★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86 > 398.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
タイ、タクシン派の動きの背後にあるのは中国ではない。
http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/398.html
投稿者 taked4700 日時 2010 年 5 月 15 日 09:22:00: 9XFNe/BiX575U
 


 タイで、タクシン派の反政府行動がエスカレートしている。一部マスコミに、タクシンの背後には中国政府がいるというような記事が出ているが、それはおかしいと思う。

 そもそも、タクシンが現在のような財産を築き上げたのは、携帯電話事業であり、それは1980年代後半のことだ。

 中国での携帯電話の普及の歴史は、次の文章から分かるようにタクシンがタイで携帯電話事業を始めたのとほぼ同じだ。つまり、タクシンへ技術供与が出来るほど、当時の中国には力が無かったはずだ。

以下、http://wbb.forum.impressrd.jp/feature/20080109/519より引用:
1987年、中国政府は、初の携帯のネットワーク・サービスを広東省広州市で開始しました。その目的は、香港の加入者が中国内地で携帯を利用できるようにすることでした。このネットワークは第1世代のモバイル通信方式のもので、イギリスの900MHz TACS(Total Access Communication System)標準を採用しました。

当時、普通の中国人の月収は僅か400〜500元(6,000円から7,000円程度)でしたが、携帯電話の値段は1万元(15万円程度)以上もしました。普通の人には夢のような贅沢品だったため、当時、携帯電話は「大哥大」(ダアグダア)(「会社の社長しか使えないもの」という意味)と呼ばれていました。実際、1987年の携帯電話加入者数は、12億の人口に対して、僅か700人に過ぎなかったのです。
以上引用終わり:

 そして、タクシンが携帯電話事業を始めたのは、次の記事にあるように1986年だ。

以下、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%8A%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%88#.E4.BC.81.E6.A5.AD.E5.AE.B6.E6.99.82.E4.BB.A3より引用:
1986年4月24日(タイ仏歴2529年)、タクシンは携帯電話サービスの営業権を政府から獲得してAISという携帯電話会社を立ち上げた。この企業は成功を収め、タイでの携帯電話の普及に伴って黒字を拡大し、タイを代表するコミュニケーション会社となった。今ではタクシン家はタイ国一の富豪と言われる。この後、1987年(タイ仏歴2530年)、警察を辞職し、シナワトラ・コンピューター・アンド・コミュニケーションズ社(注:英語直訳、現シン・コーポレーション社)を設立し、警察時代のコネクションを生かして警察機関にコンピュータの貸し出しを行った。
以上引用終わり:

 また、タクシンは次の記事にあるように2度もアメリカ留学をしている。

以下、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%8A%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%88#.E4.BC.81.E6.A5.AD.E5.AE.B6.E6.99.82.E4.BB.A3より引用:タクシンはタイ王国警察士官学校第26期を首席で卒業し、1973年内務省警察局(現在の首相府警察局)に警察少尉として任官する。当初は国境警備隊に所属していたが、半年後局内でアメリカ留学の機会を得て渡米。イースタン・ケンタッキー大学で刑事司法修士をわずか4ヶ月で終え帰国。1976年に警察中将の娘ポチャマーン・ダーマーポン(พจมาน ดามาพงศ์, Potjaman Damapong)と結婚し、同年再び渡米。1978年(タイ仏歴2521年)、サム・ヒューストン州立大学で刑事司法博士(doctor of criminal justice)を取得して首都警察参謀局政策企画副局代理顧問の地位に就いた。
以上引用終わり:

 そもそも、中国が外国への影響力を強めようとするとき、経済援助を通じてそれをやるのが現在の中国の典型的な方法だ。それはアフリカ諸国への進出の仕方を見てもよく分かる。

 つまり、現在のタイの情勢はどう考えても、タクシン派の背後にアメリカの動きがあり、まさに東南アジアのリーダー的存在であるタイをフィリピンのような実質的な植民地にしようというアメリカの以降があると見るべきだ。

 そして、日本も、現在のような格差社会化を促すような政策が続けば、それこそ、今のタイのように、街中でテロが頻発するような社会になってしまう。

 タイは、街中にいる野良犬を殺処分せず、避妊手術を行ってそのまま街中で生かし続けるという政策がごく自然な選択として民意の支持を受けるという、穏やかな仏教徒の社会なのだ。そのタイで、銃撃戦が起こり、強硬派のリーダーがたった一発の銃弾で頭部を撃たれるというのは、どう考えても、背後にタイ社会を操作していこうという勢力があるとしか考えられない。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月15日 09:29:35: w6m1iWoSZ6
タクシンがクーデターで追い出されたとき
激怒したのは胡錦濤ではなく、何故かブッシュ大統領(当時)だった。

だいたいわかるよね。


02. 2010年5月15日 09:31:56: WJBG6VJork
これは板違いでは?いかに「政治板」とはいえ、日本との関係が「日本も、現在のような格差社会化を促すような政策が続けば、それこそ、今のタイのように、街中でテロが頻発するような社会になってしまう。」だけの、外国に関する内容なら、「国際」か「アジア」板に投稿するのが筋というもの。

ただでさえ投稿が多く、流れの早い「政治板」で、直接国内政治情勢に関連の薄い「他国の政治」に関する投稿が増えて、果たして「誰が得」をしますか?

参考までに阿修羅投稿規約より関連項目を下記に。

◆投稿規範
・投稿はそれぞれの投稿の質にあわせて板を選択する


03. taked4700 2010年5月15日 09:39:52: 9XFNe/BiX575U: OoZMjCXFt1
02. 2010年5月15日 09:31:56: WJBG6VJorkさんへ。

確かにおっしゃるとおりですね。

今後、アジア板へ投稿するようにします。すいませんでした。

taked4700


04. 2010年5月15日 10:01:34: MJCuURRj3o
02さん アメリカが起こしている事件が全ての政治に繋がっている事が分かってきました。万が一タイにまで手が伸びているとしたら、普天間や郵政民営化とも繋がってきます。政治欄で正解ではないでしょうか。アジア全体で考えないと読めなくなっています。

05. 2010年5月15日 10:17:25: H41uOHcBmk
 すでに4月13日の時点で、ベンジャミン・フルフォード氏のブログには、以下の一文がある。
 ”一方タイの軍部と王室は親米勢力を弾圧しているため、アメリカの操り人形であるタクシン派は追い込まれている。その他、アメリカとの関係に悪化が見られた国はトルコ、インド、パキスタン等がある。”

06. 2010年5月15日 10:55:37: H41uOHcBmk
 連投失礼するが、
「現在のタイの情勢はどう考えても、タクシン派の背後にアメリカの動きがあり」を、
「現在の日本の情勢はどう考えても、清和会の背後にアメリカの動きがあり」や
「現在の日本の情勢はどう考えても、検察の背後にアメリカの動きがあり」等と
日本の現状に言い換えれば、政治欄でも全く問題ないと思うのだが。

 アメリカの裏支配が陰謀論だというのなら、Ψ空耳の丘Ψしか投稿場所がなくなる。


07. 2010年5月15日 17:37:14: Qz87sJNvtQ
もともとタクシンはアメリカの資金でアメリカの大学を出たといわれているアメリカの手先。
利権により莫大な富を自分の身内にのみにもたらし国を追われたもの。
もう少しでアメリカのタイ植民地化が可能だったのに、その矢先に違法蓄財が露見し国外逃亡。
現政権と王族には並々ならぬ憎悪をもっている。
いまタクシン派と言われている過激派=赤い集団はほとんどがなにも知らない農閑期の農民たち。
暇なら1日500バーツ払うからデモに参加しろと呼びかけられ、深い事情もわからぬまま日銭ほしさにデモに参加している農夫たち。(どっかの国ではB層とかいっているけど)
一方黄色の集団は国を守り王様を守り、このタクシンの悪事を阻止しようとしている一般市民の集団。

いまどっかの国で断末魔の旧権力者どもと戦っている政党と、それを支援している一部の国民がいるが、それとまったく同じ構図。

すべてはネオコン・ユダ金が後ろで操っている。


08. 2010年5月16日 19:00:20: OoZMjCXFt1
だから、もっと、日本の現状について深刻に捉える必要があると思う。

皆さん、あまりにも第三者的に見すぎだと思う。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧