★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86 > 820.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
国民が民主党を見放したら旧勢力の思うツボ〜Caccyo通信100521
http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/820.html
投稿者 Caccyo 日時 2010 年 5 月 23 日 18:02:33: PThkZ7QRdfmis
 

父さんの日記5/22より
http://rightaction.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/caccyo100521-96.html

爽やかながら暑さも感じる!!初夏を思わせる陽気になってきました。
景気は回復基調となっていますが、まだまだデフレにズッポリはまったままの日本経済は、経済成長で国民生活が上向くまでには至ってはいません。

◎普天間基地移設問題
いよいよ来週末に、普天間移設問題に対し鳩山政権が自ら設定した5月末の期限を迎えます。
歴代自民政権が沖縄など一部に押し付けてきた基地問題を、国民主権の立場からどのような方向性が打ち出されるのか!?大いに期待していますが、メディアは辺野古移設との旧政権での合意案が最終案になるとの見通し(5/20朝日朝刊)を示しています。
外務防衛の隷米官僚勢力が大臣を籠絡し、世論操縦しようという意図が明白です。

国民主権という鳩山政権の原点に立ち返り、そしてわが国の安全保障・日米安保を今一度見つめ直した上で、沖縄の基地負担軽減の住民の意思を尊重した国外移設の方向性が、5月末に表明されることを期待しています。

◎歪んだメディア
前稿、前々稿で述べた『メディアとカネ』の問題に口を閉ざしたまま、で前政権勢力の復権の方向に世論を誘導しようとする「メディアの欺瞞に満ちた姿勢」に騙されてはいけません。

「メディアとカネ」Caccyo通信100506
http://rightaction.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/caccyo100506-40.html
「メディアとカネU」Caccyo通信100510
http://rightaction.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/caccyo100510-28.html

国民の利益を代表しない、現在の日本の大手メディアの姿勢は信頼できません!!!

参院選の投票日が7月11日になるとの見通しが示されましたが、投票日に向けてこれから2ヶ月足らずの時間しかありません。メディアの政権攻撃が激しさを増すことが予測されますが、騙されないよう正しい判断を下していただきたいです。

◎歪んだ検察
そして21日に検察が再び小沢氏不起訴としたことを受け、検察審査会なる詳細不明(正体不明!?)の団体によって二度目の「起訴相当!」との暴虐議決がなされることは「規定路線」ですが、この疑念が多い検察審査会システムに対して、冷静に事実を見つめる姿勢を持っていただきたいものだと思います。
検察といえば、16日テレビ朝日系で放送された「ザ・スクープ・スペシャル」鳥越俊太郎vs三井環(元大阪高検公安部長)で、検察による裏金問題が内部告発として特ダネ報道されていましたが、ご覧になりましたか?大手メディアはまったくスルー!!!
http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/480.html

法の番人が、幹部の飲食やゴルフに公金を流用していたなんて許されますか?こんな大問題を放置したままの検察やメディアに「正義」はまったく認められません!
「政治とカネ」を捏造している場合じゃないのでは!!???

◎7月11日参議院選挙に向けて
どうか賢明なCaccyo通信読者諸氏におかれましては、正しい国民の判断を妨害しようとする、隷米官僚による国民利益の毀損、検察による政権攻撃、そしてそれらを日本中に拡散させるメディアの洗脳的報道に騙されることなく、国民の利益に立脚した正しい判断を熟慮の上、導き出していただくことを期待しています。

2005年の郵政選挙において、メディアの洗脳報道にまんまと乗せられ、誤った判断をしてしまったことを、「子供たちが担う将来の日本のためにとても申し訳なかった!!」と悔いているCaccyoです。そんな過ちを決して繰り返してはいけません!!!


メディアの中でも正論を記事にしていると言われる「日刊ゲンダイ」記事が、ウェブサイトに載せられていたので下記にご紹介します。

ゲンダイ的考察日記 ( http://octhan.blog62.fc2.com/blog-entry-1438.html ) より

(以下 日刊ゲンダイ10.05.21より引用)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

■民主党を見捨てるわけにもいかないが、その不甲斐なさ頼りなさにあきれ苛立ち、
選択に悩んでいる

「毎日毎日、何をモタモタやっているんだ」「もう少ししっかりしてくれよ」
鳩山政権を見る選挙民の心情は、こんなところだろう。連日のTVニュースや新聞で報じられるのは、鳩山首相の優柔不断ぶりと政権の混乱ばかり。だから、どうヒイキ目に見たってオソマツな政権としか映らない。普天間問題では軽い言葉を吐き続ける首相はまともなのか。小沢幹事長はまだ検察にやられているのか。高速料金見直しも結局やれずじまいか――と、そんな印象ばかりを持ってしまう。
そこで「支持率20%に急落」なんてニュースを見せられると、「ああ、やっぱりダメか」と多くの選挙民が思ってしまうのだ。

宮崎県の口蹄疫のスピード拡大でもそうだ。手際いい対応とはとても言えないから、責任を押し付けられた赤松農相はオロオロしているとしか見えない。「鳩山政権で本当に大丈夫なのか」と言いたくなるし、不甲斐なさ、頼りなさに呆れ、苛立つのも無理はないのだ。

だが、その一方で「じゃあ、自民党政権時代に戻った方がいいのか」と自問自答すれば、明らかにノーだろう。民主党政権の迷走が、自民党時代の負の遺産や官僚の妨害に足を引っ張られていることはウスウス分かるから、鳩山政権を見捨てるわけにもいかない。そこが悩ましく、選挙民の心情は揺れているのだ。

■期待したい政党がなくなった国民

「政権交代から8カ月経ちますが、だんだんと国民の表情が暗くなってきた感じがします。昨年11月の事業仕分けの頃までは、政権交代をしてよかった、民主党は何か違った政治をしてくれる、世の中のムードが変わりそうだと、そんな期待と明るさがあったのですが、報道が“政治とカネ”の問題だけに集中したり、テレビが鳩山首相に怒る沖縄県民の声をことさら強調したことで、民主党政権を支持していいのか自信がなくなってきた。マスコミ報道に流され、半年前までの期待がどんどんしぼんでしまっている。それが表情にも出ているのだと思います」(筑波大名誉教授・小林弥六氏)

ヘマが多い民主党政権に代わるベストの政治勢力がどこかに存在するのなら、話は簡単だ。選挙民もサッと乗り換えたいだろう。だが、現実問題として、そんな勢力はない。
第2政党の自民党は崩壊消滅に向かい、とても政権を担うバワーと組織力はない。大体、国民へ謝罪もせずに、自分たちの悪政を棚に上げて一方的に民主党を攻撃する厚かましさにヘドが出ると思っている国民が圧倒的多数だから、復権の資格はゼロだ。
といって、雨後のタケノコのような新党は、話題にするのも憚(はばか)られる極小政党ばかりで、話にならない。それでは、選挙民はどうしたらいいのか。こっちダメ、あっちもイヤで、政党支持なし層だけがどんどん増えている。

期待したい政党がない、安心して政治を任せられる勢力がない。この政権は、相当にヤバイ。不況が長引く中で、欧州から再び金融危機が迫っているし、日本は本当の危機寸前と言うしかない。

■国民が民主党を見放したら旧勢力の思うツボ

だが、ここで民主党政権を見限って、果たしてプラスなのか、ここは考えどころである。
民主党政権はいま、既得権益を失いたくない連中から猛反撃を受けている。大マスコミやオール霞ヶ関、日米安保マフィアなど、自民党政権下で甘い汁を吸ってきた面々が民主党政権を潰そうと必死になっている。

検察とマスコミが結託し、一大疑獄事件に仕立てた小沢事件はその象徴だし、米軍の言いなりでやってきた自民党のデタラメは黙殺し、鳩山首相だけを悪者した普天間問題もそうだ。

党内に吹き荒れる執行部への批判、小沢辞任をほのめかす前原らチンピラ大臣の言動も、外部や官僚からそそのかされたものといわれている。
それだけに、選挙民がここで見限ったら、連中の思うツボなのだ。

「すでにダマされている国民は多い。例えば、小沢を『起訴相当』とした検察審査会の議決。抽選で選ばれた一般の人がそろって“有罪”としたのだから、小沢はやっぱり悪いことをしていたんだと思ってしまう。しかし、検審は事前に小沢捜査の担当検事から“説明”を聞いている。この検事が何を話したのか、密室だと分からない。また、ほとんど報じられていないが、検審の審査補助員は米澤敏雄弁護士はヤメ検で、所属法律事務所のパーティーには、自民党の谷垣総裁や民主党嫌いのタレント、みのもんたが参加していた。本当に中立性が保たれていたのか、国民は疑ってかかるべきなのです」(司法関係者)

旧勢力は笑いが止まらないだろう。自らの手を汚さなくても国民が勝手に小沢を強制起訴してくれる。民主党は小沢さえ封じればバラバラだ。すべて連中の狙い通りだ。

ついには、ガラガラポンでもう一度、政界を再編すべしなんて論調まで出てくる始末。
冗談じゃない。やっと政権交代で誕生した民主党政権が潰れたら、次に来るのは大混乱と政治の空白だけ。官僚支配が再び復活し、いいことなんて何もないのだ。

■民主党は原点に立ち返り熱くなれ

となれば、答えはひとつしかない。民主党に力強く立ち直ってもらうことだ。官僚支配の打破、税金のムダ遣いの洗い直し、国民の暮らし優先など、掲げた理念や政策に間違いはない。事業仕分けによって天下り法人のデタラメや、覆い隠されてきた暗部が白日の下にさらされただけでも大きな成果だ。自民党時代よりは何倍もいい政治をしてやろうとしているんだから、民主党は原点に立ち返り、死に物狂いで頑張ってもらうしかない。そうすれば、国民の期待は戻ってくる。

政権をとって現実政治に対処したり、官僚のレクチャーを受けていれば、野党時代のように批判だけでは政治が回らない場合はある。迷走があるのは仕方がないことだ。
それでも基本線からブレず、できないこと、時間がかかりそうなことはしっかり国民に説明すればいい。妨害があってうまくいかないなら、国民に訴えればいいのだ。

法大教授の五十嵐仁氏(政治学)が言う。
「民主党政権はすでに多くの成果を挙げています。水俣病患者や被爆者の救済問題、シベリア抑留者への給付金、そして19日にはアスベスト訴訟で国の責任認定と、当事者だった自民党政権では絶対に解決できなかった難問が次々に動きだした。子ども手当も高校授業料無償化など、国民生活への直接の支援策も実現している。いずれも政権交代の大きなメリットです。政治とカネの問題ばかりが旧勢力に利用され、民主党政権のいい面が見えにくくされているが、国民は冷静に、客観的に評価する必要があります。期待が大きかっただけに、物足りなさがあるかも知れないが、政権交代に抵抗や障害はつきものです。前に進むのが遅いからといって、後ろに下がるなんて本末転倒です」

国民だって、何もマニフェストを全部半年で実行しろと迫っているわけではない。民主党政権を潰したい大マスコミの「公約違反だ」戦法にダマされているだけだ。

鳩山首相のように、自縄自縛(じじょうじばく)になってグズグズしているのが最悪で、きっちり説明すれば国民も理解する。政権交代は支持されているのである。

民主党が一丸となって古い政治を壊し、国民の生活が第一の姿勢をとことん貫けば、選挙民の心は動かせる。政権奪取前のあの熱気を、もう一度取り戻すことは十分可能なのだ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

(日刊ゲンダイ 2010/05/20 掲載、引用おわり)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月23日 18:13:31: FVN7YQvpsx
民主党には4年間のスパンを預けたと考える。
現在までは、おおむね良くやっていると思いますね。
底流ではマスコミが騒ぐほどの支持離れは無いのでは。

02. 2010年5月23日 18:24:31: QcFtJC79Jg
民主党を支持してきた。

民主党の目指す政治が実現できるか否か

普天間問題への対応如何で、

支持継続か、否かを判断しようと思っていた。


5月末までに「どんでん返し」があれば、別だが、

鳩山政権に期待しても、裏切られ、ストレスになるだけだと

思い知った!
          
                   

                  


03. 2010年5月23日 18:48:52: gvSd81CeFs
01 さん
かなり甘い考えです。
マスコミの情報操作は甘くはありません。
現に私の周りの人は「それ見たことか!」と言っています。
今回の普天間問題の件で見切りを付ける人が続出し
民主党は参議院選挙で惨敗するでしょう。


04. 2010年5月23日 19:05:48: i0UbCXDkGg
普天間問題はそう簡単に解決出来る問題ではない。
自民党も相当手を焼いて来た。
今回は検討を続けるという事で時間切れだろう。
後は郵政法案を通せばほぼ重要法案は通る事になる。

恐らく民主党の評判は相当悪く大敗の可能性が大きいが
その辺も小沢幹事長は当然読んでいるだろう。
なにせ最大の目的は政界再編だからだ。
2大政党でも大政翼賛でも良いのではないか。
最近は欧州でも2大政党制はあまり芳しくないようだが。


05. 2010年5月23日 19:41:07: FihPMQZk4q
具体的な方策を示さないでイメージだけで戦おうとしている極小政党の獲得議席は限界がある。
普天間問題がこじれたから自民党に投票するという人はほとんどいない。
小沢幹事長に対する旧勢力の攻撃に呼応して自民党に投票する人はもともとコア支持者だけ。
同様な対応で極小政党に投票する人はある程度存在するだろうが、議席にまで結びつくことは限界がある。
結局投票率が下がって組織を固めた方が有利になる。
公明党、共産党は有利な戦いを進めるが、民主党も大きく負けることはないのではないか?

06. 2010年5月23日 19:52:54: z9pC9Cd1ow
>2大政党でも大政翼賛でも良いのではないか

民主+自民 vs. ヨシミ+ヨサノ+マスゾエ+ヒラヌマ+ソウカ+etc. ?

これこそ気持ち悪い!!



07. 2010年5月23日 20:24:38: yXnR3dFb8U
>>02
基地で悩んでいるのは普天間だけじゃない。
ある意味メディアに踊らされているよね。「普天間問題」というものを煽って我慢の限界を感じさせ、普天間選挙ってか。何も学んでないじゃないか。
確かに僕は海外移設じゃなきゃ単なる先送りだと思う。
でも僕はメディアと内閣のどちらを信じるかなら、内閣を信じる。
僕らは結果に対して選挙しようよ。

08. 2010年5月23日 20:25:34: QY1mM4R8uk
インサイダー疑惑一杯の規制緩和民営化、お金儲けは悪いことですか? 弱者無用、自己責任論、官僚の跋扈、密約隠蔽、日本の尊厳を踏みつぶした迎合・世界周知の属国振りー自民政権は、もうこりごり。絶対に戻ってはいけない。この思いを政治ニュースに対する評価・判断の基本的な原点としている。

09. 2010年5月23日 20:40:23: bN4mbjwnls
>>07
>僕らは結果に対して選挙しようよ。

その結果がゼロだったということ。
やる気も能力もリーダーシップもない人間が首相をやっているのは、日本にとって不幸なことだ。

鳩山は早く消えてくれ。
ママから小遣いをもらって能天気に暮らすのがおまえにはお似合いだ。


10. 2010年5月23日 22:42:22: UKnXQxP4t8
党内独裁、無責任、財源無きばら撒き、朝貢外交、日本の尊厳を踏みつぶした嫌日・媚中の属国振りーたった8ヶ月で民主政権は、もうこりごり。
あなたの大嫌いな自民党政権から寄生してきた小沢・鳩山・前原・岡田こいつら全員たたき出して、本当の民主党を取り戻そうよ。

11. 2010年5月23日 23:47:40: iIF4xAqu9U
>>04
大政翼賛でも良いのではないか。

こういう意見が出てくるとは恐ろしいね。
大政翼賛では、瞬く間に政治は腐敗すると思うよ。
昔の自民党がずっと与党でありながら、
腐敗をある程度免れていたのは、派閥政治だったからだろうね。
派閥争いが新鮮な空気を送り込んでいたわけだ。


12. 2010年5月23日 23:55:12: KVupSxtwQc
>>10

なぜ「アメリカの属国」という大切なキーワードが入っていないのだ?

やはりポチ保守でしたか。


13. 2010年5月23日 23:55:44: 85QDKsppcI
02さんの意見に激しく賛成です。 私も同じように考えていました、また鳩山さんの腹案にも期待していました。 小沢さんは沖縄の住民の意見が反対なのだから辺野古移転は難しいのではないか、と言っていたと思います。 どうして国民の意見よりアメリカの意見を重視するのでしょうか? それが日本の総理大臣のすることでしょうか? 国民の一人として民主党に一票を入れた者として情け無く思います。 結果が全てです、その結果が自民党の案と同じなんてバカも休み休み言ってほしいものです。 これで民主党の政権が失われるような事があればそれは鳩山さんの信念の弱さが最大の原因だと言われるでしょう。 今からでも考え直して国民の期待に応えて下さい! これ以上失望させないで下さい、お願いですから・・

14. 2010年5月24日 04:22:09: fXQq9w6dbk
アメリカ国防情報局(DIA)のHPで公開されているビデオなんですが・・・
http://www.dia.mil/video.html

HP上での動画には小沢氏が映っているシーンはないのですが、どういう訳かyoutube上で公開されているDIAの動画には、テロ関連の説明と思われるシーンにでかでかと小沢氏の画像があります。(1分47秒あたり)
http://www.youtube.com/watch?v=meRafxUNXv8

はっきりした事が解らないのですが、これはアメリカ側(DIA)が意図的に小沢氏の画像を使った後に修正したのか?
それともyoutubeにアップした動画自体、小沢氏の写真をワザと加工して入れ込んだのか??

いずれにせよ小沢氏をとても邪魔者扱いしている存在があるのは確かです。
この場合、小沢氏だけなのかそれとも民主党全てが邪魔なのか?
真実はどこにあるのだろうか。


15. 2010年5月24日 05:15:15: Yfxy7ql7SE
>14さん
消えてますね!
テロリストというより、緊迫した政治状態の変化・・ということで出ていたようでしたが・・・

以前ノリエガ将軍 池田○作 などと一緒にいろいろやった・・と言う話

http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/mayaku.htm

ブッシュ大統領のころからみたいですが、嘘のようで本当の話だと思います。
今回の赤松の外遊も?? と思っていました


16. 2010年5月24日 08:43:24: F7RW5rxiO6
>>02さん
度々、一時的には、限界かなと感じる心弱い民主指示ですが、
>>07さんと意志を同じくします。折角の政権交代です。簡単に、すべての問題点が無くなると考える方が、無理だなと、心を納めています。

17. 2010年5月24日 19:42:36: sKSzW9w7DY
鳩山総理には、記者クラブ開放やら機密費公表の件等、政権発足直後から期待はずれで、ずーっと今に至っている状況です。

参院選は民主党に入れる予定ですが、小沢氏を守れないならようなら社民党にいれるかも・・


18. 2010年6月01日 12:12:40: pggd1ijRqM
自民党が何十年にもわたって築き上げてきた「政・官・企業」密着の税金横領システムを崩せるのは、現状では民主党政権だけだろう。
大多数の有権者が民主党に一番望んでいたのは、米軍基地の沖縄県外移設よりも、税金の横領・官僚支配の政治の撲滅だったハズ。
確かに民主党は不器用だが、その目線は有権者を「下々の者」呼ばわりした自民党よりも、ずっと国民寄りである。
万一自民党(および派生新党)に政権が戻るようなことがあれば、日本の将来はまさに暗黒である。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧