★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86 > 676.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
外務、防衛官僚に踊らされる「辺野古移設」報道【永田町異聞】
http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/676.html
投稿者 otoppi 日時 2010 年 5 月 20 日 13:38:17: cUHXG0u8x2am6
 

外務、防衛官僚に踊らされる「辺野古移設」報道【永田町異聞】
http://ameblo.jp/aratakyo/

昨日の読売新聞「辺野古埋め立て回帰」の記事を、後追いするメディアが目立っている。

とくに朝日新聞は読売以上に熱を帯びた報道ぶりだ。

たとえ「飛ばし」くさい記事でも一面トップでドンとやられたら気が悪い。担当記者は「読売を抜き返せ」と上司にハッパをかけられたかもしれないし、自らを鼓舞したかもしれない。

まず昨日の朝日夕刊で、辺野古埋め立ての新工法に焦点をあてた記事を書いた。公共工事で海に流れ込んだ赤土によるヘドロを掘り返して埋め立てに使うという。

読売の記事は現行案を滑走路の配置の修正ていどで調整するとしていた。朝日の記者は新工法を強調することによって、単純な後追いの印象を薄め、むしろ特ダネのごとく見せようと工夫したようだ。

多分、この新工法は多くの選択肢の一つとして、記者クラブでは知れ渡っていたのではないだろうか。

朝日の夕刊は、この工法を「検討していることが明らかになった」と書いている。「検討」というのは実現性に疑問符がつく場合が多い。

そのうえ「具体的な工法は日米の合意文書には盛り込まない方向」という政府高官、つまり官房副長官のうちの誰かのコメントを付け加えている。

つまるところ、昨日の朝日の新埋め立て工法報道は、読売にというより、本社のデスクや部長に対して記者の意地を見せただけの自己満足的な記事だろう。

さて、問題は今日の朝日新聞だ。一面トップに「普天間 日米共同声明へ」と大見出しを掲げた。

「移転先を辺野古周辺と明記した共同声明を取りまとめる方向で最終調整に入ったことがわかった」と書いている。

そもそもこんな共同声明、国民が納得するわけはない。どこから出た情報なのかと思い、一面の本記に目を通したが、中身は昨日の読売と大差なく、政府の談話もない。

そこで、4面のサイド記事に目を凝らす。「普天間 結局現行案並み」という見出しは「結局、辺野古埋め立てへ・・・普天間移設」という昨日の読売とほぼ同じだ。

この記事には、何人かの発言、コメントが登場する。

まず岡田外相。「5月末までに日米間で何らかの合意に達したい」。衆院外務委員会での発言だ。

そして、普天間移設の実務者協議にかかわる複数の日本側関係者が明かしたというのが以下の内容だ。


「文書をまとめるために努力している」「中間的なものをとりまとめる」

これで分かるのは、何かの文書を日米間で5月末までにとりまとめようとしていることだけである。

ところが、これに続く部分で、記事は一気に飛躍する。

共同声明は、首相が約束した5月末決着を形だけでも主張するためのぎりぎりの策だ。日本側が米側に歩み寄って「現行案」に限りなく回帰する一方、米側は工法などを含めた最終合意の先送りを了承し、双方の顔を立てた。

しかし、その実態は、「最低でも県外移設」「現行案が受け入れられるような話があってはならない」とした首相の約束が完全に崩壊したことを意味する。

岡田外相の言う「合意」、日本側関係者の言う「とりまとめ」が、辺野古移設を明記した共同声明と、どうつながるのかを明らかにしていない。

5月末の鳩山総攻撃にむけて腕まくりしているようにさえ思える記事になっている。

このなかで、最もリアリティがあるのは以下のくだりだ。

「限りなく現行案」という落としどころがみえ、日米関係の最前線に立つ外務・防衛担当の官僚は、ほっとしている。「米国は、専門家まで大勢来て、(交渉に)よく付き合ってくれている」「腐っても同盟だ」などと、日米関係の冷却に歯止めがかかったとの声も出る。

外務、防衛官僚のブリーフィングに情報を依存する記者たちの姿が目に浮かぶようだ。

当然、実務者協議の日本側関係者とは、ひたすら米国の顔色をうかがう外務、防衛官僚たちのことである。

5月末まであと10日ほど、どんでん返しの鮮やかな政治主導を見せてもらいたい。

【コメント】
米国側の実務者も国務、防衛官僚。このような実務者レベルでは責任の取りようがないので、現行案に限りなく近くなるのは当然。クリントン長官が、ホワイトハウスとしてどうなのかをきちんと表明できるかが焦点ではないか。

米国側の条件として運用性の他に政治的な安定性を求めているわけだから、現行案では受け入れられないのは米国側にも明らかなのではないか。ただし、日本政府からお金を引き出すには現行案をテコにすることが米国としては得策と見られる。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月20日 17:31:30: DtdutbwPRY
官僚もマスゴミも売国奴。
相手の交渉条件つり上げの手助けをしているようにしか見えない。
永田町異聞の「どんでん返しの鮮やかな政治主導を見せてもらいたい」は同じ思い。
まともなコメントに触れると、ほっとします。

02. 2010年5月21日 18:54:45: h8JtI7AVYA
5月末は、日米、日中、日アジア関係を考え、沖縄の米軍基地を考えるスタートラインだね。
昨夜の報ステで古館が改心したのか、沖縄上空から米軍基地のとんでもない問題点を指摘して、まともなこと言ってたね。

これ見たら、自民公明みんなの党立ち枯れ党ますぞえ党は、基地利権でとんでもない恐ろしいことをやってきたんだなということがわかるね。

国民も、普天間について理解を深めている。5月末決着出来ないなら退陣とか言ってるバカ野党とマスコミ、国民から総攻撃に遭うよ。

5月末にわざと決着させずに、バカ野党と、マスコミに騒がせたら面白いかもな。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧