★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK85 > 647.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
普天間問題の打開策ー県内・県外・国外を活かし・つなぐ
http://www.asyura2.com/10/senkyo85/msg/647.html
投稿者 伊予次郎 日時 2010 年 5 月 04 日 08:54:25: kixPLv9awJZfA
 


鳩山首相は、今日沖縄を訪問する。また近く徳之島の三首長と会うという。
その思いを活かし・つなぐ解決案を提示したい。

普天間基地移設の第31海兵遠征隊(31MEU)の想定される任務は、朝鮮半島危機、台湾海峡への抑止と初動対応、対テロ作戦の実施、災害救助、民間人救出作戦などだ(2009/11/26衆議院第二議員会館「 普天間基地のグアム移転の可能性について」伊波洋一宜野湾市長)。

このうち対テロ作戦の実施、災害救助、民間人救出作戦などを、日本の航空・陸上自衛隊が、佐世保を拠点に、アメリカ海軍揚陸艦との共同作戦で、担っていくことを提案したい。第31海兵遠征隊の救出作戦では、米国籍→永住権者→アングロサクソン→日本人を含むその他という優先順位と聞く。この提案は、「対等な日米関係」への第一歩だ。

朝鮮半島危機、台湾海峡への抑止と初動対応はどうか。寺島実郎(日本総研会長)は、日米関係の再設計が普天間決着に必要と述べている。米国はパートナー諸国との協力、(米朝の)直接外交で、北朝鮮に孤立の代わりに国際社会への統合、貧困の代わりに貿易と投資、観光を提起し、6カ国協議復帰、NPT復帰、過去の約束の遵守、朝鮮半島の非核化、拉致被害者の説明を求めている。

また台湾海峡への抑止と初動対応は、近年の中台・米中関係の進展から、現実味を失っている。歴史という時間の流れから、次の時代を見る視点が大切だ。こうして、日米が外交・安全保障で、協力関係を進展させる道が開かれる。

沖縄は、日本の縮図。自主・自立の対話外交と専守防衛が基本で、県内・県外より国外が望ましい。小沢一郎は、先に日本の安全保障には、アメリカの第七艦隊だけでよいと言った。

また抑止論は、力の論理だ。だがイラク戦争の破綻、アフガンの泥沼化は明らかだ。古くは、朝鮮戦争で核使用を提案したマッカーサーが解任され、ベトナム戦争も失敗であった。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK85掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK85掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧