★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86 > 170.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アメリカの太鼓持ちをかって出る「天声人語」の「植民地根性」 (世に噛む日日)
http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/170.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2010 年 5 月 11 日 10:57:32: qr553ZDJ.dzsc
 

http://eiji008.blog19.fc2.com/blog-entry-114.html 
2010.05/09 [Sun]


アメリカの太鼓持ちをかって出る「天声人語」の「植民地根性」 

朝日の「天声人語」なるコラムがもてはやされ、入試問題の題材とされるなど、それなりの「権威」を獲得していることは、衆目の一致するところだろう。
たしかに文章は巧みだし、その「構成の妙」は、見習わなければならないことが多く、僕も、「コラムの教科書」として、このブログ更新にも役立てたいと思う。
昨日5月8日の天声人語も、その文章、構成において、なかなかのものだと感心した。

───────────────────

 安心を与える大きな政府か、活力を生む小さなそれか。国家像を語るのに避けて通れぬ設問だが、有事に問われるのは大小より強弱、そしてリーダーシップらしい。そう教える出来事が続く▼国の破産を防ぐため、ギリシャのパパンドレウ首相は全人格をかけて国民に我慢を説く役回りだ。自国通貨が暴落して済んだ頃と違い、混乱はユーロを介して世界に飛び火する。火元責任は大きい▼ユーロ危機も追い風としたか、英国の総選挙で、一貫して欧州統合に冷ややかだった保守党が第1党に返り咲いた。ただ、2党間の交代は「前にダメだった党」に託すこと。有権者は過半数を与えなかった。43歳のキャメロン党首に首相への目算はあるか▼はるかに重苦しい決断を迫られそうなのは、韓国の李明博大統領だ。黄海で哨戒艦が沈んだ原因が、魚雷攻撃である疑いが出てきた。韓国の船を狙う国はいくつもない。46人の殉職は、熱い心と冷めた頭の両方を大統領に求めている▼イラクにアフガンと、米国は万年有事。中国との二極時代を意識しながらも、オバマ大統領は核軍縮の長い道のりに踏み出した。そこに、未曽有の海洋汚染とされるメキシコ湾の原油流出である。神は越えられる試練しか与えないはずだが……▼普天間は、米国にすれば数ある懸案の、小さめの一つだろう。自らの言動でそれを大ごとにしてしまったわが首相。どんな有事もリーダーの資質を試すが、「ひとり有事」とは情けない。地球大乱の気配がにわかに漂う中、この人物に国を任せる間の悪さを思う。

───────────────────

国家像、政府像として問われる大きな要素として、「大きな政府」を目指すか「小さな政府」を目指すかということが、第一の目的意識と設定されがちだが、この日の「天声人語」氏は、「有事に問われるリーダーシップの強弱」こそが大事なのではないかと説く。

そして、ギリシャ、英国、韓国のリーダーが直面する「重い政策課題」を簡潔に紹介し、アメリカのオバマ大統領の「核軍縮」という政策を暗に称えながら、メキシコ湾の原油流出を、かなりの感情移入で憂いてみせる。

それから、アメリカとわが国日本の「共通項」である「普天間基地移設問題」へと話を進め、オバマ大統領と比較する形で、いちばん言いたかった「わが国首相の無能、無策」を効果的にあぶり出し、慨嘆してみせることに成功している。

さすがに、文章を書いてメシを食っているだけあり、極めてクオリティの高い「文章術」の教科書を目の前にする思いがして、今さらながら、感心させられてしまった。


ただ、その「文章」と「構成」の素晴らしさに比べ、肝心の「内容」はどうだろうか。
気になるのは、結論部分における、「普天間」問題に対する、あまりの過小評価である。

「普天間は、米国にすれば数ある懸案の、小さめの一つだろう」というくだりの前後の文脈から考えて、「天声人語」氏は、「核廃絶という人類の悲願に比べて基地の移転問題などというものは、小事に過ぎない」と言っているように思える。
それは、「自らの言動でそれを大ごとにしてしまったわが首相」というくだりで、かなり、明らかになっている。
「首相が何も言わなければ、沖縄の人々への一方的な負担押し付けだけでコトが済み、日米同盟までを揺るがすようなものにまで発展しなかった」と言いたいのだ。
要するに「寝た子を起こした」と言いたいのだ。


米側からすれば、本当にムカつくことではあるが、「小事」かもしれない。
しかし、沖縄人民をはじめとする、われわれ「日本国人」とって、これ以上アメリカとの隷属的関係を続けなければならないのか、どうか、これほどの「大事」はないだろう。
「ひとり有事」という表現で、この問題を首相一個の問題へと矮小化する「天声人語」氏は、いったい、どこの国の人間だろうか?
今までさんざん熱湯浴から「売国アサヒ」などといわれ続けたこの新聞に、僕も同じ言葉をぶつけたくなる。


いいか?
「アメリカ帝国の立場」から、わが国の宰相を批判し、「情けない」と断じているんだ。
社会面などで「沖縄のひとびとの思い」をいかにも重んじるような報道をしながら、大局ではアメリカの利害を代弁している。
なんという矛盾だろうか。
「情けない」のは、アサヒのその「植民地根性」のほうだろう。
この情けない新聞を「日本を代表する三大紙のひとつ」と呼ばなければならない間の悪さを思う。


http://www.blogmura.com/ 
にほんブログ村

ニュース人気プロムランキング
http://blog.with2.net/rank1700-0.html 
↑ご協力をお願いいたしますです。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月11日 11:06:28: umNLVQM5PU
♪沖縄を返せ 歌:ガクッポイド (Vocaloid Gakuppoid)
http://www.youtube.com/watch?v=smeeeOVB2IY&feature=player_embedded  

02. 2010年5月11日 11:21:15: BrXOa5Bxw6
起承転結・・・最初から民主攻撃「結」がありき。
朝日の購読やめて本当によかったと思う今日この頃。

まだ朝日を購読している人、はっきりと意思表示しましょう。
民主主義を踏み躙る検察を擁護し、
国民が選んだ民主党政権への攻撃などの偏向報道が目に余るので解約します、と。

こんなめちゃくちゃな報道を続けていても朝日が懲りないのは
それでも購読する人がいるからです。

私は、朝日が改心して(船橋解雇などの人事刷新も含め)まともな新聞に戻れば
購読を再開してもよいと考えています。


03. 2010年5月11日 11:25:11: QXVaulDOhs
小さな問題を大きくしたのは朝日はじめマスゴミだったのではないか。
普天間の海兵隊の多くはグアムに移転することになっていた。それを利権に目をくらんで解決不可能にしたのは自民党政権であって、政権交代で既定の路線に戻って解決できるようになっただけのことである。
それを『偉業』に仕立てようとした民主党の戦略にはまったのか、もうほとんど解決不可能な大きな問題みたいにしてしまった。マスゴミがこれだけ解決不可能と騒いだおかげで5月末の決着は非常に困難な普天間基地問題を解決した『偉業』と言うことになるだろう。
初めの頃ならいざ知らず、最近の状況を見たら気が付かないはずはない。沖縄に行って住民の反対に遭うことは行く前から分かっていた話で、住民の反対で『腹案』は潰れたなんて事でない話はジャーナリズムの世界にいればすぐ分かる話である。徳之島の町長さん達との会見も同様である。公式発表に近い関係者の話を機械的に記事にしているだけなのか。
どうも最近のマスゴミは5月末決着の時に民主党政権の『偉業』にスポットライトが当たるように舞台装置を整えているようにしか見えない。

04. 2010年5月11日 11:35:22: uwO9xRsHBk
朝日は常にアメリカ目線でしか記事をへりださないよ

真正のバナナである


05. 2010年5月11日 11:46:24: TJ2RvmwiCk
小泉以降、朝日新聞って購読者層の傾向を完全に無視してるよね。
あれじゃ解約増えるはずだよ。

06. 2010年5月11日 11:49:51: hk2R0a6TDQ
>「沖縄のひとびとの思い」をいかにも重んじるような報道をしながら、大局ではアメリカの利害を代弁している

このダブルスタンダードが生み出す自己矛盾に新聞・TVは目を背けようと必死だ。
そもそも天声人語を奨励されて教育を受けた世代としては、
天声人語と聞くだけで重苦しい気分になる。
こういうタイプの分かったような事を偉そうに書いてる連中の八方美人文章は詰まらない。

真実の探求の為に一生懸命心戦ってるブロガー・ジャーナリスト等の文章の方が余程心を揺さぶり共鳴させてくれる。それはダブルスタンダード的八方美人文章ではないからだろう。


07. 2010年5月11日 12:05:18: QXVaulDOhs
朝日を含めたマスゴミは、5月末に決着したとき『世紀の偉業』にスポットライトが当たり、その『偉業』が一層映えるように今一生懸命周囲を暗くしているのではないでしょうか。
参議院選挙が終わったら『神様・仏様・小沢様』とでも言い出すのではないでしょうか。

08. 2010年5月11日 14:27:30: qB0lyF9zCs
今ほど大マスコミのダブスタぶりが丸見えになったことはないな。
ホント、どこまで醜態さらすのかね。

09. 2010年5月11日 15:54:07: BgFvYaexYM
ついでに「素粒子」もひどい。腹がたつことが多い。歯が浮くような偽善そのもの。グロテスクでさえある。したり顔しやがって!

10. 2010年5月11日 21:20:31: NeWHhpRmJI
09さんに同感。「素粒子」のひどさは恥ずかしいほど。こんな無責任で自惚れの強い「寸評コラム」はやめるべきだ。

かつては「クオリティペーパー」と言われた朝日が、実はそうではなかったことを白日の下に晒したのが、今回の政権交代の大きな成果のひとつ。
あれだけ「提言」好きの朝日が、なぜか普天間問題では政府をこき下ろすばかりで、「普天間問題を考える」という記事も掲げず(いわゆる識者へのインタビューなどはあるが)、いまにいたるも沈黙を守っている不思議。沖縄をどうすればいいのか、安全保障をどう考えればいいのか、なんら具体的な論説を展開しない。これで言論機関といえるのか。そのくせ社会面では基地移設に反対する人びとを取り上げ、「南の島の声を聞け」と情緒的な記事を垂れ流し、高みの見物を決め込む。

普天間問題では新聞だけでなく、各週刊誌も横並び報道だから(皮肉なことに「週刊朝日」を除いて)、以前だったら朝日のどんな記事にもイチャモンをつけていた「週刊新潮」まで、そんなことは忘れたかのように同調して鳩山、小沢バッシングに懸命。結局は同じ穴のむじなだったことを自らさらけだした。彼らは自民政権が失われて残念で仕方がないんだろう。

いやあ、政権交代の「果実」は本当に得がたいものです。


11. 2010年5月11日 21:27:49: M58j0NOSg2
ご主人はアメリカ様でその太鼓持ちとは、ほとほと情けないね。どこまで根性が腐っているのか。

12. 2010年5月11日 23:57:05: OWlD8zQf9Q

未だ結果は出ていないが、かってこれほど沖縄県民のことを考えて、自ら泥をかぶってまで行動した総理がわが国にいたことがあったか?

そのやり方はあるいは稚拙であるかもしれないが、今後の日本の歩むべき道程はこの総理によって拓かれていくかもしれないのである。

一体、メデイアの方々はこの総理にどのような支援を行ってきたと言うのか?

官房機密費を貰って旧政権の走狗になったと噂の方々はどのようにその説明責任を果たされるお積りか?


13. 2010年5月12日 00:41:47: XYqJ1Ueyro
「自らの言動でそれを大ごとにしてしまったわが首相」

これを読んで、鈍い私でも朝日新聞がどんな新聞社かがよくわかる。自分たちがやってきたことがわかってないのだろうか、本当にあきれる。

世の中おかしいってつくづく思う。


14. 2010年5月12日 00:50:22: 1VNrzVOidw
マスコミや、評論家ごときは、しょせん口先だけの人間。
こいつら何十年も生きてきてなんの役にも立ったことがない。

こんなこえだめのウジ虫のような特殊な人種に日本国民が左右されてきたのだ。
いいかげん目を覚まそうじゃないか。


15. 2010年5月12日 08:10:20: tRb6xadBpg
朝日新聞止めて本当によかったです!

16. 2010年5月12日 10:55:55: 2JcqXKKxtI
どなたかご存じないですか?
この1年の大手新聞”解約”状況
マル秘中のマル秘でしょうが
産経や毎日が耐えきれなくなてきているようですが
いずれ朝日、日経にもやってくるでしょう
現状ではやっぱり読売が勝ち残るのか?

朝日新聞よ
読売を潰して自分が生き残るのは、今これしかない{全記者クラブ脱退}
これができなければ朝日は読売には一生勝てない

しかし産経や毎日がつぶれるかもと言われて久しいけど
だれもジャーナリズムを支える、言論の守るため取ってあげようなどの
運動をしてくれる人もいない
本人たちは人々から見上げられていると勘違いしている
実は人々から見下げられている大手マスコミ


17. 2010年5月12日 11:40:41: zcKuZoamBw
かって朝日の「天声人語」は、大学入試の読解力の指針として多くの大学が
問題として選んだ。高校の教師、予備校の教師がこっぞて推薦したものだ。
今はどうだ。大学の教師も取り上げるのに苦労しているのではないか。
名文ならぬ迷文ではそれは無理だろう。

18. 2010年5月12日 12:38:07: YaABuySMwA
日本にはアメリカの新聞しかないということだ。アメリカ朝日新聞と名前を変えれば良いだろう。

19. 2010年5月12日 19:57:46: HbPDUassgc
天声珍語は素晴らしい抒情詩だ
ひとり有事の言葉が踊ったが、まさに
アフガン、イラク、核問題、FRB、普天間は米国のひとり有事である
小さな懸案は最早、懸案ではなく良識の問題となり
米国の民意に重きをおく精神に由って回答は自然体となる
沖縄県民の一致だ、いや国民も同意かも
抒情詩は文節に溺れ本質を知ろうとはしない
饒舌な詐欺師は嘆かない

20. 2010年5月13日 07:24:18: UIGdljKFIA
このコラムの内容は鳩山首相に対する捨て台詞だ。

つまりまんまと彼の策に乗ってしまった自分達の愚かさを悔いているのだ。

彼がわざわざ5月末などといって期限を切ったからこそ、出来やしないだろう
事が分かっているマスコミが一斉に彼の行動姿勢を批判し、ユダヤ資本のワシント
ンポストが「ルーパー」だか「ルーピー」だか言うもんだからネトウヨが大喜び。
とかやってたら沖縄基地反対大決起集会。

日米利権者どうし、顔色を失ったでしょ。
なんせ当日も翌日も報道はエリカ様の離婚騒動一色だったもの。

いかにこの方向が彼らにとって不都合な結果だったのかが良く分かる。

もし、本当にそこまで読んでて、平然と鳩のまねをしながらマスコミに叩かれ、
わざわざ渦中の沖縄に言って罵声を浴びせられながら腹の中で舌を出していたと
したら、これはかなりの宰相ですぞ。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧