★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86 > 692.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
普天間基地海外移設決断の環境が整いつつある (植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/692.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2010 年 5 月 20 日 20:22:46: qr553ZDJ.dzsc
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-5dc7.html
2010年5月20日 (木)

 普天間基地海外移設決断の環境が整いつつある

鳩山首相が沖縄普天間基地返還問題について、代替地選定の期限と定めた5月末が接近している。

画像 悪徳ペンタゴン http://uekusak.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2010/05/20/_72.jpg 同ブログより

反鳩山政権キャンペーンを展開するマスゴミは、5月末決着断念であるとか、辺野古沿岸滑走路建設案への回帰などの情報を無責任に垂れ流している。これらの偏向した情報に対しては、すべてが野党勢力=悪徳ペンタゴン派の反政府活動の一環であるとの基本を常に忘れないように接することが大切である。
無責任なアジビラの一種であるとの認識を携えて記事に接すれば、偏向記事に汚染される危険をある程度除去できるはずだ。
読売新聞などは、「結局、辺野古埋め立てへ…普天間移設」の見出しで記事を掲載しているが、本文を読むと、読売新聞の単なる憶測を書いただけのものであることが判明する。憶測というよりは願望、あるいは米国からの指示に基づく記事の掲載と表現する方が適切かもしれない。
鳩山総理は5月末の決着に向けて、各種行動を加速させている。普天間の機能の一部を辺野古に移設し、訓練などの機能を鹿児島県徳之島に移す案を軸に調整を続けている。鹿児島県徳之島への一部移転については、地元住民の反対が根強いなか、政府として示すことのできる条件を受け入れ賛成派の人々に伝え、徳之島での一部機能受け入れ実現に向けての努力を継続している。
辺野古への移設については、海岸を破壊する滑走路建設の自然破壊の程度が大きいことから、海上桟橋方式が提示されたが、この方式でも環境に対する負荷が大きいことが問題になっている。
当初、陸上部にヘリ離着陸施設を建造することが検討されたと見られるが、米国が2012年にも垂直離着陸可能ヘリのオスプレイを配備する計画を有していることが明らかになっており、米国は1600メートル以上の滑走路建設を求めていると推察される。
このことから、キャンプシュワブ陸上部へのヘリ離着陸施設建造案が見送られていると推察される。
鳩山政権としては、米国の意向を汲みつつ、同時に沖縄の危険と負担軽減を実現する決着に向けて、精力的に検討を繰り返しているのだと思われる。
こうしたなかで 5月14日、鳩山総理が極めて重要な方針を明示 (http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-9424.html)した。

普天間基地返還問題の決着に際しては、日本政府、地元、米国の三者の合意成立が必要である。このなかで、直接対立しているのが地元と米国の意向だ。
鳩山総理は国会での党首討論の場で、
「米国の同意を取り、そのうえで地元の理解を得る」
と受け取られかねない発言を示したが、この点について、
「まず地元の同意を確保し、そのうえで米国の同意を取る」
との方針を明示したのである。
この順序が重要である。
5月末の期限を考えたとき、5月末までに三者の合意を取り付けることはかなり難しい情勢にあると思われる。
しかし、鳩山政権としては、5月末までに方針を定めると明言してきただけに、5月末までに一定の結論を示さなければ責任問題が生じる。
したがって、鳩山政権としては、5月末までに地元と政府が同意できる案を確定することがどうしても必要であると思われる。この点で鳩山総理が公約を実現するなら、一定の評価を得ることになるだろう。
評価を得ることが目的ではなく、もちろん、問題を解決することが目的であるが、日本の主権者の幸福を追求するべき日本政府であるなら、まずは日本の主権者の意向を踏まえた日本政府としての考え方を決定するべきである。


そのうえで、米国に日本政府の見解を提示し、外交努力によって米国からの同意を取り付けることが求められる。この最終部分である米国からの同意を取り付ける作業が6月以降にずれ込んだとしても、鳩山政権が強く批判を受ける言われはないだろう。
日本国内に存在する反日勢力=売国勢力=米国代理人勢力が、公約違反だと騒ぎ立てるだけである。鳩山政権は日本の政府であるのだから、日本国民総意をしっかりと踏まえて、日本政府としての結論を堂々と米国に提示すれば良いのであって、これを批判することは、反日本=売国の行動と言わざるを得ない。
こうした状況を踏まえると、鳩山政権が米国に対して、最終的に普天間移設先を海外に求めるための環境が整いつつあると判断される。
米国の意向を踏まえて、辺野古と徳之島への分散移設案を軸に日本の主権者との調整に全力を注いだが、残念ながら日本の主権者の同意は得られなかった。したがって、海外移設の方向で最終着地を図りたいと日本政府が米国に通告する場合、米国はこれを拒絶する大義名分を持たない。
ここで問題となるのが鳩山総理の「抑止力」発言である。しかし、鳩山総理は「抑止力」の概念の重要性を述べたのであって、沖縄に海兵隊が駐留し続けることが「抑止力」維持の絶対条件であると述べたわけではない。(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-61ba.html

軍事問題の専門家が各種論議を展開しているが、中立公平の視点から精査する限り、「抑止力」=「海兵隊の沖縄残留」の結論は導かれない。
この主張を提示している人物の顔ぶれを見ると、すべてが完全に米国代理人であって、この主張が日本の主権者国民を代表する見解でないことが分かる。
米国は海兵隊の中心拠点をグアムに移す方針を定めており、可能であれば沖縄に前線基地を確保したいと考えているだけである。しかも、沖縄に駐留する部隊の主目的は、有事の際の米人保護であり、日本の安全保障を確保するための「抑止力」としての機能は極めて限定的であるというのが、標準的な専門家の見解である。
この点に関して、「ふじふじのフィルター」様が
「中国を仮想敵国(脅威)とみなした場合、海兵隊(米軍)が抑止力にはなりえないことはハッキリしている」(http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-49ae.html)と題する記事を掲載され、5月14日深夜にQAB琉球朝日放送が放送した開局15周年記念報道特別番組
「どうなる普天間移設〜朝まで徹底生討論〜」(http://www.qab.co.jp/asanama/
の一部を紹介くださった。このなかに、沖縄の海兵隊と「抑止力」の関係についての発言が多く示されているので、ぜひご高覧賜りたいと思う。
 巨大な建設費を投下して、かけがえのない自然を大破壊して沖縄に新たな基地を建設する合理性は存在しない。鳩山総理自身がこのことをもっともよく理解していると思われる。
 鳩山総理は、最終的に、普天間基地海外移設を日本国民総意の結論として米国に提示するべき (http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-24ff.html )だ。もし鳩山総理がこの勇気ある行動を示した場合、主権者国民は一枚岩となって鳩山総理を支えねばならない。
 米国の手先となって鳩山総理を攻撃するマスゴミが出現するなら、そんな売国マスゴミには、この国から出て行ってもらわねばならない。名称を国売新聞(くにうりしんぶん)と改めるべきだ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月20日 21:12:00: 7mC5FlXokU
阿修羅ではまだ投稿されていないが、
植草氏が民公連立を支持するような文章を書いているな。

>>民主党を軸とする現在の与党勢力が安定勢力を確保するために、
最も有効な方法は民主党と公明党が連携することである。(略)
民公連携が実現すれば、参院の安定多数を確保することも可能になる。
(原文ママ)

植草氏に関しては、文章がいつも似たり寄ったりだったりして、個人的には
あまり興味のない存在だっただけで、今までは悪い人物や敵対する人物とは
思っていなかった。
でも、あの公明党と連立を組むべきと堂々と書いているところを見ると、
うさんくさい人物、あまり信用ならない人物として俺の中では
インプットされたわ。


02. 2010年5月20日 21:33:48: 1YataSbVoA
公明党との連立は、あくまで、政教分離の実現のための布石です。

民公連立の真の狙いは、公明党と創価学会を分断させることにあると言われています。


03. 2010年5月20日 22:16:26: lFtrGPhedw
小沢氏もあきれた?…普天間問題の政府対応

小沢氏は「地元(沖縄)が反対集会を開いてここまで反対しているのに、すんなりいくとは思えない」と述べた。「(鳩山政権の)発信や決断の仕方もどうかなあ」とも語った。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100520-OYT1T01012.htm

小沢氏が明確に役人に踊らされてる北川らを批判


04. 2010年5月20日 22:39:06: Ee34p52FAM
>02

じゃ〜,政教分離してから出直してくるように公明党に云っておくことだな。

見え透いたでたらめを書くんじゃないよ,ったく。


05. 2010年5月21日 00:13:13: uE1lYMOqTc
でも、万が一、従来案に陥った際に、どのような「国民反応」が起るかを、
民主党は当然、考えているでしょう?

衆参同時解散総選挙ですか?

この流れだったら、民主は負けるでしょうが、
まさか、その「負け」を「小沢氏」になすり付けて幕引きを図り、民主の再建を期するつもりでは?

ばかばかしい予測だが、一応、「懸念」として挙げておきます。


06. 2010年5月21日 00:15:50: EvWfoEqGzI
植草氏を嵌めたのは、郵政米営化を推進した弧異済とケケ中、飲み会をセットした奈蚊田元横浜市長の正に悪徳ペンタゴン。
層蚊顎貝も悪徳ペンタゴンの仲間。
弧異済と異毛蛇は、昔から仲がいい。
植草氏にとって、許しがたい輩であることは明白ですよ。

07. 2010年5月21日 00:36:04: G6LekX7NJM
これを見ても、創価公明は植草氏にとって、許しがたい輩である感じがする。

http://tamagawaboat.wordpress.com/2010/05/17/womenonlycars-deadlypoison-injected-into-japanesesociety/
女性専用車両−創価学会によって日本社会に注入された猛毒

女性専用車両−創価学会によって日本社会に注入された猛毒
May 17, 2010
予め断っておくが、私は日ごろから次のように思っている。「私は男性として差別されようが、まったく平気だ。世の中、男女平等なんて唱えるほうがそもそもおかしい。男と女、体付きが違うように、その役割分担も能力も異なる。また思考様式も感情の露出方法も異なる。電車の中で席がひとつしかなく、男・女どちらかが席を譲らなければならないのなら、率先して男が女に譲るのが当然であり、それでこそ男だ」と。

やわらかい土は掘られる−ご存知の方も多いと思うが、「女性専用車両」は、今から7〜8年ほど前から東京の京王線で導入されて以来、地下鉄・西武線・東急線・東上線・JR埼京線・JR京浜東北線とその導入が急激に拡大されている。・・・そして京浜東北線と導入拡大が続いている。それを「女性専用車両は、行き過ぎた女性優遇であり、逆に男性に対する差別を生んでいる。女性専用車両は廃止すべし!」と主張する団体も現れた。しかしながら、当の男性の多くは「女性専用車両?そこまで目くじらを立てて、男らしくもない」とか「男性にとって怖い痴漢冤罪防止になるのであれば結構じゃないか」とか・・・どうやら男性の間にも、女性専用車両についての問題意識は希薄である。実は、そうした「問題意識の希薄さ」に付け込んで、女性専用車両の拡大は促進されてきた。中国のことわざに「やわらかい土は掘られる」というのがあるが、そのことわざ通りになったのだ。

韓国ソウルで始まった女性専用車両−今から10数年ほど前、94年か95年ごろではなかったかと思う。朝の通勤時間帯に放送されていた「ズームイン・朝!」(日本テレビ系列・01年終了)を観ていたら、韓国・ソウルの通勤電車で、痴漢行為の多さに手を焼いた鉄道会社が、痴漢対策に女性専用車両を導入したというニュースが流れていた。女性だけが詰め込まれた車両に、ひとりポツンと韓国人の中年サラリーマン。女性だけの車内をきょろきょろと見回し、やがて「ハッ」と気づき、バツの悪そうな素振りで、その女性専用車両をそそくさと出ていく姿。周囲の女性たちはクスクスと笑っていた・・・。当時、私はこのニュースを見て、思いっきり声を出してゲラゲラと笑った。「なんて破廉恥だ!いかにも韓国らしいニュースだ(爆笑)」と。ある種の侮蔑の感情で当時の女性専用車両が導入された韓国を観ていた。

公明党の選挙ネタとしての女性専用車両−それから10年ぐらい経過し(05年前後)、あのエゲツなく堪らないほど破廉恥な女性専用車両が東京に登場。それと、同時期だったと思うが、女性専用車両の登場と同時に、JRの駅構内に中国語とハングル文字の案内表示が増えていった。この2つの動き、実は見事なほどに連携している。それというのも、これらを促進してきた組織が公明党・創価学会である。公明党は、自公連立政権下において、執拗までに国土交通大臣のポストに固執した。北側一雄氏が小泉内閣時代において04年9月から06年9月まで(小泉第2次と第3次内閣)、冬柴鐵三氏は06年9月から08年8月まで(安部内閣と福田内閣)、計4年間、公明党は国土交通省を我が物としたのである。その間、04年12月、韓国人観光客の日本への渡航に際してのビザ免除措置、続いて、05年7月、中国人への団体観光ビザ発給地域の拡大(大都市から中国全土へ)を打ち出していく。そして国内では、創価学会の婦人部・女子部を総動員し、「痴漢防止のための女性専用車両導入を訴える」署名活動を駅前や各家庭への訪問によって展開し、数万という署名を集める。「女性専用車両を実現しましょう」と言われて反対する女性は稀である。そして大量に集まった署名を携えて、公明党の大臣がいる国土交通省に陳情に訪れたり、各私鉄に対して「女性専用車両の導入」の要請を行ってきた。さらに、選挙が近づくと、公明党は「党の献身的な活動によって女性専用車両を実現しました!」とその実績をアピールし、浮動票である女性票を取り込もうとしてきた。つまり、女性専用車両は、公明党・創価学会の選挙のネタだったのだ。


08. 2010年5月21日 02:47:07: 00ZH9kOaZ6
07.
「女性専用車両」の出所納得しました.

09. 2010年5月21日 03:18:51: y2SPy6IwBg
植草一秀先生が「巨大な建設費を投下して、かけがえのない自然を大破壊して沖縄に新たな基地を建設する合理性は存在しない。鳩山総理自身がこのことをもっともよく理解していると思われる」との投稿、これに尽きるとおもいます。
また、小沢幹事長の「すんなりいくとは思えない」の発言も、三味線を弾いているのだと僕はおもいます。

10. 2010年5月21日 14:07:30: BFIvwghOk2
>04

政教一致が、何かをしっかり勉強してから発言するように
した方がいいと思う

今ごろ、そんなこと言ってると笑われる


11. 2010年5月21日 16:27:30: gNEJg8cyoo
あとは鳩山さんの肝っ玉次第。

12. 2010年5月21日 18:59:14: gvFeVtlbqE
植草さんは何を考えているんですか?
何か深い考えがあるならあるで、公明党の前に「クソ」とゆう二文字いれるだけで誤解をまねきませんよ。そのひと手間ぐらいサービスして欲しいな。
ネトウヨだらけの不正ブログランキングで、なぜか常に上位を保ち続けた理由はこれかと疑ってしまいますよ。

13. 2010年5月21日 23:42:09: GjczTvLZAm
<米下院軍事委員会は、21日までに在沖縄海兵隊のグアム移転費用を政府原案通り盛り込んだ2011会計年度(10年10月〜11年9月)国防権限法を全会一致可決した、来週にも下院本会議で可決する>

<同委員会は、「日米が合意した海兵隊のグアム移転へのかかわりを堅持する」としており、予算計上は06年の日米合意に基づく現行案実施を前提にしている。>

沖縄海兵隊が普天間から撤退するまで後もう少しの辛坊次郎といったところでしょうか、アメリカ人救出部隊とそのメンテナンス要員と新兵の訓練地が未決のようですが、鳩山総理には更なる努力をお願いします。


http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-100521X286.html


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧