★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86 > 734.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「政治とカネ」新爆弾炸裂官房機密費受領問題 (植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/734.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2010 年 5 月 21 日 18:33:27: qr553ZDJ.dzsc
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-d1b0.html
2010年5月21日 (金)16:55

「政治とカネ」新爆弾炸裂官房機密費受領問題 

政治評論家の三宅久之氏(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-67ac.html )は常に「政治とカネ」の問題が重要であると主張する。政治家たるもの、高い道徳を備えてなければならないと高邁な考えを披歴されている。


小沢一郎民主党幹事長が週刊誌報道で名誉を傷つけられたとして提起した民事訴訟で、その主張が認められなかったことを、あたかも小沢一郎氏が何かの犯罪で告発され裁判に敗れたかのような説明を示した。


裁判制度に詳しくない大多数の国民は、三宅氏の話を聞いて、小沢一郎氏が悪いことをして裁判で負けたかのような印象を持ったことだろう。しかし、事実はまったく違う。小沢氏は週刊誌が無責任な記事を掲載したことを放置せず、その責任を追及したのである。


しかし、十分な立証が裁判所に認められずに、損害賠償を獲得できなかっただけのことで、この場合、小沢氏は被害者ではあっても、犯罪者でも加害者でもない。


5月16日放送の読売テレビ番組「たかじんのそこまで言って委員会」で、三宅久之氏は官房機密費を藤波孝生官房長官(当時)から受領したことを自白(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-67ac.html )した。三宅氏は藤波氏の講演を肩代わりして、その対価として(100万円を)受け取ったと説明し、官房機密費とは知らなかったと発言した。


この件は、「週刊フォーカス2000年5月31日号」が


「極秘メモ流出!内閣官房機密費をもらった政治評論家の名前」


と題する記事のなかで暴露したものである。


上記番組に出演した上杉隆氏は、三宅氏に対して名誉棄損などで出版社を訴えないのかと質問したが、三宅氏は「そんなことをしたってしょうがない」と回答した。


このような人物が、小沢一郎氏の民事訴訟について小沢氏を誹謗中傷するのは言語道断である。小沢氏は不当な週刊誌記事に対して民事提訴の行動を示したのである。民事提訴に踏み切るのは、問題に対する自信の表れである。


最終的に裁判所が、訴えが正当であるけれども、週刊誌側が記述した内容を真実だと考えたことには相応の根拠があると認める場合には、名誉棄損の損害を認めない場合がある。


記事執筆側が損害を賠償しなくてもよいのは、記事が正しかった場合だけではなく、記事は正しくないが記事を書いてしまうだけの状況が存在していた場合も含まれる。「真実」ではなくても「真実相当性」、すなわち、真実と思ってしまうだけの理由があった、場合にも、名誉毀損が認められないのである。この場合、人権を侵害された個人の憤りは救済されないわけで、不条理が残る。


三宅氏が「官房機密費受領」の記事によって、名誉を傷つけられたと言うのなら、堂々と名誉棄損の民事提訴を行えば良いのである。それを民事提訴もしない。しないというのではなく、「できない」とした方が正確だろう。


裁判を起こせば、関連事実がすべて明らかにされてしまうからだ。


講演の対価として100万円を受領しておきながら、その資金が官房機密費であったとは知らなかったとの発言は何を意味しているのか。


三宅氏が100万円の講演料を税務申告しているのであれば、税務署に誰からどのような費目で講演料を受領したのかを申告することになる。


それが、藤波孝生氏の個人事務所からのお金であるのか、内閣からのお金であるのかは、税務申告の際に必要な資料によって明白なはずだ。


この点を知らなかったと発言したことから、三宅氏が「脱税」した疑いが浮上する。


三宅氏は、そのような事務的なことは秘書が担当しているから本人が何から何まで把握できるものじゃないと、逆切れするかもしれないが、三宅氏は、鳩山総理大臣の政治資金問題について、どのように発言してきたか。


納税は国民の義務である。税務申告は本人の名の下に行われる行為である。それを一国の総理が「秘書に任せておいたので詳細を把握していない」は通らない。


納税すべきお金を納税していなかったのなら、これはれっきとした「脱税」である。


このように述べてきたのではないか。


三宅氏は、官房機密費は必要であり、新聞記者はだめだが評論家が官房機密費を受け取ることと一緒にされてはたまらない。官房機密費をもらって何が悪いと開き直った。


「政治は最高の道徳」であるとし、道徳を重んじる政治評論家の三宅久之氏は当該講演料の税務申告についての説明責任をまずは果たすべきだ。


「放送法」(http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM#s1 )は条文のなかに政治的中立を明確に定めている。


政治権力がテレビに出演する評論家に利益を供与し、テレビ番組等での評論家による政府および与党に有利な発言を誘導してなら、これは大スキャンダルである。


言論人は、己の哲学と信念とに基づき、中立公正の立場から言論を提示する立場の者である。税金を財源とする官房機密費から利益供与を受けて、政府および与党に有利な発言を示すことは、魂をカネで売る行為である。言論人として政治についての論評をするなら、税金を財源とする公金を不透明に受け取ることは、少なくとも道義的に許されない。

三宅久之氏は官房機密費を受領したことを認めるなら、直ちにテレビメディアでの活動を辞退するべきである。


このような人物が、「政治とカネ」の問題について講釈したところで、まともに聞こうと思う視聴者はいないだろう。


マスメディアは昨年来、「政治とカネ」の問題を最重要の課題として取り上げてきた。そのなかでのキーワードは「説明責任」だった。


それも、刑事訴訟手続きにより起訴された人物に対して説明責任を求めたのではなく、勝手に推測や憶測、あるいは創作によって疑惑を仕立て上げ、その疑惑をアドバルーンのように巨大に膨らませて連日連夜報道し、その疑惑を全面否定する当事者に対して、説明責任が果たされていないと繰り返し攻撃し続けてきたのだ。


2000年の「週刊フォーカス」に続いて、野中広務元官房長官が「官房機密費を言論人に配った」ことを明らかにした。また、週刊ポスト誌上では、平野貞夫元参院議員が、


「私は機密費で政治部記者の「酒と女」を世話した」


との告発を行っている。


マスメディアが最重要問題として取り上げてきた「政治とカネ」問題の、極めてホットな素材が提供されたのだから、マスメディアは競って、関連報道を展開するべきである。


疑惑のある人物は多数存在する。小沢一郎氏などは、記者会見などを開き、記者に対して質問が出尽くすまで丁寧に疑問に答えてきたにもかかわらず、根拠のない推測や憶測、あるいは創作による疑惑のイメージ報道が展開され、基本的人権を著しく侵害されてきた。


同様の手法を用いるなら、多くの言論人やタレントが、疑惑報道で真っ黒な印象を持たれることになるだろう。


無実の人間が不当に疑われることは良くないなら、なぜ、マスメディアは、緊急取材、アンケート、インタビューなどを実施しないのか。


疑いのある言論人およびタレントは、まず説明責任を果たすべきである。


政権交代が実現した意味を活かすために、鳩山政権は、過去に遡って、言論界に提供した官房機密費の詳細を公表するべきである。


三宅氏のように、テレビ番組では、高邁な発言を示し、一国の総理大臣を貶める発言を示しながら、その発言内容とまったく整合性が取れない行動を示している人物が相次いで明らかになるだろう。


世論調査の大好きなマスメディアは次のような質問を世論調査に盛り込むべきだ。


@官房機密費が評論家などに提供されていたことを元官房長官が明らかにしましたが、この問題の真相を究明すべきだと思いますか。


A税金を財源とする官房機密費を評論家などに提供することが適切な官房機密費の使い方だと思いますか。


B官房機密費を受け取ったとの疑惑を持たれている評論家などの言論人は、説明責任を果たすべきだと思いますか。


C官房機密費を受け取ったことを認めた評論家のテレビ等への出演を、各放送会社は控えるべきだと思いますか。


D最近のテレビ番組などにおける政治報道に政治的な偏りを感じることがありますか。


などだ。


「政治とカネ」の問題が重要だと言うなら、まずは、各テレビ局、新聞社の業務に直結する部分について、真相を究明するべきである。内閣が過去のすべての資料を全面開示してから慌てふためいても遅すぎる。


──────────────────────────────


人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/rank1510-0.html 


売国者たちの末路
著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396613342/nifty05-nif125427-22/ref=nosim 


知られざる真実―勾留地にて―
著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/490314528X/nifty05-nif125427-22/ref=nosim
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月21日 19:09:50: 0MZNp5vGRw
まずは我々が各メディアをピンポイントでチクチクやるべきじゃないのか?
BPOなんか信用できないのは皆さんもよくご存知のはず。
世論が後押ししなければ、過去の資料公開をチラつかせた途端にまたゴミどもは
「職権乱用」,「圧力」,「言論封殺」だの白々しく喚き出すに決まっている。
まずは我々が煽りたて/曝すこと。

02. 2010年5月21日 20:17:41: Y1l2emaOFg
三宅氏が講演料であろうと、受領したならば、必ず領収書を切らなければいけない筈です。
領収書を切っていないのであれば、その段階で機密費と認識していた事になります。
鈴木宗男議員が献金問題で騒がれたときも、相手企業に領収書を切っています。
尚かつ返金しています。
どのような名目であっても、領収書がいらない金など常識ある社会人であれば、出所を疑いませんか。
襟を正して政治評論をおやりなら、新聞記者はダメ、評論家は良いなどとの判断は出ては来ないと思います。
三宅氏は西山太吉氏の直属の上司だったとか、お里が知れます。

03. 2010年5月21日 20:21:39: BpidVws9m2
みなさん!!

選挙まで本人達とTV新聞に「メディアと金」の説明してくれとメールしてあげましょう。説明責任は?と。

ついでに隣のじっちゃん、ばっちゃんにTV新聞は「国民の敵」であることを

明るく元気よく教えてあげましょう。


04. 2010年5月21日 22:05:49: vD9WYa3O82
評論家やコメンテーターはTV局で番組の意図にそって選ばれる。そこには公平性も倫理観も必要ない
TV局側が予定したストーリー通りに述べれば商売になる。
今のマスコミは反政権キャンペーン中であるから毒饅頭を食って来た輩の方がマスコミの意図に沿った発言をしてくれる。今晩の大田総理も生方議員までも味方にして公約違反を追求し、爆笑大田の嘘つきたんかのすごさとても酷いまともに今の
TV討論会は聞いてられない。

民主議員の説明も野村のカミさんやテリー伊藤等の感情論丸出しの暴言でかき消され聞いている視聴者は論拠より声勝ちしてる方が正しいと洗脳される。そこまでコメンテーター芸能人には迫力が凄く圧倒されてしまう。こんな環境では冷静に説明や答弁や討論ははできません。見事に小沢氏を悪人にし、マニフェスト違反を決め付けたマスコミ側の勝利であった。
政権側も何時までもこの自分叩きの茶番劇に議員を出演させている必要はない。
国民にはしっかりと別のメデアを使って説明すればよいであろう。


05. 2010年5月21日 23:40:06: 9fQr9zj2W2
野村の超下品な老いたカミさんも大うそつきで脱税もしていた。自分のことは棚に上げて人を非難する犯罪歴のある野村のばあさんや、脱税疑惑の三宅の爺さんをよくテレビ局は出すもんだ。あの下品なばあさんは金さえ出せばなんでもすると読んでるテレビ局も汚い。あの年代の年よりは恥を知る教育を受けてきたのかと思ったが、二人とも下品でぎゃ〜ぎゃ〜恥知らず。金で動いているのはみえみえ。どんなに顔のしわを治しても汚い顔をしている・・・みっともない。

06. 2010年5月22日 08:42:20: ILHmzlZBgE
WIKI
で三宅ハゲでなかった三宅久之をひくと

血液型はAB。座右の銘は「愛妻・納税・墓参り」

あの殆ど見ないテレビにでてる反吐がでるほど下品な顔つきの
ゴロツキジジイと気の毒なことに同姓同名の方がいらっしゃるんだな。


07. 2010年5月22日 10:32:15: HZm1M0IFqg
みのもんたのように
裁判官から異例に諭されても

まったく聞く耳持たない者もいるし

まあテレビ側にいる奴は

恥も外聞もないやりたい放題。

こいつらを取り締まる別の組織が必要だが

やはり大きな組織に歯向かう事は

無理なのだろうか。


08. 2010年5月22日 11:52:44: GETMsnYsl1
鳩山内閣が過去のすべての外交機密以外の
機密費資料を全面開示すべきでしょう。
そこから、問題の解決が始まると思う。

確かに、閣僚にも疑惑のある人が居るでしょう
しかし、今こそ、ここでけりをつけなければ
日本の将来に禍根を残します。

普天間や参議院選挙結果よりも大切と思います
鳩山総理の決断を待ちます。
今こそ、戦後政治の改革時なんです
一時、世界中の笑いものになるでしょう。
が、最大のチャンスです

野中氏に続く官房長官は誰も口ぬぐったきりなら
知らん顔を決め込むなんて
検察や国税庁さえも存在理由が有りませんね。


09. 2010年5月22日 12:34:51: ARpwBq5s92

 機密費で評論する三宅ら。

 機密費でカキコする熱湯翼。

 売国奴、


10. 2010年5月22日 18:55:35: XJ9eMlz9vk
↑なんだか上の09様の、
妙に笑ってしまいました。
ネットで、必死で民主党や小沢さん、植草さんなどのネガティブカキコを
してる奴は、そのバイト代の出所を、最近よーく教えてもらえるようになり、
よかったですなぁ。
丸川と一緒に、ゴミポイしたいですね。どっちも血税から養わないかん輩
じゃないし、そんな価値は1ナノミクロンもないわ。

11. 2010年5月22日 19:32:20: 4fLlLSoRhw
週刊誌は小澤さんの悪口を書いたスペースの100倍ぐらいを使い、金の亡者として魂と良心を売り渡し小澤さんのネガテイブキャンペーンの尖兵となつた評論家を糾弾せよ。

12. 2010年5月22日 20:57:40: QAAeCbhIRY
サッチーがまたテレビに出てたとは知らなかった。

こうしてみると、なんだかテレビが犯罪者だらけの
刑務所に見えてくる。


三宅といい、サッチーといい、毒饅頭犯罪者同士の
庇い合いはみっともない。


13. 2010年5月22日 23:46:02: 9fQr9zj2W2
三宅久之、座右の銘は「愛妻・納税・墓参り」
石原都知事みたいだ!ちっさい男!政治を語らず隠居しろ!
三宅久之は機密費受領を税務申告しているのか?国税局は動かないのか?


14. 2010年5月23日 08:35:33: heOttKmsxs
脱税どころか、贈収賄容疑じゃないかw

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧