★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86 > 797.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
評論家官房機密費受領問題で遂に世論調査始動 (植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/797.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2010 年 5 月 23 日 07:33:53: qr553ZDJ.dzsc
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-c884.html 
2010年5月22日 (土)14:00

評論家官房機密費受領問題で遂に世論調査始動 

マスメディアが最大級の取り扱いで時間と紙面を割く「政治とカネ」の問題。


小沢一郎氏の政治資金団体に関する問題について、東京地検が二度目の不起訴の結論を示した。(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-d5b1.html


マスメディアが大問題に仕立て上げた小沢一郎氏の政治団体の収支報告書に関する問題。


一般の国民はその内容をほとんど知らされていない。


テレビ番組は、小沢一郎氏に対するイメージを悪化させるために、これまでどれだけの時間を費やしてきたことか。


四二七事変(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-163e.html)とは、東京第五検察審査会がこの問題について「起訴相当」の決議を示したことを指すが、このとき、テレビ朝日報道番組は、小沢一郎氏に対して敬称をつけない報道を実行した。氏名を呼び捨てにして番組を放送したのである。


テレビ朝日はこの報道姿勢について、説明責任を果たすべきである。


5月21日の「報道ステーション」に出演した鳥越俊太郎氏は、「絶対権力者」などの表現を使った検察審査会の決議の文面を誰が書いたのか、一般市民が書いた文面には思えないとのコメントを示した。


検察審査会の実態がベールに覆われているが、今回の東京第5検察審査会の実体を明らかにする必要がある。


今回の検察審査に際して審査補助員を務めたのは米澤敏雄弁護士である。米澤敏雄弁護士は麻生総合法律事務所(http://www.aso-law.jp/topics.html)に所属している。


本年3月25日に開かれた麻生総合法律事務所40周年記念祝賀会には、谷垣禎一現自民党総裁やタレントの御法川法男(芸名みのもんた)氏が来賓として出席し、挨拶(http://www.aso-law.jp/topics.html)している。


米澤敏雄弁護士自身は検察官出身の弁護士である。検察審査会の意思決定に多大な影響を与えると考えられるのは、この審査補助員の弁護士である。


法律の素人である審査員が、審査補助員の弁護士(http://www.aso-law.jp/staff.html)の誘導に強く影響されることは当然である。問題は、審査補助員がどのような経緯で決定されるのか、どの事案にどの補助員を充当するのかを、誰がどのように決めるのかが重要である。


小沢氏の政治資金団体の何がどのように問題にされたのかを、ほとんどの一般国民は知らない。マスメディアは、この内容をほとんど説明しない。


改めてここに示すと、


@小沢氏の収支報告書に、小沢氏が不動産取得のために一時的に立て替えた資金の出入りが記載されなかったこと


A2004年10月の不動産取得について、その登記が翌年年初にずれこんだため、収支報告書に2005年分として記載されたこと


の2点が問題にされた。


マスメディアは、小沢氏が立て替えた資金のなかに不正な資金が含まれているかのようなイメージ報道を繰り返し、検察はこの問題に関して何度も家宅捜索を繰り返した。


ところが、そのような疑惑を裏付けることはまったくできなかった。疑いなどというものは、無から生み出すこともできるし、疑惑を流布する規模に際限もない。


マスメディアが裏付けを取らずに疑いだけでイメージ報道を繰り返せば、この世は人権侵害の大海になる。


「政治とカネ」の問題が振りかざされるが、小沢氏の資金管理団体に関する問題は、瑣末も瑣末、重箱の隅のほこりを顕微鏡で確認するかのような問題である。


一時的な資金繰り=立て替え払いについては、政治資金収支報告書に記載しなくても良いと言うのが、これまでの慣行であった。それにもかかわらず、小沢氏の資金管理団体の問題だけが取り上げられている。


不動産登記が納税や各種公的な確認事務の関係から資金決済日とずれるのは当然のことで、こんなことが「犯罪」とされるなら、世の中は「犯罪」で埋め尽くされる。法の運用に際して「法の下の平等」が確保されなければ、法律が政治に利用されてしまう。


検察は、この二つの問題のうち、記載の時期が不動産登記の関係で3ヵ月程度ずれたことについて刑事責任を問えないとして立件を見送った。


他方で、一時的な立て替え払いの記載を省略したことについて、無理やり「犯罪」であるとして小沢氏の元秘書を逮捕、起訴した。


このなかに、現職衆議院議員である石川知裕氏が含まれた。これが、一一五事変である。


この検察行動も常軌を逸していると言わざるを得ない。資金繰りの不記載は、これまで慣行として認められてきたことである。国会開会直前に、現職衆議院議員をいきなり逮捕したことは、検察の暴走と言われて当然の行為である。

検察がなぜここまで暴走しているのかについては、これまでも本ブログに記載してきたが、問題の根源に昨年の三三事変における検察の暴走がある。


昨年3月3日、小沢氏の公設第一秘書の大久保隆規氏が突然、逮捕された。その事由は、大久保隆規氏が「新政治問題研究会」と「未来産業研究会」からの受けた献金を、事実に即して「新政治問題研究会」と「未来産業研究会」からの献金として収支報告書に記載してことを、東京地検が「虚偽記載」だとしたことである。


ところが、この事案の第2回公判が本年1月13日に開かれ、検察側立証が根本から否定(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-bd8c.html)された。検察側証人として出廷した西松建設元総務部長の岡崎彰文氏が、「政治団体がダミーとは全く思っていなかった」「OBがやっていて、届け出もしている、と被告に説明したと思う」と証言したのだ。


つまり、「新政治問題研究会」と「未来産業研究会」の二つの政治団体が「架空団体=ダミー」ではなかったことを西松建設元総務部長が証言したのである。


これによって、検察サイドの敗北は明白になり、検察は公判を維持することさえ困難な状況に追い込まれた。


この三三事変については、新たに元参院議員の平野貞夫氏から、森英介法務相による指揮権発動による逮捕だった疑い(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-68b7.html)が提示されている。


三三事変での検察大敗北の危機から無理やり生み出されたのが一一五事変(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-007a.html)であると考えられる。検察は、資金繰りを記載しなかったことを「犯罪」に仕立て上げ、その被疑者に大久保氏を組み入れたと考えられる。


驚くべきことに、検察は、昨年の三三事変裁判での訴因変更を裁判所に申請(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-5c6a.html)した。


つまり、三三事変での敗北が動かしがたいものになったため、別件で大久保氏を無理やり逮捕、起訴し、三三事変裁判で争う訴因を、一一五事変裁判に変更しようとしているのだ。


このような無理な事情がない限り、一一五事変など起こりようがなかったと言える。


それでも、検察は一一五事変に関して、資金繰りの記載漏れを立件したが、不動産取得に関する3ヵ月の時期のずれに関しては、刑事責任を問えないとの判断を示した。


東京第5検察審査会の「起訴相当」決議は、「資金繰り」の記載漏れではなく、不動産取得時期の「3ヵ月のずれ」を犯罪だとするもの(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/cat35557033/index.html)である。


「政治とカネ」の大風呂敷を広げるのはいいが、内容を吟味もせずに騒ぎ立てるのは、あまりにも幼稚だ。小沢氏の資金管理団体の収支報告書の問題で、重大な問題は何ひとつない。


資金管理団体が不動産を取得するのが問題との声があったが、当時は合法的なものであったし、江田憲司衆院議員や町村信孝衆院議員もまったく同じ行動の実績を持っている。


貴重な浄財を料亭で飲み食いするよりは、政治家を養成するための寮に振り向け、資産価値の温存を図る方が、はるかに優れた知恵であると言うべきである。


これと比較して、テレビに登場する言論人が政府からの裏金を受け取り、公共の電波を用いて情報誘導することの方が、はるかに重大な「政治とカネ」の問題である。


マスメディアは「政治とカネ」問題が大好きなのだから、ぜひ、徹底的にこの問題を究明してもらいたい。


疑惑のある言論人、タレントに、一人ずつ説明責任を求めてゆくべきだ。放送に際しては、過去の放送における政府・与党寄りの発言の場面を背後のスクリーンに大映しするとよい。


昨日の本ブログ記事


「政治とカネ」新爆弾炸裂官房機密費受領問題」(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-d1b0.html


に対応して、「ライジング・サン(甦る日本)」(http://ameblo.jp/kriubist/)様が、


「当ブログの「ネット世論調査」を行います」(http://ameblo.jp/kriubist/day-20100521.html


と題する記事で、草の根世論調査を開始してくださった。


本ブログご購読者には、ぜひこの世論調査に参加(http://ameblo.jp/kriubist/day-20100521.html)賜るとともに、この世論調査をネット界に広げて、多く主権者国民の参加を呼び掛けていただきたいと思う。


言論人による官房機密費受領問題の方が、はるかに重大な「政治とカネ」問題だ。


──────────────────────────────

人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/rank1510-0.html 


売国者たちの末路
著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396613342/nifty05-nif125427-22/ref=nosim 


知られざる真実―勾留地にて―
著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/490314528X/nifty05-nif125427-22/ref=nosim 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月23日 12:09:55: eeMwdWIdKU
マスコミは「政治とカネ」の問題追求にずいぶん熱心だと思っていたが、このたびの内閣官房機密費が多くの評論家やマスコミ関係者に渡っていた問題に関しては随分不熱心なので落胆しました。
小沢幹事長に対しては、「疑われている」ことをもって、説明責任をあれほど強く追及したマスコミは、こと官房機密費が多くの評論家やマスコミ関係者に渡っていた問題に関しては、疑われている人に対して一切説明責任を求めないという不思議な姿勢を見せています。
このダブルスタンダードぶりは実に見事なもので、さすがというより他ありません。

02. 2010年5月23日 18:41:45: s6Ahm7ihBg
官房機密費=別名買収費(上納された外交機密費を含む)は、売国奴の汚い血液である。この流れを辿れば、全体像が見えてくる。

マスコミは、絶対に取り上げないであろう。どこか1社ぐらい、と期待もしていたが、犯罪を自ら告白する良識があれば、そもそも手を染めない。取り上げれば、ネットを知らない国民からも、自分達の存在そのものが否定される。

官房機密費は政治評論家、一部芸能人、新聞・テレビ・週刊誌等のマスコミは言うに及ばず、検察や一部官僚にも手を変え品を変え、渡っていたのであろうか?こんな重大な事件が週刊朝日、週刊ポスト、日刊ゲンダイやネット上でしか取り上げられていない。この国は一体、どうなっているのか。

ここ阿修羅と双璧であると信用していたザ・ジャーナルでも、まだ誰一人として取り上げていない。自分は手を染めていなくても、同業者を非難するようなものであるから、触れたくないのは分かるが、そんなレベルのジャーナリストしかいなかったとは。

しかし、このまま巨悪を眠らせてはならない。我々国民も、おかしいと思ったら、行動(合法的な)を起こすしかない。

自分は、色んな人に読んでもらいたい、記事が掲載されている週刊朝日、日刊ゲンダイを病院や飲食店に置いてきたり、阿修羅のページを印刷して、新幹線などに“忘れて”きます。それとマスコミに、苦情や抗議程度しかできませんが。


★官房機密費に関する野中広務氏の爆弾発言
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=200001427&tid=lncfbbaa1v5a1la9hqa4o7n5c0ikfc1dfa1w&sid=200001427&mid=5329


マスコミへの苦情を言う時の連絡先。一覧
http://d.hatena.ne.jp/masukomihaaho/


 


03. 2010年5月23日 21:48:32: GjczTvLZAm
今のマスコミは、ヤフーコメ欄と化しています、具体的な理由もなく鳩山政権を叩き、小沢氏を悪と決め付ける洗脳報道を続けています、新聞も購読し、日曜の政治関連の番組もよく見ますが、最近は一部の番組・コメンテーターを除いていくらかはマシになった感があります、ある自動車会社の社長が偏向報道に激怒しているとのこと、それに、視聴者からの抗議も多いのではないかと想像します、

それとも、マスコミは当初の目的を達成したからでしょうか、本日のサンデー・フロントラインでは、岡本行夫氏が、朝日新聞の星浩の社説を「珍しくまともな社説」とチクリと発言、しかし、その後、鳩山 中井真沖縄知事会談中継の途中で、何故か、鳩山・平野両氏の顔写真が数秒映りました、サブリミナル効果を狙っているのではないかという疑惑をもちました、

マスコミが、執拗にバッシングを続けるなら、こちらからも、執拗に丁寧な文体で抗議メールをし続けようと思います、その際に、「今後見ない」と付け加えることにしています。


04. 2010年5月23日 22:19:13: upyhdyKTfk
悲しいことに法に不備があったとしても、憲法違反が無い限りは、その法に従わざるを得ない現実がある。現在の検察審査会のあり方が、その状況にあると思う。そのような法律を、放置していた立法府の責任は大きい。しかも、その法律により日本の政治が混乱に陥れられようとしている。

小沢幹事長に対する、疑惑ということで、検察は2度目の不起訴を決めたが、検察審査会が今度も「起訴相当」を出した場合は、小沢幹事長は裁判にかけられることになる。楽天家は、裁判になると検察の無理な捜査手法が明らかになるとか、裁判で潔白が証明され小沢幹事長が有利になるという。しかし、そうだろうか?私は、裁判においても、この裁判が単独審で行われる場合、有罪になる可能性もかなり高いように思う。それは、単独審の判事が、もし反小沢勢力の影響下にあることも、十分にあるからである。そうならないようにするには、どうしたらいいのだろうか?私たちも、その勢力からの挑戦を受けているのかもしれない。


05. 2010年5月24日 04:40:03: Kg1reCt2zE
なんの証拠もない、記載漏れだけの容疑で、希代の極悪人扱いってどう考えても

おかしいのだが、そういう洗脳をされてる事に気付かない国民が多すぎる。

いっそ裁判になって無罪判決になれば、少しは馬鹿な国民も目覚めるか?

いや無理だろうなぁ、、、残念ながら妙案は無い。


証人喚問も出れば良いと思うなぁ、検察が調べても何もなかったんだから、結果
は見えてる訳だし。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧