天皇支持勢力も小沢一郎さんの排除を狙っている。

小沢一郎さんは民主党内にも敵が多くて、周囲は敵だらけ状態


10. 2010年5月05日 18:52:17: PloMSlqIZw
その後のベンジャミン・フルフォードさん

以下コピペ
05/05/2010
暗黙の終わりが近づいている
中国政治局、日本の裏の権力者、英国王室、CIAなどは私に暫く情報を発信しないよう要請した。とても大事な秘密交渉を成功させるために情報を流すタイミングではない。そのため多くは伝えられないが、伝えられる情報は発信していく。

最近表のニュースで大きな変化の前触れが見えている。特に関心が高いのはゴールドマンサックスに対する刑事捜査。この捜査が法律にきちんと従うと、最終的にレーガン元大統領以降の歴代大統領や欧米大手マスコミ企業の社長にまで辿り着くだろう。また先週英国王室は自分達の不動産であるワシントンD.C.の10平方マイルからワシントンの政治家を追い出そうとした。

この様に末期症状は沢山出ているが、企業プロパガンダマスコミは相変わらず嘘に嘘を重ねている。完全に勝負が付くまでプレシャーを高める必要がある。しかし米連銀の奴隷達が退場せざる得ない日は着実に近づいている。

It is time to end the silence

This blog has not been updated for two weeks at the request of multiple power groups including the Chinese government, the Japanese secret government, the CIA and the British Royal family. They say delicate negotiations are taking place and that they require secrecy for their success. If successful, the result will be an unprecedented boon for humanity and the planet.

For that reason, there is much I will not disclose. However, it is becoming clear from openly available sources that events are slowly coming to a head. The criminal investigation of Goldman Sachs will, if properly carried out according to the law, eventually lead to all Presidents of the United States since Ronald Reagan. The heads of major corporate media outlets will also be implicated. Let us see if the US judicial authorities have the necessary courage to see this thing through to the end.

We have also independently confirmed reports by Casper that the queen of England was in Washington last week demanding that the U.S. corporate government vacate the 10 square miles of D.C. that she claims as her property.

However, yet another deadline has been missed and we still see major B.S. all over the corporate news. The battle will have to be intensified until the criminals are finally flushed out of Washington. Once that is done, their flunkies in Japan and elsewhere will all also have to move on.
Posted at 11:23 | Permalink | Comments (0) | TrackBack (0)

なんだって


11. 2010年5月06日 05:55:54: aLIIP5gDqI
ドラえもんのつぶやきで、日本の支配構造が暴かれてきましたね。
岸一派の犯罪を暴く努力がどうしても必要です。


■岸信介と関東軍特務機関による日本支配の真実
 http://www.asyura2.com/10/senkyo82/msg/437.html


「そうだ。戦前、関東軍は、謀略を使って満州国を作った訳だが、特務機関を操って、その満州国を支配したのが、岸信介と東条英機なんだよ。

当時ほとんど『独立国家』だった関東軍・満州国は、現在のCIA同様、多額の活動資金を賄うため大陸の阿片を資金源にしたんだ。日本が、日中戦争の泥沼に陥ったのも、岸や東条の麻薬利権のためだったとも言われているんだ。

闇社会が扱う最大の物品は阿片であり、この取引で得た莫大な上がりが岸・東条の手下の甘粕や里見ら特務機関の財源であった。

内閣誕生のわずか5年前、2.26事件勃発時には、満州の憲兵隊司令官にすぎなかった東条が、戦時の絶大な権力を手に入れ、総理大臣にまで上り詰めた原動力がこの金という訳だ。

阿片は、関東軍と満州国が押さえていた。しかも生産者との交換のための物資の調達や輸送は、関東軍御用達の総合商社満鉄の仕事だった。

この満鉄、特務機関の残党が、戦後再結集して作り上げたのが、戦前の大本営発表機関、同盟通信の兄弟会社「電通」だ。」


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK85掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK85掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧