★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86 > 822.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
時まさに海兵隊の本質を記録した世界初の映画「ワンショット・ワンキル」が各地で上映されていく!
http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/822.html
投稿者 ヒゲ-戸田 日時 2010 年 5 月 23 日 18:41:53: Nk87MbMkz45iQ
 

  人は人を殺せるようには、できていない。
  では、どうすれば、普通の若者が戦場で人を殺せるようになるのか?

 沖縄の米海兵隊をどう捉えるか、どうするかが焦眉の課題となっている昨今、
米海兵隊の本質=「殺人マシーン化教育訓練」の実態を実地撮影した世界初の映画、
「ONE SHOT ONE KILL(ワンショット・ワンキル)-兵士になるということ」が、
全国各地で上映されていく!
   http://america-banzai.blogspot.com/2010/01/2009118-700-48-48-yessir-500457.html
     東京・アップリンクで1月ロードショー公開。名古屋シネマテーク(5/8〜5/28) 
     大阪・第七藝術劇場(5/29〜 )横浜 6月、札幌 7月公開予定

 この映画を作った藤本監督から映画観覧を呼びかける熱いメッセージが発せられているので、
それを紹介する。  ↓↓↓
<藤本幸久監督からみなさんへ>

 『ONE SHOT ONE KILL』は、海外メディアとしては初めて、アメリカ海兵隊のブートキャンプを長期取材したドキュメンタリーです。 この映画を撮ろうと決めたのは、沖縄の辺野古で、です。

 辺野古にある海兵隊のキャンプシュワブには、3000人の歩兵部隊の兵士が駐留しています。
 辺野古で見かける兵士たちがみな若く、幼い顔をしているのに驚きました。
 兵士たちの顔を見ながら、いくつも疑問が湧いてきました。

 この若者たちが、沖縄から、イラクやアフガンに送られていく兵士たちなのだろうか。
 こんな幼い顔の若者たちが、本当に人を殺せるのだろうか。
 この若者たちは、そもそも戦時中の今、なぜ兵士を仕事として選んだのだろう。・・

 半年かけて国防省の許可を取り、サウスカロライナ州パリスアイランドにある海兵隊のブートキャンプに、
のべ30日間撮影に入りました。その中で見た『兵士を作る』プロセスの記録が『ONE SHOT ONE
KILL』です。

 つまり、『ONE SHOT ONE KILL』は、辺野古で感じた疑問を解いていくドキュメンタリーで
あり、『海兵隊とは何か、軍隊の本質とは何か』をテーマとする映画です。
 沖縄の基地を考える鍵は『海兵隊』です。
 この時期にぜひ、『ONE SHOT ONE KILL』をご覧下さい。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
補足:藤本監督が語っていた話として、
 1:海兵隊のブートキャンプをここまで深く長期に渡って撮影し一般公開される記録はこれが世界初である。
   (今後も多分ないだろう)
 2:この撮影が許可されたのは、沖縄米軍の犯罪多発で対米感情悪化を懸念していた米軍当局が「米軍はこん
   なにちゃんとした兵士教育を行なっているんだ」という宣伝を対外的にやった方がいい、と判断したため
   だった。
   (藤本監督も米軍が撮影許可の方向に考えるよう、上手に話を持っていった。藤本監督の作戦勝ち!)
 3:しかし皮肉な事に、米軍が「ちゃんとした兵士教育」と考えているものは、一般社会的には「殺人マシー
   ン製造のための人格破壊教育」である事が露呈された!
    (「米軍の常識」と社会一般の常識との恐ろしい程のズレ!)

 藤本監督、あなたはすごい!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【 映画内容 】

●サウスカロライナ州パリスアイランド。米海兵隊ブートキャンプ(新兵訓練所)がある。入隊した若者たちは、
  まず、ここで12週間の訓練を受ける。毎週、ここに500人〜700人の若者たちがやってくる。
●入隊の動機海兵隊を志す個々人の動機は様々だ。しかし、共通するのは「自分自身の人生を切り開きたい」と
  いう思いだ。

●不眠の48時間到着は、決まって深夜。到着するや否や、教官の怒号が浴びせられる。到着後48時間、眠る
 事が許されない。ます家族に電話、話してよいことは、到着の連絡と荷物を送るなということだけ。ありがと
 う、さようならと電話を切れば、その後、卒業まで、家族の声を聞くことはできない。
  常に大声で叫べと怒鳴られ、髪を剃られ、制服に着替え、翌朝にはライフルが支給される。「疲労と衝撃が、
 民間人から兵士への変容を容易にする」と教君たちは言う。

●マーシャル・アート(格闘技)初めての格闘技の訓練。
 「どんな深手も恐れるな。相手を生きて帰すな、無傷で帰すな。これが正しい戦闘の心構えだ。分かった
  な!」一Yes,Sir!
●銃剣の訓練
 タイヤの人形相手に刺す、殴りつける、切りつける訓練。銃の先は、本物のダガーナイフ。

●ライフル射撃
 「すべての海兵隊員は、ライフルマンたれ」−ライフルは海兵隊員の誇りだ。
 反射的に体が動くようになるよう、何度も、何度柚同じ動作を繰り返す。兵舎の中で=日訓練が続く。ベッド
 に入っても訓練は終わらない。
 「ライフル部隊の任務は、白兵戦で、銃撃と機動力をもって敵を殲滅、撃破すること」と大声で暗誦する。
  卒業までには、500ヤード(457メートル)先の的に当たるようになる。

●クルッシブル(卒業演習)
 卒業前の総合訓練「クルッシブル」は、3日間の野外演習。睡眠時間も限られる中、実践を想定した行軍、射
 撃、武術など休みなく課題が与えられる。顔に迷彩を施し、姿はもう、兵士。クルッシブルを終えて
 「Recruit(新兵)」が、「Marine(海兵隊員)」と呼ばれるようになる。

●卒業式
 毎週金曜日が卒業式。入隊する男性新兵の90%、女性新兵の85%が卒業する。
 卒業後、彼らは、歩兵学校などでさらに数ケ月の訓練を受ける。卒業生の8割は、アフガニスタンやイラクな
 どの前線に送られる。早ければ半年ほどで、戦場に立つことになる。
  ここだけで1年間に2万人が、新たに海兵隊員となる。

(2009年/日本/108分/DV/森の映画社配給)
(C)森の映画社

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
戸田ひさよしHP http://www.hige-toda.com/
■他では見れない動画が満載!「戸田のYUチューブコーナー」
          http://www.youtube.com/user/todajimusho
■在特会や三井さん動画のまとめはこちらでも
   「絶対面白い動画コーナー」 http://www.hige-toda.com/_mado05/movie/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月23日 22:02:41: BG8TFEbviw
内容はともかく、タイトルが海兵隊にすり寄ってるようで、どうなんでしょう? 私なら「トリガーハッピー・シスターズ」とかにしますけど。

02. 2010年5月24日 00:35:14: Ui2C96e1LE
 観ないうちから茶化すってのは、どうかと思うがね。タイトルの”ONE SHOT ONE
KILL" はUSMC(米海兵隊)のモットーであり、想像できるように日本語の一撃必殺からきている。ブートキャンプ(新兵研修センター)における3カ月の前期基礎訓練課程を、下手な思い入れや理念によるバイアスを感じさせることなく、淡々と追ったドキュメンタリーといえよう。この前期課程で彼等新兵はただのリクルートであり、まだジャーヘッドと呼ばれることはない。

03. ヒゲ-戸田 2010年5月24日 06:58:22: Nk87MbMkz45iQ: rPIUerzaCz
 戸田からの補足:
「ONE SHOT ONE KILL」(ワンショット・ワンキル)を普通に日本語に訳せば「一撃必殺」である。が、日本語の「一撃」の場合は銃以外での攻撃が幅広く含まれる。(剣でも拳でもキックでも)
 アメリカ海兵隊の場合は「ライフル射撃」がある種のアイデンテティになっており、そうすると「ONE SHOT ONE KILL」は、「ライフル一発の発射で必ず1人を効率的に殺す」という、銃本位、効率本位の海兵隊流殺人訓の意味合いが強いと思われる。
 そこで戸田は「ONE SHOT ONE KILL」(ワンショット・ワンキル)を「1射1殺」と訳すことにした。
 まあ、「一撃必殺」の方がなじみがあるから「1射1殺」は受けないとは思いますが・・・。

04. 2010年5月24日 17:32:00: BG8TFEbviw
ちょっとすると海兵隊の宣伝映画と誤解してしまうと思いますよ。「フルメタルジャケット」のドキュメンタリー版みたいに見えますが、あちらはミッキーマウスを歌ってましたね・・・。

05. 2010年7月18日 22:22:32: zQ1dmqFSv2
ワンショット・ワンキルを観ました。結論から言ってとても中途半端な作品です。上映前の監督のコメントでは、米国防総省(ペンタゴン)をうまく丸め込んで撮影したと自慢げに言っていましたが、私にはペンタゴンの方が役者が一枚上だったように思います。
私自身は、元米海兵隊員の知人の証言や映画「フルメタルジャケット」ユーチューブでのブートキャンプ動画などの予備知識があったので、この映画を観たとき、なんで教官連中がこんなに優しいのかと驚きましたが、上映後の監督の発言ですべてがわかりました、何のことはないすべて海兵隊側が見せたいところだけを見せて、撮影させているのです。ところが唯一射撃訓練の後、教官が怒鳴りながら兵士を1人ひとり下着一枚にして金属探知機で、銃弾を持っていないかチェックしているシーンがありましたが、ここだけはかなりの迫力、どうやら海兵隊内部での連絡が不十分だった為に、偶然普段どおりのこの場面を撮ってしまったそうで、慌てて撮影が止められたと監督が言っていました。
因みに銃弾を持っていないかチェックするのは、おそらく自殺防止のためでしょう。 以前元海兵隊員の知人から聞いた話では、訓練の厳しさに耐えかねて、たまに自殺する者がいるそうです、映画「フルメタルジャケット」でもそういうシーンがありましたが、この知人も「フルメタルジャケット」のブートキャンプのシーンは「見事だ、まさにこのとおりだ」と感心していました。
さてこの「ワンショットワンキル」監督の話では「NHKが流してくれるはずだったが、土壇場でNHKに降りられた」と言っていましたが当然でしょう、海兵隊側のお膳立てどおりの映像、貧困故の入隊というテーマに固執するあまり、黒人や白人の兵士も大勢いるにも関わらず、アジア、ヒスパニック系と思われる兵士に長時間のインタビューをするなど、私から見てもこれはどうかなと思う部分がありました。
増してや世界中からハイレベルなドキュメンタリー番組を集めて流しているNHKからしてみれば、降りるのは止むを得ないでしょう。
また観客からも、「これでは(軍隊はこんなに規律正しい人間を社会に送り出しているんだ)という宣伝をしているように見えてしまう」といった厳しい意見が出たり、「この手の反戦映画はいつも軍隊が悪いというワンパターン、軍隊はあくまでも命令で動く組織、命令を下している者こそが問題なのだから、そちらをもっと掘り下げてほしい」という意見には「それは私たちの仕事ではない」と監督とプロディューサーがくちをそろえて反論する、さすがにこれには私も、じゃあ彼方達はいったい何がしたいのか? と言いそうになってしましなした。
結局日本の反戦もこの程度なのかとがっかりしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧