★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86 > 120.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
島陰に沈む米原潜 =韓国軍艦「天安」沈没の深層 ( (池田香代子ブログ)
http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/120.html
投稿者 純一 日時 2010 年 5 月 10 日 12:30:28: MazZZFZM0AbbM
 

http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51405294.html

2010年05月10日00:00

その島の陰には、海底深く、アメリカの原子力潜水艦がひそんでいました。ずっと前から。日本政府にも自衛隊にも知らせずに。

この島のある海域で、毎年恒例の、海上自衛隊と米海軍の大規模な合同演習がおこなわれます。そのさなか、一隻の自衛艦のソナーがこの原潜をとらえます。当然、そんな潜水艦は演習計画のリストにはありません。自衛艦は即座に敵性国家のものと判断、ミサイルを発射します。原潜も即座に迎撃、同士討ちで双方の艦は沈みました。

自衛艦の沈没は大ニュースとなり、国内に驚愕が走ります。潜水捜索が続くさなか、海自の特殊潜水部隊の隊員が次つぎと倒れ、うち1名が潜水病で死亡します。テレビは、総理大臣、防衛大臣をはじめとする政府高官や、アメリカ大使や駐留米司令官などの米高官が列席した海上での「海猿の英雄」追悼式のもようを、リアルタイムで延々と報じます。

事故現場での式典を追っていたNHKのひとりのディレクターが、疑問を抱きます。
自衛艦が沈没したとされる場所はここではなかったはずだ、と。自衛艦はまっぷたつになり、潮流に流されたので、そのふたつの沈没現場は6キロ以上離れているのですが、その中間の、平たいいびつな二等辺三角形の頂点にあたる第三の位置、島のすぐそばで、追悼式典は行われていたのです。

最高度の技術を誇る特殊潜水部隊が、潜水病を出すなどという初歩的なミスを犯した。しかもこの部隊は、46名の死者・行方不明者が出ているふたつの自衛艦沈没海域には展開していません。そちらでは、委託をうけた民間のサルベージ船が捜索にあたっています。これは明らかに軽視ですし、第三地点には民間業者を近づけるわけにはいかない軍事機密があるのではないか。

NHKは独自の取材を進めて、式典がおこなわれた第三地点の海底に沈む米原潜の存在をつきとめます。原潜には、米兵100人以上が乗り組んでいました。米軍ヘリによるなまなましい遺体収容のようすも報じられます。いくつかの新聞雑誌の報道が続き、国内は騒然となりました。

ところが、政府はこれらの報道を事実無根と断定し、「誤報」を打ったNHKを名誉毀損で訴えます。その後は、どのメディアもNHKのスクープを後追いせず、事故当時には同士討ち疑惑を報じていた新聞各紙も沈黙します。NHKのサイトのこの部分は削除されます。
そして、外国製の機雷の火薬が沈没した自衛艦から検出された、という調査結果が発表されると、街には「敵性国家に報復せよ」と叫ぶ街宣車やデモ隊が繰り出し……。

驚かせてごめんなさい。フィクションです。
でも、「日本」を「韓国」に、「自衛隊」を「韓国軍」に、「NHK」を「KBS」に、「総理大臣」を「大統領」に置き換えれば、これは事実だというのです。

3月26日に起こった韓国軍艦「天安」沈没事件を、田中宇さんが、そのように読み解きました。田中さんは、この間の韓国メディアを分析して、韓国もアメリカもひた隠しに狂奔している米原潜沈没のストーリーをあぶり出して見せたのです(「韓国軍艦『天安』沈没の深層」http://tanakanews.com/100507korea.htm)。

田中さんの説によると、米原潜は、北朝鮮の電波を傍受し、またなにかあればすぐに出撃できるこの位置に潜んでいた、だからアメリカはその沈没を必死に隠蔽しようとし、韓国政府に命じて韓国軍に強引に遺体の収容にあたらせた、なにしろ原潜だし、核ミサイルを搭載していた可能性もある、危険すぎるので自国軍は出さなかったのだ、そして韓国軍に犠牲が出た……。田中さんの言うとおりだとすれば、死因はほんとうに潜水病だったのか、疑問です。気を失ったとされるほかの潜水隊員も、被曝したのではないでしょうか。この島、ペンニョン島に住む5000人の人びとは漁業をいとなむと思われますが、今後、被曝被害は出ないでしょうか。海産物は放射能に汚染されていないでしょうか。

ここから、私たちはいくつもの教訓を引き出すことができます。

こちらから攻撃はしないという憲法の規定がなければ、あるいはそれを現場が破れば、韓国同様、こうしたことはいつ起きてもおかしくない、ということ。
海自の海猿も海保の海猿も、米軍から危険な秘密任務を有無を言わさずおしつけられ、いつ「英雄」に祭り上げられないとも限らない、ということ。
政府も、頭に血がのぼったアメリカの強引な圧力に膝を屈して、アメリカのために一芝居打ち、自国の報道機関の優秀で誠実な報道にいわれなき非難をくわえ、報道管制をとらざるを得なくなる、ということ。
原潜から漏れ出した放射性物質で汚染された魚介類を、私たちは知らずに口にするかも知れない、ということ。

「アメリカの抑止力」をありがたがり、自衛隊が米軍の弟分(あるいは子分)として処遇されることに嬉々としている限りは。


昨今、抑止力論者は、たとえ空っぽの米軍基地でも沖縄(なぜ沖縄かには答えないのですが)にあるだけで抑止の効果があるのだ、と言います。つまり、張り子の虎でも効き目はあるのだ、と。そのとおりだとして、明示的存在こそが抑止になるのなら、島陰の海底にじっと隠れている、政府も、ましてや「敵国」の政府も知るよしのないアメリカの原潜が、抑止とどんな関係があるのでしょう。

このように、軍隊とは、いったん動きだしたら最後、軍事的合理性のみを追求し、抑止だなんだといった一般向けのタテマエなど、一顧だにしないものなのです。なにかあったら即攻撃だ、という軍事的メンタリティのみが、かれらの行動を支配しています。

わたしたちがこの危険きわまりない現実から解放されるには、軍事バランスが地域の平和には必要なのだという倒錯した神話の呪縛を断ち切るしかありません。

そして、私たちはもっと韓国のことを知るべきです。同じようにアメリカにたいして従属的な立場に置かれた者同士として、韓国の人びとと問題をわかちあい、気持ちを分かりあい、これからどうしていけばいいのか、話しあうべきです。韓国のメディアが黙らされたら、こちらのメディアが代わって報じるくらいの強い連帯を、両国のメディアは育むべきです。

「社会・世界情勢」カテゴリの最新記事

島陰に沈む米原潜
谷岡郁子にクシニッチ、米は変化の兆し メディアは論調を変えよう
保守主義の島 沖縄
沖縄の肝苦(ちむぐ)りさ 「本土」のガゼル
悪いけど鳩山さん、負ける気がしないんです  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. ヒロくん 2010年5月10日 12:41:38: OgkXZWWxgT5dI: l5MqvMXGMI
 えひめ丸の事件、その数年後に偶然見たバラエティ、その頃元横綱曙が安全運転していたのにバイク事故を起こした。えひめ丸の一件は欠陥バイク問題の隠蔽だったことが明らかとなった?

02. 2010年5月10日 13:36:39: 8aMJh3lHY6
こんなフィクションを読むと続きを書きたくなった。
事故のあったペンニョン島の位置は北朝鮮の首都平壌のスグ南、潜んでいた原潜は背中に瘤のアル世界一大きな原潜。特殊部隊シールズや海兵特殊部隊を発進させることの出来る原潜でした。
ほんとかなぁ、と思った人が原潜のしづんだ位置に目印で置かれた第三のブイの写真を覗こうとしたら、サイトから危険なサイトです、との警告を受けました。
この事件の直後アメリカ海軍横須賀基地にはあわただしく原潜二隻が沖泊まり、入港し、大好きなコーラと食糧をタラフク積んで出て行きました。どこに行ったのか、沈んだ虎の子の世界一大きな原潜の機密を奪われないように、そして戦略核ミサイルを搭載しているこの原潜は何かあったらもてる全ての核ミサイルを撃ち込めるように「緊急配備」されたのだろう。
平壌直近の海に潜む原潜、それを韓国領海内で捉え、去年下関の関門海峡で日本一大きい護衛艦-くらまを撃破した韓国のコンテナ船のように、あわくって攻撃した韓国哨戒艦天安。
平壌直近の海に潜んで何をしていたことか。戦争プラン5027の続編では、特殊部隊による金正日暗殺とそれによる北朝鮮政府の混乱、それに乗じた北への侵攻プランがあったようだったが、金正日が地下宮殿からでてくるところをじっと息をころして海に潜んで狙っていたのか。北の報復の核ミサイル基地の位置を要員を海から領土に侵入させ探っていたのか。
とにかく、沖縄の第三海兵遠征団は第七艦隊のCTF-79所属同様の部隊。それは「守り」のためにあるのではなく、「先制攻撃」の突破口としてあるのだろう。正体がこの事件ですこし明らかになってきた。
佐世保から来たお迎えの船に、ヘリコプターで遊覧飛行して乗りあって、「さあ、攻めてきたから、戦争に行きましょう」なんていう「のんびりした軍隊」ではないということがはっきりしたな。
金正日は、中国に企業物産展の見学に行ったのではない事だけははっきりした。実質のない六カ国協議の再開受諾を受けるためにいったのでもないことを示した。
まさに「有事のための」中国との協議と国境沿いの朝鮮族義勇兵の応援確認に行ったのだ。そらっと惚けてね。
しかし、六カ国協議もなにもかも、金正日の手に握られたということだ。今頃、潜入した特殊部隊要員を回収するための同じ型の原潜がハワイ辺りから急行していったことであろう。
事故調査をこじつけて対北朝鮮攻撃に強行突入するか否かの緊迫した場面だな。横須賀に米軍艦船のいなくなったとき何かが始まるか。そのとき、日米同盟による「戦争抑止」のじったいが明らかになる。

03. 2010年5月10日 14:45:47: JhuYkYrSAs
こちらもどうぞ。

韓国海軍哨戒艇「天安」の沈没は米潜水艦との同士討ちか?
http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20100508.html


04. 2010年5月10日 21:38:34: FKLD5wGxok
うーん、仮にそうだったら、韓国側はともかく、アメリカ側は隠蔽できないでしょう。オバマは袋叩きで辞任でしょうし、リークがあるでしょうしね。そんな危険を犯すより、正面から認めた方がよほどリスクは小さいのでは?

05. 2010年5月10日 22:13:10: r8OO7vclFY
 >>03,04コメント氏に追加、ウラが取れている訳ではないが、米韓の同志討ちの蓋然性が高い。米韓合同演習終了後発生した事件であり、旧ソ連以来、対北朝鮮、対中国へのルーティーン・ワーク(通常の監視行動)についていた米原潜(そのため演習には参加していない)を韓国海軍が誤認、攻撃したため米原潜もやむなく反撃結果起こった事件ではないかと、推測するものである。米韓とも表沙汰にしたくないのではないか。北朝鮮は米国のパペット(操り人形)であり、自ら惹き起こす動機も意図もない。

06. 2010年5月11日 15:50:26: QHjqpXgDGY
「誤認」ではなく、米国の意図的な攻撃だったのではないか、とい説がある。
半島の緊張を高め自分達のプレゼンスを増すために。

07. 2010年5月11日 20:01:57: NVnBM2wcvE
初めは、米潜水艦との同士討ちか?は有りかなと思ったが、冷静に考えれば。
天下のアメリカの原潜が、この程度の事で簡単に沈められるのか?と疑問が湧いた。
専門家ではないから、判らないが、現実的に有りうる話なのでしょうか?

08. 2010年5月13日 15:21:35: WWPdCisWSY
3月上旬、群馬、前橋、高崎上空にて厚木から米艦載機が過去にないほど激しい訓練を行っていました。群馬に飛来する米軍機はここ何年かは日常的になっていたのですが、3月上旬の訓練は過去に例がないほど激しいもので、朝から晩まで一日中飛び回り、これが数日続いていました。このときは住民の苦情が多数寄せられ新聞記事にもなっていました。
この記事中に載っているカレンダーではその訓練の激しさが分かると思います。
http://mytown.asahi.com/gunma/news.php?k_id=10000001005100001

群馬上空での訓練は対北朝鮮、平壌を想定したものだと言われています。今思えば、この沈没事故と何かしらのつながりがあるのではと考えています。つまり沈没事故を北朝鮮のせいにして戦争を始めようと考えていたのではないでしょうか?それが米潜水艦も沈んでしまったせいで、計画が頓挫したとか。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧