★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86 > 155.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
週刊ポストスクープ 鳩山が画策するウルトラC 「普天間県外移設」丸秘計画書
http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/155.html
投稿者 徳永基二 日時 2010 年 5 月 11 日 02:32:19: /lNq0lh8fcrQc
 

この手の記事なら週刊朝日やらサンデー毎日などでたびたび最もらしく報道された。今回もガセであるかもしれない。だが、時期が時期である。私はこの計画が本当である事を願ってやまない。

ポストが手に入れたのは「総理試案の概要 九州地区移設・ローテション案」と言う表題のつけれた本文はA4 判一枚だが、複数の付属文章が添付された文章だという。作成日は2010年1月12日、これの後も何度か推敲され最終案が提出されたのは4月に入ってからだ。(ポストはそう書いている)「腹案を用意している」鳩山首相が3月31日の党首討論で語ったのはこの総理試案を念頭においたものだったそうだ。党首討論や会見で腹案の中身について語らなかったのは細部の詰めと根回しが済んでなかったからだろう。

文章の中にはこれまで新聞各紙が報じてきた「徳之島案」も「桟橋案」も「ホワイトビーチ埋め立て案」も出てこない。文章で示されているポイントは三つ
第一に海兵隊はその大部分を九州、沖縄県外に移転させる。第二に普天間飛行場は自衛隊がこれを管理する。この2つの項目で普天間の危機回避と海兵隊の県外移転という鳩山首相の公約が達成される。そして三つ目、移転した海兵隊の一部を「ローテーション」で常時沖縄に展開する。これによって、米軍が求めていた有事の地上部隊との一体運用も可能にする。また、有事対応のもう一つの重要な施策として普天間の有事使用を盛り込んでいる。通常は自衛隊の管理下、住民に危険が及ぶ訓練は実施させないものの一朝事があれば、米軍が軍事作戦に使用できることを想定している。

ポストの入手した付属資料には具体的な移転計画の詳細なチャートがあった。第一案は海兵隊移転先として第一案は宮崎県「新田原基地」現在は航空自衛隊第5航空団が使用しているが自衛隊の玉突き移転を提案している。基地の面積は普天間の2倍で07年から日米共同訓練が行われれており、米軍の要請でC-17大型輸送機あ離着陸できるよう2700メートルの従来の滑走路に加え同じ長さの滑走路が5月末に完成予定だ。しかも来年までは200人の米兵を収容できる宿舎も完成予定だ。すでに米軍の使用は地元に了承を得ており周辺の学校は二重窓と冷房設備が取り付けられるなど騒音対策も完了済みだ。

第二の移転先は鹿児島県「鹿屋基地」である。こちらも2250メートルの大型滑走路に加え、1200メートルの第二滑走路もあるので規模的に文句ない。

腹案の作成経緯についてもポストは報道している。おおよその骨子がまとまったのは昨年暮れ、当時鳩山内閣は移転先について「年内決着」という言葉を使い、米国との交渉で成果の出せない外務省と岡田克也外相らは「辺野古でやむなし」とあせり始めていた。12月はじめに鳩山首相と小沢一郎幹事長が会談、小沢幹事長が「外交の最高権限は総理にある。トップ交渉でやるべきだ」と鳩山氏の背中を押した。その後の鳩山首相の言動を見ていると腹案に狙いを定めたことがよくわかる。「沖縄県外」と言い続け9万人集会や徳之島での反対集会などを受け繰り返し「沖縄の民意を受け止める」と発言してきた。そして「腹案はある」「全くぶれてない」とも強調した。最近になって「沖縄県にも一部、負担してもらわないといけない」と言い始めたことも、前述のローテンション案を頭においていたとすればつじつまが合う。

腹案の作成者もはっきりしている。10年以上前から鳩山氏のブレーンとして活動してきた桜美林大学院客員教授の橋本晃和氏を中心とするグループだ。鳩山首相の安保理念である「常駐なき日米安保」と言う考えをサポートしたのも橋本教授であると言われる。

では何故腹案は5月末のぎりぎりまで日の目を見ず、秘密扱いされているのか。与党幹部は語る。「鳩山内閣の脆弱さの表れだ。閣内には辺野古案で纏めようとした岡田外相やこの問題の担当として自らの主導で進めようとした平野官房長官ら艇庫勢力がおり、特に平野氏は徳之島案や、桟橋案、ホワイトビーチ案などあっちこっちから持ち込まれた可能性の低い案に次々飛びついてマスコミにリークし世論を迷走させた。総理が”平野に任せいるから”とそれを止めなかったことは批判されても仕方がない」
鳩山首相が沖縄訪問、徳之島3町長との会談といった手順を踏んできたのはいわば平野案一つず潰してゆく手順だったという。

鳩山首相は沖縄訪問の前日、平野氏と二時間日本料理屋で会談しているが万策つければ腹案を出すという相談をだったという説もある。


---------------------------------------------------------------------------
とここまでがポストに書かれてあることの大まかな内容だ。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月11日 09:33:14: u8T2aRIP9Y
これは先日のとくダネでブレーン本人がバラしていたよ。ヘリだけのローテは無意味とボロクソ扱いされていたが。

02. 2010年5月11日 10:50:18: 1ANeTBQ6xs
どうなんだろ。一部報道にあるように、海兵隊じゃなくて、嘉手納の空軍のローテで、沖縄の負担を減らすという方向にいってるのかな。要は、沖縄県民がどう思うかだね。

03. 2010年5月11日 22:16:01: BwYqIxYXh6
普天間飛行場はテニアンへ全面移転で、めでたしめでたしじやんけ。

04. 2010年5月11日 22:19:07: QeYugCPlKE
今日の新聞を見ると既にポスト発売一日にしてガセになったみたい。最も関係閣僚会議で実際何が決まったのか朝日と読売では書き方が違っていた。読売は現状追認させたい勢力なのでバイアスを書けて読まないといけないけど。現時点で別な案に動くことは絶望的なのだろうか?

そういえば昨日から日刊現代が明らかに鳩山を見捨てた書きっぷりに移ってきた。
川内博史氏は信書を鳩山首相に届けたというがアメリカが動かない限り現状からの巻き返しは無理そうだ。


05. 2010年5月12日 03:18:35: DtdutbwPRY
米国もジャパンハンドラー主導の国防総省、国務省からホワイトハウス主導へシフトしたとのことですから、纏まる環境は整いつつあるのでしょう。これからが本物の外交ということで、今までは旧勢力同士の旧計画をなぞったやりとり。双方共に新体制で交渉するには、旧勢力による交渉行き詰まりというプロセスを経る必要があったということでしょう。岩上情報では、米国もジャパンハンドラー達が日米関係を最悪の状態にしたことにホワイトハウス周辺が危機感を強めたということらしいが、米国にも日本同様にそのような筋立てが初期の段階からあったとみるのが自然でしょう。アホなのはそのような筋立てとも露知らず仮設舞台で踊ったジャパンハンドラーとその手下の日本旧勢力、マスゴミ、お抱え専門家なのだが、それにすっかり洗脳された観衆もまたアホということで、踊るアホにみるアホ、同じアホなら踊らにゃ損損というわけで、すっかり普天間に踊らされたこの半年でした。
ただポストが抜いた情報も、リークされた時点で本命ではなくなったと見るのが普通の感覚で、最終的に異なる所へ着地する前に、鳩山首相の名誉回復を図っておこうといったところではないか?つまり、首相のち密な計算の下にマネージされた一連の迷走であったと。

06. 2010年5月12日 03:21:44: DtdutbwPRY
↑岩上情報はどらえもん情報の誤り

07. 2010年5月16日 10:48:32: J8ra80BgnU
この記事の終盤では、やはり、多くの方が指摘されているように、岡田外相や平野官房長官らを”抵抗勢力”と断定し、当該計画書を表の議論に載せられなかったとしている。特に、平野官房長官は徳之島や桟橋案、ホワイトビーチ案と可能性の低い案に次々に飛びついてマスコミにリークし、世論を迷走させたと断じている。そして、先日の徳之島3町長との会談といった手順を踏んだのは、いわば平野案を一つずつ潰していく手順だったいう見方だ。
「事態を打開するために、まず政府・与党首脳会議を開き、腹案を承認する。(中略)これで突破できれば腹案は『政府案』になるはずだ」という。
注目すべきは最後のマスコミ批判へと移る論調だ。
「小沢幹事長が陸山会事件で不起訴になった時に”それでも怪しい””不起訴でも辞めろ”と言い続けたように、自分たちの誤報を糊塗するために、”腹案を隠していた鳩山のやり方はおかしい””米国や地元には反対がある”といった『批判のための批判』に出る可能性もある。”メディアの徹底した反・鳩山姿勢がある限り、この腹案が正しく評価されないリスクを考えなければならない」と言う。確かに大メディアは「何が何でも鳩山政権を倒す」という姿勢に見える。一部では、メディアの既得権益を奪う鳩山内閣の施政に反発しているからだという見方もされている。既得権益とは記者クラブ開放、電波利用権のオークション提案などだ。さらに追い打ちをかけたのが、4月に野中広務・元官房長官が暴露した『官房機密費によるメディア対策』の問題だ。新聞・テレビのOBや御用コメンテーターもその対象だったから当事者たちは戦々恐々だろう。もし過去に遡って、鳩山内閣が言う機密費の使途の透明化をされたら、自民党政権と大メディアの癒着が明らかになるわけで、大メディアにとっては鳩山政権は極めて危険な存在だと断言している。
そして、この重大証言を大メディアはほぼ黙殺しているし、政権交代直前に機密費2億5000万円を”持ち逃げ”した麻生政権への批判もしていないことを批判している。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧